決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

スーパー加賀さんギャラクシー 第19話

第19話 超・宇・宙・剣

 

道順健碁…ブラッドシェパードは加賀を殺した。そしてヘルプロミネンスギャラクシーの裏でゲドンコ姫に会った。

 

道順「加賀のやつは殺してきたぞ」

ゲドンコ姫「そうか。コバルトスターは?」

道順「ある」

ゲドンコ姫「そうかそうか…では」

道順「…」

ゲドンコ姫「死ね」

道順「!?」

 

ゲドンコ姫は手からエネルギー弾を放ち、道順健碁を攻撃した。

 

道順「なんのつもりだ!?」

ゲドンコ姫「キャハハハハハハハハハハハハハハハハッ!教えてやろう、元からキノコからの回復方法を教えてやるつもりなどないということを!」

道順「なんだと!?」

ゲドンコ姫「お前は哀れな操り人形なんだよ。そしてコバルトスターもここに持ってきてくれた!コバルトスターが全て揃うとき……………………………が起こるのだ」

道順「なんだと!?そんな!…バカな…!」

ゲドンコ姫「ご苦労様!」

道順「貴様…!」

 

METEOR READY?

 

f:id:OVERDRIVE:20190426212926j:image

 

道順「変身!」

 

METEOR STORM STANDBY

METEOR STOOOORM!

 

f:id:OVERDRIVE:20190426213036j:image

 

ブラッドシェパード「ぶっ殺してやる」

ゲドンコ姫「やってみな!」

 

ゲドンコ姫はUFOを呼び寄せた。UFOとゲドンコ姫からのビーム攻撃をくらい、ブラッドシェパードは吹き飛ばされてしまった。

 

ブラッドシェパード「ぐわァァァァッ!」

ゲドンコ姫「身内の為なら手段を選ばない精神、実に立派だよブラッドシェパード。しかしそれが仇となった!道順健碁として来たお前は仲間と思ってくれていた加賀を、お前は殺したのだ!あまりにも酷いじゃないか、ブラッドシェパード!」

ブラッドシェパード「貴様ァァァァ!」

ゲドンコ姫「今、お前は心の奥で加賀を殺したことを悔いているのだろう。自分も加賀を仲間と認めつつあったことを感じているのだろう。だが遅い!お前は取り返しのつかないことをした。そしてお前は死ぬ。この地獄のような銀河で、本当の地獄へ堕ちろ!二人揃ってな!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190426213715j:image

 

ブラッドシェパード「うおァァァァーーッ!」

 

ブラッドシェパードは加賀が倒れた場所まで吹き飛ばされてきてしまった。

 

ゲドンコ姫「あとは任せた。全員始末し、コバルトスターを奪い取れ!私はここにいてはいけない…」

 

ブラッドシェパードのメテオへの変身が解除されてしまった。

 

道順「くそ…ゲドンコ姫め…!」

村振「健碁!戻ってきやがったな」

道順「…フン」

ゲドンコモンスターR「騙されたマヌケ、お前を始末する」

道順「バケモノ…!一度は踊らされたが、もう二度と踊らされんぞ…」

長門「健碁…!?」

 

道順健碁は、生身でゲドンコモンスターRに挑んだ。

 

道順「自らの手で殺めておきながらこんなことを言う資格はないのかもしれない…だがあえて俺の本心を話させてもらおう。加賀は俺の仲間だ…俺は加賀が守りたかったお前らを命を賭して守る。お前の運命は…俺が決める!」

ゲドンコモンスターR「ほざいてろ、雑魚」

 

f:id:OVERDRIVE:20190426213715j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???

 

加賀「ここは…?」

 

加賀はどこかで目を覚ました。辺りは虹色の世界。果てしなく続き、加賀だけがそこにはいた。

 

加賀「私は…一体…」

 

…遠くから、声が聞こえる。

必死で、今にも泣きそうな声が。いや、既に泣いている。

その声は加賀の救った仲間たちと、加賀を支えてきた仲間たち、そして加賀が信じようとした仲間の声なのだから。

 

加賀「私を…呼んでいる…」

 

「もう一度…もう一度戦うのです」

 

加賀「この声は、あの時の夢の…」

 

「立ち上がり、仲間の為に…」

 

加賀「仲間…」

 

加賀の目の前に、まばゆい一筋の光が現れた。

 

加賀「ダチの為に!」

 

視界が閃光に包まれた。加賀は再び気を失った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、村振たちは加賀の死を受け入れられずにいた。何度も何度も名前を呼んだ。

道順健碁はボロボロになりながらも、ゲドンコに立ち向かった。

 

その時、一度も発動しなかったコズミックスイッチが、輝きだした。

 

瑞鶴「コズミックスイッチが…」

村振「加賀に吸い寄せられていく…」

 

f:id:OVERDRIVE:20190426215142j:image

 

電「眩しいのです!」

長門「これは…」

加賀「…戻ってこれたみたいですね、私は」

姫子「コズミックスイッチが加賀を生き返らせた!?」

道順「…加賀…」

加賀「ブラッドシェパード…いえ、道順健碁。あなたが私を殺したことは一生許しません」

道順「…許しを乞うつもりもない。だが…本当に申し訳…なかった」

加賀「…でも、それがあなたの真の心から出た行動ではないということはわかっています。もし真の心からの行動ならば、今身体を張ってみんなを守っているはずはない」

道順「……………」

ゲドンコモンスターR「しぶといやつだ。今度こそ地獄に堕ちるがいい!」

加賀「それはどうでしょう。私はもう二度と地獄には落ちない!仲間が…ダチが、私を呼ぶ限り!」

 

コズミックスイッチが再び輝いた。

 

村振「加賀!コズミックスイッチを使え!」

加賀「言われなくても!」

 

3…2…1!

