決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです。たまにコメントに星つかないバグありますが許して

茶番ARC-V編 第118話

f:id:OVERDRIVE:20180511231654j:plain

マスワイ「紫咲のフィールドにはモンスターは0!伏せられたカードは4枚!やべーぜ……」

ひびき「僕のターン!終わりにしてやる!僕は魔法カード、終焉の魔術を発動!僕のフィールドの融合モンスターを1体、または2体リリースし、相手フィールドのカードを全て破壊する!僕はライディーンメルカバーをリリースする!」

紫咲「その瞬間、トラップ発d…」

ひびき「無駄だ!2体リリースした場合には、このカードの効果は無効化されず、発動に対して相手はカード効果を発動できない!」

紫咲「なんですって!?」

ひびき「閃光に焼かれて死ね!」

マスワイ「紫咲!」

ドゴォォォォォォォォォォン!!!!!






























紫咲「………」

マスワイ「マジかよ…」

カイト「全滅してしまったぞ……」

妖夢「圧倒的すぎる…」

沢渡「もうダメだぁ…おしまいだぁ…」

黒咲「へたれるな沢渡!と言いたいところだが、この状況もはやどうすることもできまい…」

グラジオ「どうした!?大きな音がしたが」

カイト「紫咲がひびきとデュエルしているのだ。そして…」

マスワイ「紫咲のフィールドが壊滅。手札は0…こんなバカなことがありえるってのかよ…………!!」

グラジオ「そんな…俺が一人始末したからアカデミアは残りひびき一人だというのに……!!」

ひびき「もう君には勝ち目はないが…一応発動しておくよ。終焉の魔術でリリースしたモンスターが全て召喚獣だった場合、1枚ドローする」

紫咲「私も!破壊されたカードの効果を発動!」

全員『!?』

紫咲「破壊されたペンデュラム・ロールバックの効果により、破壊されたペンデュラムスケールを再セッティングする!さらに破壊された知恵の光の効果により!1枚ドローする!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180511233301j:plain

ひびき「何をする気だ!?今更ドローしようと、ペンデュラムスケールが復活しようと、勝ち目はなァァい!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180511233317j:plain

紫咲「本当にそう言えるかしら?私のデッキは必ず応えてくれるはずよ!」

f:id:OVERDRIVE:20180511233411j:plain

黒音「ああ。諦めるな紫咲!誇り高きデュエリストならば、いつ如何なる状況でも自らのデッキを信じてカードをドローする。引き込むんだ!奇跡のカードを!!!」

ざわ…ざわ…

マスワイ「なんだ?光が紫咲のデッキに集まってるぜ?」

カイト「これは……光っているのはアレか!」

マスワイ「なんだ?樹か?」

カイト「ハートランドに突如現れた樹、ワールドツリーだ…あの空の向こうには天空の大陸が広がっているという…しかし何故今それが?」

グラジオ「俺も詳しくは知らないが…あの樹の中には、美に執着し、暴虐の限りを尽くした女王の魂が眠っているという…狂気そのものだったそうだが…不思議と美しく、謎の魅力があったそうだ」

カイト「何故そんなことを知っている?」

グラジオ「母の話を聞いていただけさ」

カイト「そうか……」

グラジオ「何故今その樹が、女王の魂が反応しているのか?それはわからない。だが推測するならば…さしずめ、紫咲の美しく戦うさまに反応したというところか」

マスワイ「これもうわかんねぇな」

カイト「ならば今宿っているのは闇の力か…」

マスワイ「まさか紫咲がその女王の魂とやらにとり憑かれたりしねーよな…」

グラジオ「さぁな」

ひびき「さあ引きなよ紫咲…君の最期のドローだよ…あまり待たせるな、僕は待つことが嫌いだからね」

紫咲「これが私のデステニー・ドロー……!!」

そなた……

紫咲「え?」

黒音「なんだ?」

美しく戦うそなたに……

紫咲「誰?私は今死ぬか死なないかの瀬戸際なの!」

わらわの封じられた力を授けよう……

黒音「何故急に……!?」

もう一度美しく舞いたい…ただそれだけよ……

紫咲「な、なんだかわからないけど、とりあえず、運命のカードを引き込むわよ!ドローッ!!!!!」

シュッ!!!!!

f:id:OVERDRIVE:20180511234549j:plain

黒音「このカードは…!?伝承の女王……ならばさっき話しかけてきたのは、伝承の女王だというのか!?これが私の、紫咲のRUM…」

ひびき「ドローは済んだな!行くぞ!召喚獣エリュシオンで、紫咲にダイレクトアタック!エリミネーションオブレジスタンス!!!!!」

紫咲「彼女の魂は…触れられずとも確かにあった…最期の願い、叶えてあげるわ!速攻魔法発動!RUM-狂花水月!」

f:id:OVERDRIVE:20180511235125j:plain

ゴォォォォォォォォォォォォォォォッ……………!!!!!

