決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第168話

ついに復活した悪魔のデュエリスト、ズァーク。世界を破壊せんとする覇王龍の前に、次元を超えて集ったデュエリストたちが立ちはだかる!















f:id:OVERDRIVE:20180928070223j:plain

ジャック「ズァーク!次は俺と鳴海が相手だ!」

鳴海「ああ。守ってみせるよ。俺の妹を!」

ジャック「ズァーク…貴様は覇王という名のつくカードを使用するそうだな。だが覇王は、王は貴様ではない!」

f:id:OVERDRIVE:20180928194642j:plain

ジャック「さあいくぞズァーク!」

ズァーク「よかろう!」

ズァーク&ジャック&鳴海「「「デュエル!!!!!」」」

ジャック「俺の先攻!レッド・ガーゴイル特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180928194802j:plain

ジャック「さらにレッドリゾネーターを召喚!レッドリゾネーターの召喚成功時、手札のレッドウルフの効果発動!このカードを特殊召喚!さらにレッドガーゴイルの効果でレッドリゾネーターのレベルは倍の4となる!レッドリゾネーターはチューナーモンスター!俺はレベル4のレッドガーゴイルにレベル4のレッドリゾネーターをチューニング!王者の魂!今ここに列を成す。天地鳴動の力を見るがいい!シンクロ召喚!我が魂、レッド・デーモンズ・ドラゴン!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928195303j:plain

ジャック「さらに手札のシンクローン・リゾネーターを特殊召喚!そしてシンクローンリゾネーターの効果で墓地のレッドリゾネーターを回収!レベル6のレッドウルフにレベル1のシンクローンリゾネーターをチューニング!シンクロ召喚!エクスプロード・ウィング・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928195816j:plain

ジャック「そして俺はカードを1枚伏せターンエンド!」

鳴海「いくぞ、俺のターン、ドロー!この瞬間、エクストラデッキからあーやの効果を発動し、特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180928195857j:plain

ズァーク「ほう…」

鳴海「そして魔法カード、トラップ・トリック・クライシスを発動!手札を4枚捨て、エクストラデッキのレベルが異なるシンクロモンスター4体を墓地に送り、場のあーやをリリースすることで、レベル12シンクロモンスターエクストラデッキから特殊召喚する!来い!とどめはあーや!V!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928200008j:plain

鳴海「カードを1枚伏せてターンエンドだ!」

あーや「ズァークだかなんだか知らないけど、あーやにお任せだよっ!」

ズァーク「役者は揃ったか。ならば我のターン、ドロー!我は覇王門零と覇王門無限でペンデュラムスケールをセッティング!」

f:id:OVERDRIVE:20180928200248j:plain

ズァーク「さあいくぞ!ペンデュラム召喚!アストログラフマジシャン!覇王眷竜ダークヴルム!2体っ!」

f:id:OVERDRIVE:20180928200325j:plain

ズァーク「そして我はアストログラフをリリースし、オッドアイズ、ダークリベリオン、クリアウィング、スターヴヴェノムを除外し、覇王龍と一つになる!!!!!統合召喚っ!」

f:id:OVERDRIVE:20180928200416j:plain

ジャック「これが貴様か…だが俺のパワーデュエルの敵ではないわ!」

ズァーク「我が降臨したとき、貴様らのモンスターは全滅する!」

あーや「んだと!?」

鳴海「あーやは守る!永続罠発動!トリック・トラップ・プランク!これによりあーやは破壊されない!」

ジャック「俺は永続罠、インヴァリッド・インセンシティブを発動!これにより我が魂とエクスプロードウィングは破壊されない!」

ズァーク「ならば我はカードを1枚伏せてターンエンドだ」

ジャック「インヴァリッド・インセンシティブは発動ターンの終わりに破壊される」

f:id:OVERDRIVE:20180928200723j:plain

ジャック「俺のターン、ドロー!!!俺はリゾネーター・トレードを発動。手札のレッドリゾネーターを捨て、2枚ドローする!そしてダークリゾネーターを召喚!さらにレッドノヴァを手札から特殊召喚!いくぞズァーク!これが俺のデュエルだ!バーニングソウル!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928201030j:plain

