決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード弟編のお話

今回はロストレコード弟編の細かい部分について話します。

終わったからこそ言えるやつですね。

長いんで暇なときみてください。

f:id:OVERDRIVE:20180821011706j:image

ぐっちー「言っとくけど雑だよ〜」

 

キャラクターについて

キャラクター、今回でかなり増えました。

キャラクター一人一人に愛はありますが、いかんせんキャラクターが多すぎて全員覚えるのもたいへん…。なので少しだけ不遇なキャラが生まれてしまいます。ファンの方には申し訳ないです。

 

本題はここから。重要キャラクターの設定紹介です。

ぐっちーは省きます。

 

スーモ

f:id:OVERDRIVE:20180818184831p:image

こいつ、ネタながら結構活躍しました。

一応しっかり者ポジションですが、島風や電などの少し無邪気な面がある艦娘に対してとても笑顔になります。微笑ましく思ってるのか性的な目で見ているのかは定かではありません。

やばい発言したり雑な扱いされたり勇気見せたり色々なことで閲覧者を楽しませたはずです。

ちなみに今回は北海道でお部屋探ししてる途中で漂流してしまった模様。

オリジナル能力として生体感知能力があるのでかなり優秀キャラ。ただし戦闘能力は皆無なので影ゲンムにあっさりパンチ返されたりしてますww

スーモはエンターテイナー!

 

島風

f:id:OVERDRIVE:20180818185312j:image

途中からマジキチ路線に走って閲覧者を驚かせましたね。

彼女はロストレコード弟編の弟の部分に関わるキャラで、ぐっちーが亮夜の行方への手がかりを掴むきっかけにもなったキャラクターです。

とても自由奔放ですが戦いは真剣で頭が回るキャラ。宝生永夢ゥ!の黎斗はやばいと判断しぐっちーを後退させるなど判断力にも長けてます。自由奔放な点ではどこぞの不審者の十八番である増殖を使用したりしてますね。

能力は風を起こす能力。増殖して自分と合わせて敵をボコボコにする「ぜかましタイフーン」はとても強力で、ゲンムを一撃で倒せるほどの威力を持ちます。

作中では強キャラで、かなり苦戦が少ない。海上だと速いのでぐっちーと戦っても海上なら五分五分かもしれない(時止めを使用されなければ)。速いからスマブラSPではソニックポジションでした。ただ、味方を庇い一度だけやられてしまいました。そして、深海島風に…

f:id:OVERDRIVE:20180818190225j:image

深海島風は黎斗の力が加わってるので能力封じなどかなりぐっちーをメタってました。精神攻撃含め対ぐっちー用兵器だったみたいです。結局加賀との絆の波紋疾走に敗れましたが。

島風はぐっちーが(遊び相手として)好きだったので、深海島風はその好きという感情が暴走したようなセリフを吐きます。一部ヤンデレ出てましたね。

深海島風はまた出てくることあるのかな…?

 

f:id:OVERDRIVE:20180818190635j:image

黎斗の艦娘で、その後ぐっちーの艦娘に、そしてスーモの艦娘になるという奇妙な経歴の持ち主。

最初は黎斗に爆破され死にかけ、暁たちを失うという悲惨なスタートでした。ちなみに暁たちは死んでません。続編やるとしたらたぶん出てきます。そしてぐっちーたちに救われるもかなり怒りに震えていました。しかし少し経つと元の明るく優しい性格に戻るという小さいながらも強い心を持っているキャラです。

残念ながら電はあまり強いキャラではありません。ただ艦娘なのでクソザコキノコより強いですし無能バリアンより強いですし無信頼ハンドより強いです。当然。また、ヲ級やレ級みたいなボス級でなければ普通に勝てます。

スーモとコンビを組み始めたのは、あの時ぐっちーは破茶滅茶島風とツンツン加賀で既に手がいっぱいでした。そこに手がかかる電を入れるとぐっちーが過労死してしまうので、スーモに押し付けましたw

