決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード弟編 第12話

f:id:OVERDRIVE:20180709230204j:image

 

ぐっちーたちは、朝霧要のいるグランデ・フラテッロ・クーン要塞にやってきた。

 

f:id:OVERDRIVE:20180709230447j:image

f:id:OVERDRIVE:20180710002046p:image

ぐっちー「あそこに加賀がいるのか…そして朝霧要という男も」

f:id:OVERDRIVE:20180710002107j:image

赤城「朝霧要は、この私の裁きの矢で射抜いてみせます」

f:id:OVERDRIVE:20180710002122p:image

スーモ「どこから入ろうかな?」

f:id:OVERDRIVE:20180710002143p:image

島風「入り口、ないねー」

ぐっちー「入り口を用意してくれるほど敵さんもやさしくはないということか…」

f:id:OVERDRIVE:20180710002258j:image

電「じゃあ、こじ開けるまでなのです!」

スーモ「電さん…冗談はやめてください」

島風「その手があったね!」

ぐっちー「忘れていた!」

赤城「道というものは自分で切り開くものでしたね」

スーモ「バカいってんじゃないよ!」

ぐっちー「ん?あの船は…ってあいつは!」

島風「どうしたの?」

ぐっちー「なんでもねぇ。よーし、じゃああけるぞ!」

スーモ「やるの!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーー

クーン要塞内

 

f:id:OVERDRIVE:20180709235000j:image

要「やあ、閲覧者のみんな。僕は朝霧要。この要塞の主だ。そうそう、今日はみんなに見てもらいたいものがあるんだ」

f:id:OVERDRIVE:20180709235716j:image

要「艦娘、加賀だ。もちろんこれは過去の写真。今のものではない。過去この艦娘は敵の艦隊をパートナーの赤城と共に2人で殲滅したらしい。素晴らしいことだな。だが、所詮はクズ!この僕以外の生きとし生けるもの全てがクズ!なぁ閲覧者…いや、クズの諸君!そして僕にはとっておきの能力(チカラ)がある…簡単に言えば精神操作ができるんだよ…ハハハハハハハハ…かつて僕に寄ってきたバカなクズを利用したら簡単に手に入った!この力があれば無敵!鬼に金棒!いや、神にパンツだ!ハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!それでだ…僕がお前らに見てほしいのはこれだよ」

f:id:OVERDRIVE:20180710000601p:image

要「さっきの加賀だ…今は僕の支配下にある!当然だよな?だってクズだから!さあ加賀よ…おそらくあのハゲウサギから解き放たれた赤城がこの要塞にやってくるはずだ…始末してこい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーー

要塞の外

 

ぐっちー「一斉砲撃!」

 

ドカーン!

 

スーモ「本当に穴あけちゃったよ!」

ぐっちー「さあ、侵入するぞ!」

 

ーーーーー

クーン要塞1F

 

スーモ「中は思ったより綺麗だな…よし、ここを僕の家にしよう!」

ぐっちー「バカ言うな…奥を見ろ、巨大なプール…どうやらここの主、要は艦娘同士の戦いを所望のようだ」

島風「え、なんで」

ぐっちー「じゃなきゃ半径100mプールなんか造らねぇよ。フツーに考えておかしい」

赤城「そうですね…」

電「上に何かいるのです!」

ぐっちー「えっ!?」

f:id:OVERDRIVE:20180710001222j:image

「おすわり」

 

全員「ッ!?」

 

