決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第102話

f:id:OVERDRIVE:20180422192549j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180422192612j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180422192626j:plain

紫マリオ「三沢さんのエースモンスター…!!」

三沢「俺はターンエンドだ!」

紫マリオ「俺のターン、ドロー!俺はE・HEROバブルマンを召喚!さらに速攻魔法マスク・チェンジを発動するぜ!」

f:id:OVERDRIVE:20180422192841j:plain

紫マリオ「バブルマンをマスクチェンジ!来い!M・HEROアシッド!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180422192939j:plain

紫マリオ「さらに魔法カードマスク・チャージを発動!墓地のソリッドマンとマスクチェンジを手札に加える!そしてマスクチェンジを発動!次はエアーマンをマスクチェンジ!M・HEROカミカゼ!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180422193437j:plain

紫マリオ「さらに俺は魔法カード、ヒーローズ・ダイスを発動!サイコロを1度振り、出た目と同じレベルのHEROをデッキから呼ぶぜ!」

カランカラン……!!

紫マリオ「出た目は……4ッ!!デッキからレベル4のHEROモンスター、E・HEROフラッシュを特殊召喚!そして通常魔法、呪われた仮面(カースド・マスク)を発動!フラッシュをマスクチェンジ!M・HERO光牙!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180422195751j:plain

紫マリオ「呪われた仮面により特殊召喚されたモンスターは効果を発動できないが、1の効果は発動する効果じゃないので適用されるぜ!さらにフラッシュが墓地に送られたことによりヒーローズ・ダイスのさらなる効果を発動!ヒーローズダイスで特殊召喚したモンスターがフィールドから離れた時、自分フィールドのモンスターの数が特殊召喚したモンスターのレベルと同じ数の場合1枚ドローする!フラッシュのレベルは4!」

f:id:OVERDRIVE:20180422202231j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180422192939j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180422193437j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180422195751j:plain

紫マリオ「俺のフィールドのモンスターも4体!1枚ドロー!バトルだ!攻撃力3000となった光牙でウォータードラゴンを攻撃!レイザー・ファング!!」

三沢「ぐぅっ!」(残りライフ1600)

紫マリオ「ネクスト!カミカゼで攻撃!グレーテストトルネード!!」

三沢「マジックドローンはライフを1500払い、儀式・融合・シンクロ・エクシーズの内、1種類を宣言!俺は融合を宣言!このターン、宣言した種類のモンスターには破壊されない!」(残りライフ100)

紫マリオ「くそっ…カードを1枚伏せてターンエンド!」

三沢「エンドフェイズに、マジックドローンの効果を発動。1枚ドロー、さらに俺のターン、ドロー!魔法カード、二重星を発動!手札のレベル10モンスターを墓地に送り2枚ドローする!」

紫マリオ「なんのつもりだ!?」

三沢「さらに手札からマスマティシャンを召喚!デッキからオキシゲドンを墓地へ送る!さらに手札からデューテリオンの効果を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180422204153j:plain

三沢「デッキからボンディング魔法・罠カードを手札に加える!俺はボンディングーDHOを手札に加えこれを伏せる!ターンエンドだ!」

紫マリオ「罠発動!強制脱出装置!マスマティシャンを手札に戻す!マスマティシャンには戦闘破壊されると1枚ドローする効果が付いていたからな!」

三沢「なるほど、知ってたか!」

紫マリオ「俺のターン、ドロー!ん?このカードは…!俺は手札より、速攻魔法フォール・サイクロンを発動!カミカゼのレベルを4つ下げ、相手フィールドの魔法罠を2枚まで破壊する!」

三沢「ならばボンディングーDHOを発動させてもらうよ!」

f:id:OVERDRIVE:20180422205757j:plain

三沢「墓地から重水素(デューテリオン)、酸素(オキシゲドン)、水素(ハイドロゲドン)をデッキに戻し、水を再び生成する!いでよ!ウォーター・ドラゴンークラスター!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180422210214j:plain

三沢「ウォータードラゴンクラスターの効果発動!君のモンスターの攻撃力をターンの終わりまで0にし、効果を無効にする!これでマスクドヒーローではウォータードラゴンクラスターを倒すことはできない!」