電は幼いからこそかわいいキャラですが幼いからこそ打たれ弱く、修羅場を潜り抜けてきたぐっちーからしたら少し足手まといだったのかも…。

 

ブラッドシェパード

f:id:OVERDRIVE:20180818193219j:image

第5部登場キャラなのに先行登場した男。

冷酷で勝つためには手段を選ばず、金稼ぎのため提督をやっていた。これだけ聞くと評価は低いと思いますが、彼も彼なりにとても重い過去を持っていますので許してやってください。

本来はこの姿ではありません。この姿はLINK VRAINS内のアバターの姿で名前もアバターのものなのですが、事情によりそれに変装してきたらしいです。

右腕の義手は自ら作ったもの。過去の事故で動かなくなり、その後ヲ級に奪われたらしいです。また、その過去の事故が原因でAIが信用できなくなり、サイバー担当部署では右腕でAIを屈服させたらしいです…。AI嫌いなので亮夜とは敵対しそうですね。

「バトルドローン」は自ら作った兵器であり、デュエルでもバトルドローンのカードを使用する。

 

朝霧要

f:id:OVERDRIVE:20180818192029j:image

ゲスキャラ。黎斗よりこいつの方がクソかも。

僕は魔法少女サイト見てないので要使用の際には少し彼について見てきました。その時は「酷いな」と思ったのと同時に「こいつはネタにできる」とニヤケました。

能力も原作でパクってた精神操作的なやつをこちらでも採用しました。ただ茶番世界のルールとして「能力は持ち主以外が使うと弱体化する(ただし能力を持ち主の判断で預けた場合は例外として弱体化しない)」というルールがあり、加賀を完璧に操れなかったようです。さすがネタキャラ。

あのへんはネタ尽きてたんでCHAOSLUIGIさんには感謝してます。

 

赤城

f:id:OVERDRIVE:20180818192508j:image

優しい性格のキャラ。電と被ると思ったが敵には冷酷なので被らない。

強キャラだが出番が少なく強さが見えるシーンは少ない。また日常回が少なく大食らいな面がラストシーンでしか出ていない。かなり不遇めのキャラ。

そんな赤城さんだが初回の「裁きの矢」を放つシーンは強キャラアピールがよくできていた。また、ぐっちー艦隊はヤベーイやつが多くてまともな艦娘が0だったので真面目なキャラとしては目立っていた。ただしそこまで有能じゃなく、暴走するみんなを止められずにいた。(有能すぎるとどこぞのラーイエローのウォータードラゴン使いのようになるぞ!)

 

加賀

f:id:OVERDRIVE:20180818193156j:image

ロストレコードの黒咲。ストーリー内では真面目。

初回同時が要に操られているというちょっとイケてないものだったが、要への逆転勝ちが良かったのでいいよね。

赤城同様「裁きの矢」を使える。深海島風戦では倒れるも裁きの矢と自身の力をぐっちーに託す。そして起き上がるとドヤ顔で「やりました」と言った。(やりますねぇ!)

ぐっちーには助けてもらった恩はあるものの、彼のふざけた態度や司令官としての使えなさを鬱陶しく感じており、最初は冷たかった。が、戦場を共にしていくことで次第に打ち解けていきぐっちーの勝ちに懸け身代わりになった。島風よりヒロインじゃねーか!なお打ち解ける描写忘れてARC-V状態の模様。

そしてラストシーンではぐっちーのことを小馬鹿にしつつ褒めていた(マスワイ「もう付き合っちゃえよ」←咲夜「ふざけるな」)。

 

金剛

f:id:OVERDRIVE:20180818200633j:image

ちょっと外国語が混じる面白い喋り方をする艦娘。トゥーンもサクリファイスも使いまセーン!

