決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番Nights 第100話

エボルト「シオリ、ジル、戻ったか」

ジル「はい。只今。アサシンのコンビを一度敗北させましたが…マスターは別のコンビを狙うべきと仰っています」

エボルト「となると、亮夜や万丈かぁ…そうだな、平野!」

平野「なんでしょう」

エボルト「明日、シオリを連れてNascitaへ向かえ。おまえも誰か始末してこい。あそこにいるやつは全員1度敗北すれば消滅する連中だけだ」

アストルフォ「ボクは!?ボクも行っていい!?」

エボルト「おまえは…ダメだ。おまえが行っても意味がない」

平野「アストルフォくん…待っててね。今度一緒に出かけよう」

アストルフォ「うん!わかった」

平野「ほ"ん"と"に"い"い"子"だ"な"ぁ」

 

 


PANDORA feat. Beverly / 『Be The One』(TVオープニングサイズ)ミュージックビデオ

 

 

 

 

第100話 マッドな世界

 

財前消滅の翌日

 

f:id:OVERDRIVE:20200805044455j:image

了見「今日こそ、料理を作るぞ…!」

尊「料理作るのか?」

了見「ああ。なにがいい?」

尊「あぁ…俺は農家の息子だから…野菜使ってんならなんでもいいや。あ、じゃがいも持ってきたけど…いる?」

了見「…カレーでいいか?」

万丈「ラーメンにしろ!!!!!」

武蔵「だったらうどんがいい!!!!!」

スペクター「昼だから重すぎないものがいいですね」

亮夜「ハンバーグ食べたい…」

美空「前から思ってたけど、亮夜の好みって子供っぽいよね」

亮夜「なんだっていいだろ、いくつになっても美味いものは美味いんだ」

了見「…亮夜のためだ。今回はハンバーグにしよう」

亮夜「ナイス了見!最っ高だ!」

了見「(しかし、この私に作れるだろうか…)」

平野「ホ〜ッホッホッホッ…なにやら、お゜も゜し゜ろ゜い゜こ゜と゜に゜な゜っ゜て゜ま゜す゜ね゜ぇ゜~」

了見「平野源五郎!」

平野「エボルトの命令で貴方たちを倒しにきました。さて、誰から相手しましょうか?…いえ、亮夜くん。表に出なさい」

亮夜「俺をお望みか…了見のハンバーグ待ちにちょうどいい、相手になってやるよ」

葵「私も行くわ、亮夜くん」

亮夜「財前葵」

万丈「俺もいく!」

平野「いいでしょう、三人ともついてきなさい」

 

尊「あいつらは強い…任せて大丈夫だな」

了見「ああ。その間に私は…ハンバーグを作るッ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Den Cityの広場

 

平野「SOLテクノロジーの事件やスカイウォールの事件を受けて、人々は外出していません。この広場も今は閑散としていますね…!エボルトは聖杯戦争の一般参加を可能としましたが…参加した人々は次々消えている。我々を狙う者はもう残っていない。そうエボルトは言っていました。さて、次に消えるのは…貴方です亮夜くん」

亮夜「それはどうかな」

葵「まって、ここは私にやらせて」

亮夜「財前葵」

葵「お兄様をやられて…裏切ったあの人を私は許せない。私がやるわ」

亮夜「お前、負ければ消える身だろ」

葵「それは亮夜くんも一緒でしょ?万丈も…」

万丈「…ああ」

平野「…実を言うとですね、亮夜くんを呼んだのは別に目的があるからなのです。私はもとより君とデュエルするつもりはない。君は彼女と戦って消える」

亮夜「!?」

 

f:id:OVERDRIVE:20200805044545j:image

 

亮夜「お前は誰だ!?」

平野「連れて行って構いませんよ」

亮夜「っ!離せ!ちくしょう、なんて力だ…!」

万丈「おいてめえ!亮夜をどこに連れて行くんだよ!」

平野「よそ見をしている場合ではありませんよ、万丈くん。葵くんが消えれば次は君の番なのですから」

葵「もう勝った気でいるのね。だったら見せてあげる。私の本来の力」

平野「君のマリンセスは研究済みです。恐るるに足りません…では、始めましょうか」

 

f:id:OVERDRIVE:20200805045708j:image

 

デュエル!