要「ハハハハハハハハハハ!これは傑作だ!まさか赤城が仲間を連れてくるとはね!想定外だが所詮クズ!僕、この神と!神に選ばれた者に敵うわけがない!」

ぐっちー「何言ってんだアイツ?頭おかしなったか?」

要「全員プールに入れ」

スーモ「体が言うことを聞かない!」

赤城「まさか要も能力者!」

島風「やっと旧茶番っぽい展開だねー」

電「相手の行動を封じるだなんて、ひ、卑怯なのです!」

要「黙れ!貴様ら人間は動物を殺すとき正面からやり合わないよなぁ〜〜〜〜?自らに被害が及ばぬようにターゲットを仕留めるよな!?それと同じだ!」

ぐっちー「たしかにやつの言うことは理にかなってる…だがムカつくぜ!」

要「勝手にムカついていろ!ほら、処刑人の登場だ!」

f:id:OVERDRIVE:20180710000601p:image

加賀「……………」

赤城「加賀…!?」

要「正解!僕の支配下だがね!」

ぐっちー「クズはどっちだか…」

要「あぁ?調子に乗るなよ?お前は死の淵にいるんだぜ?」

ぐっちー「あぁ、そうだな…だが俺は死なん…少なくともてめーみたいな雑魚にやられるつもりはねー!」

要「加賀!その男の首をはねろ!」

 

シュッ!

 

f:id:OVERDRIVE:20180710003413j:image

全員「!?」

要「何がおきた!?」

 

「全く、だらしねー主人公だなぁ〜」

 

ぐっちー「お前なら来ると信じてたぜ」

 

f:id:OVERDRIVE:20180710003452j:image

ぐっちー「村振!」

村振「フン、俺も調査に来てただけさ。とりあえず、加賀を止めないとな」

要「まて!お前もプールに入れ!」

村振「なにっ!?体が!」

ぐっちー「あいつの声を聞くと体がその通りに動いちまう!」

村振「厄介だけど…攻略なら既に済んでいる!」

f:id:OVERDRIVE:20180710003823p:image

f:id:OVERDRIVE:20180710003839j:image

要「ごぽぉぁ!」

f:id:OVERDRIVE:20180710004213j:image

睦月「やった!対象にヒットした!」

f:id:OVERDRIVE:20180710004245j:image

如月「司令官、大丈夫ですかぁ?」

村振「問題ない」

ぐっちー「村振…お前も」

村振「そうだよ。艦娘の司令官だ。おめーらなんか色々戦ってたみたいだけど、俺デュエルモンスターズみたいな頭使うの苦手だからここで働いてたんだ。」

ぐっちー「そうか!」

電「あっ!敵が逃げるのです!」

ぐっちー「体の自由も戻った!追うぞおめーら!」

村振「おうよ!いくぜ睦月!如月!」

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

日は沈み始め…夕暮れの要塞で要と対峙するぐっちーたち。ドクズ野郎を成敗することはできるのか!?

 

次回、執行!裁きの矢(ジャッジメントアローズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レコードファイルPart11

村振剣護

ゲスト:妖夢

f:id:OVERDRIVE:20180710003452j:image

f:id:OVERDRIVE:20180710005154j:image

妖夢「とても懐かしい方が登場しましたね」

ぐっちー「ああ。随分久しぶりだな」

妖夢「私たちの仲間でしたからね。それにしても、次元分断後は艦娘たちの司令官になっていたんですね」

ぐっちー「そうみてーだな。でも村振自体も強い!」

妖夢「そうです!私やマスワイのような剣士で、彼は爆炎すら操りますからね」

ぐっちー「炎の出る剣ってすごいよな」

妖夢「今回はその炎剣の攻撃で加賀にダメージを与えたみたいですね」

ぐっちー「俺も少し熱かったゾ…」

 

 

 

レコードファイルPart12

朝霧要

ゲスト:リメンバ

f:id:OVERDRIVE:20180710005553j:image

f:id:OVERDRIVE:20180710005652j:image

リメンバ「この人、ちょっと苦手ですぅ」

ぐっちー「お前と同じゲスだぞ」

リメンバ「私はこの人と一緒じゃありません!」

ぐっちー「要は自分以外をクズと見ていて、なおかつ恐ろしい力を持っている。お前は自分勝手でなにもかも利用する占い野郎だ。」

リメンバ「まだ全然違うところありますよ!この人は…」

ぐっちー「もういいです。違うところといえばこの茶番出身じゃないくらいしかないだろ!」

リメンバ「そんなぁ〜…」