決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番Nights 第68話

 


Yu-Gi-Oh VRAINS: Opening 3 HD (Subbed)

 

第68話 ロスト事件の始まりの場所で

リステイン「なにしてるの?」

Pro「ロボッピのデュエルを見てるのさ。大丈夫かな…あいつ」

 

Nighthunter「ロボッピのフィールドにはセルトパスのみ。ライフはクローズが1150でロボッピが1050と互角。クローズにはクローズチャージドラゴンがいる。巻き返したぞ!」

ロボッピ「クックックッ…アッハッハッハッハッ!やってくれたなクローズゥ…だがライフは残ったぜ。あの戦術…人間の頭もバカにしたもんじゃないな!だが今ので俺はさらに成長したァ!今俺の頭は冴えまくってる…!俺はすべての限界を超えた!」

f:id:OVERDRIVE:20200523184855j:image

ロボッピ「もうアニキすら超えちゃってるかも!!!!!」

 

Pro「ろ、ロボッピ…!?」

リステイン「そんな…」

 

クローズ「な、どうしたんだあいつ!俺はカードを1枚伏せて、ターンエンド!」

ロボッピ「俺のターン、ドロー!機塊テスト発動!墓地の機塊リンクモンスターをセルトパスと相互リンクになるように特殊召喚!こい、プロペライオン!バキューネシア!バキューネシアの効果ァ!消えろクローズチャージドラゴン!」

クローズ「龍の輪廻の効果!クローズチャージが破壊されたため、除外されているクローズドラゴンを特殊召喚!」

ロボッピ「現れろ、サーキット!リンク1、ランドリードラゴン!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523185158j:image

 

ロボッピ「さらにリンク召喚!リンク1、乾燥機塊ドライドレイク!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523185334j:image

 

ロボッピ「エレクトリリカルワールドの効果!墓地からコピーボックルを手札に加える!さらにドライドレイクの攻撃力は自身の効果で1000アップ!バトルだ!ランドリードラゴンでアークライズドラゴンを攻撃!」

クローズ「そうくるよな…!だけど龍の輪廻の効果!このカードで特殊召喚されたモンスターがいる限り、そのモンスターしか攻撃できない!」

ロボッピ「なら消えやがれ、クローズドラゴン!」

クローズ「っ!」残りライフ650

ロボッピ「ドライドレイクでアークライズドラゴンを攻撃!」

クローズ「罠発動!龍の報復!アークライズドラゴンを墓地に送る!そしてクローズチャージドラゴンを墓地から特殊召喚!」

ロボッピ「ならドライドレイクで攻撃だ!」

クローズ「相討ち狙い!?そうはさせねえ!クローズチャージドラゴンの効果!ドライドレイクの攻撃を無効にし、その攻撃力を得る!」

Nighthunter「攻撃力6000!」

クローズ「凌いだッ!」

ロボッピ「俺は宇宙を征服するAIだ!この程度で終わると思ってんのか!?ドライドレイクの効果ァ!ランドリードラゴンと位置を入れ替える!そしてランドリードラゴンはもう一度攻撃できる!」

Nighthunter「これでランドリードラゴンはセルトパスと相互リンクではない!つまり…モンスターを破壊してダメージを与える効果がクローズを襲う!」

ロボッピ「甘い!甘いぜ人間!!!!!みんなが手こずるクローズだって!俺様の手にかかればイチコロだァァァァ!今の俺様ならアニキと戦っても楽勝に違いねえ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523190342p:image

 

ロボッピ「ハッハッハッハッ!!LINK VRAINSの救世主って俺…オイラのこと…だったの…で…です!いや、AIの未来を救えるのはオイラだけ…だけなんです!!オイラは宇宙!オイラの勝ち!!」

クローズ「どうしちまったんだ…」

ロボッピ「オイラ…俺…オイラ…です…ですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですですです」

Nighthunter「……………」

ロボッピ「これでクローズさんは終わり…オイラも終わり…ターン…エンドです」

クローズ「ターンエンド!?」

ロボッピ「ヒヒヒ…オイラは宇宙を征服するです!オイラに逆らう奴は全て終わりです!そう、宇宙の大掃除です!ふふ…掃除…掃除…!お掃除ィィィィ…!!お掃除だァァァァ〜〜〜〜〜ッハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523190826j:image

ロボッピ「は、ハハ……………はハは…」

クローズ「あいつどうしちまったんだ!?」

Nighthunter「ロボッピは家事用のAIだ」

 

Pro「俺のシステムに耐えきれず…ぶっ壊れちまったのかよ……………!!」

 

クローズ「Nighthunter、それって…」

Nighthunter「負荷が重すぎて…ロボッピは…」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523191906j:image

