決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード弟編 第21話

f:id:OVERDRIVE:20180729091454j:image

 

 

深海棲艦基地

 

f:id:OVERDRIVE:20180729214412p:image

島風「ふぁっ!?うーん…ここは」

 

目が覚めたか。

 

島風「だれぇ?」

f:id:OVERDRIVE:20180729214615j:image

島風「ひゃっ!」

黎斗神「ハハハハハハハハハハハハ…島風ぇ!前はよくも私を倒してくれたな!その復讐を…たっぷりとさせてもらおうか…ハハハハハハハハハハハハハハ」

島風「やめて!どうせエッチなことする気でしょ!エロ同人みたいに!」

黎斗神「何を言っている?それは面白くないだろう…たしかに一部の人間にはウケるだろう。だがそれではゲームマスターの私が面白くなァい!!!!!ゲームマスターの役目はゲームを盛り上げること!死んだ駒を新たに戦線復帰させることも、ゲームマスターには可能なのだ…さあ、実験を始めよう」

島風「いやーーーーーっ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィチーナ基地

 

f:id:OVERDRIVE:20180729215716j:image

ブラッドシェパード「…………ヤツは」

スーモ「わかりません!ですが、艦娘たちなら何か知ってるかも…」

電「赤城さんや加賀さんなら何か知ってるかもなのです」

ブラッドシェパード「…………やれやれ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラキアーラ基地

f:id:OVERDRIVE:20180729234750j:image

ユーゴ「Dホイールの修理が終わったぜ!」
f:id:OVERDRIVE:20180729234746j:image

夕張「ほんと!?じゃあ出撃できるね!」

ユーゴ「そうだな!今度はやられねぇ!くーっ、腕が鳴るぜ!あっ、あの二人は?」

夕張「暇を持て余して外行ったんじゃないですか?」

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180729235529j:image

鈴谷「あっ!融合じゃん!」

f:id:OVERDRIVE:20180729235612j:image

ユーゴ「融合じゃねぇユーゴだ!」

f:id:OVERDRIVE:20180730000034j:image

熊野「どうしたんですの?突然」

ユーゴ「そろそろ出撃しようと思ってな。俺がいなくなってからしばらく任務放ったらかしだったからな!」

鈴谷「ふーん…あっ、融合、ちょっと見てほしいものあんだけどいい?」

ユーゴ「だから融合じゃねぇユーゴだ!で、なんだよ?」

鈴谷「どっかで見たよーなやつが海岸に落ちてたんだよねー」

ユーゴ「あぁ?なんだこりゃ?」

夕張「これは…島風連装砲ちゃん…!!」

ユーゴ「そうなのか?」

夕張「もしや島風の身に何かあったのでは…」

熊野「ですが連装砲ちゃんと意思疎通が可能なのは島風さんだけですわ…」

鈴谷「それじゃあ何があったか把握できないじゃん!」

夕張「じゃあメカニックのブラッドシェパードのところに行くしかない…」

ユーゴ「えっ!やだよ!俺任務放棄してんだから殺される!」

夕張「でもあの時島風はあなたを助けようとした!この異常事態…今度はあなたが島風を助ける番でしょ!」

熊野「提督は恩を仇で返すような男ではないはずですわ!」

ユーゴ「えぇ…」

鈴谷「行って届けるだけでいーじゃん。ブラッドシェパードじゃなくても長門とかいんでしょあの基地」

ユーゴ「わかったよ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィチーナ基地

 

f:id:OVERDRIVE:20180730001120p:image

ぐっちー「…………」

f:id:OVERDRIVE:20180730001316p:image

加賀「海を見つめても彼女は帰ってきませんよ」

 

