決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第108話

f:id:OVERDRIVE:20180504203052j:plain

みれぃ「私のターン、ドロー!手札より命削りの宝札を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180504203559j:plain

みれぃ「これが私の未来を繋ぐスリードロー!命削りの宝札の効果により、3枚ドローする!」

シュキィン!

みれぃ「私は魔法カード魂の解放を発動!相手の墓地の召喚獣カリギュラ召喚獣メガラニカ、召喚魔術、召喚魔石ー水、法の聖典を除外!さらに手札の十二獣ヴァイパーをドランシアのオーバーレイユニットにする!そしてドランシアを攻撃表示にし、コキュートスを攻撃!ドランシアの攻撃力はヴァイパーの攻撃力1200アップする!」

ひびき「だが返り討ちだぞ!?」

みれぃ「ヴァイパーを素材としているドランシアが戦闘を行ったダメージ計算後、コキュートスは除外される!」(残りライフ2400)

ひびき「なに!?」

みれぃ「バトルを終了!さらにカードを1枚伏せ…ドランシアの効果発動!ひびきの伏せカードを破壊する!」

ひびき「フッ…見せてやろう!新たなる絶望を!罠発動!魔法名ー『大いなる獣』(ト・メガ・セリオン)!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180504204248j:plain

みれぃ「罠カード…」

紫咲「トメガセリオン?」

ひびき「このカードは除外されている召喚獣を可能な限り守備表示で特殊召喚する魔術…そう、君が除外しなければこんなことにはならなかったのだ!復活せよ!メガラニカ!コキュートス!カリギュラ!」

みれぃ「くっ、ターンエンドよ」

ひびき「僕のターン、ドロー!!!!!」

みれぃ「私はここで罠カードエクシーズ・リボーンを発動!墓地よりドランシアを特殊召喚しエクシーズリボーンをそのオーバーレイユニットとする!そしてドランシアの効果を発動し、メガラニカを破壊する!」

ひびき「まぁいいだろう……僕は法の聖典を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180504204806j:plain

ひびき「カリギュラをリリースして召喚獣ライディーンを呼ぶ!」

f:id:OVERDRIVE:20180504204853j:plain

黒咲「ん?法の聖典を使えばメガラニカの破壊をさせずに召喚獣を呼べたのではないのか?」

グラジオ「いや、カリギュラがいるかぎり互いに1体でしか攻撃できない。どうしてもカリギュラを墓地に送る必要があったのだ」

ひびき「そして僕は召喚魔術を発動する!」

f:id:OVERDRIVE:20180504211057j:plain

ひびき「異界より召喚されし者たちを一つにし!今ここに異形の神を召喚する!そしてここに、幻想の楽園が誕生する!いでよ!召喚獣エリュシオン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180504211415j:plain

ひびき「エリュシオンの効果発動!墓地からメガラニカを除外し、メガラニカと同じ属性を持つ相手モンスターを全て除外する!2体のドランシアは神の威光により消滅する!ジャッジメント・オブ・スカーヴァティ!!!!!」

みれぃ「そんな!?」

ひびき「僕はこのデュエル、エリュシオンを出さなくとも勝てていたよ…天才だからね。でも…世界を支配するからこそ敵は徹底的に潰すのさ!絶対の絶望を植え付けるためにね!バトルだ!召喚獣エリュシオンで南みれぃを攻撃!刃向かう愚民を全て滅ぼせ!エリミネーション・オブ・レジスタンス!!!!!」

みれぃ「くっ………………!!」(残りライフ0)

ひびき「君をカードにしてあげよう。表向きはジャリオスに協力してるからね」

ピカーン!

グラジオ「くっ、貴様!」

ひびき「おっと、デュエルなら受け付けないよ…僕は今面白いゲームを思いついたからね!」

カイト「ゲームだと?」

ひびき「ああ。10VS10のサバイバルさ。」

マスワイ「相変わらずふざけた野郎だ。サバイバルだなんてな。しかし受けてやる…僕はお前を倒すからな」

ひびき「やってみなよ…無理だから」

黒咲「しかし俺たちは11人いるぞ?」

ひびき「ああ。だからその邪魔くさい裏切り者はゲームに入れない。あとで僕が始末するよ。エド・フェニックス」

エド「裏切り者か…最初から君たちに味方していたつもりはないがまあいいだろう。僕が抜ければいいんだな…」

マスワイ「エドを抜いて、僕、紫咲、遊矢、黒咲、沢渡、妖夢、クロウ、グラジオ、カイト、黒ルイージで10人だな」

ひびき「こちらは僕と、オベリスクフォースたちだ。さあ始めようか!」

ピキピキ…!!

マスワイ「その水晶の能力は健在か」

ひびき「ああ。鈍ってて人を水晶化させることはできないが、水晶のドームを造ることなど容易い…!!」

遊矢「そのドームに俺たちを閉じ込めるってわけだね」

ひびき「ああ。エドも入ってこれず君たちは逃げられずというわけだ。そして、」

ビュオオオオオオオオオオオオッ!!!!!

紫咲「風?きゃっ!」

ひびき「突風により君達を分散させる!誰が僕とデュエルするのかな?楽しみだね……」


ビュオオオオオオオオオオオオッ!!!!!

全員「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!」

f:id:OVERDRIVE:20180504213533j:plain










キャラクター紹介 107

紫京院ひびき

f:id:OVERDRIVE:20180504213620j:plain

茶番第1部のラスボスであり、永久不滅の悪。一度ぐっちーに世界征服を阻止されたのにも関わらず、再び計画を練り立ち上がった。紫咲たちはひびきを止めることができるのだろうか……?

















次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180504213926j:plain

水晶のドームに閉じ込められ、どちらかのチームが全滅するまで続くサバイバル・デスマッチを突きつけられたランサーズ&レジスタンス。散り散りになってしまった彼らは各所でデュエルを開始する…!

f:id:OVERDRIVE:20180504214304j:plain

次回、10VS10のデスマッチ

お楽しみはこれからだ!