決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第176話

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20181014091048j:image

 

咲夜「今紫咲のフィールドにはメタルリベンジエクシーズプリンセスと攻撃力が0のデスポイズンフュージョンプリンセス、ライトエレクトロシンクロプリンセスがいる。効果を使えれば逆転できるけど…」

権現坂「ズァークは、融合・シンクロ・エクシーズのカードが墓地に存在するか除外されているときフィールドを離れず、自軍のモンスターに融合・シンクロ・エクシーズの効果を受けない耐性を付与させている」

沢渡「だから突破できない…覇王眷竜ダークリベリオン1体するこのままでは倒せない」

紫咲「私は墓地の罠カード、フォーチュン・オブ・プリンセスの効果発動」

黒音「ズァークに破壊されたカードか」

紫咲「自分フィールド上のプリンセスモンスターの数デッキの上からカードを確認し、全て魔法カードだった場合、それを全て場にセットする!」

ズァーク「なるほど…」

紫咲「いまフィールドにいるのは、デスポイズン、ライトエレクトロ、メタルリベンジの3体!よって3枚確認する!」

 

カン☆コーン!

 

紫咲「3枚とも魔法…!!全て場にセットする!」

ズァーク「運のいいヤツだ」

紫咲「そしてこの3枚は奇跡の3枚!私たちの絆が創り出した新たなるカード!」

マスワイ「創り出したカードだと!?」

紫咲「私はセットした魔法カード、虹の絆(レインボー・ボンド)を発動!!!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014130617p:image

 

紫咲「フィールドの3体のプリンセスと、エクストラデッキにいるレインボーリングペンデュラムプリンセスを一つに束ねる!!!」

ズァーク「まさか…貴様ァァ!」

 

 

紫咲「次元を超えて繋がる絆が今一つとなる。怒りも天雷も闇毒も虹彩も我が物とし、その夢幻の魔術で敵を討て!!!!!」

 

 

紫咲「出でよ、救済の姫!」

 

紫咲&黒音&白羅&緑&虹美「 クロスオーバー・ディメンション・プリンセス!!! 」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014142714j:image

 

ズァーク「貴様も統合召喚だと!?」

紫咲「ええ。今の私たちは力も想いも一つ」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014190434j:image

 

紫咲「それがプリンセスたちを一つにするカードを生み、一つにした!」

ズァーク「だがその程度で俺に敵うと思うなよ!」

紫咲「クロスオーバー・ディメンション・プリンセスが特殊召喚されたとき、私の場のモンスターの攻撃力は倍となる!」

ぐっちー「8000!?」

紫咲「バトルよ!クロスオーバーディメンションプリンセスで覇王龍ズァークを攻撃!」

ズァーク「ダークリベリオンがいるとき、ダークリベリオンしか攻撃できない!」

紫咲「そのまま攻撃よ!!!」

ズァーク「ダークリベリオンの効果発動!オーバーレイユニット1つ使い、相手モンスターの攻撃力を0にし、変化した数値分ダークリベリオンの攻撃力を上げる!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014192428j:image

 

ズァーク「返り討ちだ!」

紫咲「あいにく、クロスオーバーディメンションプリンセスは…相手モンスターの効果を受けないの」

ズァーク「なにっ!?」

紫咲「消えろ、ダークリベリオン!」

ズァーク「だが、覇王門零と覇王門無限により、ダメージは俺のライフポイントとなる!」(残りライフ9500)

紫咲「クロスオーバーディメンションプリンセスの効果発動!レインボーリング、メタルリベンジ、ライトエレクトロ、デスポイズンをデッキ・エクストラデッキに戻す!私はこれでターンエンド!」

