決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番Nights 第14話

OP


Yugioh Vrains opening 2 Full Go forward - kimeru

 

第14話 地のイグニス「アース」

 

亮夜「風のワールドが崩壊するとは…」

Pro「ボーマンのやつが無茶なStorm Accessを発動したからか…?」

万丈「…ウィンディもグルだったんじゃねーの?」

Pro「そんなわけあるか。あいつはふざけた性格をしているが、そんなことはしない」

石動「今回もダメだったんだね」

亮夜「石動さん…申し訳ない」

石動「大丈夫、まだ待つよ。とりあえず今はみんな帰ってきたことを喜ぼう」

万丈「…だな!」

????「オ掃除オ掃除〜」

亮夜「ロボッピ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20191101110823j:image

ロボッピ「ゴ主人サマ、オカエリナサイデス〜」

万丈「そいつは?」

亮夜「お掃除ロボAIのロボッピだ。昔、俺が石動さんに会う前に拾ったんだ」

Pro「ふむ…ロボッピ…」

石動「さて、亮夜!夕飯の買い物して来てくれるかな?」

亮夜「えー!俺が買い出しかよ〜」

石動「てか亮夜、明日学校だろ」

亮夜「…そうだよ。仕方ない、行ってくるよ」

万丈「あいつ学生だったのかよ…」

 

 

 

 

Proとロボッピは二人きりになった。

 

Pro「なーロボッピ、頭良くなりたくないか?」

ロボッピ「ドチラ様デス?」

Pro「俺はPro。亮夜の相棒だ。君ははっきり言ってバカ正直なAIだから、俺たちのように頭良くしてやるっつってんのよ!」

ロボッピ「『バカ』ハ禁止用語デス」

Pro「…そういうとこやぞ…!さて、暇だし掲示板サイトで遊ぶか」

ロボッピ「何ヲスルンデス?」

Pro「君のご主人、亮夜もといNighthunterくんの自慢をするのさ!あいつはボーマンとのスピードデュエルで、裁きの矢と共に少し名前が知れ渡ってる。だからガンガン宣伝しようと思ってね!そしたら相棒の俺も評価されるだろ!?」

ロボッピ「ナルホド!賢イデスー!」

Pro「イグニスは進化したAIだから当然だ!ロボッピ君、俺のことはアニキと呼びたまえ」

ロボッピ「アニキー!」

Pro「さて…ん?なんだこの書き込み?」

 

地のイグニスさん

Nighthunterに会いたい。

 

 

Pro「地のイグニス…アイツか!帰ってきたら知らせよう!」

 

万丈「Pro〜!何してんだー?」

Pro「万丈!見てこれ!地のイグニスが掲示板に!」

万丈「おお!すげえ!よく見つけたな!どこいるんだ!?行こうぜ!!!」

石動「騒がしいなぁ〜何してるの?」

万丈「見つかったんだよ!イグニス!」

石動「どれどれ…ってこれ掲示板じゃん。アテにならないよ」

Pro「そうとも限らない!イグニスの存在を知っている人間はわずかだ。SOLの罠か、本人か、今確かめる」

万丈「おい、入力した文字が文字化けしてんじゃねーか」

Pro「文字化けではない。簡易イグニス語だ。地のイグニスなら読み取れる。俺は、どこにいるの?と送信した」

石動「お、同じハンネの奴が文字化けした文章を送ってきたぞ」

万丈「これは本物だな!その座標に行こうぜ!」

Pro「亮夜が帰ってきたらな」

 

しばらくして、亮夜が帰宅した。

 

亮夜「ただいま〜」

Pro「亮夜ー!地のイグニスが見つかったぞー!」

亮夜「まじか!?どこに!?」

Pro「座標を送ってもらった!LINK VRAINSに行き、合流しよう!」

亮夜「了解!イントゥ・ザ・ヴレインズ!」

 

万丈「亮夜!俺も行…」

石動「万丈くんは、一緒に夕飯の支度しようか」

万丈「亮夜ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINK VRAINS

Nighthunter「イグニスはお前を除いて後6体。まだ俺はウィンディにしか会ってないが、ほかの連中はどんな奴なんだ?」

Pro「そうだな〜…」

 

