決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第155話

4つの次元に分かれた世界。そこには同じ顔を持つ少年が存在し、彼らの持つドラゴンは呼び合う。まるで互いを求め合うかのように…………











f:id:OVERDRIVE:20180803065759j:plain

マスワイ「研究室だな」

素良「遊矢は…」

黒咲「いたぞ!遊矢だ!」

沢渡「アカデミアのやつが倒れてるぜ」

権現坂「遊矢と対峙しているやつは誰だ!?」

ぐっちー「ん?あの人どっかで見覚えあるような」

マスワイ「あれは咲夜だ!」

ぐっちー「誰だっけ」

マスワイ「お前と結ばれてた人だよ!」

ぐっちー「え?そうなの?」

逆鱗遊矢「お前、俺の前に立ったということはデュエルするということだな」

咲夜「そうよ。(私も特訓して強くなった。このデッキで遊矢を…)」















ダメ……

咲夜「えっ」

マスワイ「何だこの声!?」

咲夜「マスワイ!?それに沢渡、権現坂…黒咲に素良と……ぐっ、ちー?」

ぐっちー「俺を知っているのか!?てことはマスワイの言う通りなのか!?」

マスワイ「それより今の声はなんだ!?」

母さんの今のデッキじゃズァークのドラゴンには勝てない…

咲夜「紫咲!?」

ぐっちー「違うな。これは虹美だ!」

マスワイ「バカいえ、あいつが次元の分断の巻き込まれたのは赤ちゃんのとき!」

ぐっちー「いいや、紫咲の成長に合わせて虹美も少しずつ成長したんだ。そして今次元が融合しつつあるため意志が完成したんだ」

咲夜「あなた紫咲や虹美のことを知っている…やっぱりぐっちー、正真正銘ぐっちーね」

ぐっちー「そうだよ」

黒咲「な!俺の持っているカードが光っている!?」

沢渡「どうしてRRが!?」

黒咲「いいやRRではない。黒ルイージから託されたテラナイト、そして白マリオから託された竜星が光っている」

ルイージ「僕のシャドールもだ!」

咲夜「私の影霊衣と霊獣も光っているわ」

その5つを一つに……究極のデッキを完成させる

全員『!?』

世界を救う聖戦士(セフィラ)たちのデッキを!

ピカーン!!!!!














咲夜「セフィ………ラ?」

そのデッキならきっと勝てる………光の力を込めたそのデッキなら

咲夜「虹美…」

ぐっちー「あいつ……そんなことできたのか」

咲夜「……ありがとう。さあ行くわ!」

逆鱗遊矢「血祭りに上げてやる」

咲夜&逆鱗遊矢「「デュエル!!!!!」」

咲夜「先攻は私よ!フィールド魔法、セフィラの神託を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180803075434j:plain

咲夜「デッキからオルシャドールーセフィラルーツを手札に加える」

ルイージ「そんなシャドールモンスター僕持ってないぞ!?」

マスワイ「おそらく、さっき誕生した新たなシャドール」

咲夜「私はスケール1のイェシャドールーセフィラナーガとスケール7のオルシャドールーセフィラルーツでペンデュラムスケールをセッティング!」

f:id:OVERDRIVE:20180803075815j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180803075831j:plain

ルイージ「さっきのやつペンデュラムモンスターなのか!?」

マスワイ「ペンデュラムを生み出したのは遊矢と紫咲…しかしなぜ虹美らしき者がペンデュラムを……?」

咲夜「揺れよ、次元を越えるペンデュラム。描き出せ、時空のアーク!ペンデュラム召喚!いでよ秘竜星ーセフィラシウゴ、宝竜星ーセフィラフウシ!」

f:id:OVERDRIVE:20180803080342j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180803080349j:plain

咲夜「セフィラシウゴとセフィラフウシの効果発動!セフィラシウゴの効果によりデッキからセフィラの聖選士を手札に加える。そしてセフィラフウシの効果により、セフィラシウゴをチューナーにする!しかしこの効果を使用したフウシはデッキの一番下に戻る」

権現坂「モンスターをチューナー化だと!?」

沢渡「ペンデュラムの上にシンクロも操るのか!?」

マスワイ「白マリオはフレンドシップカップで竜星というシンクロデッキを使っていた。当然といえば当然か」

咲夜「レベル3のセフィラフウシにレベル6のセフィラシウゴをチューニング!シンクロ召喚!レベル9、幻竜星ーチョウホウ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180803081013j:plain

咲夜「シンクロ召喚に成功したため、セフィラの神託の効果発動!デッキの一番上に竜星因子ーセフィラツバーンを置く。私はカードを2枚伏せてターンエンドよ!」

逆鱗遊矢「俺のターン、ドロー!俺はスケール3の相克の魔術師とスケール8の相生の魔術師でペンデュラムスケールをセッティング!そしてペンデュラム召喚!いでよ、EMユーゴーレム!オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン!」

f:id:OVERDRIVE:20180803081555j:plain

逆鱗遊矢「俺はユーゴーレムの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180803081647j:plain

