決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです。たまにコメントに星つかないバグありますが許して

茶番ARC-V編 第97話

f:id:OVERDRIVE:20180405214306j:plain

ミザエル「アカデミアは生かしておかん!デュエルするぞ」

緑「いいわよ」

ミザエル&緑「「デュエル!!!!!」」

ミザエル「私の先攻だ!私はスケール3の時空射手とスケール9の時空僧侶でペンデュラムスケールをセッティング!ペンデュラム召喚!時空武士と時空剣士と時空導師!そして時空導師と時空剣士でオーバーレイ!!!エクシーズ召喚!ランク8!複製眼の銀河時空竜!」

緑「クローンアイズ・タキオン・ドラゴン?」

ミザエル「クローンアイズは効果によりカード名をNo.107銀河眼の時空竜として扱える。さらに、エクシーズ召喚に使用された2体の時空モンスターの効果で、時空混沌渦を手札に加え、時空軍師を手札に加える。さらに武士の効果で軍師を手札から特殊召喚!レベル8の時空軍師と時空武士でオーバーレイ!!!エクシーズ召喚!ランク8、時空狂戦士!!!」

緑「クローンアイズタキオンドラゴンにタキオンバーサーカー……」

ミザエル「軍師と武士の効果発動!1枚ドローし、狂戦士の攻撃力を1000アップさせる!さらにカードを2枚伏せてターンエンドだ!!!」

緑「ドロー。ふーん……パワーで押すだけのデッキ…弱そう」

ミザエル「なんだと!?」

緑「とりあえず、ユニバーサルフュージョンを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180407111525j:plain

緑「手札の暗黒花クロユリと暗黒花ダークブランを融合!融合召喚!暗黒花ブラッディローズ!!さらにもう1枚のユニバーサルフュージョンを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180407111525j:plain

緑「墓地のクロユリとダークブランを除外して融合召喚!闇夜に舞うプリンセス!死へと誘う毒の力で抗う敵を抹殺せよ!融合召喚!デス・ポイズン・フュージョン・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180407113709j:plain

緑「デスポイズンの効果発動!複製眼の効果を無効にし、攻撃も不可能とする!」

ミザエル「なにっ…!?」

緑「そして私はブラッディローズの効果も発動。墓地から融合またはフュージョンと名のついたカードを除外し、時空狂戦士を破壊する!そして、この効果で破壊したモンスターがエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターだった場合、バトルフェイズに破壊したモンスターを自分フィールドに特殊召喚できる!バトル!ここで時空狂戦士を特殊召喚するわ!」

ミザエル「ならば時空陽炎翼発動!このカードは相手フィールドにエクシーズモンスターが特殊召喚された場合に銀河眼と名のついたモンスターに装備可能!」

f:id:OVERDRIVE:20180410072026j:plain

緑「無理よ!効果が無効になってて銀河眼じゃないもの!そのモンスター!!!」

ミザエル「あっ!」

緑「さて、時空狂戦士で複製眼の銀河時空竜を攻撃!」

ミザエル「ぐわっ!罠発動!時空混沌渦!」(残りライフ3500)

f:id:OVERDRIVE:20180410072554j:plain

ミザエル「相手フィールドの全ての表側カードを除外する!」

緑「そんなのあり!?ちっ、カードを1枚伏せてターンエンドよ……でもこの瞬間暗黒花たちの効果で600ダメージよ!」

ミザエル「私のターン!ドロー!!!!!」(残りライフ2900)



f:id:OVERDRIVE:20180410072823j:plain

ドォーン!!!

ミザエル「私が引いたカードは、RUM-七皇の剣だ!このカードの効果によりエクストラデッキからNo.107銀河眼の時空竜を特殊召喚、それを素材にオーバーレイ!!!いでよ、究極の龍!CNo.107 超銀河眼の時空龍!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180410073004j:plain



f:id:OVERDRIVE:20180410073018j:plain


キャラクター紹介 96

No.107 銀河眼の時空竜&CNo.107 超銀河眼の時空龍

f:id:OVERDRIVE:20180410073049j:plain
f:id:OVERDRIVE:20180410073004j:plain

ミザエルの相棒ドラゴン。どちらもカード効果を無効にする効果を持つ。そして高い攻撃力を持つ。カイトの銀河眼の光子竜と銀河眼の光波竜と対となる存在である。
ちなみにこのカードは元々異世界に住むドラゴンをカードに封じ込めたカード。
No.についてはまた今度紹介する。