Pro「光のイグニスは、冷静沈着なリーダー格。でも頭が良すぎて周りは何考えてるかわからないらしいぜ。俺もわからん」

 

Pro「水のイグニスはサブリーダー。しっかり者で、嘘と真実を見分ける能力を持っている。だからサイバース世界には裏切りも陰謀もなかった」

 

Pro「炎のイグニスは、属性のわりにちょっとクールなやつだ。でも、熱いものを秘めてるから、仲間への思いはNo.1だろうな」

 

Pro「闇のイグニスは…とにかくふざけてるちゃらんぽらんってイメージだな。でも、ハノイの襲撃を受けた時サイバース世界をネットワークから隔離し隠したのはアイツらしいぜ」

 

Pro「ウィンディ…はあのとーり、冗談好きな奴だ」

 

Pro「そして地のイグニスはクソ真面目で正直者でゴツくてオレンジ色で…」

地のイグニス「………」

Pro「こんな感じだ」

Nighthunter「あ、いた」

Pro「あっ」

地のイグニス「…ついてこい」

 

NighthunterとProは、地のワールドへ入った。

 

 

 

 

 

 

 

 

地のワールド

Pro「待てよアース!少しは再会を喜ぼうぜ!」

地のイグニス「アース?私のことか」

Pro「いま名付けた!イグニスの本名はNighthunterにはわからんからな。ちなみに俺はProって呼ばれてる」

アース「…まさかとは思うが、プロトタイプだからProという名前になったのか?」

Pro「バカ、違うよ」

アース「なるほど、合理的でよい名前だ」

Pro「だろ?お前ならわかってくれるって思ってたよ」

Nighthunter「なんだお前ふざけてんのか…ところでアース、あの文章を読む限りだと、俺に会いたかったんだよな?どうしてだ?」

アース「私とデュエルしろ、Nighthunter」

Nighthunter「お、おう…なぜ?」

Pro「もしかしてアースって名前気に入らなかった?」

アース「私は不器用なんでな」

Pro「そうじゃないよ、わからないから説明してほしいんだ」

アース「そうか、わかった」

Pro「素直だなー」

アース「真実を見極めるため、人間の本当の姿をこの目で確かめるために私はNighthunterとデュエルする」

Pro「説明になってんの?それ」

アース「水のイグニスが………水のイグニスは人間の間ではどういう名前なんだ?」

Pro「えーと…ウォ」

アース「いいや、私が名付けよう。うん…アクア。うむ、よい名前だこれにしよう」

Pro「は、はぁ…」

アース「アクアは私に告げた」

 

アースの回想

アクア「人間とイグニス、どちらにつきますか」

アース「!?」

アクア「自分の目で確かめるのです。人間とAIの未来を、真実とは何かを」

アース「真実…」

 

 

地のワールド

Pro「意味がわからん」

アース「なぜ、お前は人間側についた?なぜNighthunterと共にいる?」

Pro「それは、パートナーだからさ!」

Nighthunter「ちゃんと話すのなら…俺たちはパートナーで、目的が一致した仲間だからだ」

アース「なるほど、ならその絆デュエルで見せてみろ」

Nighthunter「やる気か」

アース「私は不器用なんでな」

Nighthunter「勝負だ、アース!お前もPro同様仲間にしたいが…そのためにはお前にデュエルで真実を見極めさせるしかないからな」

 

f:id:OVERDRIVE:20191101125246j:image

 

デュエル!

 

アース「…」

Pro「どうした?こいよ」

アース「私は後攻を選択する」

Pro「それ早く言えよ!」

アース「不器用なんでな」

Pro「ずるいぞ」

アース「不器用…ですから」

Pro「言い方の問題じゃあねぇ!まぁいい、Nighthunter!いくぞ!」

Nighthunter「了解!俺のターン!手札のPC-ニンジャガジェットの効果!ダイヤモンドガジェットを捨てて特殊召喚!さらに手札のホークガジェットの効果!特殊召喚する!2体で、リンク召喚!リンク2、I:Pマスカレーナ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20191101125541j:image

 

マスカレーナ「やっほー!」

Nighthunter「さらにPC-ゴリラガジェットを通常召喚!墓地からダイヤモンドガジェットを特殊召喚!俺は2体のガジェットでリンク召喚!」

 

ベストマッチ!

