決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番モノスゲーイ強さのキャラ10選

ぐっちー

f:id:OVERDRIVE:20181022122109j:image

主人公。強い理由は多々あるが、戦闘慣れしてるのと修羅場の多さが他のキャラに比べて多いから。それと能力の多さが要因かな。

そんなぐっちーの能力は「時止め」「極紫乱舞」「精神の継承」「オーズ」

波紋は能力ではなく呼吸法なので能力には含まないが、ほぼ能力みたいなもの。また、上位の力として極波紋が存在する。

時止め

咲夜戦(3章)で目覚めた力。(それまで波紋オンリーで戦ってたので大したもんだ)時間の制約は最初は数秒だったが、使用し続け慣れるうちに最大1分まで伸びた。また、時止め中に触れた者を自身と共に行動させることも可能。インチキかな?

極紫乱舞

カエデ戦(15章)で目覚めた力。様々な属性の力を使うことができ、現在までで炎、雷が確認されている。(出番が少ないせいで2つしかない)ぐっちーは雷の必殺技「紫電一閃」を主に使う。波紋がこれまで吸血鬼特攻で他のキャラに効かなかったため、普通に攻撃できる技が登場したのはでかい。(極波紋っていう吸血鬼以外にも効く能力が2章前に目覚めてるのは内緒)

精神の継承

ぐっちーの能力の中で最強の能力。目覚めたのはウル戦(11章)だが、正式に能力として認められ名前が決まったのはひびきとの最終決戦後。能力の概要は、ぐっちーを信頼している人物の力を借りるというもの。借りる相手が意識を失っている場合にしか発動できない。

これまでに、咲夜(銀ぐっちー)、リティア(極波紋ぐっちー)、虹神(虹ぐっちー)、加賀(裁きぐっちー)の4形態が存在している。これからも増える。また、ひびきとの最終決戦では全ての仲間の力を借りてほぼ最強となっていた。この形態に名前はない。

オーズ

デュエルモンスター世界編で使用する新たな力。仮面ライダーオーズの各コンボの力を使用できる。実際に変身はしない。(一応変身もできる)

コンボにはタトバ、ガタキリバ、ラトラーター、サゴーゾ、タジャドル、シャウタ、プトティラ、ブラカワニの8つが存在し、それぞれ特殊な能力がある。最強はプトティラ。デュエルモンスター世界脱出後のプトティラぐっちーはおそらく茶番キャラ最強クラス…

 

アルハネス・マサクラー

f:id:OVERDRIVE:20181022122208j:image

正真正銘最強の男。触れた無機物を好きな物質に変換する能力を持つ。触れた無機物ならなんでもよいので、地面、大気、海すら自在に操れるということである。…は?

また、本気を出すと次元アルハネスとなり、全てが終わる。(Q.全てが終わるってどういうことですか? A.全てが終わるということです。)出た瞬間茶番が打ち切りになり、次元アルハネスに関しては、ヌメロンドラゴンですら対処不可能。創造者とはいえヌメロンドラゴンも茶番キャラの一員だからである。

 

紫京院ひびき

f:id:OVERDRIVE:20181022122308j:image

第1部ラスボス。触れた物を水晶に変える能力と飛翔能力を持つ。一見そこまでチートに見えないが、基本的に攻撃を喰らえばひびきがやられない限り二度と目覚めることはないというかなり強い能力。ぐっちーに対してこの能力を使用するが、ひびきはぐっちーを苦しませるために水晶化の中でも心のトラウマを映し出すものを使用してしまったのである。結果、ぐっちーがトラウマを克服したことで水晶化が解けてしまった。

一応ひびきは、ぐっちーの仲間23人を全員水晶化させ、虹神とネテロを殺すほどの実力がある。そんな実力がありながらぐっちーに負けてしまったのは、油断と彼の仲間の力を受け継ぐ力が強すぎたためである。

ひびきは、再びぐっちーたちの前に立ちはだかるだろう。新たな力を得て…

 

樋口虹美

f:id:OVERDRIVE:20181022122325j:image

ぐっちーと咲夜の娘。なんで故人なのにリストアップされているかというと、蘇るからである。

能力は不明だが、ペンデュラムを生み出すのに使われてたり、カードを創造したり、アイソレーションドームを破壊したり、地球までジャンプで突撃したり、ズァークのパンチと張り合ったり、とにかく強いことは確か。さすがあの二人の娘である。

あっ…覚醒紫咲の方が強いかも…?