ロボッピ「オ掃除…オイラ、オ掃除シナイトデス…早クオ掃除シナイトデス…ゴ主人様ノオ部屋に戻ッテオ掃除スルデス…ソレガオイラノ一番幸セナ時間ナンデス。ゴ主人様ノオ部屋ニハ、オイラノ幸セナ思イ出ガイッパイアルデス…!」

Nighthunter「クローズ…頼む………!」

クローズ「…わかった。俺のターン…ドロー。クローズチャージドラゴンでドライドレイクを攻撃。ロボッピ、バカだ…お前って奴は…バカだ…!!」

ロボッピ「バカ…バカハ、禁止用語デス…」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523191531j:image

 

ロボッピ「綺麗ナ光デス…オイラ、コンナモノヲ見ラレテ幸セデス………!」残りライフ0

Nighthunter「ロボッピ…」

 

 

Pro「ロボッピ、巻き込んじまって悪かったな…本当に…!俺はどうしようもない馬鹿だ!仲間からも、ロボッピからも…幸せを奪った!俺は、俺は…」

リステイン「Pro…」

 

 

ロボッピの世界が消え、元の廃れた浮島に戻った。

 

クローズ「…なんだこれ。Nighthunter、お前宛の手紙…か?」

Soulburner「おーい!Nighthunter!クローズ!」

Nighthunter「Soulburner」

Soulburner「手がかりは見つかったか…?」

クローズ「それらしいのはあった!この手紙だ」

Nighthunter「………読もう」

クローズ「平気なのか?」

Nighthunter「平気なわけがあるか。また一つ失ったものが増えた」

Soulburner「それって」

Nighthunter「ロボッピだ…」

リボルバー「その手紙は私に渡せ」

Nighthunter「リボルバー!お前もいたのか」

リボルバー「ずっと見ていた。私がProを倒す。だから渡せ」

クローズ「これを手に入れたのは俺だ!俺はこれをNighthunterに渡したい。Nighthunterが解決するって信じられないのか?」

リボルバー「情けをかけ見逃す可能性がある。既に多くの犠牲が出ているのだ。不確定要素は排除したい」

Soulburner「なんだよ、急にやってきて横取りか?お前…」

リボルバー「人類のためだ」

Soulburner「相変わらず気に食わないやつだぜ」

Nighthunter「Soulburner…」

Soulburner「そういやお前とはいつかの決着がついてなかったよな?今ここで俺と戦えよ!お前が勝ったら手紙はくれてやる」

クローズ「おい!何勝手に賭けてんだよ!」

リボルバー「よかろう。私が負ければそれは諦めよう」

クローズ「だから持ってんのは俺だって!なんで…!」

Soulburner「お願いだ。必ず勝つ」

クローズ「そう言われても…!はぁ、仕方ねえな…」

リボルバー「Soulburner、お前の最後にお誂え向きのステージを用意してやる。今回は容赦しない…」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523192826j:image

 

Nighthunter「ここは俺たちがロスト事件で捕われていた場所…」

リボルバー「全てはここから始まった。我々の決着をつけるのにこれ以上に相応しい舞台はない」

Soulburner「そうだな。俺はこいつと決着をつける。許してくれNighthunter」

Nighthunter「止めても聞かないだろ」

リボルバー「私の時も、ここで止まった。今こそ全てを終わらせ、前に進むときかもしれないな」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523193316j:image

デュエル!

 


Yugioh Vrains Sound Duel 3 #3 Duel With Anger

 

Soulburner「俺の先攻!転生炎獣ウルヴィーを通常召喚!さらにフューリー・オブ・ファイア発動!手札からファルコとパローを特殊召喚!現れろ、未来を変えるサーキット!リンク召喚、リンク3!転生炎獣ヒートライオ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523193502j:image

Soulburner「カードを1枚伏せてターンエンド!」

 

Pro「ほう、この展開…前のSoulburnerとリボルバーのデュエルと同じだな」

リステイン「このデュエルみるの?」

Pro「ああ、面白いものが…見れそうだ」

 

リボルバー「粋なことをするな。ならば見せてやろう。あのデュエルの結末がどうなっていたか!私のターン、ドロー!私はフィールド魔法、リボルブート・セクターを発動!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523193751p:image

 

