決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第134話

f:id:OVERDRIVE:20180616003130j:plain

ぐっちー「出口はこっちか!」

カイト「上に繋がっているようだな。いくぞ」

ーーーーー

アカデミア地下 モニター室

カイト「ここは…」

ぐっちー「監視カメラの映像が映る部屋のようだな。だが部屋には誰一人いない…」

カイト「見ろ!大勢の人が走って出て行ったような足跡がある。おそらく、監視員たちも侵入者の駆除に向かったのだろう」

ぐっちー「じゃあ、監視カメラの元となる装置をブッ壊そうぜ!」

カイト「どうやらあのパソコンが元のようだ。破壊するぞ!」

???「そうはさせねぇ!」

ぐっちー「この声は!」

f:id:OVERDRIVE:20180616194702j:plain

キノX「俺様だァァァァッ!!!!!」

カイト「…」

ぐっちー「…」

カイト「さて、どうやって破壊するかな」

ぐっちー「拳で」

キノX「ちょっ、ちょっと待てー!俺様は!?」

ぐっちー「そのための右手、あとそのための拳」

カイト「うむ」

ぐっちー「金!暴力!S●X!」

キノX「俺様を無視してんじゃねーぞ!」

カイト「なぁ、そろそろこいつうるさくないか」

ぐっちー「ああ、ぶっ飛ばしてぇな」

カイト「ジャンケンしよう。負けたものがこの雑魚とデュエルしてやる」

ぐっちー「いいだろう」

ぐっちー&カイト「「最初はグーッ!ジャンケンポンッ!」」

結果
ぐっちー:パー
カイト:グー

カイト「負けた…!?」

ぐっちー「言い出した奴が負けてどうするんだ」

カイト「ハァー……少し、思い知らせてやる必要があるな。俺の本気でこの雑魚潰す」

ぐっちー「そうか。頼む(フッ、カイトには悪いが時間を止めて手を変えさせてもらった。ジャンケンの時点でお前に勝ちはなかったのさ)」

カイト&キノX「「デュエル!!!!!」」

カイト「俺の先攻だ!手札から銀河戦士(ギャラクシーソルジャー)の効果発動!手札の銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズフォトンドラゴン)を墓地に送り、特殊召喚!そして効果発動!デッキからギャラクシーと名のついたモンスターを手札に加える!俺は銀河の魔導師(ギャラクシーウィザード)を手札に加え、これを通常召喚!」

キノX「フン」

カイト「銀河の魔導師の効果発動!自身をリリースし、デッキからギャラクシーカードを手札に加える!俺は銀河零式(ギャラクシーゼロ)を手札に加える!そして銀河零式を発動!墓地の銀河眼の光子竜を、効果を無効にし特殊召喚する!さらに魔法カード、ギャラクシー・クィーンズ・ライトを発動!銀河戦士のレベルを銀河眼の光子竜と同じにする」

f:id:OVERDRIVE:20180616201813j:plain

カイト「フォトンドラゴンのレベルは8!よって銀河戦士のレベルは8だ!俺はレベル8の銀河戦士と銀河眼の光子竜でオーバーレイ!エクシーズ召喚!No.62銀河眼の光子竜皇!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616201938j:plain

カイト「カードを2枚セットしてターンエンドだ」

キノX「俺様のターン、ドロー!俺様は融合を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180616202109j:plain

キノX「俺様が融合するのは、手札の通常モンスター、モリンフェンと戦士ダイ・グレファー!融合召喚!始祖竜ワイアーム!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616202542j:plain

キノX「さらに俺様は融合回収を発動。墓地の融合とモリンフェンを手札に加える!そして再び融合発動!モリンフェンとアックスレイダーで融合!融合召喚!始祖竜ワイアーム!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616202542j:plain

