決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

黒咲のカオスな亜度弁茶 2期 第5話 消せない炎

f:id:OVERDRIVE:20180523200517p:image

f:id:OVERDRIVE:20180523200736j:image

姫咲夜「前回は、ヌイグルミ共和国が襲撃され、マックが戦いに行き、ミジュマルと遭遇して終わったわね。今回はミジュマルとのデュエルよ」

 

 

 

 

 

 

 

ミジュマル「先攻はもらう!」

f:id:OVERDRIVE:20180523201303j:image

ミジュマル「手札から光の護封剣を発動!これにより3ターン、相手モンスターは攻撃できない!」

マック「こちらの手を封じるカードか!」

f:id:OVERDRIVE:20180523204114j:image

ミジュマル「さらにオキシゲドンを通常召喚し、ターンを終了!」

 

マック「俺のターン!」

f:id:OVERDRIVE:20180523204323j:image

マック「よぉし!これなら本気でいける!」

f:id:OVERDRIVE:20180523204453j:image

マック「俺は剛鬼スープレックスを召喚!その効果により、手札からハッグベアを特殊召喚!そして現れよ、チャンピオンへのサーキット!」

f:id:OVERDRIVE:20180523205420j:image

マック「アローヘッド確認!召喚条件は剛鬼2体!俺はスープレックスとハッグベアをリンクマーカーにセット!」

f:id:OVERDRIVE:20180524021815j:image

マック「サーキットコンバイン!リンク召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180525225029j:image

マック「リンク2!剛鬼ジェットオーガ!さらに墓地に送られた剛鬼たちの効果で新たにスープレックスとツープラトンを手札に加える!」

f:id:OVERDRIVE:20180525225159j:image

マック「さらに手札よりヘッドバットの効果を発動!手札のツイストコブラを墓地に送りこのカードを特殊召喚!さらに現れよ!チャンピオンへのサーキット!」

f:id:OVERDRIVE:20180525225310j:image

マック「リンク2のジェットオーガとヘッドバットをセット!サーキットコンバイン!リンク召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180525225510p:image

マック「リンク3、剛鬼サンダー・オーガ!墓地に送られたヘッドバットの効果で、俺は剛鬼死闘を手札に加える!」

f:id:OVERDRIVE:20180525225725p:image

マック「サンダーオーガの効果発動!ターンプレイヤーは、サンダーオーガのリンク先に1度だけ、追加でモンスターの通常召喚を行える!」

f:id:OVERDRIVE:20180525225926j:image

マック「俺はリンク先にスープレックスを召喚!その効果で更にツープラトン特殊召喚!三度現れよ、チャンピオンへのサーキット!」

f:id:OVERDRIVE:20180525230015j:image

マック「リンク3のサンダーオーガとツープラトンをリンクマーカーにセット!サーキットコンバイン!リンク召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180525230136j:image

マック「リンク4!剛鬼ザ・マスター・オーガ!」

ミジュマル「リンク4か…」

マック「そしてリンク素材となったツープラトンの効果でマスターオーガの攻撃力は1000上昇する!」

f:id:OVERDRIVE:20180525230325j:image

マック「さらに剛鬼再戦を発動!墓地のツイストコブラスープレックス特殊召喚する!さらにマスターオーガの効果を発動!リンク先のスープレックスを手札に戻して、光の護封剣の効果を無効にする!」

f:id:OVERDRIVE:20180525230652j:image

マック「さらにフィールド魔法、剛鬼死闘を発動!発動時、死闘カウンターを3つ置く!バトルだ!スープレックスでオキシゲドンを攻撃だ!相討ちだ!」

ミジュマル「くそ!」

マック「そうして攻撃力3800のマスターオーガでミジュマルを攻撃!」

f:id:OVERDRIVE:20180525231251j:image

ミジュマル「くっ!しかしスキル発動!ボンディング-EX!自分フィールドのカードを全て破壊!手札からデューテリオン2枚とオキシゲドンを墓地に送り、デッキからウォーター・ドラゴン-クラスターを2体、召喚条件を無視して特殊召喚する!」

