決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード弟編 第18話

f:id:OVERDRIVE:20180720084652j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180720084900j:image

ユーゴ「…!!」

ぐっちー「よし島風!やつの攻撃方法はわからんが…「やられる前にやれ」だ!ユーゴをぶっ飛ばせ!」

島風かしこまっ!

 

ドーンドーン!

 

ユーゴ「当たんねーよ!そんな遅い攻撃は!」

ぐっちー「島風より速いだと!?」

ユーゴ「俺のDホイールがそんなガキに負けるわけねーだろ!」

スーモ「ユーゴの後ろから深海棲艦が!」

村振「というかDホイールの中に忍び込んでるみたいだな」

ぐっちー「なるほど、ユーゴに乗っかったまま攻撃してくるのか。てことはDホイールに追いつけなきゃこっちが一方的にダメージを喰らう…島風、追いつけないなら一旦逃げろ!とにかく攻撃には当たるな!」

ユーゴ「死ね!クソガキ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20180720110914j:image

島風「よっと!危ない危ない…」

ぐっちー「後ろだ!」

島風「えっ!」

ユーゴ「逃がさねぇぜ!」

ぐっちー「島風のスピードでも勝てないなんて、どうすれば…何か、何か考えるんだ」

村振「ボーッとしてる場合か!指示をしろ!島風を殺す気か!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180720132741j:image

 

 

その時、ぐっちーの脳内に電流走るっ…!

 

ぐっちー「見つけた、一発逆転の策ッ!」

 

f:id:OVERDRIVE:20180720133144j:image

村振「なんだそりゃ?」

ぐっちー「ユーゴがバカだから使えた策!夕張は言っていた。ユーゴは深海棲艦に寄生されていると。だがユーゴの頭が良くなったわけじゃねぇ!ユーゴ、バカでありがとう!」

スーモ「ユーゴをすごい馬鹿にしてますね」

ぐっちー「ユーゴォォ!!!!!」

 

ユーゴ「あぁ!?」

ぐっちー「そんなチンケな装備じゃあ俺の島風は落とせないぜ!早くとも、装備がゴミじゃあねぇー…」

ユーゴ「なんだと!?おい、お前ら乗れ!Dホイールにのって、弾の嵐で島風を沈めるぞ!」

 

村振「おい!強化されちゃったじゃねーか!」

島風「ぐっちーなにしてんの!?」

ぐっちー「これでいいんだ。これで…」

スーモ「100体くらい深海棲艦乗っかってますよ!これまずいですよ!」

ユーゴ「一斉砲撃!死ね島風!」

 

グラッ

 

ユーゴ「え?」

 

