決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ロストレコード弟編 第5話

前回のあらすじ

f:id:OVERDRIVE:20180630184350j:image

ブラッドシェパードがやってきた。

f:id:OVERDRIVE:20180630184435j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180630184315j:image

 

ぐっちー&島風(&スーモ)VSブラッドシェパード&吹雪+バトルドローン

 

ブラッドシェパード「カウント2…ぐっちーをやれ!」

ぐっちー「な、なにぃっ!?」

f:id:OVERDRIVE:20180630184759j:image

吹雪「はああああああああああああ!」

ぐっちー「…なーんてな」

ブラッドシェパード「!?」

f:id:OVERDRIVE:20180630184904j:image

ぐっちー「わからない「フリ」をしていたのさ…おかげでまんまと騙されたなぁ?」

ブラッドシェパード「なんだと…」

ぐっちー「やられたらやり返す!倍返しだ!」

ブラッドシェパード「なにかやばい!引き返せ!」

ぐっちー「時よ止まれぇぇぇぇッ!!!」

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180630191242j:image
f:id:OVERDRIVE:20180630191245j:image
f:id:OVERDRIVE:20180630191238j:image

ぐっちー「ビビっちまってすげー顔になってやがるぜ…!!」

f:id:OVERDRIVE:20180630191332j:image

ぐっちー「だが、このままボコボコにさせてもらうぜ…!!」

f:id:OVERDRIVE:20180630192328j:image

ぐっちー「時は動き出す!」

f:id:OVERDRIVE:20180630192626j:image

ブラッドシェパード「!?」

f:id:OVERDRIVE:20180630192638j:image

吹雪「ッ…!!」

ブラッドシェパード「なぜやられている!?」

ぐっちー「バトルドローン…邪魔だな!スーモ、いくぞ!島風は攻撃の準備しろ!」

スーモ「ま、まさか!」

f:id:OVERDRIVE:20180630194046j:image

ぐっちー「スーモキャノン!」

f:id:OVERDRIVE:20180630194407j:image
f:id:OVERDRIVE:20180630194359j:image

f:id:OVERDRIVE:20180630194433j:image

スーモ「や、やったねぇ…」

ブラッドシェパード「バカな…!!」

ぐっちー「さあ、ラストだ!準備はできているか!?」

f:id:OVERDRIVE:20180630195124j:image

ぐっちー「波紋・エンチャント…標的、ブラッドシェパード!発射!」

f:id:OVERDRIVE:20180630200023p:image

ブラッドシェパード「!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180630200209j:image

ブラッドシェパード「ッ…!!完敗か…」

 

f:id:OVERDRIVE:20180630200304j:image

 

ブラッドシェパード、吹雪 再起不能(リタイア)

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180630213442p:image

ブラッドシェパード「貴様らを少々侮っていたようだ…乗れ!ヴィチーナ基地へ連れていく」

ぐっちー「無人島生活終了だな!」

スーモ「ああ!」

 

 

ーーーーー

船上

 

ブラッドシェパード「さっきの戦い、相手の想定外の攻撃に対応できた点は褒めてやる…だが」

ぐっちー「だが?」

ブラッドシェパード「何故貴様が戦うんだ!」

ぐっちー「咄嗟にやっちまったんだ!俺の近くに吹雪が来たからつい!」

ブラッドシェパード「まぁいい。艦娘だけでなく提督も戦力とはおもしろい……」

ぐっちー「お前は戦えないのか?その右腕で」

ブラッドシェパード「………」

 

 

 

ーーーーー

数時間後

ヴィチーナ基地

ブラッドシェパード「着いたぞ!」

島風「うわー!大きいー!」

ぐっちー「あぁ〜船酔いしたぁ〜」

ブラッドシェパード「と、早速だが、お前たちには次の任務に行ってもらう」

ぐっちー「は?」

ブラッドシェパード「誰がここで休むと言った…」

ぐっちー「そりゃないぜ」

ブラッドシェパード「お前たちには南西のシニストロ基地に向かってもらう。俺は行けん」

島風「シニストロ!」

ぐっちー「知っているのか?」

島風「確かそこには…」

ブラッドシェパード「ああ、お前の仲間がいたな。ぐっちー、貴様への任務はシニストロ基地にいる檀黎斗提督と協力し、シニストロ基地周辺の海域の深海棲艦を壊滅させること。いいな」