リボルバー「手札からシルバーヴァレットドラゴンとアネスヴァレットドラゴンを特殊召喚。現れろ、我が道を照らす未来回路!リンク召喚、リンク2!ソーンヴァレル・ドラゴン!そしてソーンヴァレルの効果!手札のヴァレット・リチャージャーを捨て、ヒートライオを破壊。そして破壊したモンスターがリンクモンスターの場合、そのリンクマーカーの数まで手札または墓地のヴァレットを守備表示で特殊召喚。こい、シルバー、リチャージャー、アネス!さらに!闇属性ドラゴン族が特殊召喚されたことで手札のノクトビジョンドラゴンの効果!このカードを特殊召喚!現れろ、我が道を照らす未来回路!シルバー、リチャージャー、アネス、ノクトビジョンをリンクマーカーにセット!現れろ、ヴァレルロード・ドラゴン!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523194132j:image

 

リボルバー「ノクトビジョンの効果!リンク素材となった場合に1枚ドロー。バトルだ!ソーンヴァレルでダイレクトアタック!」

Soulburner「っ!」残りライフ3000

リボルバー「あっけない幕切れだな!ヴァレルロードでダイレクトアタック!」

Soulburner「罠発動!サラマングレイト・ゲイザー!墓地のヒートライオをエクストラデッキに戻し、ターンの終わりまで、ヴァレルロードの攻撃力をヒートライオのリンクマーカー×1000ダウン!」

Nighthunter「3000下がれば攻撃力0だ」

Soulburner「さらに相手フィールドのリンクモンスターの数だけドロー!」

リボルバー「いいだろう。私はカードを1枚伏せてターンエンド!ゲイザーの効果は終わり、攻撃力は元に戻る」

Soulburner「さあ、反撃だ!俺のターン、ドロー!」

クローズ「どう出る?」

Soulburner「(リボルバーが事件のことを通報して俺たちを救ったことは知っている。父親のことで苦しんでいることも知っている。だが、俺はあの事件であまりにも多くのものを失った…)」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523194646j:image

 

Soulburner「俺は転生炎獣スピニーを通常召喚!1体でリンク召喚!リンク1、転生炎獣ベイルリンクス!手札のガゼルの効果!スピニーが墓地に送られたため、手札から特殊召喚!ベイルリンクスの効果!デッキから転生炎獣の聖域を手札に加える!さらにガゼルの効果!デッキからサラマングレイトカードを墓地に送る。そして転生炎獣がいるとき墓地からスピニーを特殊召喚!」

クローズ「そこからリンク…」

Soulburner「違うな!俺はレベル3のガゼルとスピニーでオーバーレイ・ネットワークを構築!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523195323j:image

 

Soulburner「エクシーズ召喚!幻想を断ち切る灼熱の荒馬!ランク3!転生炎獣ミラージュスタリオ!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523195459j:image

 

Soulburner 「ミラージュスタリオの効果!オーバーレイユニットを1つ使い、デッキから転生炎獣Jジャガー特殊召喚!俺はミラージュスタリオとJジャガーでリンク召喚!リンク2!転生炎獣サンライトウルフ!さらにサンライトウルフとベイルリンクスでリンク召喚!転生リンク召喚だ!転生炎獣サンライトウルフ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200523195717j:image

 

Soulburner「サンライトウルフの効果!転生リンク召喚されている場合、墓地のサラマングレイト魔法罠を手札に加える。さっきガゼルで墓地に送ったフュージョンオブファイアを手札に加える!これはサラマングレイトカードとして扱う効果を持つ!さらに墓地のスピニーをデッキに戻して、Jジャガーの効果!墓地からサンライトウルフのリンク先に特殊召喚!さらにサンライトウルフの効果!墓地からウルヴィーを手札に加える!そしてウルヴィーの効果で墓地のサラマングレイトゲイザーを手札に戻す。そのまま、サンライトウルフとJジャガーでリンク召喚!リンク3、転生炎獣ヒートライオ!」

Nighthunter「帰ってきたぞ!あいつのエースモンスター!」

Soulburner「こっからが本番だ、リボルバー!」

 

To be continued…

 

 

 


Yu Gi Oh! ZEXAL Ending 2 切望のフリージア (Longing Freesia)

 

 

今回の注目カード!Part66

充電機塊セルトパス

f:id:OVERDRIVE:20200523200226j:image

 

亮夜「ロボッピの戦術の軸となるモンスターだ。相互リンクしているリンク先のモンスターを強化する厄介なカードだ。しかも他の機塊がいるとこのモンスターは相手の攻撃・効果の対象にならない。相互リンクしていないモンスターを狙っても、それが破壊されたらドローする効果を持ってやがる。ロボッピは使ってなかったみたいだけどな」

万丈「使わなくても勝てるってことだったんだろうな…本当にバカにしてたんだな!!」

亮夜「…かもな。あのときのロボッピはそうだったんだ…」

 

次回予告!

Soulburnerとリボルバーの因縁に決着。

未来を変えるサーキットは何を描くのか…

 

第69話 未来を変えるバーニングドロー