紫マリオ「ああ、そうだな。だが俺にはまだ、希望のカードが残されている!俺はE・HEROソリッドマンを召喚!」

三沢「なんのつもりだ?」

紫マリオ「気づいたらよー…デッキに入っていたんだ…!返したはずのあのカードが…だがよ、なんの手違いか俺の手元に来た。俺はこのカードを信じる!決して消えることのない希望の光を!!!俺はレベル4のソリッドマンとレベル4となったカミカゼでオーバーレイ!!!」

三沢「なんだ…この光は……!?」

紫マリオ「現れろ!No.39!我が戦いはここより始まった…白き翼に望みを託せ!光の使者ここに降臨!希望皇ホープ!」

f:id:OVERDRIVE:20180422212319j:plain

紫マリオ「さらに!俺はRUMーシャイニング・フォースを発動!ホープをSNo.に進化させる!一粒の希望よ!今電光石火の光となって闇から飛び立て!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!現れろ、SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング!!!」

三沢「だが攻撃力は2500、まだウォータードラゴンクラスターの方が上だ!」

紫マリオ「シャイニングフォースはエクシーズ召喚したモンスターのオーバーレイユニットとなり、オーバーレイユニットとなっているシャイニングフォースはエクシーズモンスターに新たな効果を与える!その効果はッ!オーバーレイユニットを2つ使い、このターンのモンスター効果の使用を封じる効果!勿論発動するぜ!」

三沢「ならばウォータードラゴンクラスターの効果を発…」

紫マリオ「残念だがこの効果に対してカードの効果は発動できない!バトルだ!SNo.39希望皇ホープザライトニングでウォータードラゴンクラスターを攻撃!」

三沢「君は300ダメージを受けるぞ!?」

紫マリオ「なわけあるか!SNo.39希望皇ホープザライトニングの効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180422212913j:plain

紫マリオ「オーバーレイユニットを2つ使い、攻撃力を5000にする!くらえ!ホープ剣ライトニング・スラッシューーーーーッ!!!!!」

三沢「バカなァァァァァァァァーーーーッ!」(残りライフ0)

紫マリオ「これが俺に残された希望の力さ!」

???「くだらんねぇー!兄さん!」

紫マリオ「!?」

f:id:OVERDRIVE:20180422213151j:plain

ルイージ「兄さんが希望のエクシーズを使うなら僕は絶望の融合を見せつけてあげるよ!」

紫マリオ「ルイージ!そうだ彼女だけじゃあねぇ!おめーもだ!おめーもアカデミアになんか味方してねーで脱出しようぜ!」

ルイージ「断るねぇ!プロフェッサーは僕を認めてくれたんだ!兄さんは昔から僕になんか興味なかったじゃあないか」

紫マリオ「そんなことねぇ!」

三沢「マリオ、お前は先に行け!」

紫マリオ「三沢さん!俺はこいつも説得しないと…!」

三沢「ならば見ていろ!おとなしくさせる…デュエルでな」

ルイージ「おいおい、ラーイエローごときがオベリスクブルーの僕に刃向かうのかよぉー!?」

三沢「侮るな。驕りは負けに繋がるぞ?」

f:id:OVERDRIVE:20180422213808j:plain

ルイージ「ほざけカス野郎!少し頭がいいくらいで調子にのんなよ!!!!!始めようじゃあねぇか!ひねりつぶしてやんよ!」

f:id:OVERDRIVE:20180422213832j:plain







キャラクター紹介 101

No.39 希望皇ホープ

f:id:OVERDRIVE:20180422213912j:plain

茶番ZEXAL編において、紫マリオ/九十九遊馬が使用したカード。マリオは遊馬からこのカードを受け取り、様々な困難を乗り越えてきた。最後の遊馬とのデュエルで遊馬に返したのだが、遊馬のいるエクシーズ次元がアカデミアに襲撃され、No.が再び世界中に解き放たれたことにより、紫マリオの手に渡る。攻撃を止める効果を持っており、さらに多様な進化形態を持つエクシーズモンスター。










次回予告!

f:id:OVERDRIVE:20180422213151j:plain

三沢の挑発にのった青ルイージは、三沢にデュエルを挑む。しかし青ルイージは、三沢の計算高い戦術に翻弄され、徐々に狂ってゆく。そんな中、三沢は畳みかけるように、儀式の力を解き放つ!

f:id:OVERDRIVE:20180422215035j:plain

次回 理数決闘者 三沢大地


お楽しみはこれからだ!