決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番Nights 第42話

財前「LINK VRAINSに何が起きているんだ…!?もう一つ、LINK VRAINSが現れるなんて…」

早見「早急に確認しないと…」

財前「私がいこう。私自らが行って原因を解明する」

 

 

 

 

OP2

 


Yu-Gi-Oh! VRAINS Fan Opening "BRAVING!" (ZEXAL Opening 2) (Eng Sub)

 

 

 

 

 

 

第42話 ブラザーの記憶

 

リボルバー「こんな雑魚どもでは話にならんな」

Soulburner「敵の大将はどこにいるんだ!?こんなんじゃ全然足りねえな!高揚!動乱!熱狂!誰が俺を満たしてくれるんだよ!!」

クローズ「リボルバー、アイツはいないのか?」

リボルバー「スペクターは置いてきた。外部からのバックアップは必要だからな」

クローズ「ふーん…てか話してるうちに亮夜とブルーメイデンがどっか行っちまったぞ!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nighthunterサイド

Nighthunter「ラビットタンクスパークリングでダイレクトアタック!」

ブート「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

Pro「フン!雑魚が!」

ハル「次は僕が相手だよ」

Nighthunter「お前は誰だ」

ハル「忘れたのか?」

Pro「ハル、ボーマンの弟のAIだ」

Nighthunter「思い出したぞ!最初にボーマンと戦ったときにいた…!奴を倒せば、ボーマンとライトニングの居場所がわかるかもな」

ハル「来い…Nighthunter!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200228140951j:image

 

デュエル!

 

ハル「僕の先攻!僕はハイドライブ・ブースターを特殊召喚!このモンスターは互いのメインモンスターゾーンにモンスターがいないとき特殊召喚できる!現れろ、僕のサーキット!リンク召喚!リンク1、クーラント・ハイドライブ!」

Nighthunter「あれは、ハイドライブモンスター!」

Pro「なんだよ、ボーマンと同じデッキかよ」

ハル「同じじゃない!ハイドライブは元々僕のデッキだ!僕がボーマンにデュエルを教えたんだ!魔法カード、ハイドライブ・リビルド発動!クーラントを破壊する!そしてクーラントハイドライブの効果でハイドライブトークンを特殊召喚!さらにハイドライブリビルドの効果で、墓地からクーラントハイドライブを特殊召喚!」

Nighthunter「モンスターを数を増やしてきたか」

ハル「さらに魔法カード、ハイドライブ・ユーティリゼーションを発動!500ライフを払い、墓地からハイドライブブースターを除外!デッキから同名カードを手札に加える!そして今手札に加えたブースターを通常召喚!もう一度現れろ、僕のサーキット!リンク1、フロー・ハイドライブ!三度現れろ!僕のサーキット!リンク1、バーン・ハイドライブ!そしてリンクマジック、裁きの矢をクーラント・ハイドライブのリンク先に発動!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200228144953j:image

 

Nighthunter「お前たちは本当に裁きの矢が大好きだな…」

ハル「現れろ、僕のサーキット!召喚条件はハイドライブリンクモンスター2体!バーンハイドライブとクーラントハイドライブをリンクマーカーにセット!リンク召喚、リンク2!ツイン・ハイドライブ・ナイト!ツインハイドライブナイトの属性は、リンク素材にした2体と同じになる。そしてツインハイドライブナイトと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターの効果は無効化される!」

Nighthunter「炎、水がダメ…ラビットタンク封じできたか」

ハル「カードを1枚伏せてターンエンド」

Pro「俺たちのターンだ!いくぞー!」

 

 


仮面ライダービルド メインテーマ さあ、実験を始めようか

 

Nighthunter「ああ。俺のターン!ドロー!俺はモンスター1体をセットする!そして手札のPC-キーガジェットの効果発動!自分フィールドの裏側表示のモンスターを表側表示にし、手札から特殊召喚!この効果の発動後、俺はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない!」

ハル「手札からの効果は止められない…」

Pro「そもそも、こいつは地属性だぜ」

Nighthunter「そして表側になるカードはPC-ドラゴンガジェット!このモンスターは表側表示で通常召喚することができない。現れろ、未来を拓くサーキット!召喚条件はサイバース族モンスター2体!俺はキーガジェット、ドラゴンガジェットをリンクマーカーにセット!サーキットコンバイン!」

 

キー!

ドラゴン!

ベストマッチ!

