決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番Nights 第50話

Soulburner「はぁ…はぁ…ライトニング!ボーマン!出てこいッッ!」

ボーマン「私ならここにいる」

Soulburner「てめえ…!俺と戦え!」

ボーマン「よかろう」

Soulburner「てめえだけは絶対に許さねえ!家族の絆を弄ぶなんてことはやっちゃあいけねえ!俺にはよくわかった。俺たちとお前たちは決定的に違う!お前たちは意見の合わない奴を片っ端から排除している…合理的に、な」

ボーマン「君は不霊夢と友情を育み共に行動しながらもAIを否定するというのか」

Soulburner「俺はAIだとか人間だとかそんな話をしてるんじゃねえよ!そんなことは関係ねえ!お前らは超えてはならない一線を超えた。それだけだ!ぶっ潰してやる」

ボーマン「決着をつけよう…これがNighthunterと戦う前の最後の試練だ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403071222j:image

 

デュエル!

 


Yu-Gi-Oh! VRAINS Fan Opening "BRAVING!" (ZEXAL Opening 2) (Eng Sub)

 

第50話 イグニスの残滓

 

ボーマン「私の先攻。手札からハイドライブ・ブースターを特殊召喚!このモンスターは互いのメインモンスターゾーンにモンスターが居ない場合に特殊召喚できる。さらにハイドライブ・ブリンガーを通常召喚。その効果で墓地からハイドライブを手札に加える!ブースター1体でリンク召喚!リンク1、バーン・ハイドライブ!」

Soulburner「炎のハイドライブ…」

ボーマン「さらにブリンガーでリンク召喚!リンク1、クーラント・ハイドライブ!そしてメインモンスターゾーンにリンクマーカーが向いたことにより、リンクマジックを発動できる!世界を裁きし三本の矢、リンクマジック裁きの矢!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403071647j:image

 

ボーマン「現れろ、真実を極めるサーキット!2体のハイドライブリンクモンスターでリンク召喚!リンク2、ツイン・ハイドライブ・ナイト!ツインハイドライブナイトの属性はリンク素材にしたバーン、クーラントと同じになる」

Soulburner「炎と水ねえ…」

ボーマン「さらにツインハイドライブナイトと裁きの矢を対象に、永続魔法ハイドライブ・プロテクションを発動!このカードがある限り、対象の2枚は相手効果の対象にならない!私はこれでターンエンドだ」

Soulburner「俺のターン、ドロー!」

霊夢「あまり突っ走りすぎるなよ。ウィンディと違い奴は冷静だ」

Soulburner「わかってる。俺はフィールド魔法、転生炎獣の神域を発動!こいつは転生リンク召喚を行う効果を持ってるぜ」

ボーマン「ほう」

Soulburner「俺は転生炎獣Jジャガーを通常召喚!そしてこの1体でリンク召喚!リンク1、転生炎獣ベイルリンクス!ベイルリンクスの効果発動!」

ボーマン「ツインハイドライブナイトの効果でそれは無効だ!プロパティ・ゼロ!」

Soulburner「それはどうかな!フィールド魔法転生炎獣の神域の効果!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403072309j:image

 

Soulburner「俺の転生炎獣モンスターは相手の炎属性モンスター効果を受けない!」

ボーマン「ほう、さすがに対策済みか…」

Soulburner「ベイルリンクスの効果でデッキから転生炎獣の聖域を手札に加える!さらに手札の転生炎獣モルを特殊召喚!こいつはリンク召喚に成功したターンに特殊召喚できる!いくぜ!俺はモルとベイルリンクスでリンク召喚!リンク2、転生炎獣サンライトウルフ!さらに墓地のJジャガーの効果発動!ベイルリンクスをデッキに戻して墓地から特殊召喚!サンライトウルフのリンク先にJジャガー特殊召喚されたことでサンライトウルフの効果を発動。墓地のJジャガーを手札に戻す!そしてJジャガー1体でもう一度ベイルリンクスをリンク召喚!」

ボーマン「戻したモンスターをわざわざ再召喚しただと…?」

Soulburner「現れろ、未来を変えるサーキット!召喚条件は炎属性の効果モンスター2体以上!ベイルリンクスとリンク2のサンライトウルフをリンクマーカーにセット!リンク召喚、リンク3!転生炎獣ヒートライオ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403072803j:image

 

Soulburner「ヒートライオの効果!相手の魔法罠ゾーンのカード1枚をデッキに戻す!俺はハイドライブ・プロテクションを選択するぜ!リザウディング・ロアー!」

ボーマン「ほう…」

Soulburner「そして転生炎獣の神域の効果で転生リンク召喚を行う!逆巻く炎よ、浄化の力でヒートライオに真の力を呼び覚ませ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403073020j:image

