決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

黒咲のカオスな亜度弁茶 外伝 その2-2

前回のPlaymakerとリョウマのデュエルの続きです。

f:id:OVERDRIVE:20180622235058j:image

リョウマ「おっと、ターンを終了した時には妖仙獣の効果が強制発動するんだったな。こいつらは召喚したターンのおわりに、持ち主の手札に戻るのだ。」

f:id:OVERDRIVE:20180622235206j:image

Ai「フィールドガラ空きだぜ!」

Playmaker「このチャンスを逃す手はない!このターンで決める!」

f:id:OVERDRIVE:20180622235329j:image

Playmaker「フレイム・バッファローを召喚!そして現れよ、未来を導くサーキット!リンク召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180622235434j:image

Playmaker「リンク1、リンク・ディサイプル!」

リョウマ「手札残り1枚…」

死神13「何をしてくるかな?」

Playmaker「フィールドを離れたフレイムバッファローの効果発動!手札を1枚墓地に送って2枚ドローする!」

f:id:OVERDRIVE:20180622235715j:image

Playmaker「さらにドットスケーパーは、墓地に送られたことで蘇る!」f:id:OVERDRIVE:20180622235820j:image

Playmaker「魔法カード、ワンタイム・パスコード発動!レベル4のセキュリティトークンを特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180623000030j:image

(ハテナブロック=トークン)

Ai「準備完了だ!いくか!?プレイメーカー!」

Playmaker「ああ!スキル発動、ストーム・アクセス!!!!!俺の持っていたサイバース族リンクモンスターをエクストラデッキに加える!そして加えたモンスターをリンク召喚する!はあああああああ!!!!!」

Ai「風を掴め!Playmaker!」

Playmaker「ストームアクセス!」

 

ピカーン!

 

 

リョウマ「今のは…!?」

死神13「強い力が彼に宿ったのか…!?」

Playmaker「いくぞ!現れよ、未来を導くサーキット!」

f:id:OVERDRIVE:20180623011509j:image

Playmaker「アローヘッド確認!召喚条件はサイバース族2体!俺は、ドットスケーパーとリンク・ディサイプルをリンクマーカーにセット!」

f:id:OVERDRIVE:20180623011456p:image

Playmaker「サーキットコンバイン!リンク召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180623011643j:image

Playmaker「リンク2、サイバース・ウィッチ!」

リョウマ「それが手に入れたモンスターか!」

Playmaker「そうだ!」

f:id:OVERDRIVE:20180623011903j:image

Playmaker「俺は死者蘇生を発動!墓地からデコード・トーカーを特殊召喚!さらに、サイバースウィッチのリンク先にモンスターが特殊召喚されたため、サイバースウィッチの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180623012026j:image

Playmaker「墓地の魔法カード1枚を除外することで、デッキから2枚のカードを手札に加える!俺はワンタイムパスコードを除外!」

リョウマ「2枚のカード!?」

f:id:OVERDRIVE:20180623012159j:image

Playmaker「さらにサイバースウィッチの効果発動!手札に加える効果召喚したターンに1度だけ、墓地のサイバース族レベル4以下モンスターを特殊召喚できる!サイバース・ウィザードを特殊召喚!」

Ai「準備は整ったな!」

Playmaker「ああ!」

f:id:OVERDRIVE:20180623012346j:image

Playmaker「俺はこいつで決める!儀式魔法、サイバネット・リチューアルを発動!!!」

死神13「儀式だと!?」

f:id:OVERDRIVE:20180623013142j:image

Playmaker「レベルの合計が儀式召喚するサイバース族儀式モンスターのレベル以上となるよう、手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札のサイバース族儀式モンスターを儀式召喚する!」

f:id:OVERDRIVE:20180623013430p:image

Playmaker「契約は結ばれた。二つの魂は闇の力を操る賢者へと受け継がれる!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180623013818p:image

Playmaker「儀式召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180623013943j:image

Playmaker「いでよ、サイバース・マジシャン!!!!!」

リョウマ「さっき手札に加えたのは…」

Playmaker「そうだ。儀式モンスターと儀式魔法の2枚だ!バトル!サイバースウィッチでダイレクトアタック!」

リョウマ「ならば…」

f:id:OVERDRIVE:20180623014116j:image

リョウマ「手札から妖仙獣鎌弐太刀を墓地に送り、妖仙獣大幽谷響を特殊召喚!」

Playmaker「サイバースウィッチでの攻撃を続行!」

リョウマ「大幽谷響の効果発動!攻撃力は戦闘する相手モンスターと同じ攻撃力となる!」

 

ドカァン!

