決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第161話

4つの次元に分かれた世界。そこには同じ顔を持つ少年が存在し、彼らの持つドラゴンは呼び合う。まるで互いを求め合うかのように…………

















f:id:OVERDRIVE:20180828003424j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180828003446j:plain

ユーリ「今こそ一つに!」

遊矢「ハァ……がっ、がっ……………!!」








その頃、アカデミアの外に出てしまった妖夢たちの方では異変が起きていた。

カイト「周りが歪んでいる!?」

妖夢「一体何が始まるんでしょう?」

グラジオ「ジャリオスの言っていたアークファイブ…次元統合が始まろうとしているのかもな」

ほむら「そんな……」



一方、ジャックたちの方も…

ジャック「た、建物が!?」

三沢「いや、建物だけではないぞ!空間が歪んでいる!」

ねねね「何が起きているの?」








そして、遊矢とユーリのデュエル

遊矢(残りライフ2900)

ユーリ(残りライフ3600)

ユーリ「ダークリベリオンもこっちのものになっちゃったし、君にできることはもう何もないよね?サレンダーすれば?」

遊矢「い…嫌だ…俺は!ぐぁーッ!やめろ!」

ユーリ「やめてほしかったらサレンダーすればいいんだよ遊矢!そして僕のものになればいい。さぁ言うんだ負けましたって!今こそ一つになろうって!」

ユート「今こそ一つに…」

ユーゴ「今こそ一つに…」

f:id:OVERDRIVE:20180828011503j:plain

ユーリ「今こそ一つに!!!!!」

遊矢「俺は……俺は………!!俺はカードを2枚伏せてターンエンド!この瞬間スターライトフォースの効果は切れ、破壊される。そしてスターヴヴェノムとクリアウィングにかかっていた効果も消える」

ユーリ「まだ続けるんだね。それじゃ徹底的にたたきのめしてあげるよ!!!僕のターン!!!!!僕はレベル8のスターヴヴェノムフュージョンドラゴンにレベル7のクリアウィングシンクロドラゴンをチューニング!」

マスワイ「何を言っている!?クリアウィングはチューナーではないぞ!」

ユーリ「これが一つとなり得た力だ遊矢ァ!雄々しくも美しき翼翻し天空を駆ける竜よ!今毒竜と一つとなり、新たな脅威を生み出せ!!!!!覇王毒竜スターヴ・ヴェノム・ウィング・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180828012003j:plain

ユーリ「スターヴ・ウィングは規格外!レベル15のモンスターだ!!!!!」

黒咲「バカな!?聞いたことないぞ!?」

素良「ムチャクチャだ…!!」

ユーリ「スターヴ・ウィングの効果発動!オッドアイズの効果を無効にし、その効果を得る」

遊矢「カウンター罠発動!レイジ・オブ・ペンデュラム!ペンデュラムモンスターを対象とするその効果を無効にし、スターヴウィングを破壊する!そしてカードを1枚ドローする!」

ユーリ「スターヴウィングが破壊されたとき!スターヴヴェノムとクリアウィングは再びフィールドに戻る」

遊矢「くっ…」

ユーリ「ならこのまま倒してあげるよ!僕はスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンでオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを攻撃!」

遊矢「ぐわっ!」(残りライフ2600)

f:id:OVERDRIVE:20180828012630j:plain

ユーリ「これで壁はなくなったね!!!!!続けてクリアウィング・シンクロ・ドラゴンでダイレクトアタック!」

遊矢「うがああああああああああああ!!!!!」(残りライフ100)

マスワイ「遊矢!」

ぐっちー「(もう1枚の伏せカード……何かあるのか?ブラフだったら負けちまうぜ)」

ユーリ「これで一つになれる!」

ぐにゃあ~~ん

マスワイ「ッ!?」

沢渡「世界が…歪んでやがる!?」

権現坂「!」

黒咲「ここは……?」

素良「宇宙!?」

ぐっちー「おそらくアークファイブの影響…ジャリオスの野郎を止められなかったっつーわけか………」

ユーリ「いい舞台じゃないか!」

f:id:OVERDRIVE:20180828013201j:plain

ユーリ「僕と遊矢が一つになるにはとてもいいステージだよ!さあ一つになろう!最後は君から奪ったモンスターで決着をつけてあげるよ!ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンで榊遊矢にダイレクトアタック!!!!!」

遊矢「うっ……うぅ……父さん……許してくれ……………!!」

ぐっちー「!」

遊矢「俺は手札から魔法カード1枚を墓地に……ぐっ、墓地に送り!トラップ発動!決別!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180828013359j:plain