カイト「ちょっと待て、ワイアームはフィールドに1体しか存在できないんじゃないのか?」

キノX「んなもん知るか!俺がルールだ!改造済みのデュエルディスクだから不正扱いもされねーし、このまま続けるぜ!」

カイト「どうやら貴様にはスポーツマンシップが欠けているらしいな」

キノX「なんとでもいえ!さらに魔法カード、バニラ・フュージョンを発動!墓地の通常モンスターのみを使用して融合召喚する!モリンフェンとダイグレファーで融合!融合召喚!始祖竜ワイアーム!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616202542j:plain

キノX「見ろ!これが俺様の最強ドラゴンたちだ!永続魔法、フュージョニック・レギオンを発動!融合モンスターの攻撃力はフィールドの融合モンスター1体につき500アップする!よって全てのワイアームの攻撃力は1500アップ!4200だ!バトル!1体目のワイアームでプライムフォトンドラゴンを攻撃!」 

カイト「プライムフォトンドラゴンの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、攻撃力をランク×200アップさせる!返り討ちだ!」

キノX「だがワイアームは通常モンスター以外との戦闘では破壊されない!さらにこのカード以外のモンスター効果も受けない!ワイアームは伝説の竜カード!俺様が負けると俺様が超ダメージを受ける契約だが、負けるはずはないので構わん!」

カイト「だがダメージは受ける!」

キノX「いてぇ!だが続けて2体目のワイアームで攻撃!」(残りライフ2600)

f:id:OVERDRIVE:20180616204315j:plain

キノX「その効果、1ターンに1度じゃないのかよ!」

カイト「ああ。銀河眼の光子竜を素材として持っていないため、与えるダメージは半減するがな」

キノX「くっ!しかしもうオーバーレイユニットはない!3体目のワイアームで攻撃!」(残りライフ1900)

カイト「罠発動!光波防輪!このカードはプライムフォトンのオーバーレイユニットとなる!そして効果発動!」

キノX「くそが!」(残りライフ1200)

カイト「もう攻撃は終わりか?」

キノX「まだだ!墓地のバニラフュージョンの効果発動!相手に1枚ドローさせるかわりに、ワイアーム1体はもう1度攻撃できる!くらえ!」

カイト「光波防輪の対象モンスターは、1度だけ破壊されない!」

キノX「だがダメージは受ける!」

カイト「くっ!」(残りライフ3800)

キノX「ターンエンドだ!」

カイト「俺のターン、ドロー!俺は手札から魔法カードトレード・インを発動!手札のレベル8モンスター銀河暴竜を墓地へ送り、2枚ドローする。そして銀河騎士を召喚!」

キノX「レベル8モンスターをリリースなしで召喚だと!?」

カイト「ああ。ギャラクシーモンスターがいる時リリースは必要ない。今俺のフィールドには銀河眼の光子竜皇(ギャラクシーアイズプライムフォトンドラゴン)がいるからリリースなしで召喚が可能!さらにこの方法で召喚した時、墓地の銀河眼の光子竜を特殊召喚!俺はレベル8の銀河眼の光子竜と銀河騎士でオーバーレイ!エクシーズ召喚!銀河眼の光波竜!」

f:id:OVERDRIVE:20180616205735j:plain

カイト「さらに、俺は手札の光波映写を発動!エクストラデッキのカード1枚を見せ、自分フィールドの光波モンスターを見せたカードと同名モンスターとして扱う!俺が見せるのはこのカードだ!」

f:id:OVERDRIVE:20180616210215j:plain

カイト「サイファードラゴンはネオサイファーとなった。そして罠発動!二重光波!」

キノX「ダブルサイファーだと!?」

カイト「超銀河眼の光波龍扱いの光波竜のオーバーレイユニットを全て使い!エクストラデッキから対象の同名モンスターを特殊召喚する!来い!超銀河眼の光波龍!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616210215j:plain