f:id:OVERDRIVE:20180525231841j:image

マック「くっ…ターンエンドだ。」

ミジュマル「ならばウォータードラゴンクラスターの効果発動ミジュ!デッキからウォータードラゴン2体を召喚条件を無視して特殊召喚!そしてこちらのターン、ドロー!」

f:id:OVERDRIVE:20180525233704j:image

ミジュマル「手札から成金ゴブリンを発動!マックを1000回復させ、1枚ドロー!」

f:id:OVERDRIVE:20180525233754j:image

ミジュマル「さらに、マスマティシャンを召喚!デッキからカーボネドンを墓地に送り、カーボネドンの効果発動。墓地から除外し、デッキからレベル7以下の通常モンスターを特殊召喚する!」

f:id:OVERDRIVE:20180525234046j:image

ミジュマル「こい、ガード・オブ・フレムベル!さらに、現れよ!荒れ狂う波の未来回路!リンク召喚!リンク1!」

f:id:OVERDRIVE:20180525234435j:image

ミジュマル「星杯竜イムドゥーク!」

マック「リンクまでやるのか!?」

ミジュマル「バトル!イムドゥークでツイストコブラを攻撃!」

マック「ツイストコブラの効果発動!フェイスターンを手札に加える!」

ミジュマル「ウォータードラゴンでマスターオーガを攻撃!相討ちだ!」

マック「なんだと!?」

f:id:OVERDRIVE:20180525234644j:image

ミジュマル「ふっ、終わりのようだな!マスマティシャンで攻撃!」

マック「うごっ!」

ミジュマル「ウォーター・ドラゴン-クラスターで攻撃!」

マック「ぐはぅ!」

ミジュマル「マックの残りライフは700!終わりだ!ウォータードラゴンで攻撃!所詮、拳はここまで届かない!少しの正義感でできた勇気など、世界を救う大義のもとには及ばない!」

マック「終わらねぇ!俺の拳はどこにでも届く!その為に鍛えたのだからな!」

ミジュマル「なんだって!?」

f:id:OVERDRIVE:20180525235017j:image

マック「そうだ。俺の拳は何かを守るためにある。俺が子供の頃、俺の友人は少し暗いことでいじめられていた。最初は何もできなかった…やつらの暴力の前には俺は手も足も出なかった。だが日に日にやつらへの怒りと友人へのいじめは加速し、ついに俺はやつらに目にものを見せてやることを決意した!己の肉体と精神を鍛え、誰かを守るための拳を作り上げた!後日やつらが俺に向かってきた時、返り討ちにしてやったよ…それが本当に正しいことかはわからない。でも俺にできることはすべてやった…ボクシングを始めたって同じさ。俺の夢のため、母を病気から救うため、俺は戦った!そして今は!傷つく街の人々を守るため戦う!」

ミジュマル「!」

マック「スキル発動!ランク×リンク セカンド!墓地に剛鬼リンクモンスターが存在する場合、手札・デッキ・墓地から同じ名前の剛鬼モンスターを特殊召喚する!来い!3体のスープレックス!」

f:id:OVERDRIVE:20180526000337j:image

マック「そして、この3体を使ってエクシーズ召喚を行う!」

f:id:OVERDRIVE:20180526000552p:image

マック「俺は、レベル4のスープレックス3体でオーバーレイ!!!エクシーズ召喚!悪を穿つ燃え上がる拳!今ここに顕現する!怒涛の一撃をここに見よ!No.105 BK 流星のセスタス!」

f:id:OVERDRIVE:20180526000856j:image

ミジュマル「フッ!鼻で笑うレベルですねぇ!ウォータードラゴンの効果により攻撃力は0になっている!ハハハハハハハハ君の負けだマックゥ!必ずてめーに復讐すると誓っていた!あの時返り討ちにされた時からなあ!」

マック「なに!?まさかお前!」

ミジュマル?「そうだァァァァ!俺はあの時のいじめっ子だよォォォォン!本物のミジュマルはボコボコにしてどっかに捨ててやったよ!さあ終わりだ!散れ!クソチビ野郎ォォォォォォォォ!炎は水にゃ勝てねぇ!消え去るんだよ!」

マック「散るのはお前の方だ!俺の魂の炎は決して消えることはない!そして誰にも消すことはできない!!!セスタスの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、セスタスは戦闘破壊されない!さらに、ダメージは俺ではなくお前が受ける!」

ミジュマル?「HA?」

f:id:OVERDRIVE:20180526001504j:image

マック「必殺!スターダストカウンター!」

ミジュマル「グォバァッ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20180526001557j:image

LITTLE MAC  WIN!

