決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番SPYRAL MISSION22

DenCityへの列車内

 

暗剣「十我ァ〜このカードをくれてやるよ」

十我「リンクモンスター…しかも3種類?」

暗剣「お前なら使えるだろう、俺の力を」

十我「サイクロン・スナイパー、ヒート・スナイパー、ルナ・スナイパー…」

 

 

 

OP

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20190228095844j:image

 

十我「ここがDenCityか…!テーマパークに来たみたいだぜ…テンション上がるなァ〜ッ」

暗剣「これからどうする?どうやってハノイを追う?」

十我「それはお前たちに任せる。俺は少し単独行動をとる…うまくいけばハノイを壊滅させられる…!」

暗剣「馬鹿なのか…そんなことできるのかお前に…」

十我「できる。んで、作戦はだな…(ゴニョゴニョ)」

暗剣「危険だぞ…」

十我「師匠の教え通りやればできる。俺だって一人前のスパイさ」

暗剣「半人前の間違いだろハーフボイルド野郎」

十我「あ"?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテル

 

十我「ここがマスワイが用意してくれたホテルか」

大光「僕たちは調査のため、早速DenCityのLINKVRAINSに突入しますよ!」

十我「わかった。新情報があったら連絡してくれ」

大光「了解です!」

大光&暗剣&イリヤ&草加「「「「イントゥ・ザ・ヴレインズ!!!!!」」」」

十我「さて、俺も向こうへ行くか…イントゥ・ザ・ヴレインズ!」

 

 

十我が考えた作戦、それはハノイの騎士に加わることだった。

ハノイの騎士はある男を追っていた。その男を倒すために、ハノイの騎士は仲間を集めていたのだ。

この機会を見つけた十我は、ハノイの騎士に加わり内部から敵を潰そうと考えたのであった。

 

 

 

十我「ここがハノイの騎士の基地か…」

?????「はじめまして、あなたもハノイに加わりたい方ですね?」

十我「はい、そうです」

?????「でしたらこちらへ。動機は問いません。ただデュエルが強ければよいのです。ハノイの試験は…実力試験!それのみです」

十我「わかりました、デュエルするのは…」

?????「この私、スペクターが務めましょう」

十我「手加減は…?」

f:id:OVERDRIVE:20190228150537j:image

スペクター「もちろん、無しで」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228151402j:image

 

デュエル!

 

スペクター「よろしくお願いします。私の先攻!私は聖種の地霊(サンシード・ゲニウス・ロキ)を召喚!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228151720j:image

 

スペクター「現れろ、私たちの道を照らす未来回路!召喚条件は植物族通常モンスター1体!私は聖種の地霊をリンクマーカーにセット!リンク召喚!リンク1、聖天樹の幼精!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228151845j:image

 

スペクター「さらに私は永続魔法、聖蔓の社を発動」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228152711j:image

 

f:id:OVERDRIVE:20190228152753j:image

 

スペクター「手札の聖花葬を捨て、墓地から聖種の地霊を特殊召喚。現れろ、私たちの道を照らす未来回路!召喚条件は植物族1体!地霊をリンクマーカーにセット!リンク召喚、聖蔓の守護者!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228152856j:image

 

スペクター「カードを2枚伏せてターンを終了します」

十我「俺のターン、ドロー!俺はカードを1枚セット!そして魔法カード、不等価交換発動!セットカードを破壊し、俺は1枚ドローする!」

スペクター「トラップ発動!聖蔓の埋葬!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228153219j:image

 

スペクター「そのカードを確認し、罠カードならば除外し、同名カードも全て除外します!」

十我「…!」

スペクター「伏せカードは罠カードガンナーズ・クライシス…除外!!!さらにあなたの手札デッキから同名カードを全て除外!」

十我「だが1枚は使わせた…このまま行く!俺はマッハ・ガンナーを特殊召喚!俺はさらにデュプリート・ガンナーを通常召喚し、その効果でガンナートークンを特殊召喚トークンが出たことで手札からステルスガンナーを特殊召喚!現れろ、真実を繋ぐサーキット!召喚条件はガンナー2体!ジョーカー・スナイパー!!!」

 

ジョーカー!

 

ジョーカー・スナイパー LINK-2 ATK2000

 

十我「フィールド魔法、キャッスルリンクを発動」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228154859j:image

 

十我「ジョーカースナイパーをメインモンスターゾーンへ移動!現れろ、真実を繋ぐサーキット!召喚条件はガンナー2体!リンク召喚!サイクロン・スナイパー!!!」

 

サイクロン!

 

サイクロン・スナイパー LINK-2 ATK2000

 

十我「キメる!サイクロンスナイパーの効果発動!伏せカードを破壊!」

スペクター「くっ…」

十我「さらにジョーカースナイパーの効果発動!聖天樹の守護者の攻撃力を半分にし、その分ジョーカースナイパーの攻撃力アップ!バトルだ!ジョーカースナイパーで聖天樹の幼精を攻撃!ジョーカー・マキシマムドライブ!」

スペクター「くっ!!!」残りライフ2000

十我「残り一発!」

スペクター「リンク先に聖天樹がいなくなったことで聖蔓の守護者は破壊される」

十我「これで決まりだ!サイクロンスナイパーでダイレクトアタック!サイクロン・マキシマムドライブ!!」

スペクター「ほう…なかなかの腕前ですね」残りライフ0

十我「これで俺もハノイの騎士か!」

スペクター「そうですね…ではハノイアバターのデータを送ります。それから…PlaymakerがLINK VRAINSに現れたようです。早速向かってください」

十我「了解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINK VRAINS

 

十我「あの男がPlaymakerか…にしても…」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228155916j:image

 

十我「この服装ダサくねーか?」

Playmaker「ハノイの騎士、そこにいるな」

十我「バレた!?」

Playmaker「お前を倒し、今度こそハノイの騎士のリーダー…リボルバーの居場所を突き止める」

十我「誰だ貴様!?(とでも言っておくか…)」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228160323j:image

Playmaker「俺の名はPlaymaker。10年前の事件の…復讐の使者だ!!!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190228160411p:image

 

 

 

ED

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

ハノイに潜入した十我と、ハノイの追うPlaymakerのデュエルがスタート。Playmakerが操る未知のカードとは…!?

 

「リンク3、デコード・トーカー!!」

 

次回、「俺の名はPlaymaker! 未知の種族サイバース」

 

イントゥ・ザ・ヴレインズ!