 

平野「私の先攻!ホッホッホ…私はSOLテクノロジーでは異世界研究を行っていましてね…君にその研究成果の一つを見せてあげましょう。私は創星遺物-星機を通常召喚。カードを2枚伏せてターンエンド」

葵「私のターン、ドロー!」

平野「罠カード、アーキタイプバインドを発動!私はサイバース族を宣言!このターン、サイバース族がフィールドで発動する効果は無効化されます!さらにもう一枚の罠カード、アトリビュートバインドを発動!私は水属性を宣言!このターン、水属性がフィールドで発動する効果は無効化されます!」

万丈「そんなことされたらマリンセスはなんもできねえぞ!?平野、てめえ!」

平野「勝つためならば手段は選びません。私は生き残るためSOLを裏切ったのですから」

葵「…たしかに、マリンセスならなにもできないでしょうね…でも、あのデッキは持ち主に返したの。言ったはず。私の本来の力を見せると!フィールド魔法、トリックスター・ライトステージを発動!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200805050623j:image

 

 


20 運命が示すもの

平野「ト、トト、トリックスターですとォォォォォ!?」

万丈「前に俺が一度だけ戦ったアレ!」

葵「今、広場に人がいないから言うけれど…私はブルーメイデンの前はブルーガール…その前はブルーエンジェルなの!」

万丈「なんだって!?!?!?!?」

平野「えぇ!?」

葵「きっと、亮夜くんがいたら『気付いてなかったのかよ…』って呆れられるわよ万丈」

万丈「えっ!?…ツッコミいねえけどまた俺にマヌケなイメージがついたのか…!?」

平野「私が宣言すべきは天使族と光属性だったのですね…!」

葵「そういうこと。私はトリックスター・ライトステージの効果でデッキからトリックスター・ヒヨスを手札に加える!私は手札からトリックスター・キャロベインを特殊召喚!このモンスターは私のフィールドにモンスターがいない場合に特殊召喚できる!さらに手札のトリックスター・マンジュシカの効果!キャロベインを手札に戻してこのカードを特殊召喚トリックスター・ヒヨスを通常召喚!ヒヨス1体でリンク召喚!トリックスター・ブルム!ブルムの効果!相手は1枚ドローする!」

平野「私に手札を!?」

葵「マンジュシカの効果!相手がドローしたとき200ダメージ!」

平野「!」残りライフ3800

葵「さらにライトステージの効果!相手がトリックスターによってダメージ受けたとき追加で200ダメージ!」

平野「っ!?」残りライフ3600

葵「ヒヨスがリンク素材となったため、ヒヨスの効果発動!墓地からヒヨスを特殊召喚!現れて、愛と絆のサーキット!召喚条件はトリックスター2体!ヒヨスとブルムをリンクマーカーにセット!リンク召喚!リンク2!トリックスターホーリーエンジェル!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200805051544j:image

 

葵「魔法カード、トリックスター・ハルシネイションを発動!手札からトリックスターマンドレイク特殊召喚し、相手は1枚ドローする!」

平野「また引かせてダメージを!?」

葵「その通り…!マンジュシカとライトステージの効果!」

平野「ぐっ!」残りライフ3200

葵「ホーリーエンジェルの効果!リンク先にマンドレイク特殊召喚されたため、200ダメージ!もちろんライトステージの分も受けてもらう!」

平野「っ!?」残りライフ2800

葵「さらにホーリーエンジェルのさらなる効果!トリックスターの効果によって貴方がダメージを受けたことにより、ホーリーエンジェルの攻撃力200アップ!マンジュシカとホーリーエンジェルで2度受けたから400アップ!」

平野「なんですって!?」

葵「さらにマンドレイク1体でリンク召喚!リンク1、トリックスター・ブルム!ブルムの効果!」

平野「ドロー…ダメージ!?」残りライフ2400

葵「リンク先にトリックスター特殊召喚されたことでホーリーエンジェルの効果!」

平野「っ!!」残りライフ2000

万丈「もう半分消したのか!」

平野「しかし私の手札は初期手札枚数と同じになりました。これを抑制する方法は…」

葵「このターンで倒せばいい」

平野「ッ!」

葵「私はブルムとマンジュシカの2体でリンク召喚!リンク2、トリックスター・ブラッディマリー!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200805052449j:image

 

