決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番Nights 第71話

Nighthunter「メモリーガントの攻撃で全てのモンスターが…大丈夫なのかブルーメイデン」

ブルーメイデン「破壊されたプリズランタの効果!デッキから海晶乙女パスカルスを手札に加える!」

リステイン「キードゥルガーの効果!アナタの墓地からコーラルアネモネをこっちに特殊召喚!そして、キードゥルガーでダイレクトアタック!」

ブルーメイデン「っ!」残りライフ2400

リステイン「さらにコーラルアネモネでダイレクトアタック!」

ブルーメイデン「きゃあっ!」残りライフ400

Nighthunter「なんとか耐えた…が、ライフはもうわずかしかない…」

 


Yu-Gi-Oh VRAINS: Opening 3 HD (Subbed)

第71話 憧れのライトステージ

 

リステイン「バトルを終了!私は墓地のバリアステージの効果発動!このカードを除外して墓地からレベル4以下のオルターガイストを特殊召喚!きて、シルキタス!そしてシルキタスとキードゥルガーをリンクマーカーにセット!リンク2、オルターガイスト・ヘクスティア!手札のフィジアラートの効果!オルターガイストをリンク召喚したとき、コーラルアネモネを対象として手札から特殊召喚!そしてコーラルアネモネはオルターガイストモンスターになる!私はコーラルアネモネとフィジアラートをリンクマーカーにセット!リンク3、オルターガイスト・プライムバンシー!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200526165515j:image

 

リステイン「ターンエンド!よし!いい感じに魅せられたかしら?連続リンク召喚、攻撃!追撃!そしてさらにリンク召喚!」

Nighthunter「リステイン、お前はなんのAIなんだ?イグニスのようなAIなのか?何故お前は観客を気にする?」

リステイン「私が何のAIなのかはわからないわ。けれど、私の中に残るデータには、アイドルとして活躍する女の子のデータがあるの。私はそのデータとずーっと一緒に生きてきた。だから私はそれに憧れた。あの輝かしいステージ…私はいつかそこに立つ!そこで舞う!AIも人間も関係ない!それが私の夢!」

Nighthunter「そんなお前が何故Proに協力する?」

リステイン「Proはステージを用意してくれるって言ったわ。それがこの先にあるサイバース世界。あそこにはたくさんのAIがいる世界…!そこで私はスターとして活躍できたの」

Nighthunter「つまりは恩義、か…」

リステイン「それは違うわ。彼もまたそこでスターとして舞っていたの。そして彼は人間社会への進出も考えた…私もあの子のように人間の前で歌って踊ってデュエルしたい!だから協力しただけ。たしかにここにくるまで意識を奪った人はいた。けれど、彼らも解放する。観客は多い方がいいでしょ?ね、ブルーメイデンちゃん」

ブルーメイデン「あなたの夢のために、兄さまを…?そうしなくたって、アイドルには…」

リステイン「人間として生まれ、人間の前に立つことのできるアナタにはわからないわよね…!私の気持ちなんて!それに私は彼らを解放するって言ったでしょ!?何がいけないの?」

Nighthunter「彼女もロボッピ同様急成長を遂げたAI…ということか」

リステイン「ここでのデュエルはSOLのネットワークを通じ今も生配信されている。私はアナタを倒して名を上げる!そしていつかあの子と…シオリちゃんと同じステージで踊るの!」

Nighthunter「シオリ…?」

クローズ「どうしたんだ?」

Nighthunter「いや、まさかな。シオリという少女はロスト事件の被害者だった。名前が同じだけだろう…」

ブルーメイデン「リステイン、そうはいかないわ。このショー…まだあなたに勝ちを譲ったわけじゃない!私の逆転勝利で魅せてあげるわ!」

 


Yugioh Vrains Sound Duel 4 #8 Blue Maiden Theme

 

リステイン「乗り気になったのね!」

ブルーメイデン「あなたがやったことは許されることじゃない。許す気もないわ。だけど、あなたのアイドルの夢に応えようと思って。負けた方は消えるんでしょ?だったらお互い最後のステージ、死ぬ気で踊り続けなきゃ!私のターン、ドロー!私は海晶乙女パスカルスを通常召喚!手札からブルータンを特殊召喚!ブルータンの効果!デッキからマンダリンを墓地に送る!そしてリンク召喚!リンク1、海晶乙女ブルースラッグ!ブルースラッグの効果で墓地からシーホースを手札に!さらにブルータンの効果でデッキの上からカードを3枚めくり、その中の1枚を手札に加える!そしてパスカルスでリンク召喚!リンク1、海晶乙女シーエンジェル!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200527230241j:image

 

ブルーメイデン「シーエンジェルの効果!デッキから海晶乙女の舞台を手札に加える!そして墓地のマンダリンの効果!墓地からシーエンジェルのリンク先に特殊召喚!シーエンジェルとブルースラッグでリンク召喚!リンク2、海晶乙女コーラルアネモネ!コーラルアネモネの効果!墓地から海晶乙女パスカルスを特殊召喚!現れて、夢と希望のサーキット!召喚条件は水属性モンスター2体以上!私はパスカルスとマンダリン、リンク2のコーラルアネモネをリンクマーカーにセット!」

 

Are you Ready!?