 

Soulburner「ヒートライオの効果!リザウディングロアー!裁きの矢を戻させてもらうぜ!そして裁きの矢がフィールドを離れたら、リンク先のモンスターは全て破壊されるんだったよな!」

ボーマン「プロテクションが離れたターン、ツインハイドライブナイトは破壊されない」

Soulburner「なら転生したヒートライオの効果を使うまでだ!ツインハイドライブナイトの攻撃力を墓地のモルと同じにする!フレイムポゼッション!モルの攻撃力は0!ツインハイドライブナイトの攻撃力も0だ!」

ボーマン「0だと…!?」

Soulburner「転生炎獣ヒートライオでツインハイドライブナイトを攻撃!これは石動さんとNighthunterの分だ、くらえ!!」

ボーマン「ぐおおおっ…」残りライフ1700

 


18 組曲「覚醒」

 

Soulburner「まだまだ俺は怒ってるぜ!ブルーメイデン…アクア!黄羽!クローズ!まだ燃やし足りねえなぁ!!」

ボーマン「流石だSoulburner。君のデュエルの輝きは誇っていい。賞賛に値する」

Soulburner「余裕かよ…まぁいいさ、まだまだこれからだ!俺はこれでターンエンド!」

ボーマン「君のその輝きに応えるためにも私も全力でいかねばな。私のターン、ドロー!ハイドライブ・ブースターを特殊召喚!そしてハイドライブブースターをリリースし、ハイドライブ・エージェントをアドバンス召喚!」

霊夢「上級モンスターのハイドライブ…」

ボーマン「ハイドライブエージェントの効果!墓地からハイドライブモンスターを特殊召喚する!私はツインハイドライブナイトを特殊召喚!リンクモンスターを特殊召喚した場合は1枚ドローする。現れろ、真実を極めるサーキット!召喚条件はレベル5以上の効果モンスターを含むのハイドライブモンスター2体以上!リンク召喚!リンク3、パラドクス・ハイドライブ・アトラース!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403073949j:image

 

霊夢「あのモンスターは!」

Soulburner「見覚えがあるのか?不霊夢

霊夢「サイバース世界を滅ぼしたモンスターだ」

Soulburner「なに!?」

霊夢「あの時の怒りと悲しみは変わらない。このデュエル、故郷の弔い合戦とさせてもらおう!それが私の意思だ!」

ボーマン「意思、それは非常に厄介なものだ。意思がなければ我々AIの進化はなかった。しかし強すぎる意思が肥大すれば、人類と同じ愚かな道を歩むことになる。だが私ならそのバランスを保つことができる。不霊夢、敗北を恐れることはない、恥じることもない。私は君を受け入れよう」

霊夢「よい機会だ、ハッキリ言っておこう。ボーマン!私はお前と共に生きるつもりなど微塵もない!」

Soulburner「そういうことだ!俺たちはてめえを倒す!」

ボーマン「仕方ない決着をつけるしかないようだ」

Soulburner「当然!」

ボーマン「アトラースをリンク召喚したとき、サイコロを振る。アトラースの属性は出た目によって決まる」

Soulburner「デュエルを運任せに!?」

ボーマン「今の私はLINK VRAINSそのもの。運もまた我が一部。私は神となり全てを光へと導く!神はサイコロを振る…ジャッジメント・ダイス!出たのは2!水属性!さらにアトラースのもう一つの効果!サイコロを振り、出た目と同じ数のリンクマーカーを持つハイドライブリンクモンスターをエクストラデッキから特殊召喚する!ジャッジメント・ダイス!出たのは4!リンク4を特殊召喚する!いでよ、アローザル・ハイドライブ・モナーク!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403075156j:image

 

ボーマン「アローザルの効果!EXデッキから特殊召喚されたとき、ハイドライブカウンターを4つ置く!そしてアトラースのリンク先のモンスターはアトラースと同じ水属性になる。そしてアローザルの効果!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200403080006j:image

 

ボーマン「サイコロを振り、出た目に対応する属性の相手モンスターを全て墓地に送り、送った数×500のダメージを与える!神は三度サイコロを振る!ジャッジメント・ダイス!出たのは3!炎属性!ヒートライオを墓地に送り500ダメージを与える!」