ジャック「レベル8のレベルデーモンズドラゴンにレベル3のダークリゾネーターとレベル1のレッドノヴァをダブルチューニング!!!」

仗助「来た!ダブルチューニングッ!」

ジャック「王者と悪魔、今ここに交わる。荒ぶる魂よ、天地創造の叫びをあげよ!シンクロ召喚!レベル12!スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928201326j:plain

ジャック「レッドノヴァの効果発動!デッキからダブルリゾネーターを特殊召喚。そしてレベル7のエクスプロードウィングにレベル1のダブルリゾネーターをチューニング。シンクロ召喚!煌めけ!スターダスト・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928201616j:plain

ズァーク「だがこの瞬間!我はダークヴルム2体をリリースし、シンクロ召喚を行う!」

全員『!?』

ジャック「チューナーなし…!!」

鳴海「相手ターンにシンクロ!?」

ズァーク「光の翼持つ眷属よ、その鋭利なる両翼で敵を討て!シンクロ召喚!覇王眷竜クリアウィング!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928202008j:plain

ジャック「クリアウィング…!!」

ズァーク「さあ見せてやろう!我が力を!クリアウィングが降臨したとき、相手モンスターの効果を全て無効にし、破壊する!」

ジャック「スターダストドラゴンの効果発動!スターダストドラゴンをリリースし、覇王眷竜クリアウィングの効果を無効にする!」

ズァーク「フン」

ジャック「スカーレッドノヴァドラゴンの効果。スカーレッドノヴァドラゴンは墓地のチューナーの数攻撃力が上昇する。墓地のチューナーは4体!よって2000アップ!5500!バトルだ!覇王龍ズァークを攻撃しろ!スカーレッドノヴァドラゴン!!!!!」

ズァーク「……」

ジャック「覚えているか榊遊矢!シティ中を燃え上がらせた俺たちのデュエルを!悪魔に囚われようと、その熱い闘志は消えていないはずだ!さあ目を覚ませ!この俺のデュエルで!!!!!」

ズァーク「クリアウィングの効果。クリアウィングしか攻撃できない!」

ジャック「ならばクリアウィングを攻撃だ!」

ズァーク「クリアウィングの効果!戦闘するモンスターを破壊し、その攻撃力分のダメージを与える!」

ジャック「スカーレッドノヴァは破壊されない!」

ズァーク「ならば我はクリアウィングの最後の効果発動!このカードをエクストラデッキに戻し、貴様らのシンクロモンスター全ての攻撃力を0にする!さらに!覇王眷竜ダークヴルム2体をエクストラデッキから特殊召喚!」

ジャック「くっ…ならばバトルを…」

ズァーク「やめる、などとは言わせんぞ?永続罠!覇王乱舞発動!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928202726j:plain

ズァーク「貴様は攻撃しなければならない!」

ジャック「くっ…ダークヴルムを攻撃だ!ぐわっ!」(残りライフ2200)

ズァーク「フン」

ジャック「リゾネータートレードの発動ターンに、シンクロモンスターが戦闘で破壊された時に発動する。俺は1枚ドロー!カードを1枚伏せ、ターンエンド!そしてエンドフェイズにスターダストドラゴンは場に戻る!」

鳴海「俺のターン、ドロー!あーやを守備表示にしターンエンド!」

ズァーク「我のターン、ドロー!我はダークヴルム2体でオーバーレイ!漆黒の闇に住まう反逆の牙よ、我に屈し我に従え!エクシーズ召喚!覇王眷竜ダークリベリオン!」

f:id:OVERDRIVE:20180928210149j:plain

ズァーク「バトルだ!我はあーやを攻撃!そしてここで速攻魔法、覇王闘気発動!戦闘するモンスターの攻撃力が変化しているとき、我の攻撃力は倍になり、貫通効果を得る!」

鳴海「なにっ!?ぐわっ!」(残りライフ500)

ズァーク「そして覇王眷竜ダークリベリオンで貴様にダイレクトアタック!」

鳴海「ムワアアアアアアアアッ!」(残りライフ0)