遊矢「フィールドのモンスター効果全てを無効にし、バトルを終了させる!」

ユーリ「しぶといねぇ…まぁ、トドメは次の楽しみにとっておくってことでいっか。僕はカードを2枚伏せてターンエンド」

マスワイ「遊矢?」

黒咲「どうした?」

素良「絶体絶命のピンチを脱したってのに」

遊矢「ごめんよ…ごめんよ父さん!」

マスワイ「どうした遊矢?なぜ父に詫びる!?」

遊矢「俺は…俺は今までスマイル・ワールドがあったから、父さんが見守ってくれてたから、悪魔の誘いにのらずにいられたのに…なのに!俺は…スマイル・ワールドを…父さんからもらったカードを……」

f:id:OVERDRIVE:20180828013849j:plain

遊矢「父さんがいなくなったら……俺は………」

マスワイ「遊矢」

ぐっちー「マスワイ…」

遊矢「……?」

マスワイ「お前は悪魔になんかならない!お前は自分のデュエルを貫くんだ!スマイル・ワールドに頼らず、自らの力で道を切り開け!僕はお前を信じてランサーズとしてここまで連れてきた。僕はお前が独りよがりな男ではないと信じていたからだ!シンクロ次元でお前はジャック・アトラスと戦い何を得た!?」

遊矢「!」

マスワイ「お前の!お前自身の言葉だろう!?いつまで迷っている…いつまでただ揺れつづけているつもりだ遊矢!振り子の、お前の行く先は既に決まっているはずだ……。お前にはお前のデュエルがある!ペンデュラムの創始者榊遊矢のデュエルが!それができる限り…お前がお前の魂が揺れつづけている限り!お前は悪魔になんかならない!ズァークも復活しない!!!」

遊矢「マスワイ…」

マスワイ「僕は果たしてランサーズのリーダーとして、仲間として、しっかり振る舞えてねーんだ……。これまでの旅路で僕はお前たちに何もできなかった。だが仲間が闇に堕ちそうならば必ず引き上げる!遊矢!僕はお前を信じているぞ!!!!!」

素良「僕もだよ。あの時、スタンダード次元で会ったとき遊矢は笑顔だった。遊矢の笑顔はスマイルワールドによるものじゃないでしょ!ズァークになんかならないって信じてるよ」

沢渡「俺様もだ…。遊矢、エンターテイナーとして俺はお前に憧れてきた。そんなお前が今さらだらしなくデュエルしてるだなんて俺は許せねぇ!遊矢!勝てよ!ユーリに!ズァークに!」

権現坂「そうだ!幼い頃からお前は芯の強い男だった。ブレるな遊矢!不動の心を貫け!悪魔になど負けるな!」

黒咲「榊遊矢!貴様がいなければ俺は今ここにいないだろう。瑠璃がさらわれ荒んでいた俺を正したのが貴様らランサーズだ。今度は俺が貴様を正してやる!遊矢、貴様のデュエルを貫き、ユーリに勝利しろ!」

ぐっちー「……これ、俺もなんか言うの?」

マスワイ「言えよ」

ぐっちー「あー、わかったよ……遊矢、お前とそこまで仲がいいわけじゃねーし大して話すこともねーけどよ…今のお前みたいなブレ続けてる男に、紫咲は任せられねーんだよ!てめぇ紫咲の幼なじみなんだろ!?この俺が、咲夜が、紫咲が、幼なじみの権現坂や柚子が安心できるように勝ってみせろや」

遊矢「みんな……!!」

ユーリ「アッハッハッハッハッハッいや~感動感動。素晴らしい友情のワンシーンだった」

f:id:OVERDRIVE:20180828015702j:plain

ユーリ「ちょっとセリフがクサかったけどね~アハハハハッ」

遊矢「俺は、自分のデュエルを貫く!」

f:id:OVERDRIVE:20180828015908j:plain

マスワイ「遊矢、まずは勝つことだけに集中しろ!」

ぐっちー「あれ逆鱗遊矢だけど大丈夫なん?」

権現坂「心は遊矢だ!」

遊矢「勝つことだけ………俺のターン!!!!!」

マスワイ「…………」

遊矢「(俺はペンデュラム召喚の創始者。星読みの魔術師、時読みの魔術師、そしてオッドアイズ。ペンデュラムと共に生まれたお前たちを俺は信じる)ペンデュラム召喚!!!!!」

ゴゴゴ……!!

遊矢「EMトラップ・ミミック!EMフラット・ラット!そしてオッドアイズペンデュラムドラゴン!!!!!」

ユーリ「またオッドアイズを呼ぶなんて君も懲りないねぇ!」

遊矢「トラップミミックの効果発動!特殊召喚に成功したとき…相手フィールドの永続罠を破壊する!リュウカズラには消えてもらう!」

f:id:OVERDRIVE:20180829032415j:plain

黒咲「ダークリベリオンが戻った!」

ぐっちー「ユート!」

遊矢「さらに破壊した罠の効果を発動できる!」

f:id:OVERDRIVE:20180829032523j:plain

遊矢「クリアウィングシンクロドラゴンのコントロールを奪う!そして効果を使ったトラップミミックは魔法&罠ゾーンへ移動する」

権現坂「クリアウィング!」

沢渡「ユーゴの野郎もこっち側だぜ!」

ユーリ「罠発動!捕食植物蘇生!墓地からスタペリアワームを特殊召喚!スタペリアワームはモンスターの攻撃力を変化させるカードの効果を無効にし破壊する。ダークリベリオンの効果を使えよ遊矢」

f:id:OVERDRIVE:20180829032826j:plain

ユーリ「使えるものならね!」

遊矢「フラットラットの効果発動!スタペリアワームが特殊召喚されたため、スタペリアワームのレベルは5となる!」

素良「何を狙ってるんだ?」

遊矢「俺はダークリベリオンのオーバーレイユニットを2つ使い効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180829033035j:plain