逆鱗遊矢「ユーゴーレムとオッドアイズペンデュラムドラゴンを融合!全てを破壊せよ、EMガトリングール!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180803081718j:plain

沢渡「なんだあのまがまがしいEMは!」

マスワイ「ズァークに侵食されている証かもな」

逆鱗遊矢「ガトリングールの効果発動。フィールドのカードの数×200ポイントのダメージをお前に与える!」

ぐっちー「フィールドのカードはガトリングール、相克の魔術師、相生の魔術師、セフィラナーガ、セフィラルーツ、チョウホウ、そして咲夜の伏せカードの7枚!1400ダメージが来るぞ!」

咲夜「永続罠発動!ストップ・ザ・ワールド!このカードがある限り、私はあらゆるダメージを受けない!」

逆鱗遊矢「だがガトリングールの追加効果によりチョウホウは破壊させてもらう!」

咲夜「くっ…ストップザワールドはフィールドのカードが墓地に送られると解除される。そしてストップザワールドが破壊されたため私は1枚ドローする!」

逆鱗遊矢「バトルだ!ガトリングールでダイレクトアタック!」

咲夜「きゃっ!」(残りライフ1100)

逆鱗遊矢「カードを1枚伏せてターンエンドだ」

咲夜「私のターン、ドロー!!私は揺れる眼差しを発動!フィールドのペンデュラムスケールを全て破壊し、破壊した枚数により効果を発動する!」

マスワイ「互いにペンデュラムスケールが吹き飛んだ!?」

咲夜「1枚以上破壊した場合、500ダメージを与える!」

逆鱗遊矢「うぐっ!」(残りライフ3500)

咲夜「2枚以上破壊した場合、デッキからペンデュラムモンスターを手札に加える。私は覚星輝士ーセフィラビュートを手札に加える。」

黒咲「次はテラナイトのセフィラを揃えたな」

咲夜「そして3枚以上破壊した場合、カード1枚を除外する!ガトリングールを除外!」

逆鱗遊矢「くっ」

咲夜「そして4枚破壊できた場合、揺れる眼差しを手札に加える。私はセフィラビュートとセフィラツバーンでペンデュラムスケールをセッティング!」

f:id:OVERDRIVE:20180803083155j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180803083219j:plain

咲夜「ペンデュラム召喚!来なさい、セフィラシウゴ、セフィラルーツ!セフィラシウゴとセフィラルーツの効果発動!シウゴの効果でセフィラの神意を手札に加え、ルーツの効果でセフィラツバーンを特殊召喚!そしてセフィラの神意を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180803084323j:plain

咲夜「セフィラフウシを手札に加え、これをペンデュラムスケールに発動。そして私はレベル4とセフィラルーツとセフィラツバーンでオーバーレイ!光り輝く力を纏い、覚醒せよ!エクシーズ召喚!励輝士ヴェルズビュート!」

f:id:OVERDRIVE:20180803084840j:plain

咲夜「エクシーズ召喚に成功したため!セフィラの神託の効果で1枚ドロー!!そして手札を1枚捨てる。」

黒咲「エクシーズ召喚…!!」

素良「ヴェルズビュートはセフィラビュートの別の姿なのかな?」

咲夜「今捨てた魔法カードトラッシュ・バックの効果で、2枚ドロー。このカードは捨てられた場合にのみ効果を発揮する特別なカードなのよ」

ぐっちー「ほう…」

咲夜「バトルよ!ヴェルズビュートでダイレクトアタック!」

逆鱗遊矢「くっ…」(残りライフ1600)

咲夜「私はカードを2枚伏せてターンエンド」

ぐっちー「凄いぜセフィラ…!!」

マスワイ「咲夜のタクティクスもな」

逆鱗遊矢「俺は…負けん!」

咲夜「いいえ負かしてあげるわ。あなた、闇の人格をね」

f:id:OVERDRIVE:20180803085521j:plain














キャラクター紹介 154

十六夜咲夜

f:id:OVERDRIVE:20180803085547j:plain

紫咲の母。紫咲を追って融合次元にやってくる。もともと影霊衣と霊獣というデッキの使い手で、スタンダード次元で修行していた。


















次回予告

f:id:OVERDRIVE:20180803085547j:plain

新たなに誕生したセフィラの力が、遊矢の中の覇王を追い詰めてゆく。聖選士たちが全て集うとき、まだ見ぬ輝跡が巻き起こる……

f:id:OVERDRIVE:20180803085938j:plain

次回、闇を討つ聖戦士(セフィラ)

お楽しみはこれからよ!