ズァーク「我はターンエンドだ」

ジャック「俺のターン、ドロー!俺はフォワード・ブラスターをスターダストドラゴンに装備!スターダストの攻撃力は攻撃表示である限り1000アップし、スターダストは相手モンスター効果を受けなくなる!バトルだ!スターダストドラゴンでダークリベリオンを攻撃!」

ズァーク「ダークリベリオンの効果発動!エクストラデッキに戻し、ダークヴルム2体を墓地から特殊召喚!そして覇王乱舞の効果発動!スターダストは我に攻撃しなくてはならない!」

ジャック「なんだと!?ぐわあっ!」(残りライフ1700)

ズァーク「さあ、ターンを終了しろ!」

ジャック「ターンエンドだ!だがフォワードブラスターの効果により墓地からスカーレッドノヴァを蘇らせる!攻撃力は5500だ!」

ズァーク「我のターン、ドロー!我はフィールド魔法、覇王領域を発動!貴様のモンスターの効果はバトルフェイズのみ無効となる!」

ジャック「!?」

ズァーク「そして覇王領域の効果発動。1ターンに1度、墓地の覇王カードを手札に加える。我は覇王闘気を手札に加える。そして覇王領域のさらなる効果発動!覇王モンスター1体をチューナーとして扱う!ダークヴルムはチューナーとなる!さあいくぞ!レベル4のダークヴルムにレベル4のダークヴルムをチューニング!シンクロ召喚!レベル8!覇王眷竜クリアウィング!!」

f:id:OVERDRIVE:20180928202008j:plain

ズァーク「効果発動!スカーレッドノヴァの効果を無効にし破壊する!」

ジャック「フォワードブラスターを除外し、破壊を1度無効にする!」

ズァーク「バトルだ!我はスカーレッドノヴァドラゴンを攻撃!このとき、覇王領域の効果によりスカーレッドノヴァドラゴンの効果は無効となる!」

f:id:OVERDRIVE:20180928212420j:plain

ジャック「永続罠、バーニング・ソニック発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180928212404j:plain

ジャック「攻撃を無効にし、スカーレッドノヴァの攻撃力500アップ!引き下がるかっ…ここでっ…!!俺の魂はまだ燃え尽きない!貴様が我を取り戻すまでは、尽きてたまるかッ!!!!!」

ズァーク「ならば消してやろう。貴様の魂を!我はクリアウィングでスカーレッドノヴァを攻撃!このとき、クリアウィングの効果でスカーレッドノヴァを破壊しその攻撃力分のダメージを貴様に与える!」

ジャック「ぬがああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!」(残りライフ0)

ズァーク「キング如きが神に等しい力を得た我に敵うと思うなっ…」

ジャック「届かない………のか………」

???「いいや、届くさ。俺たちが引き継ぐ。そして届かせてみせる!」

ジャック「クロウ!」

クロウ「鉄砲玉のクロウ様の登場だ!今度は俺が相手になってやるぜ!」

ジャック「貴様、エクシーズでカードになったはずでは…?」

クロウ「いいや、平気さ。たぶんカードになったみんなも復活してる」

妖夢「みたいですね」

ジャック「お前は…」

妖夢「いきますよ、ズァーク!」

クロウ「俺たちの力を受けてみやがれ!」

f:id:OVERDRIVE:20180928213205j:plain



















キャラクター紹介 167

覇王眷竜クリアウィング

f:id:OVERDRIVE:20180928213258j:plain

ユーゴのクリアウィングが覇王眷竜化した姿。相手が発動した効果を無効化する受動的な効果だった以前と違い、自ら相手のカードを破壊しにいくとても殺意の高いカードに変わっている。とにかくこちらのカードを破壊するというズァークの鉄の意志を感じる…!!

















次回予告!

キングの意志を継いだチーム5d'sの鉄砲玉クロウ・ホーガンと、仲間と再会し記憶と力を得た剣士魂魄妖夢がズァークと対決する!A BF、不知火、それぞれの剣はズァークの中の遊矢とユーゴに届くのか!?

次回、魂の剣

お楽しみはこれからよ!