遊矢「トリーズン・ディスチャージ!!!」

ユーリ「無駄だよ!スタペリアワームの効果発動!」

遊矢「クリアウィングの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180829133510j:plain

遊矢「レベル5以上のモンスター効果を無効にし破壊する!その後、クリアウィングの攻撃力はスタペリアワームの攻撃力分上昇!攻撃力2600!」

ユーリ「ちぃっ!」

遊矢「ダークリベリオンの効果!スターヴヴェノムの攻撃力を半分にし、減らした攻撃力分自身の攻撃力を上げる!攻撃力は2500から3900にアップ!」

ユーリ「……」

遊矢「バトルだ!」

ユーリ「終わってたまるか!!!トラップ発動!嘲りの世界!」

f:id:OVERDRIVE:20180829165304j:plain

ユーリ「相手フィールドのモンスターの攻撃力は100アップし、このターン、攻撃力が元々の攻撃力以上のモンスターは攻撃できない!」

f:id:OVERDRIVE:20180829165407j:plain

ユーリ「これでこのターン僕を倒すことはできない!」

f:id:OVERDRIVE:20180829165442j:plain

ユーリ「どうだァ!これで手も足も出ないだろぉ!アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!!!」

遊矢「攻撃力が変化したとき、フラットラットをリリースし効果発動。モンスター1体の攻撃力を元々の攻撃力より100少ない数値にし、相手モンスター1体の攻撃力を800下げる!」

f:id:OVERDRIVE:20180829165407j:plain

ユーリ「無駄だよぉ!どのドラゴンを選んだところでスターヴヴェノムが破壊されればその効果が発動し君のフィールドのモンスターは全て破壊される!君は手札が0枚だから何もできず、僕のターンが回って来れば君は敗れ去る!」

f:id:OVERDRIVE:20180829165918j:plain

ユーリ「遊矢!君は僕に勝てない!!!!!」

遊矢「…それはお前のライフが残った場合の話だろ?」

f:id:OVERDRIVE:20180829170035j:plain

遊矢「俺が選ぶのは、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180829175714j:plain

遊矢「バトルだ!オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンでスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを攻撃!」

マスワイ「オッドアイズの攻撃力はフラットラットにより2400…スターヴヴェノムの攻撃力はダークリベリオンとフラットラットの効果で攻撃力600!!」

遊矢「螺旋のストライクバースト!!!!!」

ユーリ「ッ……!!」

遊矢「オッドアイズがバトルするとき与える戦闘ダメージは2倍!!!!!リアクションフォース!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180829175926j:plain

ユーリ「この僕が…負ける?クックックッ……ハッハッハッ!」

f:id:OVERDRIVE:20180829180013j:plain

ユーリ「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180829180001j:plain

マスワイ「遊矢が勝ったァァーーーーーッ!」

権現坂「やったな遊矢!」

沢渡「いや、あいつならできると信じたぜ」

ユーリ「まいったな…僕が負けるなんて……。でも初めて負けた相手が君でよかったよ。だって君は僕でもあるわけだし…。さあ、僕も早く君の中に吸収したらいい」

マスワイ「遊矢はそんなことはしない。彼は悪魔になどならない!」

黒咲「ユートも同じだ!」

ぐっちー「ユーゴもな!」

権現坂「ズァークの呪縛を断ち切れ遊矢!」

遊矢「俺は勝った。勝つことだけを考え、勝った……」

f:id:OVERDRIVE:20180829182417j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180829182435j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180829182456j:plain

ブチッ!

沢渡「遊矢のペンデュラムが!」

素良「キャッチ!一応持っておこう」

ぐっちー「あ!あれはなんだ!?」

黒咲「星読みの魔術師……いや、違う!」

f:id:OVERDRIVE:20180829185057j:plain

マスワイ「あのモンスター……あっ!遊矢たちのドラゴンのカードが!」

権現坂「あのモンスターに引き寄せられていく!」

遊矢「時空を司るアストログラフ・マジシャンよ!その深遠なる力で我らの望みを重ね合わせよ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180829185512j:plain

ピカーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!

マスワイ「くっ、うわ~っ!!!!!」














f:id:OVERDRIVE:20180829185626j:plain