 

加賀「換装!宇宙…キターッ!そして!」

 

挿したコズミックスイッチのカバーを開けると、警告音が鳴った。

 

加賀「今から私の身体は、超強くなる!」

 

COSMIC ON

 

加賀がコズミックスイッチを起動させると、全てのアストロスイッチが加賀の身体に入っていった。

 

f:id:OVERDRIVE:20190426215835j:image

加賀「艤装『コズミック』あなたを…倒します」

 

加賀 艤装『コズミック』のテーマ

 

ゲドンコモンスターR「水色になった程度で勝った気になるな!」

加賀「ただ色が変わっただけ…なわけないじゃないですか。私の本気、味わいなさい」

 

加賀は胸のパネルを押した。

 

ROCKET ON

 

加賀「もう一つ」

 

ELEK ON

 

加賀「この剣は…ロケットエレキ剣です」

村振「まさか、異なるスイッチの力を合体させられるのか!?」

加賀「はぁっ!」

ゲドンコモンスターR「うぐぁっ!!!だが、これしきのことォォォォォ!」

加賀「次は」

 

LAUNCHER ON

FREEZE ON

 

加賀「フリーズランチャーです」

ゲドンコモンスターR「つ、冷たいッ!灼熱のエリアなのになんでこんなに冷気を出せるんだーッ!」

 

ゲドンコモンスターRは凍った。

 

HAMMER ON

S MAGNET ON

 

加賀「寄ってきなさい、UFO!」

 

加賀はSマグネットハンマーでUFOを引き寄せ、くっつけた。

 

加賀「そして一気に砕け散りなさい」

 

UFOをくっつけたハンマーで、凍ったゲドンコモンスターRを叩いた。

UFOが爆発し、大ダメージが入る。

 

GATLING ON

WATER ON

 

加賀「ウォーターガトリング」

 

鋭い水が射出され、ゲドンコモンスターRをハチの巣にした。

 

ゲドンコモンスターR「こ、こんなァァ〜〜〜〜〜〜〜ッ」

加賀「決めます」

 

LIMITBREAK

 

ゲドンコモンスターR「灼熱回転鉄球デスボンバー!」

加賀「無駄です!」

 

バリズンソードはロケットモジュールと似たような能力を持つ。加賀はロケットスイッチ使用時同様に飛んだ。

 

加賀「はああああああああああああああああああああああっ!」

 

ゲドンコモンスターRの背後にはワープホールが出現していた。

 

加賀「はっ!」

 

加賀はゲドンコモンスターRに突撃し、二人でワープホールに突入した。

ワープホールの先は、宇宙だった。加賀は地球を背にし、バリズンソードを持つ。

 

加賀「スイッチを…抜いて、挿す」

 

バリズンソードにコズミックスイッチが装填された。

バリズンソードが開き、輝く。

 

ゲドンコモンスターR「やめろ!やめてくれ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190426230423j:image

 

加賀「一航戦超銀河フィニッシュ!!!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190426230734j:image

ゲドンコモンスターRは爆発四散し宇宙空間に消え去った。

…5つ目のコバルトスターのかけらを残して。

 

f:id:OVERDRIVE:20190426232812j:image

 

加賀「これで5つ揃いました…しかし、まだ中に空洞がありますね…おそらくそれが最後のかけら…とりあえず皆さんのところに帰りましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルプロミネンスギャラクシー

 

加賀「やりました」

瑞鶴「加賀さああああああん!さすが加賀さんー!!!!」

天龍「どうやら俺の言った通りになったようだな。加賀がみんなを助けた分、加賀に良いことが返ってきた…それがダチってもの、さ…」

村振「さて、コバルトスター…残り1つを見つけないと天文台が…」

加賀「その残り1つはあのバケモノが持っていました。これで5つ。しかしどうやら6つ目があるようです」

道順「…加賀。一つ言っておきたいことがある」

加賀「なんでしょう、謝罪ならもう要りませんよ」

道順「コバルトスターは完成させるな。最後のかけらは絶対に手に入れるな。5つあればコズミックエナジーは十分。ゲドンコの本拠地に向かえるはずだ」

加賀「…?わかりました」

道順「それでいい」

村振「それじゃあ、ゲドンコの本拠地へ向かおう!」

 

To be continued…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回!スーパー加賀さんギャラクシー!

道順の「コバルトスターは完成させるな」

その真意はわからないまま、一行はゲドンコの基地、キャノンフリートギャラクシーに差し掛かる。

そしてその先に見えるのはゲドンコの銀河帝国であった…

 

第20話 紫・毒・城・塞