決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番SPYRAL MISSION5

OP

 

f:id:OVERDRIVE:20181226134620j:image

 

十我の家

大光「十我さん!僕を弟子にしてください!」

十我「あ〜?誰がおめーなんか弟子にするかよォォォォ!俺は弟子なんかとらねぇ!師匠たちとは違うんだッ!」

大光「お願いします!!」

十我「せめて仲間だッ!俺は師弟関係なんか嫌なんだよ!チームとして、俺と助け合えるやつが欲しいんだ!」

大光「そんなん無理ですよ…僕は十我さんと同等の力はありません…たしかに僕は天才的で様々な機械を作れますし操れますよ!でも僕には十我さんの助けなんて無理ですよ」

十我「十分なんだが…」

大光「弟子にしてくださいよォォォォ!」

十我「………」

回想師匠「いつか十我も弟子をとる時が来る。その時はちゃんと魂を、受け継いであげるんだよ」

十我「…嫌だ!今はお前に実力がないかもしれない…でもな!そんなもん後から頑張ればいいだろ!今はダメかもしれない、でも追いつくほどの才能がお前にはあるはずだ!お前は俺の仲間としてやってける…そんな気がするんだ」

大光「十我さん…」

十我「…仲間ってのは助け合いだ、お前に足りないものがあるなら俺が補ってやる。だが俺に足りないものはお前が補うんだ、大光。そういうのがいいんだぜ…」

大光「…わかりました」

十我「!」

大光「僕はあなたと過ごし、仲間になるにふさわしい男に成長してみせますッ!」

十我「それでいいッ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日

LINK VRAINS

 

大光「十我さんにお願いされたこと、できるかなぁ…」

回想十我「早速なんだが…やってほしいことがある。明日、LINK VRAINSで一人以上新しい仲間を見つけてこい。ただし、デュエルに一度でも負けたら帰ってくるんだ」

大光「勝てるかなぁー…というか人に声かけるのが怖いなぁー…でも、あそこに親切そうな人がいるから、話しかけてみよう!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190106233259j:image

 

????「ん…?」

大光「すいません!僕とデュエルしてもらえますか…?」

????「俺とデュエルか…いいだろう。君、名前は?」

大光「僕は大光と言います!あなたは?」

カイザー「俺はカイザーと呼ばれている」

大光「(強そうだなぁ…でも、きっと強力な仲間になるはずだ!)」

カイザー「大光君、君らしい味のあるデュエルを期待しているよ」

大光「はい!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190106233835j:image

 

デュエル!

 

大光「僕の先攻!僕はファクトリア・コマンダーを召喚!」

 

ファクトリア・コマンダー ☆4 ATK1300

 

大光「効果発動!手札のファクトリア1体を特殊召喚する!僕はファクトリア・オペレーター を特殊召喚!」

 

ファクトリア・オペレーター  ☆3 ATK0

 

大光「永続魔法、ファクトリア・ラインを発動。デッキからファクトリア・キャリアーを手札に加え、オペレーターをチューナーにする」

カイザー「チューナーモンスター…!」

大光「そしてファクトリアオペレーターの効果発動!ファクトリアラインを破壊し、1枚ドロー!この効果の発動後、僕は機械族モンスターしか特殊召喚できない!そして自分の場のカードが破壊されたため、僕は手札からファクトリア・キャリアーを特殊召喚!」

 

ファクトリア・キャリアー ☆2 DEF100

 

大光「そしてファクトリアキャリアーの効果で1枚ドロー!レベル4のコマンダーとレベル2のキャリアーに、レベル3のオペレーターをチューニング!鋼鉄武装の剣士よ、襲いかかる脅威を断ち切れ!シンクロ召喚!レベル9、イエロー・メタルブレイダー!!!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190106234702j:image

 

大光「僕はこれでターンエンドだ!」

カイザー「シンクロ召喚をしながら手札を補充…いい戦術だ。だが、ここからは俺のターンだ!ドロー!俺は魔法カード、パワー・ボンドを発動!俺は手札のサイバー・ドラゴン3体を融合する!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190106235433j:image

 

カイザー「融合召喚!!!サイバー・エンド・ドラゴン!!!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190106235642j:image

 

サイバー・エンド・ドラゴン ☆10 ATK4000

 

カイザー「パワーボンドは発動ターンの終わりに、俺が融合召喚したモンスターの攻撃力分のダメージを受けるデメリットを持つ。しかしその代わりに、融合召喚したモンスターの攻撃力は倍になる」

 

サイバーエンドドラゴンATK4000→8000

 

大光「え"っ!?」

カイザー「バトルだ!サイバーエンドドラゴンでイエローメタルブレイダーを攻撃!エターナル・エヴォリューション・バースト!」

大光「ぐわああああああああああ!」(残りライフ0)

十我「…あの男、相当やべぇな…」

大光「十我さん!?来てたんですか?」

十我「…ああ、噂のカイザーを一目見たくて来たんだ。だが本当にとんでもなく強いな」

カイザー「君も俺と戦いたいのか?」

十我「ああ。腕試しさせてもらうぜ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20190107000120p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

大光をワンターンキルしたカイザー。彼のサイバードラゴンの強さは尋常ではない。

しかし、十我は果敢に立ち向かう。受け継ぐ力が残っている限り…!

 

「切り札は新たな力を呼ぶ!」

 

次回「サイバー流のカイザー 勝利へのトリガー」

 

イントゥ・ザ・ヴレインズ!