 

ブルーメイデン「母なる大海の深き青よ。わが手に集い慈愛と浄化の力を与えよ!リンク召喚!現れろリンク4!!海晶乙女グレート・バブル・リーフ!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200527231217j:image

 

ブルーメイデン「さあいくわよ!手札から罠カード、海晶乙女波動を発動!」

リステイン「させない!ヘクスティアの効果発動!リンク先のモンスターをリリースして、その効果を無効にして破壊する!私はプライムバンシーをリリース!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200527231400j:image

 

リステイン「墓地に行ったプライムバンシーの効果で、墓地からマルチフェイカーを手札に加える!」

ブルーメイデン「なら、フィールド魔法、海晶乙女の舞台を発動!このカードの発動時、デッキから海晶乙女を手札に加える!私は海晶乙女プロンゴビを手札に加える!さらに墓地のシーホースの効果!このカードを除外してプロンゴビをグレートバブルリーフのリンク先に特殊召喚!グレートバブルリーフの効果発動!シーホースが除外されたことで攻撃力600アップ!さらにプロンゴビの効果!このカードとリンクしている海晶乙女リンクモンスターの効果でアップする攻撃力は倍になる!よって1200アップ!」

リステイン「攻撃力3800!」

ブルーメイデン「プロンゴビのさらなる効果!このカードを除外し、相手EXモンスターゾーンのモンスターを破壊!メモリーガントを破壊するわ!」

リステイン「メモリーガントの効果!このカードが破壊される場合、墓地のオルターガイストを除外して破壊を無効にする!」

ブルーメイデン「だけどモンスターが除外されたため、攻撃力はさらに600アップ!」

Nighthunter「ヘクスティアをリリースしてメモリーガントの攻撃力をアップしても4300…4400のグレートバブルリーフにどうやっても勝てない!」

ブルーメイデン「バトルよ!」

リステイン「ならここでメモリーガントの効果!ヘクスティアをリリースして攻撃力をヘクスティアの攻撃力分アップ!さらにヘクスティアが墓地に贈られたことでデッキからオルターガイスト・クンティエリを手札に加える!クンティエリは相手の攻撃宣言時、手札から特殊召喚してその攻撃を無効にできる!その攻撃は通さないわ!」

ブルーメイデン「なら、グレートバブルリーフでメモリーガントを攻撃!」

リステイン「クンティエリの効果!」

ブルーメイデン「残念!海晶乙女の舞台の効果で、相手は海晶乙女が戦闘を行う攻撃宣言時からダメージステップ終了時までカードの効果を発動できない!」

リステイン「えーっ!?」

ブルーメイデン「そのまま攻撃よっ!」

リステイン「っ!」残りライフ3900

ブルーメイデン「海晶乙女の舞台の効果!海晶乙女リンクモンスターが同じリンクマーカーを持つモンスターを戦闘で破壊した場合、その2体のリンクマーカーの合計×500のダメージを与える!この効果は私のフィールドにモンスターが1体のときにしか発動できない。リンクマーカーの合計は8!4000のダメージをくらいなさい!」

リステイン「!!!!!」残りライフ0

 

Nighthunter「勝った!」

リステイン「うぅ…」

ブルーメイデン「私の勝ちよ。もしあなたとこんな形で出会っていなければ…」

リステイン「こんな形じゃなきゃ、会うことはなかったわよ。運命だなんてAIらしくない考えだけど…もしもそういうものがあるのなら、運命というものは残酷ね…最後に、本気のパフォーマンスができて、よかっ…」

 

そのとき、突如Nighthunterたち三人の背後から、謎の影がリステインに向かって飛び込んできた。

 

Nighthunter「なに!?」

 

その赤い何かはNighthunterたちに銃を向け、リステインを庇った。

 

f:id:OVERDRIVE:20200527232900j:image

????????「悪いがこいつは消させない。元々俺のものなんだ…」

Nighthunter「どういうことだ!?お前は何者だ!」

????????「質問はひとつずつにしてもらえるか?まず、リステインはAI研究中にバグが生じ、データが破損したままネットワークのどこかへ流れたAIだ。俺のモノなんだよ」

リステイン「えっ…!?私は、Proと…」

????????「漂流先がサイバースとは…面白いものだよなぁ!そして俺の名はブラッドスターク…まぁ、また会うことになるだろうから、覚えてもらえると助かるね」

クローズ「勝手に割り込んで…てめえはProの仲間なのか!?」

ブラッドスターク「あいつの仲間じゃないさ。ただリステインを奪還しにきただけだよ。まだ利用価値があるんでな。それじゃ、チャオ!」

リステイン「いや…いや!!!!!」

 

