決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第98話

f:id:OVERDRIVE:20180413021432j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180413021445j:plain

バーン!

ミザエル「ネオ・ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンの効果発動!タイム・タイラント!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180413184509j:plain

ミザエル「オーバーレイユニットを1つ使い、ネオタキオン以外のフィールドのカード効果を無効にし、相手はこのターンフィールドのカード効果を使えない!バトル!ネオタキオンでダイレクトアタック!アルティメット・タキオン・スパイラル!!!!!」

緑「フィールドが使えないなら手札から発動!手札の暗黒花ミニローズは相手の直接攻撃宣言時に手札から特殊召喚される!」

ミザエル「ならばミニローズを戦闘破壊!」

緑「この瞬間!ミニローズの効果発動!破壊された場合に300ダメージを与える!」

ミザエル「くっ、ターンエンドだ…」(残りライフ2600)

緑「私のターン!ドロー!」

ミザエル「(私の場にはネオタキオンがいる!それに破壊されようと時空混沌渦の効果で蘇生可能!勝ったな)」

緑「墓地からユニバーサルフュージョンを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180413190129j:plain

緑「除外されているデスポイズンとブラッディローズをデッキに戻し、融合召喚する! 死毒の姫よ!美しくも危険な花の香りと溶け合い、闇の深淵へと敵を誘え!!!融合召喚ッ!!!!!いでよ、妖艶なる悪の華!レベル10!アビスヴェノミー・フュージョン・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180413190742j:plain

緑「融合召喚成功時効果発動!ネオタキオンの効果を無効にする!バトル!アビスヴェノミーでネオタキオンを攻撃!」

ミザエル「自滅だと!?」

緑「でもアビスヴェノミーが破壊されたためあなたのネオタキオンを破壊!その攻撃力の半分のダメージを与える!」

ミザエル「なんだと!?」

緑「永続罠、暗黒鉢植え発動!ダメージを+500する!」

ミザエル「なにィィィィィィィィィィィィィィ!?」(残りライフ0)

緑「フフフ、カードにしてあげる」

ミザエル「すまない…カイト……」

f:id:OVERDRIVE:20180413192018j:plain

緑「デッキはもらってこっかな……ってあれ?デッキ無くなっちゃった?ま、いいか。他のレジスタンス探そ…」

プルルルルルルルルルルル……(着信音)

緑「はいしもしもー」

プロフェッサー「一度戻ってこい、ハートランドは奴に任せた」

緑「はいよー、あいつ嫌いなんだよね……」









ハートランド海岸付近の研究所

f:id:OVERDRIVE:20180413192414j:plain

ユーゴ「あれ?お前いつの間に帰ってきたんだ?」

f:id:OVERDRIVE:20180413192455j:plain

ぐっちー「今だ。(危なかった…気づいたから良かったがミザエルの魂のカードをあんなやつに渡すわけにはいかねーからな…時を止めてデッキ回収したよ…にしても、あいつ黒音に似てんな……)」

ユーゴ「おい、ぐっちー、まだ次元ゲートの修理はできねーのか?」

ぐっちー「これからやるよ。リンを助けに行きたいのはわかるが待つことを覚えな」

ユーゴ「待つの嫌いだよー」



ハートランド アカデミア隊キャンプ

f:id:OVERDRIVE:20180413192850j:plain

ひびき「一体いつまで待たせる気だ?僕は待つことに慣れていないというのに」

アカデミア兵「ひびき様!プロフェッサーより殲滅許可が出ました!」

ひびき「なにっ!?ふっ、ついに僕が動けるというわけか。さあ行くぞ!レジスタンスを滅ぼす!(プロフェッサー、いやジャリオス、今は従っておいてやる。だがいつか必ず世界の頂点には僕が君臨することを思い知らせてやる)」

アカデミア兵「レジスタンスの本拠地は向こうです!」

ひびき「わかった。おい、ジャリオス、聞こえてるか?」

ジャリオス「プロフェッサーと呼べよォォ!まぁいい、レジスタンス及びランサーズを滅ぼすのが今回の任務だよ」

ひびき「ランサーズ?」

ジャリオス「お前も覚えてるだろう?マスワイ・ビーチくらい」

ひびき「マスワイ…それがどうかしたのか」

ジャリオス「奴が対アカデミア組織を結成して向かってきている」

ひびき「そうか。だが僕はマスワイを負かした。やられはしないさ」

ジャリオス「ランサーズにはスパイとしてジャッカルも送っていたのだがジャッカルも黒咲という男にやられてしまった。ランサーズに逃げたセレナは緑がなんとかしてくれたが…それと、ジャッカルの情報なのだが…咲夜の娘がランサーズにいるらしい」

ひびき「…なんだと?」

ジャリオス「咲夜の娘ということはぐっちーの娘だ。気をつけろよ」

ひびき「ああ。わかっている。この僕が負けることなどない…ありえないッ!」






ハートランド レジスタンス本拠地

カイト&エド「「デュエル!!!!!」」

マスワイ「始めちゃったよ…」

f:id:OVERDRIVE:20180413193802j:plain






キャラクター紹介 97

銀河眼の光波竜&超銀河眼の光波龍

f:id:OVERDRIVE:20180413193843j:plain
f:id:OVERDRIVE:20180413193908j:plain

カイトの魂のカード1。ZEXAL時代は光子を使っていたが、ARC-Vでは光波を使う。どちらも強力な効果を持っている。勿論今後のデュエルでは銀河眼の光子竜シリーズも使用していくぞ。