決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード親友編 第3話

f:id:OVERDRIVE:20180920141810j:image

 

清衣「失踪していた理由はとあるゲームを追ってたから。私はそのゲームを今も追いかけている」

ぐっちー「ゲーム?」

清衣「聞いたことない?願いが叶うゲーム『セレクターバトル』の話」

ぐっちー「?」

清衣「勝利条件はデュエル中にセレクターとルリグの絆によりルリグが完全体に成長(グロウ)し、そのデュエルに勝利することよ」

ぐっちー「難しいな…」

清衣「でも相棒となったルリグはとても親切で…戦う度に絆は深まったわ。私も信頼していたわ。あの時までは…」

ぐっちー「あの時?」

清衣「私が夢限少女となるきっかけになった最後のデュエル…」

 

 

 

 

 

 

 

清衣 (残りライフ100) 手札1

相手の少女(残りライフ4000) 手札0

 

相手の少女「もう絶望的ね、サレンダーしたら?wwww」

清衣「サレンダーはしない…私はここで負けるわけにはいかないの!」

???「そう…ですよ!清衣ちゃんはとっても友達想いの優しい子なんです!あなたみたいな自分中心の女の子に負けるわけにはいかないんですよぉ!」

清衣「リメンバ…」

f:id:OVERDRIVE:20180920151439j:image

リメンバ「でしょ?清衣ちゃん!」

清衣「…そうね。私のターン、ドローッ!魔法カード、死者蘇生発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180920152010j:image

清衣「私は墓地より、レベル10シンクロモンスターの、星占の巫女 リメンバ・ナイトを特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180920153027p:image

清衣「さらに私はレベル2チューナー、星占の使徒ホロスコープを召喚!レベル10のリメンバ・ナイトに、レベル2のホロスコープをチューニング!!!」

リメンバ「えっ!?レベル12なんて…」

清衣「私たちならできるわ」

リメンバ「…そうですね!」

清衣「永遠の夜に舞い降りよ、煌めきの占術師!シンクロ召喚、レベル12!星占の巫女 リメンバ・デッドナイト!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180921124203p:image

清衣「リメンバデッドナイトの効果発動。相手フィールドのモンスターの表示形式を変更!あなたの場のモンスターは1体、そのモンスターを裏側守備表示にするわ」

リメンバ「これで勝てますねぇ!」

清衣「墓地から速攻魔法、ICE BREAK発動!裏側守備表示モンスターを1体、破壊する!」

相手の少女「!」

清衣「…バトルよ。私はリメンバデッドナイトでダイレクトアタック!スパークオブフリージア!!!」

相手の少女「…!!」(残りライフ0)

リメンバ「やりましたね!一撃で相手のライフを0にしましたよ!」

清衣「ええ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐっちー「やっぱ勝ったんじゃないか」

清衣「ええ。当然よ。問題はこの後…私は夢限少女となり、リメンバと共にゲームマスターである繭という少女の元へ行ったわ。そこで願いの代償としてセレクターとルリグの精神が入れ替わるのを知った…その時の私は、友人の坂口が救えるならどうなってもよかった」

 

回想清衣「セレクターになれたおかげで坂口が助かるなら、また笑って過ごしてくれるなら、それで十分。私はどうなったっていい。こんなのは、坂口の好きなデュエルじゃない。私は外の世界に出る為に誰かを騙すなんて、絶対にしない」

 

清衣「そして私はルリグとしてカードとなり、リメンバは私の体を得て人々の暮らす世界へ戻った。ゲームマスターは親切で、その後現実でリメンバが願いを叶えたか見せてくれたわ…」

ぐっちー「叶ったのか?」

清衣「叶ったわ。最悪の形で…………」

 

回想リメンバ「ちょっと細工しておきましたから、誰にも邪魔されませんよ。ゆっくり休んでくださいね」

 

ぐっちー「それって…」

清衣「私は救うという願いをした。治してほしいとは言ってなかったのよ。だからリメンバは病気の苦しみや痛みから解放し、救ったのよ。死によってね」

ぐっちー「マジかよ…………」

清衣「リメンバは呼吸器を外し、心拍を止めた。…私はそれをゲームマスターの所から見ていたわ。そして私はルリグとして…リメンバをこの手で葬るために動き出した…」

ぐっちー「っ…」

清衣「セレクターの体を乗っ取っても願いを叶えなければ消滅するという制約は一応あるわ。でも願いの叶え方はルリグに一任されている。ルリグが条件をクリアできると判断しなければ契約は成立しない。 つまりリメンバは」

ぐっちー「最初から坂口を殺害するつもりだったということか。清衣がそんなことを望むはずがないのに、最初からそんな恐ろしいこと考えて実行するだなんてリメンバのやつはどうかしてるな」

清衣「その後私はルリグとなり様々なセレクターのもとを転々とした。リメンバを殺すために、たくさんセレクターを破滅に追い込んだ」

 

f:id:OVERDRIVE:20180922011040j:image

清衣「ある子は顔に消えない傷を負ったとか…」

ぐっちー「うえっ…お前ひで」

清衣「でも私はアミカに会って変わった」

ぐっちー「アミカ?」

清衣「私がルリグとして会った、最後のセレクターよ」

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

リメンバに友人を殺され、復讐鬼と化した清衣。その前に現れたのはアミカという少女だった。彼女との出会いが、清衣にとっての光となり、希望となる…

 

次回、英断!叶えられた願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

第4部ネタバレ?

 

f:id:OVERDRIVE:20180922011754j:image

 

プロトタイプ! サイバース!

ベストマッチ!

Are you ready!?

 

亮夜「…変身」

 

未完成の、サイバネティックなジャスティスヤロー!

プロトサイバース!

 

ビルド(亮夜)「勝利の法則は決まった!」

 

 

Into the VRAINS!

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180922011347j:image

 

Nighthunter「融合召喚サイバース・クロック・ドラゴン!!!!!…勝利の法則は決まった!」

 

f:id:OVERDRIVE:20180922012015j:image

クロックドラゴン&ビルドドライバー無しバージョンのNighthunter