決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード弟編 第26話

f:id:OVERDRIVE:20180808025038j:image

 

 


f:id:OVERDRIVE:20180808025041j:image

ブラッドシェパード「さあ決めろヲ級、カウント3つ…3分だ。やれ、吹雪、長門!」

f:id:OVERDRIVE:20180808025230j:image

長門「ああ!」

f:id:OVERDRIVE:20180808125842j:image

f:id:OVERDRIVE:20180808130013p:image

ヲ級「守れ」
f:id:OVERDRIVE:20180808130008p:image

 

ドカン!

 

ブラッドシェパード「雑魚が壁になったか」

ヲ級「壁ではない」

ブラッドシェパード「なんだと?」

ヲ級「まだ気づいていないのか?もう既に100を超える敵に囲まれていることを!」

長門「こいつが動かなかったのは…深海棲艦を召喚していたからか…」

ブラッドシェパード「雑魚なら潰せばいい」

f:id:OVERDRIVE:20180808151021j:image

ブラッドシェパード「やれ!バトルドローン・ジェネラル!ランチャー・ユニットを装備し敵を討て!」

 

ドカン!

 

f:id:OVERDRIVE:20180808151204j:image

ヲ級「雑魚」

 

ドォーン!

 

ブラッドシェパード「なにっ!?弾をはね返しただと!?くっ!」ドシュ!

吹雪「ブラッドシェパードさんから血が!」

ブラッドシェパード「黙れ、任務の遂行を最優先しろ…」

パチン!

f:id:OVERDRIVE:20180808151455j:image

ブラッドシェパード「カウント1つ、1分だ。どうだ?投降するか、死ぬか、決まったか」

ヲ級「…………」

ブラッドシェパード「沈黙は回答にならんぞ」

ヲ級「問いを投げかけられたが答える義務はない」

f:id:OVERDRIVE:20180808152152j:image

ブラッドシェパード「そうか…ならば決まりだ。カウント3つで貴様を滅ぼす」

f:id:OVERDRIVE:20180808151713j:image

ブラッドシェパード「消えろ。空母ヲ級」

 

ブチッ!

 

ブラッドシェパード「!」

f:id:OVERDRIVE:20180808151929p:image

ブラッドシェパード「こいつ噛み付いてきているのか…」

長門「くっ、まだ増えるのかこいつら」

f:id:OVERDRIVE:20180808152128j:image

ブラッドシェパード「やっと離れたか…しかし体に力が入らん…毒でも注入されたか?長門、吹雪、俺は一時離脱する。任せたぞ。カウント2つ…残り1分だ。予告通り始末しろ」

f:id:OVERDRIVE:20180808152505j:image

長門「了解した。」

f:id:OVERDRIVE:20180808152644j:image

吹雪「…………」

長門「どうした吹雪?ボーッとして」

吹雪「いえ、やはりブラッドシェパードさんとは合わないです…この四面楚歌な状況を1分でクリアしろだなんて無謀です」

長門「私もそう思う。だが我々はその無理難題をクリアしなければならない」

吹雪「どう…突破するつもりですか?この状況?聞かせてください!」

長門「策はない…敵を少しずつ倒していってもヲ級が召喚し一向に敵は減らない。一気にやれる方法があればいいのだが…」

吹雪「…あります。一つだけ」

長門「その方法はなんだ」

f:id:OVERDRIVE:20180808153356j:image

吹雪「わたしが囮になればいいんです!」

長門「なっ!」

吹雪「長門さんはその間に空母ヲ級の破壊をお願いします!」

長門「バカ…」

 

ドドドドドドドドドドドドドドドド!

f:id:OVERDRIVE:20180808153626j:image

吹雪「うっ…………長門さん今です!」


f:id:OVERDRIVE:20180808153631j:image

長門「わかっている!くらえ!」

f:id:OVERDRIVE:20180808153724j:image

ヲ級「ヲッ!?」

長門「やったか!」

f:id:OVERDRIVE:20180808153829j:image

ヲ級「やられるか…そんな攻撃でっ…」

長門「作戦失敗…!?」

f:id:OVERDRIVE:20180808154053p:image

ドォン!
f:id:OVERDRIVE:20180808154046j:image

ヒュッ!
f:id:OVERDRIVE:20180808154103j:image

クルン
f:id:OVERDRIVE:20180808154058j:image

カチャ!

ブラッドシェパード「カウント3!最後の質問だ、投降するか、このまま頭部を破壊されるのがいいか、選べ」

ヲ級「どちらも御免だな!」

ブラッドシェパード「なら滅びろ。俺の能力で終わりだ!」

長門「ブラッドシェパードに能力などあったのか!?」

f:id:OVERDRIVE:20180808154334j:image

ブラッドシェパード「ドローンクラフト・フォース!!!!!

 

ピカーン!!!!!

 

長門「なんだ、これは…」

ブラッドシェパード「ドローンクラフトフォースは味方の強化と敵の弱体化を行う。これで倒せるはずだ」

長門「ああ。いくぞ吹雪!!!!!」

吹雪「了解です!」

 

f:id:OVERDRIVE:20180808154953j:image

 

ドッゴォォォォォォォォォォォォォン!!!

 

ヲ級「ーーーーーーーーーーーーーーーッ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20180808155126j:image

ブラッドシェパード「予告通り滅びたな。空母ヲ級、地獄という名の深海を永遠に彷徨い続けるがいい」

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

深海棲艦との激闘が繰り広げられている中、ユーゴたちはとある基地に到着する。そこでは艦娘に対し酷い扱いをするクズ提督「ランスィーン」がいた。ユーゴたちは自らの正義の下に、ランスィーンと対決する!

 

次回、変態!クズ野郎を成敗せよ