決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第152話

4つの次元に分かれた世界。そこには同じ顔を持つ少年が存在し、彼らの持つドラゴンは呼び合う。まるで互いを求め合うかのように…………













f:id:OVERDRIVE:20180731122550j:plain

ユーゴ「ユーリに攻撃!烈風のクリスタロスエッジ!」

ユーリ「トラップ発動!捕食発芽!」

f:id:OVERDRIVE:20180731124720j:plain

ユーリ「捕食発芽の効果により、捕食植物トークン3体を特殊召喚!もちろん守備表示だよ!さらにクリスタルウィングシンクロドラゴンを破壊!」

ユーゴ「ターンオブソニックウィンドが発動したターン、風属性シンクロモンスターは破壊されず、バトルフェイズに墓地からこのカードとSR2体を除外することでスターヴヴェノムと捕食植物トークンを破壊する!」

ユーリ「破壊されたためスターヴヴェノムの効果発動!」

ユーゴ「ならクリスタルウィングの効果で無効にするぜ!」

ユーリ「さて、これで君にできることはもうないんじゃないかな?」

ユーゴ「俺はターンエンドだ」

ユーリ「僕のターン、ドロー!さて、僕は永続魔法プレデタープランターを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180731125725j:plain

ユーリ「墓地のセラセニアントを効果を無効にし守備表示で特殊召喚!ターンエンドだよ」

ユーゴ「俺のターン、ドロー!俺はスピードリバースを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180731125814j:plain

ユーゴ「墓地のチャンバライダーを特殊召喚!バトルだ!チャンバライダーで捕食植物トークンを攻撃!」

ユーリ「ふん」

ユーゴ「チャンバライダーは2回攻撃できる!捕食植物セラセニアントを攻撃!」

ユーリ「セラセニアントが破壊された場合、デッキから…」

ユーゴ「させねえ!クリスタルウィングシンクロドラゴンの効果発動!それを無効にして破壊する!」

ユーリ「チッ!」

ユーゴ「クリスタルウィングシンクロドラゴンで捕食植物トークンを攻撃!烈風のクリスタロスエッジ!」

f:id:OVERDRIVE:20180731140450j:plain

ユーリ「くっ!」

ユーゴ「壁全滅だな!ターンエンド!」

ユーリ「僕のターン、ドロー!プレデタープランターの効果により僕は800ライフを払う」(残りライフ200)

ユーゴ「また墓地から捕食植物を特殊召喚するのか?無駄だ。俺には3回の攻撃権がある」

ユーリ「そうだね。でも僕にはこのターンで勝つ作戦がある」

ユーゴ「なにっ!?」

ユーリ「プレデタープランターの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180731153212j:plain

ユーリ「墓地よりセラセニアントを特殊召喚!そして死者蘇生を発動!墓地からスターヴヴェノムを特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180731153312j:plain

ユーリ「そして僕は融合を発動ッ…」

f:id:OVERDRIVE:20180731153349j:plain













ユーリ「僕が融合するのはスターヴヴェノムとセラセニアント!飢えた牙持つ毒龍よ。奈落へ誘う香しき花よ。今一つとなりて、思いのままにすべてを貪れ!」

f:id:OVERDRIVE:20180731154048j:plain

ユーリ「融合召喚!グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180731154414j:plain

ユーリ「グリーディーヴェノムフュージョンドラゴンの効果発動!クリスタルウィングシンクロドラゴンの効果をターン終了時まで無効にし、その攻撃力を0にする!」

ユーゴ「させるわけねーだろ!クリスタルウィングシンクロドラゴンの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180731154559j:plain

ユーゴ「グリーディーヴェノムフュージョンドラゴンの効果を無効にし破壊する!そしてクリスタルウィングシンクロドラゴンの攻撃力はグリーディーヴェノムフュージョンドラゴンの攻撃力分上昇!」

ユーリ「グリーディーヴェノムフュージョンドラゴンの更なる効果を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180731154723j:plain

ユーリ「このカードが破壊された時、フィールドの全てのモンスターを破壊する!」

ユーゴ「なんだと!?」

ユーリ「そして墓地からレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外して蘇ることができる!」

ユーゴ「お前の墓地にレベル8以上の闇属性モンスターなんて…」

ユーリ「僕はスターヴヴェノムフュージョンドラゴンを除外し墓地からグリーディーヴェノムフュージョンドラゴンを特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180731154414j:plain

ユーゴ「そうか、スターヴヴェノムは俺や遊矢のドラゴンと違ってレベルが1つ高い!」

f:id:OVERDRIVE:20180731155013j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180731155026j:plain

ユーリ「終わらせてあげるよ。グリーディーヴェノムフュージョンドラゴンでユーゴにダイレクトアタック!」

ユーゴ「うわああああああああああああ!!!!!」(残りライフ0)

ユーリ「ユーゴ、君の負けだ。そして僕と一つになろう」

ユーゴ「体が、動かない…」

ユーリ「今こそ一つに!今こそ一つに!今こそ一つにィィィィィィィィィィィィッ!!!!!」


……………


……………………………………


………………………………………………………………


ユーリ?「これでユーゴの力は僕のものだ。後は遊矢とユート。その二人と一つになれば我は復活する!」

待てよ

ユーリ「あぁ?」

f:id:OVERDRIVE:20180731155445j:plain

紫マリオ「ユーゴを倒したのか……だがよ、遊矢たちには手出しさせねーぞッ!コラァ!」

ユーリ「じゃあ僕と戦るのかい?いいねぇ!新しい力、試させてよ!」










ーーーーー

アカデミアの迷路

ジャック「クソ、マリオやルイージと逸れてしまった」

ねねね「この迷路は複雑で霧がかかってますから…」

三沢「どこだ?どこに行ったんだ?」



















ーーーーー

ドクトルの研究室前

ルイージ「変なとこに出たな。兄さんたちはどこに行ったんだろう?」

ドンッ!

ルイージ「おい!どこ見て歩いてん……」

f:id:OVERDRIVE:20180731155821j:plain

ルイージ「ぎゃあああああああああああああああああっ!」













ーーーーー

アカデミア、ジャリオスの部屋付近

マスワイ「向こうで悲鳴がしたぞ!?てかぐっちーと合流しなきゃ!」

ぐっちー「俺ならこっちにいるぞ」

マスワイ「はやっ!」

ぐっちー「飛び移ってきた。それより早く悲鳴の元へいくぞ」

沢渡「まさか遊矢が関わってんじゃあねぇだろうな」

権現坂「あの状態だ。暴走して誰かを襲う可能性も捨てきれん」

黒咲「とにかく、急いで向かうぞ!」

素良「こっちの道の方がたぶん近いよ!」

マスワイ「わかった。いくぞお前たち!」

f:id:OVERDRIVE:20180731160224j:plain













キャラクター紹介 151

グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

f:id:OVERDRIVE:20180731154414j:plain

ユーリのスターヴヴェノムが進化した姿。スターヴヴェノムが持っていたフィールドを破壊する効果に加え、蘇る効果を手に入れた。
ドラゴンが進化したということはズァークの支配が進んでいるということである。というかユーリはほぼズァーク





















次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180731160507j:plain

仲間を守るためユーリとデュエルする紫マリオ!また、その一方で遊矢と青ルイージもデュエルしていた。

次回、プレデタープランツVSヒーロー

お楽しみはこれからよ!