ぐっちー「しゃあねーな…まだ帰れそうにはねーか。島風に真相の解明も約束したし、行くか!」

スーモ「僕は?」

ブラッドシェパード「同行しろ」

スーモ「もうプラチナムスタードラゴンに吹っ飛ばされる役は御免だよ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーー

シニストロ基地

f:id:OVERDRIVE:20180630215614j:image

黎斗「君がブラッドシェパードの言っていたぐっちーかい?」

ぐっちー「お前が檀黎斗か…」

黎斗「まぁ仲良くやろうじゃないか!」

ぐっちー「ああ」

黎斗「私はゲーム会社の社長でね…本当はこんなところにいるべきではないのだが…肝心の会社が破壊されてね」

ぐっちー「そうなのか」

 

 

ガチャ!

ぐっちー「?」

 

f:id:OVERDRIVE:20180630221244j:image

電「し、司令官!」

黎斗「どうした?」

電「敵襲なのです!」

ぐっちー「!?」

黎斗「なら行くぞ!ぐっちー、君も着いてこい、私たちの力を深海棲艦どもに見せてやるのだ。ハハハハハハハハ…」

ぐっちー「お、おう…(私たち?こいつも戦えるのか!?)」

 

ーーーーー

シニストロ海岸

黎斗「深海棲艦どもォォォォ!」

f:id:OVERDRIVE:20180630221642j:image

f:id:OVERDRIVE:20180630222310j:image

暁「司令官!ここは任せて頂戴!」

黎斗「ああ、頼んだぞ」
f:id:OVERDRIVE:20180630222259j:image

響「私もいるよ」

黎斗「わかっている。響も頑張れよ」

ぐっちー「ひびき…白い髪…女性…まさかこいつ」
f:id:OVERDRIVE:20180630222313j:image

雷「私もいるわよ!雷、出撃するわっ!」

黎斗「ああ、しっかり奴らを倒してこいよ!」
f:id:OVERDRIVE:20180630222304j:image

電「別のところから来た司令官も、私の活躍を見るのです!」

ぐっちー「お、おう…」

黎斗「君の出番はない…私の艦娘たちに任せておけ」

ぐっちー「4人で行けんの!?めっちゃおるよ!」

黎斗「心配するな」

ぐっちー「マジかよ…!!」

 

続く

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

暁、響、雷、電!黎斗の艦娘たちが海上で大暴れする!しかしそんな中、緊急事態が発生し、ぐっちーと島風(とスーモ)も戦うこととなる。

 

次回、遊戯!ゲーム会社CEO檀黎斗

 

 

 

 

 

 

 

 

レコードファイル Part5

 

吹雪

ゲスト:アルハネス

f:id:OVERDRIVE:20180630223613j:image

f:id:OVERDRIVE:20180630223824p:image

ぐっちー「すまーん!」

f:id:OVERDRIVE:20180630223802j:image

アルハネス「その通りだ!見ず知らずの人間に対し時間静止を使うとは…お前、ブラッドシェパードを批判するに値しないぞ!」

ぐっちー「そうだよな…でも突然すぎて波紋、時止めを使わざるを得なかったんだよ」

アルハネス「極紫乱舞は使ってないのか」

ぐっちー「まだな…」

アルハネス「吹雪は真面目っぽいやつだと聞く…互いの司令官がそんなものでは…呆れるな」

ぐっちー「たしかにブラッドシェパードに俺への攻撃を指示されたとき、躊躇っていたな」

アルハネス「そんな純粋なやつ相手に貴様はー!」

ぐっちー「よし!ブラッドシェパードの言葉を借りよう!……戦場に卑怯などという言葉は存在しない…生きるか死ぬかだけだ!」

アルハネス「このクソがー!」

ぐっちー「殴らないでくれ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

というか余談なのですが、山吹色の波紋疾走の演出はクソコラです。

f:id:OVERDRIVE:20180630225425j:imagef:id:OVERDRIVE:20180630225420j:image

神の場合こうなります

 

あと、パープルコメットのBGMがぐっちーのテーマです。長らく決めてませんでしたが、そういうことにします。他のキャラのテーマも決めなきゃ…

 

おわり。