ひびき「伏せられていない速攻魔法を手札から相手ターンに発動だと!?」

マスワイ「凄まじい力だ……!!」

黒音「このカードは私たちのペンデュラムゾーンに2枚のカードが存在し、」

紫咲「モンスターゾーンにカードが存在しない場合に、手札から発動することもできる!」

ひびき「なんだとォォ!?」

紫咲「このカードは墓地、または除外されているエクシーズモンスター1体を特殊召喚し、」

黒音「それと、このカードを素材にオーバーレイ!!!」

紫咲「メタルリベンジエクシーズプリンセスよ!さらに美しく生まれ変われ!!!」

黒咲「紫咲もランクアップマジック……!!」



紫咲「逆襲の姫よ、美しき幻想をその身に纏い」

黒音「蒼き炎を放ち荘厳なる鎮魂歌を奏でよ!」

紫咲&黒音「「ランクアップエクシーズチェンジ!!!!!」」

黒音「狂い咲け!復讐の花!」

紫咲「ランク5!鉄の意思掲げし姫!アイアンアベンジ・エクシーズ・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180512000051j:plain

マスワイ「なんて美しいモンスター……!!(まぁ僕のブルーアイズはその100万倍は美しいがな!ワーッハッハッハッハッハッハッ!!!!!)」

妖夢「これが新たなエクシーズプリンセス!」

沢渡「逆転の一撃を決めてやれ!」

ひびき「ほう……ならば永続罠エクストラスプレーの効果を発動!このターン墓地のカードの属性は闇だ!さらにエリュシオンの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180512000436j:plain

ひびき「墓地から闇属性となったライディーンを除外し、そのプリンセスを除外する!」

紫咲「アイアンアベンジは、自身以上の攻撃力を持つモンスター効果を受けない!」

ひびき「なんだと!?ならば攻撃だ!攻撃されても君は敗北するんだ!」

紫咲「墓地のプリンセス・リフレクションの効果発動!墓地のカード3枚とこのカードを除外し、このターンモンスター1体の破壊を無効にし、そのモンスターがプリンセスモンスターならばダメージを0にする!」

ひびき「おのれ…!!だが君のアイアンアベンジがこちらのエリュシオンの攻撃力を上回らなければ、決着をつけることは不可能ッ…!!その攻撃力が上回った瞬間!またはエリュシオンの攻撃力がアイアンアベンジの攻撃力を下回った瞬間!ジャッジメント・オブ・スカーヴァティを叩き込んでくれる!カードを1枚セットし、ターンを終了する!」

紫咲「私のターン、ドロー!!」

ひびき「罠発動!呪われたクリスタルシールド!エリュシオンの攻撃力を1000ダウンし、このターンエリュシオンは破壊されない!そしてエリュシオンの攻撃力がアイアンアベンジの攻撃力を下回ったため、除外効果を受ける!永続罠エクストラスプレーの効果発動!墓地は闇属性と化し、エリュシオンの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180512002358j:plain

ひびき「メルカバーを除外し、アイアンアベンジを除外する!」

黒音「ならば手札から屋敷わらしの効果を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180512002443j:plain

黒音「屋敷わらしの効果により、墓地からカードを除外する効果を含むエリュシオンの効果を無効とする!」

ひびき「ンなにィ!?」

紫咲「さらにアイアンアベンジのオーバーレイユニットを1つ使い、エリュシオンの守備力を0にし、その守備力分アイアンアベンジの攻守をアップさせる!攻撃力7000!」

ひびき「!」

紫咲「バトルだ!アイアンアベンジエクシーズプリンセスで召喚獣エリュシオンを攻撃!終焉のセトルメント・スラッシュ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180512005800j:plain

ひびき「ぬがああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああーーーーッ!!!!!」(残りライフ0)

紫咲「ハァー……ハァー……!」

マスワイ「やっぱりよ…おめーは、やるときはやるやつってことか…!!肝心なところで負けないってのがすげーよ…まるであいつみてーだ…」

グラジオ「クリスタルドームが解除された…」

黒音「紫咲」

紫咲「なに?」

黒音「綺麗ね、月」

紫咲「そうね…いい満月だわ…」

沢渡「お二人さん…月に感動してるとこ悪いんだが…こいつどうするんだ?」

紫咲「え?」

カイト「ひびきだ。気絶しているようだが……」

紫咲「え?うーん……」

f:id:OVERDRIVE:20180512010734j:plain

















キャラクター紹介 117

伝承の女王

f:id:OVERDRIVE:20180512010816j:plain

エクシーズ次元に語り継がれている伝承に登場する女王。美に執着していたらしく、その様子はもはや狂気だったそう。最終的には大樹に寄生し花と化すという、常人なら思いつかない思考も持っている。最期は星の戦士に敗北し散るのだが、その魂の残滓はまだ樹に残っていた。そして、自らの魂が消滅する前に最後の時を美しく生きたいと、紫咲たちに力を貸す。そして、消滅した…?


















次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180512011300j:plain

エクシーズ次元に迫った危機は去った。途中、仲間を犠牲にしてしまったが、ランサーズとレジスタンスはそれを乗り越え前進する義務がある。彼らは、決意を固め、融合次元出発への準備を進めるのであった。

f:id:OVERDRIVE:20180512011507j:plain

次回、平和な街へ

お楽しみはこれからだ!


















見ている皆さんへ。

今後の展開、些細なものですが決めていただこうかなと思いまして、あえて今回ひびきをどうするか決めずに終わりました。
なのでよかったら、コメントでひびきを殺すか生かすか決めてほしいです。
単に自分がひびき生存ルート、ひびき死亡ルート、どっちがみたいかでいいです。
よろしくお願いします。