村振「あっ、まさか…」

スーモ「これは…!!」

ぐっちー「Dホイールは乗り物だ。必ず重量制限がある。それを破れば壊れたり倒れるに決まってんだろバーーーーーーーーーーカ!」

f:id:OVERDRIVE:20180720133838j:image

ユーゴ「貴様、はめたなーーーーーッ!」

ぐっちー「騙される方が悪いのさ!ハハハハハハハハハハハハハハ!」

村振「完全に悪役のセリフだ…」

ぐっちー「決めろ島風!ユーゴごとぶっ飛ばせ!大丈夫!タフだからそいつは死なない!」

島風「おっけー!」

f:id:OVERDRIVE:20180720134649p:image

ユーゴ「ぐわああああああああああ!」

ぐっちー「やっつけたな!」

f:id:OVERDRIVE:20180720134728j:image

ぐっちー「なんで撃った!?」

f:id:OVERDRIVE:20180720135111j:image 

夕張「寄生型のやつ、ユーゴから出て生き延びようとしてたの。全くセコいやつ」

スーモ「そこに気づくなんてさすが夕張さんですね!」

夕張「私はユーゴを連れて一度基地に戻る。仲間も待ってるからね」

ぐっちー「ああ、しばらくお別れだな。さて、俺たちはこれより深海棲艦基地に突入する。覚悟はいいか?俺はできてるぜ」

f:id:OVERDRIVE:20180720140146p:image

島風「いつでもおっけーだよ!増殖も持ったし。ね、連装砲ちゃん!」

ぐっちー「島風は頼もしいな!」
f:id:OVERDRIVE:20180720140142j:image

赤城「ここまで来たならばもう戻りはしません。一航戦の名にかけて恥のない戦いをし、帰って飯食って寝ます」

ぐっちー「戦いをしますで終わらせた方が良かったんじゃ…」
f:id:OVERDRIVE:20180720140127j:image

加賀「私も覚悟はできています。下手な指示で私たちの足は引っ張らないでくださいね」

ぐっちー「ああ、わかってる」
f:id:OVERDRIVE:20180720140138p:image

スーモ「全く、こんなに長い住まい探しは初めてだよ…深海棲艦基地を乗っ取って家にしよう!」

ぐっちー「その発想はなかった」
f:id:OVERDRIVE:20180720140134j:image

電「あまり相手を傷つけたくはないのですが…使命ならやるしかないです。電も覚悟できたのです!」

スーモ「電ちゃんかわいいなぁ」
f:id:OVERDRIVE:20180720140154p:image

村振「あ!ああ覚悟はとうにできてるぜ…!全然びびってなんかねーからな!」
f:id:OVERDRIVE:20180720140131j:image

如月「とかいって足が震えてますよ!」

村振「武者震いってやつだ!」

如月「強がっちゃう村振さんもかわいいです❤️」

村振「うるせぇ!」
f:id:OVERDRIVE:20180720140203j:image

睦月「睦月、負ける気がしないのね」

村振「そ、そうだ!負ける気しねぇ!気負けしたらダメだ!いくぜお前ら!必ずボスを倒す!」

ぐっちー「よし、行くぞ!!!!!」

ブラッドシェパード(無線)「待て」

ぐっちー「〜〜ったくなんだよいいところなのに」

ブラッドシェパード「基地内に一人、艦娘が捕まっているとの知らせだ」

ぐっちー「助けろってか?まぁいい、行くぞ!!!!!」

全員「おーっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのころ、深海棲艦基地内

 

ワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダワタシハフメツダ私は不滅だ私は不滅だ私は…

f:id:OVERDRIVE:20180720141228p:image

黎斗「不滅だァァァァァァァァ!」

ヲ級「!」ビクッ

黎斗「はっ!これは、フフ…ハーッハハハハハハハハハハハハハハ!蘇った!私は蘇った!」

ヲ級「やっとお目覚めか」

レ級「オソイゾー!」

黎斗「お前たちが私を?」

ヲ級「当然。ゲームマスターが消えてはゲームは出来ないからな」

黎斗「そうだな。ところで、デンジャラスゾンビガシャットはどこだ?」

レ級「マエノタタカイデシマカゼニコワサレタミタイダヨ」

黎斗「なんだとォ!?これでは私は戦えないじゃないか!」

f:id:OVERDRIVE:20180720141639j:image

黎斗「だが…なんだ、この感じる力は…先程から生まれ変わったような気分だが…」

ヲ級「デンジャラスゾンビに代わる新しい力でも身につけたのかもな」

黎斗「なに?フフ…それはいい!私は新たな力を身につけた!もう檀黎斗などという名は捨てた!今から私は…」

新檀黎斗「『新』檀黎斗だ!」

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

姉妹艦を救うため一人で深海棲艦基地に突入した結果、檀黎斗改め新檀黎斗に捕まってしまった金剛。ブラッドシェパードのおかげでぐっちーたちに存在を認識されるが、未だ居場所は不明。果たして金剛は助かるのか?

 

次回、捜索!囚われの艦娘 金剛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

f:id:OVERDRIVE:20180720142517j:image

ザマス「ここはどこだ?へんなところに来てしまったぞ…」

 

ザマスはキノXたちにスルーされて、未だに海の上を漂っていたのだ!

 

f:id:OVERDRIVE:20180720142707p:image

リアルリラックマ「どうした?困ってんのか?助けてやろうか?」

f:id:OVERDRIVE:20180720142740j:image

リアルリラックマ「は?」

ザマス「人間風情に言われんでも帰れるわ!てかお前は人間なのか!?」

リアルリラックマ「お前少し黙ってろォ!」

f:id:OVERDRIVE:20180720142833j:image

f:id:OVERDRIVE:20180720142707p:image

リアルリラックマ「せっかく人が親切にしてやろうとしてんのに、偉そうにしてんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」(技:リラックマパンチ)

f:id:OVERDRIVE:20180720143041j:image

ザマス「神に対して何たる無礼…」(←瀕死w)

リアルリラックマ「なら頼んだぜブロス!」

f:id:OVERDRIVE:20180720143324p:image

ブロス×∞「破壊☆」
f:id:OVERDRIVE:20180720143037j:image

 

この始末☆

 

おわり。