ズァーク「俺のターン、ドロー!俺は魔法カード、スペクトルフォース発動!クロスオーバーディメンションプリンセスの効果を無効にする!」

紫咲「なにっ!?」

ズァーク「バトルだ!我はクロスオーバーディメンションプリンセスを攻撃!」

紫咲「時止の魔女のペンデュラム効果により攻撃無効!相手に1枚ドローさせる!」

ズァーク「無駄だ!速攻魔法、覇王の暴挙発動!このターン、俺はもう一度攻撃できる!」

紫咲「クロスオーバーディメンションプリンセスが破壊されたとき、デッキから新たなカードを手札に加える!」

ズァーク「だが俺の力によってドローフェイズ以外で手札に加えたカードは破壊される!」

紫咲「クロスオーバーディメンションプリンセスの効果により破壊はされない!」

ズァーク「覇王の暴挙の対象モンスターが自身の攻撃力以上のモンスターと戦闘を行っていた場合、攻撃回数はさらに+1される!」

マスワイ「3連撃だと!?」

ズァーク「もう一度攻撃だ!」

紫咲「このカードは遊矢、あなたとの絆のカードよ!速攻魔法、スマイル・ユニバース発動!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014214219j:image

 

紫咲「エクストラデッキのペンデュラムモンスターを可能な限り特殊召喚!神速の魔女、そしてクロスオーバー・ディメンション・プリンセス!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014215215j:image

 

紫咲「そしてスマイルユニバースで特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、その攻撃力の合計分相手ライフを回復する。クロスオーバーディメンションプリンセスの攻撃力は4000、神速の魔女の攻撃力は500!」

ズァーク「なんだと…!?フン、ならば俺はクロスオーバーディメンションプリンセスを攻撃する!」(残りライフ14000)

紫咲「くっ…!!」

ズァーク「貴様ごときではこの俺を倒すことはできん!!!スマイルユニバース…そのふざけたカードが貴様の墓穴を掘った!これでライフ差は12500!逆転はできまい!」

紫咲「それはどうかしら?私にはまだライフが1500も残っている。わずかでも残っている限り、逆転はある」

ズァーク「ならばさらなる絶望を見せてやる!俺はカードを1枚伏せてターンエンドだ!」

紫咲「私のターン!ペンデュラムブースターにより2枚ドロー!」

ズァーク「罠発動!覇王の逆鱗!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014220003j:image

 

ズァーク「デッキ、エクストラデッキ、墓地より我が眷属たちを集結させる!さらに、墓地から覇王の逆鱗を除外し、ダークヴルム2体をダークリベリオンのオーバーレイユニットとする!」

f:id:OVERDRIVE:20181014220115j:image
f:id:OVERDRIVE:20181014220120j:image
f:id:OVERDRIVE:20181014220124j:image
f:id:OVERDRIVE:20181014220111j:image

 

咲夜「4体の覇王眷竜が揃った!」

紫マリオ「また戻ってきやがったのかよ!」

妖夢「これでは突破は困難…」

ぐっちー「こんなんどうしろって言うんだ」

紫咲「私は、黄金の精神を発動!!!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014224459p:image

 

紫咲「デッキ、エクストラデッキから4体のプリンセスを除外し、再びクロスオーバーディメンションプリンセスを特殊召喚する!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014224549j:image

 

紫咲「そして攻撃力は倍の8000になる!」

ズァーク「何度出てこようと無駄だ!」

紫咲「無駄じゃない!諦めない限り必ず道は繋がる!暗闇から光へ…希望の未来へ!」

ズァーク「希望の未来だと?そんなものはない。俺が全てを滅ぼし、人間どもに絶望を与えるからだ!!!」

紫咲「そうかもね。…でもさっき言ったわよね?諦めない限り必ず道は繋がるって。どんなに辛い絶望の未来が待っていても私は諦めないわよ。私が私である限りはね!カードを1枚伏せてターンエンド!」

ズァーク「ならば諦めさせてやろう。貴様の言う道を断つ!俺のターン、ドロー!俺は魔法カード、覇王の羽ばたきを発動!お前の魔法罠カードを全て破壊する!」

紫咲「クロスオーバーディメンションプリンセスの効果発動!カードを破壊する効果が発動したとき、それを無効にし破壊する!」

ズァーク「なんだと…!?」

紫咲「道は断たせない」

ズァーク「バトルだ!覇王眷竜クリアウィングで神速の魔女を攻撃!このとき、クリアウィングの効果発動!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014225442j:image

 

ズァーク「神速の魔女を破壊し、貴様に500のダメージを与える!」

紫咲「うっ!!」(残りライフ1000)