 

Nighthunter「リンク召喚!封印のファンタジスタ!PC-キードラゴン!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200325165046j:image

 

Nighthunter「キードラゴンの効果!墓地のキーガジェットを手札に加える!もう一つの効果も発動!ツインハイドライブナイトを破壊!バトルだ!キードラゴンでダイレクトアタック!」

ハル「くっ…」残りライフ2000

Nighthunter「よし。俺はカードを1枚伏せてターンエンドだ!」

Pro「ボーマンの弟だからやべーと思ったけど、大したことないな!何処かの誰かが言っていたが…兄に勝る弟は居ないそうだぜ」

ハル「でもNighthunter、お前だって弟なんだろ!?兄より劣っているに違いない。大して強くないんだよ」

Nighthunter「二人とも謎の理論で話すんだな…悪いが、兄より劣っているつもりはない!それに俺は兄の顔を…あんま覚えちゃいない」

ハル「あいにく、僕もそうさ。あんなやつ兄弟じゃない!ライトニングは兄弟を記号として使った。ボーマンの制御のために使ったに過ぎないのさ。だから忘れたよ」

Nighthunter「でもお前は覚えていることだってできた…そいつは羨ましい。俺は兄のことを全く知らない、鴻上博士に誘拐されてしまったからな」

ハル「なら教えてやるよ。お前の兄のことを!僕のターン、ドロー!」

Nighthunter「いや教えろよ!」

ハル「この攻撃を生き残れたらな!永続罠発動!ハイドライブ・リベンジ!墓地からハイドライブモンスターを特殊召喚し、1枚ドロー!こい、ハイドライブ・ブースター!この効果でリンクモンスター以外を特殊召喚した場合、さらに1枚ドロー!そしてブースターでリンク召喚!リンク1、グランド・ハイドライブ!」

Nighthunter「地属性のハイドライブ!」

ハル「グランドハイドライブに装備魔法、ハイドライブ・インパクトを装備!装備モンスターが直接攻撃で与えるダメージを倍になる!ただし、必ず攻撃しなければならない!」

Nighthunter「グランドハイドライブの攻撃力は1000、だが裁きの矢で2000までアップする。インパクトを合わせれば4000のダメージが俺に…」

ハル「これが僕の必殺のコンボだ!バトル!相手フィールドに地属性モンスターがいるときグランドハイドライブはダイレクトアタックできる!終わりだ!」

Nighthunter「速攻魔法発動!サイクロン!裁きの矢を破壊する!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200325171023j:image

 

Pro「裁きの矢が破壊されたとき、リンク先のモンスターは全て破壊される」

ハル「そうはいかない!手札のシールド・ハイドライブの効果発動!ハイドライブインパクトを墓地に送り、裁きの矢の破壊を無効にする!」

Nighthunter「だけどこれでハイドライブインパクトが消えて俺が受けるダメージは元の数値だ」残りライフ2000

ハル「そうだな。だけどまだ僕のバトルフェイズは終わってない!速攻魔法、ハイドライブ・ゲート!バトルフェイズ中にリンク召喚する!フローハイドライブとグランドハイドライブでリンク召喚!ツインハイドライブナイト!」

 

f:id:OVERDRIVE:20200325171413j:image

 

ハル「ツインハイドライブナイトの属性は地と風になる!バトルだ、ツインハイドライブナイトでキードラゴンを攻撃!この時、裁きの矢の効果でツインハイドライブナイトの攻撃力は倍になる!」

Nighthunter「くっ…」残りライフ400

ハル「耐え切ったか。ターンエンド!」

Nighthunter「約束通り、話してくれよ。俺の兄のこと」

ハル「いいよ。君の兄は…戦士だ。みんなからはぐっちーと呼ばれている。色んな場所を転々としているから見つけるのは不可能だよ」

Nighthunter「いつか見つけてみせる。お前と違って兄に対しての思いはそれなりにあるんでね」

ハル「言ってくれるね。ああ、その通りさ!あんな兄なんて…兄なんて…」

Pro「?」

ハル「なんでもない!続けろ」

Nighthunter「言われなくても!俺のターン、ドロー!このターンで決着をつけてやる!魔法カード、エースレスバインド発動!自分フィールドに特殊召喚されたモンスターが存在しないとき、相手のモンスター1体の効果を無効にする!さらに魔法カード、ハザードトリガーを発動!」

 

ハザードオン!

 

f:id:OVERDRIVE:20200325172500p:image

 

Nighthunter「墓地からキードラゴンを特殊召喚し、ハザードトークンを特殊召喚!現れろ、未来を拓くサーキット!召喚条件はキードラゴンと闇属性モンスターを含むサイバース族モンスター2体以上!ハザードトークンとリンク2のキードラゴンをリンクマーカーにセット!」

 

アンコントロールスイッチ!ブラックハザード!