葵「ホーリーエンジェルの効果!」

平野「っ!?」残りライフ1600

葵「装備魔法、トリックスター・マジカローラ発動!墓地からマンジュシカを特殊召喚!リンク先に特殊召喚したため、ホーリーエンジェルの効果!」

平野「っ!!」残りライフ1200

葵「ブラッディマリーの効果!手札のキャロベインを墓地に送って、互いにデッキから1枚ドローする!」

平野「ま、またドロー!?」

葵「ええ」

平野「ひぃ…!」

葵「私のライフが2000以上相手より多い時は私だけ2枚ドローする」

平野「や、やられる…」

葵「マンジュシカの効果!」

平野「あぁぁぁぁっ!」残りライフ800

葵「バトルよ!トリックスター・ブラッディマリーで創星遺物-星機を攻撃!」

平野「星機の効果!手札の魔境のパラディオンを墓地に送り、戦闘によるダメージを相手に跳ね返す!そして、このカードは破壊されない!」

葵「きゃっ!」残りライフ2000

平野「この効果は手札にパラディオンカードがある限り何度でも発動できます。どうしますか?貴方が引かせてくれたおかげで、私は…」

葵「悪いけど、私の勝利は揺るがない」

平野「!」

葵「亮夜くんや万丈と戦っていく中で成長して…今やお兄様の仇を取るところまできた。ほんとはエボルトがすごく怖い。だけど、周りを見ていると勇気が湧いてくるの…お兄様は生き残れと言ったし、戦うことを望んでいないはず。それでも私はこの手で戦わなきゃ納得がいかない。戦いの行く末を見届けなきゃ納得がいかない。悲しいことだけど、お兄様がいなくなって…私は少しだけまた前に進めてしまった。お兄様の為に…裏切り者の貴方を倒す」

平野「裏切り者…」

葵「貴方はどうしてあの時裏切ったの?」

平野「…私は」

葵「恐怖して…しまったの?」

平野「…生き残る為ですよ。会社がなくなり…慕う上司もいなくなった…しかし、私にもまだ一つ残されているものがあった」

 

f:id:OVERDRIVE:20200805053706j:image

 

平野「それを守るためです!共に生きるため…それがマスターの務め。アストルフォくんをエボルトの手から守るため、私は戦うのです」

万丈「マスター…!!お前…は」

平野「さあ、倒せるものなら倒してみなさい!私は生き残るためならば、守るためならばどんな悪党にでもなると…そう決意した!!覚悟はできていますとも!!!貴方を殺す覚悟がね!」

万丈「星機の攻撃力は0なのに決めきれねえ…畜生…!」

葵「手札のトリックスターサフランの効果発動!このモンスターを手札から墓地に送り、相手モンスター1体の効果を無効にする!」

平野「!?」

葵「トリックスターホーリーエンジェルで、攻撃!!!!!」

平野「うわァァァァァァァァッ!!!!!」残りライフ0

葵「平野さん…」

平野「…私は………もう、下がれない………!!」

 

平野はふらつきながらどこかへ姿を消した。

 

万丈「すげえな葵、1ターンキルなんて!」

葵「ありがとう万丈」

万丈「ところで、マリンセス返したっつってたけどアクアに返したのか?」

葵「違うの。アクアのパートナーであった…美優ちゃんに渡したの」

万丈「そっか…」

葵「そうだ、亮夜くんを追わなきゃ!」

万丈「そうだ!あいつ、どこへ行ったんだ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Den City広場から少し離れたところの裏路地

 

平野「………私は…どうするべきだったのでしょう。エボルト側にいればアストルフォくんは守られる…はずなんだ。これでいい、これでいいんだよ…アストルフォくんだけは失いたくない…私は、その為に…」

 

To be continued…

 

 

 

 

 


Yu Gi Oh! ZEXAL II Ending 5 Go Way Go Way Versión 2

 

 

 

 

 

 

今回の注目カード!Part98

トリックスターホーリーエンジェル

 

f:id:OVERDRIVE:20200805134206j:image

 

亮夜「葵…ブルーエンジェルが使っていたリンクモンスターだな。まさかデッキがトリックスターに戻っていたとは…!リンク先にトリックスターが出るたびにダメージを与え、トリックスターがダメージを与えるたびに攻撃力が上がる効果を持つ、リンク2ながらかなり強力なエースモンスターだ」

万丈「1ターンキル決めるんだからやべえよ!」

亮夜「それもそうだな。おまけのようについているリンク先のトリックスターへの耐性付与もなかなか面倒だし、葵のデッキの中核を担う良いモンスターと言えるだろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………

 

……………

 

万丈「亮夜!そういや今回、何かが100回を迎えるらしいぞ!」

亮夜「何かってなんだよ」

万丈「わかんねえ」

亮夜「わかんねえのかよ」

尊「たぶんめでたいことなんじゃないのか?」

了見「ならば祝おうではないか」

葵「そうしましょう!」

スペクター「いったいなんのことか全員わかってないのに祝うのですね」

亮夜「意味わからないけど、そうしておくか…」

 

100回、おめでとう!

 

亮夜「いや本当に意味わかんねえなオイ!!!」

 

 

 

 

次回予告!

亮夜を連れて走った仮面の女、シオリ。

意思なき殺戮人形と出会った亮夜に、新たな記憶が蘇る…!

 

第101話 追憶のアイドル