黎斗によって捕らえられていたがぐっちーにより救出される。そのせいかぐっちーのことを信頼していたり、色々気になる描写がある。その理由は金剛はぐっちーのことが結構好きなことが理由らしい。なおぐっちーは艦娘たちは仲間として見ているのでそういった感情はない。

能力は炎の力「バーニング・ラヴ」。効果そのままでありセリフそのままである。これも愛が深いことを表している。ぐっちー以外の提督といたらたぶん付き合ってたんだろうな…。

上述の「バーニング・ラヴ」が炎系統の能力であるせいか、「心火を燃やして○○」も口癖(出番が少なくそこまで言ってないが)。某ゼロ度の炎とは無関係。

 

村振と如月

f:id:OVERDRIVE:20180818205318j:imagef:id:OVERDRIVE:20180818205314j:image

新カップル島。閲覧者の印象に残ればぐっちー、ジョセフ、マスワイに次ぐリア充になれる村振くん。大出世ですよこいつぁ!!また如月なんてレギュラーでもなかったのにヒロインクラスに昇格。ヤベーイ!スゲーイ!モノスゲーイ!

如月は本当に村振のことが好きな艦娘という設定で、少しやばい…えっちぃ発言もしますが本当に好きなんです。村振くんはえっちぃのは苦手なので拒否してましたねw

村振は炎を操る剣士という設定です。これは昔から変わってません。マスターコア四天王で唯一まだ出番がある男。実は彼にも弟がいます。覚えてる人いるかな?

 

ユーゴと夕張

f:id:OVERDRIVE:20180819023933j:image
f:id:OVERDRIVE:20180819023930j:image

バナナとメロンです。僕はユー張コンビって呼んでます。

夕張はこの世界ではしっかり者で明るい女の子です。ユーゴをいじりはするものの物事はしっかり考えます。声といいまるでリンだぁ

ユーゴはユーゴです。相変わらず融合と間違えられ、バカみたいな行動を起こします。なので必ず彼を止める役が必要なんですよね。それが今回は夕張でした。

ユーゴはリンに似てる程度にしか思ってないので夕張が好きというわけではなさそうです。

 

空母ヲ級

f:id:OVERDRIVE:20180819025208j:image

今回のボス枠。檀黎斗と結託し海の支配を目論んでいました。

深海棲艦を率いていたのもこいつ。戦闘描写が少ないのでなんとも言えませんが、ブラッドシェパードから右腕を奪い取る実力はある模様。また、とてもタフで、普通の攻撃では倒れない。そのうえたくさん雑魚を召喚するのでめちゃくちゃ鬱陶しい。

本編では日本語をペラペラ話していたが、それは檀黎斗の影響である。レ級とは話さなかったせいか、レ級はカタコト。まぁ、こいつ基本無口なんですけどね。

 

戦艦レ級

f:id:OVERDRIVE:20180819030356j:image

強敵枠。

なんとこいつ、島風のように素早くヲ級のように固く金剛のように一撃が重いチートキャラです。村振たちはよく勝てましたね。

性格に関しては無邪気で戦闘狂、ジャッカルやピトーに近いキャラです。

こっちはカタコト。黎斗やヲ級のように支配に興味がないので彼らの話し合いに参加しなかったのが原因か。

 

檀黎斗

f:id:OVERDRIVE:20180819032037j:image

黒幕ヤロー。ロスレコ弟編のラスボスです。

エグゼイドでは仮面ライダークロニクルを作ってたわけですが、今回はまた別のことに携わっている模様。鎮守府破壊事件の目的はぐっちーをおびき出し始末するためだったらしいが、普通に考えてそんなことしてもぐっちーは寄って来ません。彼はぐっちーのことを正義感強すぎヤベーイやつと勘違いしていたようです。

ただ裏ではもう一つちゃんとしたゲームを作っているという噂が…というか既にそれは稼働していて何かが起こっているそう。

目的のためなら手段を選ばず邪魔するものは蹴散らすまさに我が道を行きまくるやつだが、実はいい人らしく、純粋にゲームが好きで人々にゲームを楽しんでもらいたいと思っていたり、ゲームのため人を殺めたりはしない(なおぐっちーを始末するためなら鎮守府爆破しちゃう模様)