 

Playmaker「相討ちか…ならばサイバース・マジシャンで攻撃…」

リョウマ「その前に!大幽谷響が墓地に送られたことで、デッキから妖仙獣大幽谷響を手札に加える!」

Ai「また同じことが起こるのぉー!?」

Playmaker「サイバースマジシャンでダイレクトアタック!」

f:id:OVERDRIVE:20180623021715j:image

リョウマ「ならば手札から妖仙獣大幽谷響の効果を…」

ブーッブーッ!エラーデスエラーデス

リョウマ「何!?」

Playmaker「お前の大幽谷響の効果は1ターンに1度しか使用できない!俺は以前行われたマスワイチャンピオンシップにおいてそのカードを使ったデュエリスト、沢渡シンゴを知っている!だからわかるんだ…大幽谷響は1ターンに1度しか、その方法では特殊召喚できない!」

Ai「さすがプレイメーカー!」

リョウマ「くっ…」

Ai「さてさてー残りライフ1500のお前が、攻撃力2300のデコード・トーカーの攻撃を受けたらどうなるかな?」

Playmaker「デコード・トーカーでダイレクトアタック!デコード・エンド!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180623022106j:image

リョウマ「くっ…!!」

死神13「なんてことぉォォォォ!!」

 

Playmaker WIN!

Playmaker「俺の勝ちだ!」

Ai「お侍さん、撃破ァ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180623022354j:image

リョウマ「デュエルに関して相当な手練れのようだな。」

Ai「それほどでも〜…あるけどぉ?」

リョウマ「お前ではない」

Ai「すいません…」

Playmaker「これで俺はあんたたちの仲間だ。協力する。それで、何をすればいい」

リョウマ「隣の国からジャックナイツのカードを持ってきてほしい。妹の命がかかっているのだ。頼む」

Playmaker「そうか。了解した。Ai、いくぞ」

Ai「待てよ!妹の命がかかってるってどういうことだ!?」

リョウマ「それは…」

死神13「いけませんね…あまり初対面の人にベラベラ喋るものじゃないですよ」

リョウマ「貴様…」

Playmaker「言えないのならば別にいい。俺はあんたを詮索する気はない。だが一つ聞き忘れたことがあったからそれだけ聞かせてくれ」

リョウマ「なんだ」

Playmaker「あんたの名は?」

リョウマ「リョウマだ。」

Playmaker「そうか。」

Ai「名前も武士みてーだな」

Playmaker「いくぞ、Ai」

 

 

 

 

 

 

死神13「よろしかったのですか?他人を巻き込んで」

リョウマ「………」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180623023023j:image

Ai「なぁPlaymaker、これからどうやってジャックナイツを回収する気だ?」

Playmaker「リョウマには、迷いが見えた。おそらく奪うことを好まないはず。だから譲ってもらう」

Ai「はぁ!?何言ってんだ?」

Playmaker「いや、奪うが正解か…推測だが、妹の命がかかってることについて詳しく言わなかったのは、口止めをされているからだろう。おそらくリョウマの隣にいたやつがリョウマを脅している」

Ai「なんでわかるんだ?」

Playmaker「あまり話すなと止められた時、小声だが貴様…と憤りを隠せない声を漏らしていた。普通、臣下に話をせき止められて憤怒するだろうか?」

Ai「言われてみれば…」

Playmaker「つまり、ジャックナイツを欲しているのはリョウマではなく隣のやつ。リョウマに渡したあと隣のやつを倒して奪えばいい。アルセウス教団の者なら容赦する必要もないしな」

Ai「そうだな!じゃあパパッとジャックナイツとってこよーぜ!」

Playmaker「そうだな。相手の国のやつはかわいそうだが…やむを得ない。アルセウス教団を止めるためにはそれしかないからな」

 

本編へ続く