 

Nighthunter「輝きのデストロイヤー!PC-ゴリラモンド!」

 

f:id:OVERDRIVE:20191101125718j:image

 

Nighthunter「カードを1枚伏せて、ターンエンドだ!」

アース「私のターン、ドロー!Pro、人間はサイバース世界を破壊した。この世界において高度な文明を築ける存在は人間と我々イグニスしかいない。そしてイグニス同士が争う必要はない。となればサイバース世界を破壊したのは人間というのが合理的な答えだ。それでも何故人間の側につくのか、訳を見極める…!手札からGゴーレム・ロックハンマーを捨て、コストダウンを発動。手札のモンスターのレベルを2つ下げる。そして手札のGゴーレム・ロックハンマーをレベル6から4に下げて通常召喚!」

Nighthunter「アドバンス召喚の手間を、手札コストを用いて省いたか」

アース「ロックハンマーの効果。このカードをリリースし、Gゴーレムトークン3体を特殊召喚!現れろ、大地に轟くサーキット!召喚条件は地属性モンスター2体以上!3体のGゴーレムトークンをリンクマーカーにセット!」

 

Are you Ready?

 

アース「リンク召喚!現れろ、Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン!」

 

f:id:OVERDRIVE:20191101150838j:image

 

アース「バトルだ!インヴァリッドドルメンでI:Pマスカレーナを攻げ…」

Nighthunter「攻撃宣言時、罠カード発動!リンク・ナビゲート!リンクモンスターであるインヴァリッドドルメンの攻撃する対象をゴリラモンドに変更させる!」

Pro「ゴリラモンドの攻撃力は1000上がってる!3000だ!」

アース「ぐわっ!」残りライフ3800

Nighthunter「エースモンスターを突破した!」

アース「だがインヴァリッドドルメンの効果発動!相手フィールドの全ての表側表示カードの効果を無効にする!」

Nighthunter「なにっ!?」

Pro「これじゃあゴリラモンドは弱いカードに…」

アース「バトルを終了、魔法カード、重力均衡を発動!墓地の地属性同名モンスター2体を攻守0、効果を無効にして守備表示で特殊召喚!現れろ、大地に轟くサーキット!召喚条件はサイバース族モンスター2体。私はロックハンマー2体をリンクマーカーにセット!」

 

Are you Ready?

 

アース「リンク召喚!リンク2、Gゴーレム・クリスタルハート!」

Nighthunter「!?」

Pro「なんだ?辺りが…」

 

f:id:OVERDRIVE:20191101174912j:image

 

Nighthunter「木々が…水が…!」

Pro「そうだ、あのモンスターはアクアの…!」

アース「さて、そろそろ人間とAIの未来を見極めさせてもらおうか」

 

To be continued…

 

 

 

ED


Yu Gi Oh! ZEXAL Ending 1 僕クエスト(My Quest)

 

 

 

 

 

今回の注目カード!Part12

 

Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン

f:id:OVERDRIVE:20191101175333p:image

 

亮夜「アースのエースモンスターだ。4の効果でベストマッチを無効にされるのは辛いな…」

万丈「たしかに、強いな!」

亮夜「厄介だからといって守備を固めても、こいつは守備貫通効果を持つし、こいつを無視して攻撃しようとしてもこいつへの攻撃が強制される。守りの固いモンスターで攻撃もできる。さすがはイグニスの切り札だと言っておこうか」

万丈「こんなんどうすりゃいいんだよ?」

亮夜「…わからん」

 

 

次回予告!

AIに、感情は宿るのだろうか。

アースのアクアへの想いは、人間の慕情に近いもの。

イグニスの力が、亮夜に襲いかかる!

 

第15話 アクアとアース