仮面ライダーゲンムや、最終形態究極黎斗神などさまざまなバトルスタイルを持つが、大して強くない。

能力はコンティニューで、残機99あるうえにコンティニューする場合は好きなタイミング好きな場所を選べるという鬼畜仕様。敵からすれば厄介極まりない。が、場所タイミングを固定しリスポーンキルすることでこれは破られてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロストレコード弟編の世界観とかいろいろ

これ全然話してなかったので話します。ほぼ茶番オリジナル設定なので「艦これと違うぞクソ!」みたいなクソコメは控えてください。

 

まず、艦娘や鎮守府についての設定です。

実はこのへんあまり決めてません。

理由はぐっちーが艦これエアプだからです。今度始めます。名前はリアルリラックマか黒咲隼だな。

リアルリラックマが提督とか鎮守府こわれる

 

閑話休題

 

一応決めたものを挙げていきます。

まず「艦娘はむっちゃ強い人」です。潜在能力が開花した(というかさせられた)、ヤベーイ!スゲーイ!モノスゲーイ!人なんです。

名前もコードネームの用なものなので本名は不明。

艦娘にされるのは親がいない女の子や人造人間ばかりなのでそもそも本名なんてものなかったりします。

艦娘からしたら生まれた時のことなぞ覚えてませんし元々鎮守府や艦娘を作る組織にいたように記憶がすり替えられているのでコードネームが本名みたいなものなのかもしれませんね。

また艦娘になるには潜在能力が開花しただけではダメで、適合手術を受ける必要があります。

ちなみに元が人なので仕草も言葉も全て人で、身体も人ですし、食べるものとか睡眠などの生活リズムも基本人。

このへんは色々バックストーリーがあるので、後々やってくかもしれません。

 

そして「深海棲艦」についてですが、深海棲艦は艦娘製造組織の裏切り者が作り上げた艦隊です。

その裏切り者くんはある理由からその艦娘製造組織を破壊することを目論んでいて、それが発展しまくって現在人間社会の破壊にまで来ちゃってるわけです。

深海棲艦たちは艦娘製造組織や敵対する人間たちを全て滅ぼすことを目的としているので、ゲームのために深海棲艦を利用しようとした黎斗に協力しました。

ここで、「え?艦娘は深海棲艦に対抗するため作られたのだから、深海棲艦は艦娘より先にいたんじゃないの?」と思った方もいるでしょう。なのでその疑問を解決します。

この世界の最初艦娘は別の用途で作られていたらしく、名称も艦娘ではありませんでした。

なので対深海棲艦用の兵器として、「艦娘」という名称がついたのは、「艦娘」という名称の兵器が誕生したのは深海棲艦誕生後です。これで大丈夫ですね。

 

次に深海棲艦が記憶を奪うという設定なのですが、これはあの裏切り者くんとは別に、深海棲艦が勝手に作り上げた技術です。

何を思って作ったのかは知りませんが、まぁ恐ろしいですよね…。

 

他気になることあったらコメントでお願いします。気が向いても向かなくても回答します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、少しだけ裏設定的なものを明かします。

明かすのは「鎮守府破壊事件後消えた艦娘たちの行方」です。

金剛救出回(19話)にて、黎斗が地下送りと言っていたのを覚えていますか?そう、事件の時逃げ遅れた艦娘は全て地下にいます。

地下で何が起きているのかは今後やるであろうロストレコード母親編で明らかになるのでまだはっきりとしたことは言えませんが、地下で艦娘たちは実験を受けていたり、労働させられたりしています。

この地下と関係あるのは深海棲艦で、黎斗は地下とは全く関係ありません。

だんだん艦娘や深海棲艦をの後ろに隠れていた影が出てきましたね…艦娘とかはぐっちーたちの本編と乖離しているのであまりバックストーリー的なのは書かないようにしようと思っていたのですが、ちょっと面白そうなので書いてみることにします。

ロストレコード母親編、なかなか長くなると思いますがご期待ください。

 

f:id:OVERDRIVE:20180821011319j:image

エボルト「チャオ!」