マック「お前ごときが俺に勝てると思うな」

 

f:id:OVERDRIVE:20180526002031j:image

ミジュマル?「ほ、ほぎゃぁぁーッ!」

マック「お前には罪がいくつかある…それを償う気持ちはあるか?」

ミジュマル?「偉そうに…てめーに俺を裁く権利なんてねー!必ず復讐してやっからな!」

マック「そうか…ならば3つ数える」

ミジュマル?「はぁ!?」

マック「そのうちに俺の目の届かないところに消えてくれ…頼む。1…」

ミジュマル?「やだよ!なんでてめーなんかのために消えなきゃいけないんだよ!」

マック「2…」

ミジュマル?「おう数えろ数えろ!俺は自分のやりたいことをやるだけだ!他人を貶めようと!俺の勝手だ!」

マック「3…」

ミジュマル「俺が正義だ!!!!!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180526002543j:image

ドカッ!

ミジュマル?「ファッ!?」

マック「お前なんかパンチアウトどころか、リングアウトさせてやるわ!!!」

 

K.O.!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

艦内

f:id:OVERDRIVE:20180526002846j:image

マック「さて、他のやつらを探さなきゃな!ん?ダンボールがあるぞ?なんだ…」

パカッ

 

f:id:OVERDRIVE:20180526002952j:image

マック「黒咲!?」

黒咲「マック!お前か、侵入者というのは!」

マック「そうだ…街が襲撃されて、戦艦に乗り込んだのだ!」

黒咲「そうか。ならば行くぞ。やつらを倒しにな!」

マック「ああ!」

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!

 

クズをやっつけ、黒咲と合流したマック。黒咲とマックは、戦艦ドレッドノイドの外に出る。しかし、そこで罠にかかり、天空でのデュエルへ追い込まれてしまう。RRと、閃刀姫のガチデュエルが始まる!

 

次回、閃刀空域デュエル

 

ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャラクター紹介 黒咲のカオスな亜度弁茶編

DDD大王

f:id:OVERDRIVE:20180526005858j:image

1期のキャラクター。DDD王国を統治している。悪政でルキナゲーム&ウォッチたちを苦しめた結果、反逆されてしまった。黒咲がきたことで、さらにDDDの調子は狂い、ボコボコにされてしまった。しかし今度はDDDが黒咲に勝負を挑み、やられたらやり返すことを実行しようとしたが、あっさり敗北した。臣下にエスカルゴンがいるが、DDDもエスカルゴンもろくでなしである。

口調および性格は、アニメ星のカービィを少し参考にしている。

 

デッキ-DD

DDと名のつくモンスターを操るデッキ。融合シンクロエクシーズペンデュラムと、多彩な召喚法を使う。しかしDDDはこのデッキをしっかり使いこなせていない。

デッキ-???

ある団体に入り新たに入手したデッキ。登場するのは3期の黒白戦争編になりそう。

 

スキル-トリプルドロー

自分のLPが1000以下の場合に、ドローフェイズ前に発動できる。このターン、ドローフェイズにドローするカードの枚数は、3枚になる。

 

 BGM-王位の復権 D.D.D.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ?

 

なんかすいませんね、カオス要素0で。

ただ茶番には熱いキャラが少ない(てかいないかもしれない)ので、マックくんの回は1回だけやりたかったんです。

ミジュマルの中身がマック幼少期のいじめっ子になったのは、途中からミジュマルの扱いに困り、「こいつどうやってしゃべんの!?」と思ったからです。キャラづけが難しかった。あとは、先週と今週のLostorage conflated WIXOSSにリメンバちゃんが出てたから、「こっちも悪党を成敗する話をやりたいな!」と思いやりました。正直突然の設定すぎて薄っぺらいのはもうしょうがないです。これでも精一杯やったつもりです。許してください!なんでもはしません

次回はもう予告からして天空とかもう頭おかしなってますね。カオスにできるかはわからないけど、黒咲VSセリカ、しっかりやっていきます

 

おわり。