 

ズァーク

f:id:OVERDRIVE:20181022122345j:image

オッドアイズ、ダークリベリオン、クリアウィング、スターヴヴェノムの4竜を取り込んだ巨大なドラゴン。もうそれだけで強い。

たぶん通常の攻撃は通じない。それだけでなく、人間の能力がそもそも通じるかも不明。

でかすぎる。とにかくでかすぎる。本当に怪物。

 

樋口亮夜/Nighthunter

f:id:OVERDRIVE:20181022122407j:image

ぐっちーの弟。心を閉ざしていたため能力にまだ目覚めていないが、仮面ライダービルドに変身して戦う。

ビルドの力の中でも、最強は60本のフルボトルの力を集約させたジーニアス。ジーニアスは全てのフルボトルの力を扱えるためとても手数が多く、戦闘センスが天才レベルである亮夜が使用することで恐ろしく強くなる。

 

エボルト

f:id:OVERDRIVE:20181022122434j:image

史上最強の敵。容易く星一個滅ぼしたり、マジでやばい。エボルト/仮面ライダーエボルにはフェーズ1、フェーズ2、フェーズ3、フェーズ4、怪人態があるが、ネタバレになる故よく出てくるフェーズ4のみ紹介する。

フェーズ4、ブラックホールフォームはブラックホールを生成したりするインチキ能力を持つ。地球の一部を破壊すること、相手をブラックホールに吸い込み消滅させることが可能。…は?ヴァニラアイスの上位互換か?

あと、エボルトは元々戦闘力が高い。しかしブラックホールフォームになるとその戦闘力を最大50倍に引き上げることも可能になっている。代償はあるが、基本的に50倍パワーで敵が死ぬので関係ない。

 

イヴリース

f:id:OVERDRIVE:20181022122450j:image

今後のキーキャラクター。元々は星杯の巫女だったが、闇堕ちして超強化された。6つの能力を持つ。

1つ目は赤、崩界、破壊の力。フランドール・スカーレットに似ているが、あっちの方が強い。こちらは触れたものを破壊する程度である。

2つ目は橙、強化の力。味方を強化する。が、闇の力を与えるため必ず闇属性になり、最悪の場合精神が歪む可能性もある。

3つ目は黄、無敵の力。 敵の攻撃を無効化し、ダメージを受けることがない。さらに能力2倍、ほとんどの能力を受けない。(余談だが、本来黄の力はブランクであり、異世界でたまたま見つけたハイパームテキの力をパクってきただけである。もちろんハイパームテキを勝手に使ってるので代償はでかいが…)

4つ目は緑、悪夢の力。相手を眠らせ悪夢を見せるというかなりしょぼ…使いづらい能力。

5つ目は青、星杯の力。星杯の巫女イヴとして生きていた時代の力であり、回復が可能。ハイパームテキの反動もこれで打ち消すことができる。

6つ目は紫、夢幻の力。闇の力で相手を洗脳し操り、自らの傀儡とすることができる。また、相手を操らずとも、トロイメアという配下を生成することも可能。

 

リアルリラックマ

f:id:OVERDRIVE:20181022122519j:image

茶番の破壊者。ギャグ展開によってはここまで来るとは…

星杯タジャドルぐっちー、夢幻プトティラぐっちー、次元アルハネス、ジーニアス亮夜、エボルトフェーズ4、ハイパームテキイヴリース、ヌメロンドラゴン以外には大体勝てる。

 

ヌメロン・ドラゴン

f:id:OVERDRIVE:20181022122536j:image

茶番の創造者。手一つでキャラ抹消できるから弱いはずがないよね。でもヌメロンドラゴンに逆らおうとするものはいないため基本的に戦闘はしない。次元アルハネス以外には勝てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからまたぶっ壊れキャラ出るかもしれんけどよろしくー

需要があったら茶番キャラ強さランキングも作ります。需要があれば、ね

 

おわり。