決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第145話

4つの次元に分かれた世界。そこには同じ顔を持つ少年が存在し、彼らの持つドラゴンは呼び合う。まるで互いを求め合うかのように…………









f:id:OVERDRIVE:20180718145204j:plain



f:id:OVERDRIVE:20180718145248j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180718145248j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180718145318j:plain

素良 LP750
紫咲 LP500

素良「デストーイサーベルタイガーでダイレクトアタック!」

紫咲「リバースカードオープン!RUM-狂花水月!」

f:id:OVERDRIVE:20180718145907j:plain

紫咲「墓地のエクシーズモンスターメタルリベンジエクシーズプリンセスを特殊召喚し、1つランクアップさせる!」

黒音「逆襲の姫よ、美しき幻想をその身に纏い、蒼き炎を放ち荘厳なる鎮魂歌を奏でよ!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!!!!!狂い咲け!復讐の花!アイアンアベンジ・エクシーズ・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180718153433j:plain

素良「無駄だねぇ!デストーイサーベルタイガー!アイアンアベンジエクシーズプリンセスを攻撃!」

紫咲「くっ!」(残りライフ300)

黒音「だがアイアンアベンジは不屈!」

紫咲&黒音「「アイアンアベンジエクシーズプリンセスの効果発動!」」

f:id:OVERDRIVE:20180718153913j:plain

紫咲「3体を素材としたことで耐性を得たデストーイサーベルタイガーのコントロールを得る!」

素良「そのタイガーは攻撃したんだよね…てことは僕はもう一度攻撃できる!」

紫咲「まぁ、攻撃力は同じ2800だけどね」

素良「そうだね。じゃあバトル終了してデストーイハーケンクラーケンの効果発動!サーベルタイガーを墓地に送る!裏切り者には制裁を与えなくちゃね!」

紫咲「くっ…」

素良「僕はターンエンド!もう勝ち目はないよ。サレンダーしたら?」

紫咲「サレンダー…ね。あなたが本当の心を取り戻してくれるならいいけど?」

素良「だからこれが本当の僕って言ってるだろ!?いつまで幻想見てんだよ!!!」

紫咲「そうかしら?私のターン、ドロー!私は永続魔法、レインボー・カーテンを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180718154658j:plain

紫咲「さらに伏せていた罠カード、レインボードローを発動!フィールドのレインボーカードを1枚墓地に送り、5枚ドロー!その後、手札がペンデュラムスケールに存在するカードの枚数と同じ枚数になるように手札を選んでデッキに戻す。ペンデュラムスケールは2枚!手札を2枚残すようにカードをデッキに戻す!」

黒音「これで次のターンは凌げるな」

紫咲「ええ!私はセッティング済みのペンデュラムスケールを使い、ペンデュラム召喚!レインボーリングペンデュラムプリンセスを守備表示で特殊召喚!カードを1枚伏せターンエンド!」

素良「防戦一方じゃん!そんなじゃあ僕は倒せない!僕のターン、ドロー!僕は融合を発動!手札のエッジインプ・トマホークとパッチワーク・ファーニマルを融合!融合召喚!デストーイ・ハーケン・クラーケン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180718145318j:plain

素良「フフ…これでもう手も足も出ないよね?」

f:id:OVERDRIVE:20180718145318j:plain
f:id:OVERDRIVE:20180718145318j:plain

素良「攻撃力が2600に上昇し、2回攻撃が可能なハーケンクラーケンが2体!」

f:id:OVERDRIVE:20180718145248j:plain

素良「攻撃力2800に上がったデストーイサーベルタイガーが1体!合計で13200ダメージ!ハーケンクラーケンの攻撃を一度レインボーリングの破壊にあてても10600ダメージ!生き残れると思うな…バトル!ハーケンクラーケンで攻撃!」

紫咲「くっ!」

素良「ハーケンクラーケンでダイレクトアタック!」

紫咲「トラップ発動!レインボー・バリア!レインボーリングペンデュラムプリンセスが破壊されたターン私はダメージを受けない!もしあなたがハーケンクラーケンの効果を使ってたら私はやられてたけど、あなたはエンターテインメントスタイルのデュエルが好きだからそうすると信じてたわ」

素良「エンタメだと?僕はそんなお遊びのデュエル大嫌いだ!!!僕は、次負ければ死ぬんだ!」

紫咲「!」

素良「なのにエンタメだと!?馬鹿にするのも大概にしろよ!!!!!」

紫咲「……そう。あなた、負ければ死ぬのね」

素良「そうだよ…まさか、僕のことを思って負けてくれるのか?」

紫咲「なら救い出す!こんな純粋な子を脅迫して、何が楽しいのかしら?ジャリオスとかいうやつは」

素良「黙れ!救いなどいらない!僕の居場所はアカデミアだけなんだ!!プロフェッサーは僕を認めてくれたんだ!」

紫咲「いえ、居場所はアカデミアだけじゃない!少しの間だったかもしれないけど、遊矢も柚子も権ちゃんもあなたの帰りを待っている!」

素良「いい加減にしろよ!プロフェッサーはあの地獄の日々から僕を助けてくれたんだ!今さら背けるかよ!」

紫咲「地獄の日々?」

素良「フッ…冥土の土産に教えてやるよ紫咲!僕は幼少期虐待を受けていたんだ!」

紫咲「な、なんですって!?」

妖夢「……!!」

素良「親のサンドバッグとして生きる日々…妹の美宇は耐え切れず自殺したよ!僕には存在価値がなかったんだよ!そんな僕の唯一の居場所がアカデミアなんだ!」

紫咲「存在価値のない人間なんていない!誰にも、生まれてきた意味と役目がある。それは誰かのために生きることじゃない。親のストレスのはけ口なんかじゃないし、ましてや悪の組織の人形でもない!!あなたが生きているのはあなた自身のため!誰のためでもないのよ!」