カイト「さらに、このモンスターを光波竜に重ねてエクシーズ召喚!銀河眼の光波刃竜!」

f:id:OVERDRIVE:20180616205904j:plain

キノX「サイファーブレード、ネオサイファー、プライムフォトン、3体もドラゴンが揃いやがったか!でもなぁ!お前のモンスターはワイアームを戦闘破壊できない!効果で破壊もできない!俺様の勝ちは決まってんだよ!」

カイト「ダメージは受けるだろう?」

キノX「そうだな。でもワイアームの攻撃力4200を越えるモンスターは攻撃力4500のネオサイファーしかいない!どうやってライフポイント1200を削りきるんだぁ~~~!?」

カイト「簡単な話だ。サイファーブレードの効果発動。オーバーレイユニットを1つ使い、フュージョニックレギオンを破壊する!」

キノX「あっ」

カイト「これでワイアームの攻撃力は元に戻り2700となったな」

キノX「!」

カイト「終わりだ。バトル…」

キノX「待て!」

カイト「?」

キノX「お、俺様は、ば、爆薬を持ってる!俺様も、し、死ぬがお前たちも、み、みち、道連れだ!」

カイト「そうか。だがおかしいな。お前震えているぞ」

キノX「ハッ」

カイト「本当は自爆する勇気などないのだろう」

キノX「クッ…じ、実はお前の仲間たち、俺様が監禁したんだ!俺様が負けると、あいつらが爆破されるんだよ!だから、だから攻撃はやめような?」

カイト「見苦しいぞ!デュエリストならば最後まで誇りを持って戦え!」

キノX「俺様は…俺はデュエリストじゃあなーい!」

シャキン!

ドスッ!

ぐっちー「うぐっ!」

キノX「こいつは人質だ!攻撃したらブッ殺すぞ!」

カイト「クズめ…バトルだ」

キノX「ほ、本当に殺すぞ!?」

カイト「無理だ。お前のような雑魚にそいつは殺せない」

キノX「なんだと!?ってあれ?いないッ!?」

ぐっちー「こっちだよ~」

キノX「貴様ァァ!!!!!」

カイト「超銀河眼の光波龍で、始祖竜ワイアームを攻撃!」

キノX「はっ!」

カイト「キノX!」

キノX「な…なんだよ」

f:id:OVERDRIVE:20180616212142j:plain

キノX「ひぃっ!」

カイト「貴様の精神ごと焼いてやる!アルティメットサイファーストリーム!!!!!」

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!

f:id:OVERDRIVE:20180616212259j:plain

キノX「イワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーク!!!!!」(残りライフ0)

カイト「無事やっつけたな」

ぐっちー「こっちも機材の破壊は完了した」

カイト「こいつ、どうする?」

ぐっちー「背中刺されたの痛かったから、ぶん殴る」

キノX「へ?まだやる気なんですかぁ!?」

ぐっちー「ああ、死ね」

ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

ぐっちー「久しぶりの拳ラッシュ!オルァ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616212259j:plain

キノX「ぎぃにゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180616212716j:plain


















キャラクター紹介 133

キノX

f:id:OVERDRIVE:20180616212738j:plain

クソザコにしてクソザコ。キノピオ族の恥。
自信過剰で、一人称は俺様。さらに調子に乗りまくる。ウザさが目立つので、敵からゴミへ成り下がった。
本当はキノックスなのだが、打ち切りになった茶番『マリオ&ルイージRPG2編』にてキノじいの扱いがクソでキノGにされたことから、キノックスも同様にキノXとされた。その前はキノッカスとか言われていた。
服には『I'm GOD(私は神)』と書かれている。頭おかしい
黒咲のカオスな亜度弁茶では、友人の茸山とキーノコ閣下も登場する。

















次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180616213454j:plain

沢渡と権現坂は救出対象であるセレナに出会う。しかしセレナは洗脳されており、デュエルを挑んで来る。漢権現坂が戦おうとするが、沢渡は自信満々でそれを制し、セレナとのデュエルに臨むのであった…

f:id:OVERDRIVE:20180616213723j:plain

次回、哀しき再会

お楽しみはこれからだ!