ウィィィィィィィィィィィィィィィィン

 

f:id:OVERDRIVE:20180730103125j:image

ユーゴ「よぉぐっちー!おめーにお届けものだぜ」

ぐっちー「今はそんな気分じゃ…って、これは!?」

ユーゴ「ホウレンソウちゃんだ」

夕張「連装砲ちゃんです」

ぐっちー「なぜお前が」

ユーゴ「俺の基地の海岸に漂着してたらしいぜ。何言ってっかわかんねーからブラッドシェパードに解析してもらえ!」

ぐっちー「ああ!」

ユーゴ「じゃあな!」

夕張「いずれまた!」

ぐっちー「おう!」

 

 

 

 

ブラッドシェパードの部屋

 

ぐっちー「ブラッドシェパード!」

f:id:OVERDRIVE:20180730103735j:image

ブラッドシェパード「…何の用だ」

ぐっちー「こいつらが何言ってるか解析してくれ!」

ブラッドシェパード「これは島風の…」

ぐっちー「こいつらだけ帰ってきたのが少し奇妙でな…向こうで何かあったのかもしれない」

ブラッドシェパード「わかった。作業の邪魔だから向こうに行っていろ」

ぐっちー「ああ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間後

 

ブラッドシェパード「なん…だと…!?」

長門「どうした?」

ブラッドシェパード「大変なことがわかった。これは…………」

 

ドカァァァァァァァァン!!!!!

 

吹雪「大変です!また襲撃を受けています!」

ブラッドシェパード「なら迎え撃つぞ!ただしぐっちーは戦線に出すな!俺が敵を殺る!」

長門「なぜぐっちーを出さない!?もう彼の傷は…」

ブラッドシェパード「その傷を抉るような事実が、明らかになったからだ…!!」

赤城「ブラッドシェパード…これは?」

ブラッドシェパード「見ての通り襲撃を受けている。赤城、ぐっちーはどこだ」

赤城「外ですよ。加賀さんに今見てもらっています」

ブラッドシェパード「!?…まずいな。早くぐっちーを中に入れろ!奴は外に出すな、絶対に敵に会わせるな!」

赤城「どうしたんですかそんな焦って」

長門「そうだ。先程から何を言っている?まるで意味がわからんぞ!」

ブラッドシェパード「島風の連れが何を言ってるか解析したんだ…そしてその結果は」

赤城「…」

長門「…」

吹雪「…」

ブラッドシェパード「島風が深海棲艦になったと言っていたのだ」

赤城「!」

長門「なんだと…」

吹雪「そんな…うっ、そんな…」

f:id:OVERDRIVE:20180730223524j:image

ブラッドシェパード「こいつどこから…!?まぁそれはいい。とにかく、ぐっちーと深海棲艦と化した島風を戦わせるわけにはいかない。仮に今襲撃してきたのが深海島風なら奴はおそらく…」

長門「非情な提督がなぜ奴のことを…」

ブラッドシェパード「決まっている…戦力を失いたくないだけだ。人の心を抉るやり方は嫌いじゃあない。勝つためならなんだっていい。それを解っている黎斗はいくらか好感が持てる。だがしかしぐっちーを倒させるわけにはいかない。奴は我々にとって大事な戦力だからな」

長門「ブラッドシェパード…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーモ「ぐっちーさん!敵襲ですよ!」

ぐっちー「なんだと!?」

加賀「行きましょう。あなたは深海棲艦たちに復讐すると決めたんですよね?」

ぐっちー「ああ」

電「電も行くのです!」

ぐっちー「少数だが精鋭っ…赤城はいないがやるしかねぇ!いくぞお前たち!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィチーナ基地 沖

f:id:OVERDRIVE:20180730224127p:image

黎斗神「さあ、じっくり見させてもらおうか島風。生まれ変わったお前の戦いぶりをな。ハハハハハハハハハハハハハハハハ!」

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

立ち直り、檀黎斗を倒すことを誓ったぐっちーは深海棲艦と戦う。だが、ブラッドシェパードの解析通り、そこには地獄から蘇った島風がいた…

 

次回、対峙!闇より出でし絶望