素良「……!!」

紫咲「だからあなたの居場所はアカデミアだけじゃない。負けたら殺されるような場所があなたが本当に望む居場所なの?」

素良「それは………」

紫咲「居場所は自分で見つけるものよ!かつて認めてくれた人も、あなたを利用するような人だった。そんなやつに利用されることがあなたの幸せならそれでいい。でもそうじゃないなら、新しい居場所を探すべきよ」

素良「う………」

紫咲「まだあなたのターンよ…続けましょう?」

素良「ターンエンド………」

紫咲「素良、あなたはアカデミアに残るの?」

素良「…………」

紫咲「それとも、自分の世界を探しに行くの?」

素良「なあ紫咲」

紫咲「?」

素良「僕はどんなに酷くとも耐えてきたよ。これまで。でもそれは無意味だったんだね…僕はこのデュエルが終わったらアカデミアを辞める……プロフェッサー、いやジャリオスを止める。僕の幸せは僕が決める。他人に振り回されるのはうんざりだよ。紫咲はもう裏切らないよね?僕を」

紫咲「ええ。あなたは大切な友達で、弟子だから」

素良「なら連れてってよ!誰にも縛られない世界へ!」

紫咲「わかったわ。その願い、叶えてあげる!私のターン、ドロー!!!!!」



妖夢「紫咲はやさしいんですね。決闘で人を救うだなんて無理だと思ってました…でも紫咲はそれができた。さすがぐっちーの娘、黄金の精神を継ぐ者………!!」

紫咲「私はセッティング済みのペンデュラムスケールを使ってペンデュラム召喚!レインボーリングペンデュラムプリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180718163140j:plain

紫咲「私は、手札から魔法カード、融合を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180718163229j:plain

紫咲「レインボーリングペンデュラムプリンセスと、手札のWGタブーデビルを融合!虹彩操る振り子の姫の!禁忌を犯す悪魔よ!今一つとなりて、まだ見ぬ大嵐を引き起こせ!融合召喚!!現れろ、レインボーゲイル・ペンデュラム・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180718163506j:plain

素良「あれは、僕とのデュエルで生まれた融合モンスター…」

紫咲「私は、あなたがいなければここまで来れなかった。私はたくさんの仲間がいたから今ここにいる!素良、あなたにもいずれそんな仲間がきっとできるわ」

素良「…」

紫咲「レインボーゲイルペンデュラムプリンセスの効果発動!ペンデュラムスケール1枚と、エクストラデッキのペンデュラムモンスターをデッキに戻し!相手フィールドのモンスターを全て手札に戻す!!!!!素良の迷いを吹き飛ばせ!レインボーゲイルペンデュラムプリンセス!!!!!」



ビュオオオオオオ!



紫咲「バトルよ!レインボーゲイルペンデュラムプリンセスでダイレクトアタック!ストーム・オブ・マジック!」

素良「うわーーーーーっ!!!!!」(残りライフ0)

紫咲「素良、大丈夫?」

素良「立ち上がれるよ!自分で。」

紫咲「あら、そう」

素良「ありがとう、紫咲!紫咲がいなかったら僕は振りきれなかった」

紫咲「私は手助けをしただけよ。それより、そろそろ鉄格子開けたら?」

妖夢「立ちつづけて足が痛いです…」

素良「ごめん!」

ガラララ……

妖夢「はぁ、やっと開きました…」

紫咲「さあ行きましょ、柚子のところに!」

素良「それより、遊矢と合流したら?遊矢はこっちにいるよ」

紫咲「わかったわ!行きましょう!」

f:id:OVERDRIVE:20180718165339j:plain













キャラクター紹介 144

レインボーゲイル・ペンデュラム・プリンセス

f:id:OVERDRIVE:20180718163506j:plain

紫咲が、素良戦(1戦目)で生み出したカード。2戦目では登場しなかったが、1戦目と3戦目にて登場し、どちらのデュエルでもフィニッシャーとなっている。効果はコストに見合わない暴力的な効果で、耐性持ちがいなければ確実に3000ダメージ入るだろう。現実ではまだ返せないこともないが、茶番のデュエルだと初期ライフの3/4を持っていくので相当ヤバい。






















次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180718170638j:plain

紫咲たちが柚子のもとを目指すなか、マスワイとほむらはジャリオスのところを目指していた。しかしマスワイたちの前に、厄介な道化師が立ちはだかる。

f:id:OVERDRIVE:20180718170724j:plain

次回、魅惑の道化師ディメーン

お楽しみはこれからだ!