ズァーク「ターンエンドだ!」

紫咲「私のターン、ドロー!!!」

ズァーク「諦めろ!!!覇王門がある限り貴様は俺にダメージを与えられん!」

紫咲「ターンエンド!」

ズァーク「俺のターン、ドロー!いくら粘ろうと勝機はない!俺はカードを1枚伏せてターンエンドだ!」

紫咲「ドロー!!!」

ズァーク「罠発動、覇王無礼!」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014225857j:image

 

ズァーク「貴様の手札3枚を全て墓地に送り、900ダメージを与える!」

紫咲「うっ!!」(残りライフ100)

ズァーク「望みの手札も消えたな!」

紫咲「ターンエンド…!!」

ズァーク「俺のターン、ドロー!!!俺は永続魔法、覇王修羅を発動!俺のターンが終わるたびに、お前は自分フィールドのカード1枚を除外し、ライフを半分にしなくてはならない!しなかった場合、2000のダメージを与える!ターンエンドだ!」

紫咲「私はフォーチュンオブプリンセスによって伏せたプリンセス・チェンジルームを除外する」(残りライフ50)

ズァーク「さあ引け!」

紫咲「ドロー!!!カードを1枚伏せてターンエンド!」

ズァーク「ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!なす術なしとはまさにこの事!貴様はそうやって自らの無力さを感じながら敗北するのだ!俺のターン!覇王修羅をもう一枚発動!さあ貴様の敗北までのカウントダウンは始まった!ターンエンドだ!」

紫咲「ペンデュラムブースターと、伏せカードの聖なるバリア-ミラーフォース-を除外」(残りライフ13)

マスワイ「どうなっちまうんだ…!!!」

紫咲「ドロー!カードを1枚伏せターンエンド!」

ズァーク「ドロー!ターンエンド!さあ選べ!!!」

紫咲「伏せカード2枚を除外!」(残りライフ4)

ズァーク「ペンデュラムは除外しないのか?」

紫咲「当然よ。ペンデュラムは私と遊矢が生み出した無限の力、そして私の希望。捨てる理由はないわ」

ズァーク「ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!!そうか!では真実を教えてやろうッ!!!ペンデュラムの真の創始者はこの俺だ!!!!!なぜ貴様が遊矢がペンデュラムを手に入れた瞬間ペンデュラムを使えるようになったかは知らんが、ペンデュラムの創始者はこの俺だ!!!」

紫咲「なんですって…!!」

ズァーク「ペンデュラムは我が復讐の力だ!それを知ってもまだペンデュラムを信じるか!?」

 

f:id:OVERDRIVE:20181014231547j:image

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

キャラクター紹介 175

 

クロスオーバー・ディメンション・プリンセス

 

f:id:OVERDRIVE:20181014231616j:image

 

覇王龍ズァーク同様、4つの力を合わせたプリンセス。紫咲、黒音、白羅、緑の力と想いが統合され一つとなったことで誕生した。

カード自体はぐっちーが与えた御守りとして虹美がずっと持っていたが、今回、融合シンクロエクシーズペンデュラムモンスターとして覚醒した。以前はただの効果モンスターであった。

御守りとして持っていた時に虹美が分けられたことにより、レインボーリング、メタルリベンジ、ライトエレクトロ、デスポイズンの4体のプリンセスが誕生した。

 

余談だが、ズァークとは経緯が真逆である。

ズァークは元々バラバラの龍を無理やり一つにしたやつだが、クロスオーバーディメンションプリンセスは元々一つだったものが分かれた(その後再び集結し統合)

ズァークのドラゴンたちは元々存在していたものだが、プリンセスたちはクロスオーバーの分裂により生まれたため元々存在していなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

悪意が生み出した悪魔の召喚法ペンデュラム。復讐から生まれたと知っても、紫咲はペンデュラムを信じることをやめない。なぜなら彼女にとってペンデュラムとは絆。これまで次元を超えて戦ってきた記憶、記録そのものなのだ。

何かを強く信じれば、その思いは必ず返ってくる。振り子のように…

 

次回、魂のペンデュラム

 

お楽しみはこれからよ!