 

ヤベーイ!

 

f:id:OVERDRIVE:20200325172707j:image

 

Nighthunter「キードラゴンハザードの効果発動!ツインハイドライブナイトを破壊し、その攻撃力分のダメージをお前に与える!」

ハル「なにっ!?」残りライフ200

Nighthunter「トドメだ!キードラゴンハザードでダイレクトアタックッ!!」

ハル「うぅっ…!うわァァァァっ!」残りライフ0

Pro「勝った!」

ハル「僕は消えるのか。でも、これでいいかな…!もう兄さんは出来損ないの僕の顔を見なくて済む」

Nighthunter「ハル…」

ハル「兄に対しての思い…僕にもあったみたいだ。色々言ったけど…別れたくない…記号だってライトニングは言ってたけど、違うかもね…だって今僕は…二人でいた時間を…幸せ…って…感じ…る…」

 

ハルは光となって消滅した。

 

Nighthunter「…倒さねばならなかった。俺たちが生き残る為に…!」

Pro「Nighthunter…」

Nighthunter「青羽の時とは違い、今は俺が殺した。苦しいよ…けど、石動さんは大義を、俺の正義を貫けた言った。ライトニングを止める為に…今は進もう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラーリングシステム 同期完了

 

ボーマン「ハル…お前のことは決して忘れない!私たちは確かに兄弟だった!私たちはずっと一緒だ…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーマンの作業が終わったことにより、二つのLINK VRAINSが切り離された。

データマテリアルは流れ込まず、Dボードに乗っていたクローズ、Soulburner、リボルバーは落下した。

 

クローズ「いってぇ!!!」

 

リボルバー「分断された…か」

 

Soulburner「チッ…!」

 

 

クローズは岩山に、リボルバーは花畑に、Soulburnerは空港の滑走路へ落下。

Nighthunterは宮殿前にいた。

 

Pro「データマテリアルが感じられない…」

Nighthunter「Dボードが使えなくなったのか!?くっ…じゃあ歩いて奴らを探すのか」

 

Nighthunterが歩き出すと、障壁にぶつかった。

 

Nighthunter「いてっ!くそ…奴ら、俺たちを分断し隔離したのか!」

 

 

 

 

一方、宮殿では…

ウィンディ「なんでこんな面倒なことするんだ?」

ライトニング「人間には絆という不可思議な力がある。それが集まると侮れぬ力を発揮する傾向を見せる。無駄なリスクは回避する」

ウィンディ「フッ、そんなの迷信だろ?」

ライトニング「そうとは言い切れないのだ。たとえ迷信でも我々は数において不利。慎重を期して1人ずつ始末する」

ウィンディ「だったらその様子を奴らに見せつけてやろうぜ!仲間が1人1人やられていく姿を見せつけて、ジワリジワリ恐怖と屈辱を与えてやるのさ!」

ライトニング「しかしそれでは我々の手の内を教えることになる」

ウィンディ「ハハハハ!ノリが悪いぜ!手の内を知られたらお前は負けちまうのか!?」

ライトニング「よかろう。それで敵の平常心を撹乱できるのであれば、それはそれで有効かもしれない」

 

ライトニングと意識のない美空は光となって瞬間移動した。

 

 

 

 

 

岩山

クローズ「…くそ!ここどこだよ!」

ライトニング「やあやあ、これは。殺人犯の万丈龍我くんじゃないか」

クローズ「ライトニング!」

 

 

クローズとライトニングの様子は、Nighthunterたち全員に中継された。

 

 

クローズ「みんな無事なんだろうな!?」

ライトニング「今のところはな。君が最初の獲物だ!」

 

To be continued…

 

 

 

 


30 glory (TV size)

 

 

 

 

 

 

今回の注目カード!Part40

プロトサイバース

PC-キードラゴン

 

f:id:OVERDRIVE:20200325165046j:image

 

亮夜「墓地回収とモンスター破壊を併せ持つ新しいベストマッチモンスターだ!」

万丈「ドラゴン!いいな!」

亮夜「除去効果はお前のクローズ・ドラゴンと似ているな」

万丈「たしかにそうだな!破壊効果は強力だぜ!」

亮夜「(状況次第では除外やバウンスの方が強力だがな)」

 

 

 

 

 

次回予告!

ライトニングは最も弱い者から始末するAI。

その理屈でブラッドシェパードを始末した。

その彼が次に狙うのはクローズ、万丈龍我。

万丈はライトニングに勝てるのか…?

 

第43話 ドラゴンの苛立ち