ブラッドスタークはリステインを連れ、海の中へ飛び込んだ。

 

クローズ「リステイン!」

ブルーメイデン「どういうことだったの…?」

 

暗雲が消え、太陽の光が差し込んできた。

気づけば船は、サイバース世界の前へと到着した。

 

Nighthunter「リステイン…そしてあのブラッドスタークというのは何者なんだ?」

ブルーメイデン「……………」

Nighthunter「さあ、上陸しよう」

 

三人はサイバース世界へと足を踏み入れた。

そこはまるで廃れた遊園地のようだった。

気配はなく、ただ静寂だけがその空間を取り巻く。

 

クローズ「壁に落書きがある…矢印だ。俺たちを案内してんのか?」

Nighthunter「罠だとしてもいくしかないな」

 

三人は矢印の通りに進んだ。

 

その先にいたのは………Proだった。

 

Pro「遅かったじゃあないか、Nighthunterサマ」

Nighthunter「Pro…!」

Pro「俺たち二人で話したいんで…お前たちは出てってもらえるか?」

 

Proはパチンと指を鳴らした。すると、サイバースのモンスターたちが押しかけ、クローズとブルーメイデンをさらっていった。

 

クローズ「おい!離せ!ちっ、くそ…!お前ら!」

ブルーメイデン「やめて…!」

クローズ「なんでアイツに従うんだよ!」

サイバースウィザード「ここは有名人こそが王の世界だからだ。Proはここを作り上げた。そして我々にエンターテインメントを提供してくれる…。逆らう理由がない!」

 

Pro「静かになったな」

Nighthunter「なあ、Pro…なんでお前はこんなことをした!?こんなこともうやめてくれ、お前らしくもない」

Pro「俺らしいさ。元々スターに憧れててね!」

Nighthunter「リステインと同じか…だからお前はSOLを…」

Pro「ああ。こうでもしなきゃ、俺は寂しいままなんでね…」

Nighthunter「何故俺を呼んだ?ロボッピにメッセージを渡した?」

Pro「ああ…あいつが好き勝手やればお前たちに見つかると思ってな。見捨てたわけじゃないが、そう思って渡したのよ」

Nighthunter「お前は自分がやっていることをやめさせるために俺を呼んだんじゃないのか?」

Pro「かもな。ただ、お前とは善かれ悪しかれ話をしといた方がいいと思ってな。だけどやめろだなんて話し合いはする必要ないから先に言っておく。奪った意識は俺を倒さなきゃ返せない。ひよって心変わりしないようにそうしちまったんだ」

Nighthunter「最初から戦うつもりだったのか」

Pro「ああ。どちらかが生き残るまで終わらない戦いさ」

Nighthunter「Pro、俺たちはこんな戦いをするために、今まで共に戦ってきたのか?」

Pro「あー…それを言われると辛いんだけどさ、後戻りする気はないってわけだ」

Nighthunter「お前になにがあった?」

Pro「別になにも。ただ結局のところ、AIと人間は別な存在。ともに生きるのは無理なのさ。俺は俺なりにAIを生き残らせる。このサイバース世界を繁栄させ、AIの社会を作るんだ。人間に振り回されないためにな…!ま、そういうことだ。俺は正直なところ、お前といつか戦うと思ってたよ。その覚悟もしてた。お前はどうだ?」

Nighthunter「…どこかにそういう気持ちはあった。ライトニングを見ていて、お前は邪悪ではなくともああなる危険性は秘めている…それはリボルバーの話で理解していたからな。だけどお前は短い間とはいえ相棒として共闘してきた。信じていたよ」

Pro「そいつは嬉しいな。だが俺たちはぶつかるしかない。覚悟を決めな」

Nighthunter「…………………………」

Pro「お前は人類を救う『ヒーロー』なんだからよ」

Nighthunter「………わかった」

Pro「じゃ、場所を移そう。最後の戦いに相応しい場所に!」

 

To be continued…

 

 

 


Yu Gi Oh! ZEXAL Ending 2 切望のフリージア (Longing Freesia)

 

 

今回の注目カード!Part69

ウィンドペガサス@イグニスター

f:id:OVERDRIVE:20200527235853j:image

亮夜「ウィンディの力を持つ@イグニスターだ。魔法罠を破壊する効果と、相手のカードをデッキに戻す効果を持つ。強力なシンクロモンスターだ」

万丈「破壊する枚数も仲間が増えるほど多くなるんだろ!?やべえよ…恐ろしいモンスターだぜ」

亮夜「だが、俺たちは勝たなくてはならない。いくぞ、万丈」

 

次回予告!

最後の戦いが始まる。

NighthunterとPro、二人はどこへ向かうのか…

 

第72話 Death by Glamour@イグニスター