決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第104話

融合次元アカデミア。次元の侵略を目的とする組織とランサーズの戦いが始まってゆく…!!









f:id:OVERDRIVE:20180425191411j:plain

ルイージ三沢大地…必ず倒すぜ……!!俺のターン、ドロー!モンスターをセットしてターンエンド!」

三沢「俺のターン!俺はボンディングーCO2を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180425191837j:plain

三沢「墓地の炭素(カーボネドン)1と酸素(オキシゲドン)2を除外し、二酸化炭素を生み出し、同時に炎の竜を呼ぶ!いでよ!ファイアー・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180425192141j:plain

三沢「バトルだ!ファイアードラゴンでセットモンスターを攻撃!」

ルイージ「リバースしたのはシャドール・ドラゴン…でもよスキルドレインで効果が使えねぇじゃあねぇかよォォ!!ふざけやがってぇ!!」

f:id:OVERDRIVE:20180425193133j:plain

ルイージ「この借りは必ず返してやるぜッ!三沢ァァァァァァーーーーーッ!!!!!」

三沢「(ルイージはスキルドレインのことが相当頭にきているようだな。勝てる…次の俺のターンに決着を付ける!)リトマスの死の剣士でダイレクトアタック!」

ルイージ「ぬがァァァァァァーーーッ!」(残りライフ200)

三沢「ターンエンドだ!」

ルイージ「俺のターン、ドロー!」

ルイージ「ククク……まさか引けるとは思わなかったなぁ…大嵐発動ォ!!」

f:id:OVERDRIVE:20180425193848j:plain

ルイージ「全ての魔法罠カードを吹き飛ばす!」

三沢「なんだと!?」

紫マリオ「あぁ……スキルドレインが……!!そんな…俺のあげたカードで……!!」

三沢「あげたカード?」

紫マリオ「昔あいつがデュエルで負けてよぉー、永続魔法・永続罠のデッキに負けたんだよ。だから邪魔なもんは吹き飛ばせ!って、大嵐渡したんだよなぁー……」

ルイージ「助wかwっwたwよw兄wさwんw」

三沢「計算が外れたな…」

ルイージ「さて?これでリトマスの攻撃力は0になったというわけだ…終わりにしてやるよ!手札からシャドール・ヘッジホッグ召喚!魂写しの同化発動!属性は水!」

f:id:OVERDRIVE:20180425195303j:plain

ルイージ「さらに融合召喚を行う効果を発動!手札のシャドールビーストとシャドールヘッジホッグを融合!影を操る天使よ!煉獄の悪魔と溶け合い、絶対零度の化け物へと生まれ変われ!融合召喚!いでよ、エルシャドール・アノマリリス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180425201512j:plain

ルイージ「バトルだ!リトマスに攻撃!」

三沢「ならば墓地のボンディングーCO2の効果を発動!自分フィールドのモンスターを全て破壊し、墓地のモンスターを破壊した数特殊召喚する!この効果は相手ターンでも発動できる!」

ルイージ「ああ、発動はできるな。だがアノマリリスいるかぎり、魔法・罠カードの効果で手札・墓地からモンスターを特殊召喚できねぇんだよ!破壊してしまったからお前を護るモンスターはいない!アノマリリスでダイレクトアタックだァァーーーーーッ!!!!!」

三沢「バカなァァァァァァーーーーーッ!!!!!」

紫マリオ「あんなカード知らねぇぞ…」

ルイージ「そりゃそーだろ。だってボク、普段はネフィリム、エグリスタ、ミドラーシュしか使ってないもん!さて、三沢はカードになってもらうよ!」

三沢「くっ…ここでカードになってたまるか!」

カチッ!

紫マリオ「次元転移装置ッ!まさか!」

三沢「俺たちはどこかに飛ばされるだろう…スタンダードかシンクロかエクシーズかはわからない。それに融合次元のどこかかもしれない…二人で同じ場所かもわからんしな。だが俺たちは必ず新生アカデミアを壊滅させる!また会おう!青ルイージ!」

ピカーン!!

ルイージ「逃げたか…まぁいい、いずれまたくるだろうしな」

























融合次元ー港町

f:id:OVERDRIVE:20180425202233j:plain

権現坂「マスワイたちはどこに行ってしまったのだ…」

f:id:OVERDRIVE:20180425204704j:plain

ほむら「別の次元かもしれないわね」

f:id:OVERDRIVE:20180425204719j:plain

黄緑ルイージ「ところでここはどこなんだろう?」

バシューン!

f:id:OVERDRIVE:20180425204754j:plain

三人『!?』

三沢「まさか次元を移動しなかったとはな。まぁそれはそれで良しとしよう!マリオとは離れてしまっ……!?君たちは!?というか……ルイージ!?」

黄緑ルイージ「えっ、ボク!?」

三沢「追ってきたのか!?いや、違うな服が違う」

権現坂「さっきから一体何を一人で話しているのだ?落ち着いて説明してくれんか?」

三沢「ああ、そうだな…アカデミアのルイージに襲われたんだ。それで次元転移装置を起動して逃げたところ、なぜか融合次元にいるままなのだ」

黄緑ルイージ「えっ?融合次元!?まさか敵の本拠地に来ちゃったのォォォ!?」

f:id:OVERDRIVE:20180425205147j:plain











キャラクター紹介 103

エルシャドール・ネフィリム、シェキナーガ、アノマリリス

f:id:OVERDRIVE:20180425205223j:plain
f:id:OVERDRIVE:20180425205234j:plain
f:id:OVERDRIVE:20180425201512j:plain

ルイージの操るシャドール融合モンスター。ネフィリムが素体で、シェキナーガ、アノマリリスは派生。ネフィリムが多いが、青ルイージ曰く、「愛用カード及び俺のエースはミドラーシュ」だそうです。ネフィリム、残念!







次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180425205620j:plain

三沢は融合次元に留まったが、紫マリオは別次元に飛ばされてしまった。そしてその飛ばされた先はシンクロ次元!シンクロ次元では、紫咲や遊矢が戦ったジャックと仗助と鳴海が対融合次元の部隊を結成していた。しかしそこに、ランサーズを裏切ったあの男が現れる!

f:id:OVERDRIVE:20180425205936j:plain

次回、S(シンクロ)次元、再び

お楽しみはこれからだ!