Soulburner「ヒートライオが!」残りライフ3500

ボーマン「アローザルでダイレクトアタック!」

Soulburner「ぐわっ!」残りライフ500

霊夢「…っ!?」

ボーマン「カードを2枚伏せてターンエンドだ」

霊夢「(なんだ…今の衝撃は…!?)」

Soulburner「クソ…!俺のターン、ドロー!」

霊夢「Soulburner。運を使うモンスターとは一見無謀にも思える策だが、これは計算に基づいた無作為」

Soulburner「なんたそりゃ?」

霊夢「我々AIには君たち人間のようなひらめきがない。奴はそれを運で補おうとしているのだ」

Soulburner「とっさにそんなことができんのかよ?」

霊夢「わからない。いくら優秀なAIだとしても、ダイスで発生するデュエルパターンの数は膨大だ。それを瞬間的に計算するのは不可能なはず」

Soulburner「何かカラクリがあるのかもしれないが、今はそんなこと考えたって仕方ねえ!こっちも運を味方につけるぜ!転生炎獣の神域の効果!手札の転生炎獣の聖域を見せ、手札を全てデッキに戻す!そして戻した枚数分ドロー!いくぜ!俺は永続魔法転生炎獣の意志を発動!墓地からヒートライオを特殊召喚!」

ボーマン「ここでアローザルの効果発動!神はサイコロを振る!ジャッジメント・ダイス!出た目は2!水属性!」

Soulburner「外した…間一髪で生き残ったぜ。転生炎獣の神域の効果で転生リンク召喚!生まれ変われ、転生炎獣ヒートライオ!ヒートライオの効果!伏せカード1枚デッキに戻す!リザウディングロアー!」

ボーマン「罠発動!パンドラの宝札!相手の効果が発動したとき、対象をこのカードに移し替え2枚ドロー!」

Soulburner「チッ…ヒートライオの効果!アローザルの攻撃力をモルと同じ0にする!バトルだ!ヒートライオでアローザルを攻撃!」

ボーマン「永続罠発動!サイコロジック!攻撃モンスターを対象にサイコロを振り、出た目が奇数なら攻撃力を0に、偶数なら倍にする!しかしこのターンサイコロを振っている場合、出た目が5以下の時にその目を1つ多い数値として適用できる」

霊夢「つまり6以外はハズレだ」

 

1→攻撃力0

2(+1)、3→攻撃力0

4(+1)、5→攻撃力0

6→攻撃力倍

 

ボーマン「ジャッジメントダイス!出た目は2!+1し3とする」

霊夢「まさか本当に運の確率を…!?」

Soulburner「どうした不霊夢

霊夢「なんでもない、大丈夫だ」

ボーマン「AIの進化速度は君たちの想像を遥かに超えている。その世界は加速度的に広がり、人間世界を凌駕する。そして最先端にして究極…それが私だ!」

Soulburner「だから人間なんていらねえって言うのか!?神様気取りもいい加減にしやがれクソ野郎!」

ボーマン「人間がいつまでも頂点の存在でいられると思うかね?現に今も不霊夢に頼っている」

Soulburner「わかってねえな!俺にとって不霊夢はな、AIである前に不霊夢!俺の大事な相棒なんだよ!…正直、AIがなんなのか俺にはわからねえ。だが俺は不霊夢によって奮い立つことができた。そしてNighthunterたちと出会うことによりここにいる!それだけだ!世の中がどうなろうと俺の魂は変わんねえ!俺は俺の信じるものの為に戦う!」

霊夢「君もなかなか良いことを言うようになっ…うぐっ!」

Soulburner「不霊夢!大丈夫か!?」

霊夢「うがあーっ!!」

 

霊夢の腹を突き破り、現れたのは…

 

f:id:OVERDRIVE:20200403084045j:image

 

ウィンディ「ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!」

Soulburner「ウィンディ!?何故お前が…!まさか、残っていたのか!意識が!完全に消滅してはいなかったのか!?」

 

To be continued…

 

 

 


30 glory (TV size)

 

 

 

 

 

 

 

今回の注目カード!Part48

ストームライダーフラッグシップ          カスタム

嵐闘機旗艦バハムートボマー改

 

f:id:OVERDRIVE:20200403084325j:image

 

Pro「ウィンディの真の切り札だ。相手モンスターを永続魔法化し除去する力を得ちまった。しかも1ターンに1度相手フィールドの魔法罠を全て破壊して破壊したカード1枚につき500ダメージを与える効果まである。効果の発動に対し何かすることもできない。恐ろしすぎるカードだ…毎ターンハーピィの羽根箒と同等の効果を使うだなんて…」

 

 

 

 

次回予告!

突如として蘇ったウィンディは不霊夢を消滅させようとする。

霊夢の生死は…そしてデュエルの行方は…!?

 

第51話 フェニックスの輝き