決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番SPYRAL MISSION76

OP4

 

76:さらなる進化!クリアマインド

 

謎のD・ホイーラー「見せてやろう、クリアマインドを!私のターン、ドロー!」

 

 

謎のD・ホイーラー「私は手札からチューナーモンスター、TG ストライカーを特殊召喚!このモンスターは相手フィールドにのみモンスターがいる時、特殊召喚できる!さらに手札からTG ワーウルフ特殊召喚!このモンスターは自分がレベル4以下のモンスターを特殊召喚した場合に手札から特殊召喚できる!レベル3のワーウルフにレベル2のストライカーをチューニング!」

十我「またレベル5のシンクロモンスター!」

謎のD・ホイーラー「シンクロフライトコントロール!リミッター解放、レベル5!ブースター注入120%!リカバリーネットワーク、レンジ修正!オールクリアー!GO、シンクロ召喚!カモン、TG パワー・グラディエイター!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190812202000j:image

 

謎のD・ホイーラー「さらに罠カード、ダブル・タイプ・レスキューを発動!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190812202045j:image

 

謎のD・ホイーラー「自分の場に異なる種族のモンスター2体が存在し、相手のフィールドの方がモンスターが多い場合に発動できる!」

十我「まて、パワーグラディエイター1体なのに使えるのか!?」

謎のD・ホイーラー「パワーグラディエイターは戦士族。だがフィールド魔法、テック・アクセル・フィールドにより機械族としても扱う!だから使える!墓地からワンダー・マジシャンを特殊召喚!」

十我「これでレベル5シンクロモンスターが2体!エクシーズか?リンクか?」

謎のD・ホイーラー「クリアマインド!!!」

 

謎のD・ホイーラーの身体が輝きだした。

 

十我「なんだ!?」

謎のD・ホイーラー「TG ワンダー・マジシャンはシンクロチューナー。これから見せるのはクリアマインドにより進化したシンクロ召喚だ!レベル5のTG パワーグラディエイターにレベル5のTG ワンダーマジシャンをチューニング!」

十我「!?」

謎のD・ホイーラー「リミッター解放、レベル10!メイン・バスブースター・コントロール、オールクリアー!無限の力、今ここに解き放ち、次元の彼方へ突き進め!GO、アクセルシンクロ!カモン、TG ブレード・ガンナー!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190812202715j:image

 

十我「アクセルシンクロだと…!?そんなもの見たことがない…」

謎のD・ホイーラー「当然だろう。アクセルシンクロはクリアマインドを持つものしか使えない、進化した召喚法だ!君もこのアクセルシンクロのような進化した力を身につけ、前に進まなくてはならない!でなければ、ギムレー教団を倒すことなど不可能だ!」

十我「くっ…」

謎のD・ホイーラー「バトルだ!TG ブレード・ガンナーでジョーカースナイパーを攻撃!シュート・ブレード!」

十我「罠発動!パラライズ・バレット!ブレードガンナーを対象として発動!そのモンスターの攻撃と効果を無効にし、攻撃力を1000ポイントダウンする!」

謎のD・ホイーラー「TG ブレードガンナーの効果発動!手札のTG メタル・スケルトンを墓地に送り、その効果を無効にする」

十我「っ!?」残りライフ2700

謎のD・ホイーラー「フィールド魔法、テック・アクセル・フィールドの効果。アクセルシンクロされたモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時、もう一度攻撃できる!サイクロン・スナイパーを攻撃!」

十我「うぅっ!」残りライフ1400

謎のD・ホイーラー「テック・アクセル・フィールドの効果!もう一度攻撃!十我にダイレクトアタック!」

十我「うわァァァァ!」残りライフ0

 

謎のD・ホイーラー「これが、君の身につけるべき力だ」

十我「どうすれば…クリアマインドは手に入るんだ?」

謎のD・ホイーラー「迷いを断ち、明鏡止水の境地に至ること。それが条件だ」

 

そういうと、謎のD・ホイーラーは去っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十我「(…クリアマインド。それが奴らに対抗するための力…もう一度見つけなければ。あの男を)」

ブルーノ「こ、この男は!」

十我「どうした!?」

ブルーノ「うっ…頭が痛い…」

十我「誰なんだ…こいつは?ブルーノ、知っているのか?」

ブルーノ「知らない…だが、怖い…!」

十我「LINK VRAINSの中にいるのか。周囲にいるのは…ギャンレルの軍隊!?この男も敵というわけだな。行くしかない!イントゥ・ザ・ヴレインズ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINK VRAINS

 

十我「いた…あの男だ!」

兵士「ジェラード様!あの男は!」

ジェラード「あいつは…十我!」

 

十我はジェラードに接近した。

 

十我「お前は、何者だ!」

ジェラード「俺か?俺はジェラードだ…ギムレー教団の一員だ。ところでてめぇ、十我だよなぁ?ヒーローとか持て囃されて調子のってんだろ?なぁ、十我さんよぉ」

十我「そんなことないが…」

ジェラード「ウソつくんじゃあねぇよこのカス野郎がァーッ!俺はてめぇみたいな野郎が気にくわないんだよ!ぶっ殺してやるぜ!お前ら、殺っちまえ!」

?????「させないよ!」

 

兵士たちが吹き飛ばされた。

 

兵士「貴様、何者だ!?」

?????「私かい?私はカーニバル」

十我「なにっ!?」

 

f:id:OVERDRIVE:20190812205842j:image

カーニバル「また会ったわね」

十我「お前生きてたのか!?」

カーニバル「当然よ。雑魚は私に任せなさい。あなたはこの男を」

ジェラード「ナメんなよコラァー!!!」

十我「ギムレー教団の男…覚悟しろよ!」

 

To be continued

 

 

 

 

ED4

 

 

 

 

次回予告!

 

帰ってきたカーニバルと兵士、十我とジェラードのデュエル!

十我は幹部級の敵とのデュエルの中でクリアマインドを発現させようとするが…

 

次回 嫉妬の戦士 ジェラード

 

これで決まりだ!