決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

ノムリッシュARC-V その3

f:id:OVERDRIVE:20180320225044j:image

 

今回のノムリッシュARC-V編は、第22話 革命の隼。

敗吐の時とは違ってカッコいい黒咲が、故郷を襲った敵である紫雲院素良を倒す回です。

 

原文

 

黒咲「!」

素良「逃げたね……逃げたって無駄だよ!ホイールソウライオの効果発動!ライズファルコンを破壊するよ!」

黒咲「トラップ発動!RR-ライズバリア!モンスター3体をエクシーズ素材とするRRモンスターが破壊されるとき、このターンの破壊を無効にし、攻撃力を1000アップさせる!さらに俺はこのターン戦闘ダメージを受けない!」

素良「くそー!こんどは絶対やっつけてやるからな!僕はターンエンド!」

紫咲「素良……さっきまで余裕だったのに」

マスワイ社社員 チュリア「さっきのRR-リターンやライズバリアといい、かなりプレイングスキルは高いね」

マスワイ「あの技術は実践で身につけたに違いない。レジスタンスとしての戦いの中で……」

 

(中略)

 

マスワイ「やられたら、やり返す。か……」

遊矢「これじゃあまるで、黒咲の言った通り戦場じゃないか……」

黒咲「俺はカードを1枚伏せ、ターンエンド!……薄ら笑いはどうした?少しは狩られる者の気持ちがわかったか?」

素良「……」

黒咲「貴様たちはいつも笑いながら…俺の仲間たちを襲い続けた!だがもはや!俺たちは無抵抗に打ち倒される獲物ではない!」

紫咲「素良たちが襲った?どういうこと?」

素良「はぁ?余裕がない?冗談いうなよ……こんなゲーム、僕にはキャンディー舐めながらだってできる!………………遊びさ…本気でやるわけないじゃんw僕の仲間だってそう。みんな遊びで君たちを狩ってるんだ!だって君たちは!ぼくらにとって、ハンティングゲームの獲物なんだから!!!!!」

遊矢「獲物?ゲーム?まさか、素良が」

紫咲「黒咲の故郷を襲った……?」

素良「僕のタァァン!僕は魔法カード、魔玩具融合(デストーイ・フュージョン)を発動!墓地にある、チェーンシープ、シザーベアー、ホイールソウライオを除外し、その3体を素材とするデストーイモンスターを融合召喚する!悪魔宿りし非情の玩具よ、刃向かう愚民を根こそぎ滅ぼせ!!!融合召喚!!!!!現れいでよ!全ての玩具の結合魔獣!デストーイ・マッド・キマイラ!バトルだ!マッドキマイラで、ブレイズファルコンを攻撃ィ!」

黒咲「うっ……」(残りライフ1200)

素良「マッドキマイラの効果発動。破壊したモンスターを僕のフィールドに特殊召喚する!さらに、マッドキマイラの攻撃力は僕が奪ったモンスター×300アップする!……これで君のモンスターも僕のモノになっちゃった……わかっただろ?君に僕は狩れない。狩られるの常に君たちだ!これからもずっとね!」

紫咲「そんな……素良……」

素良「せめて最期は、自分のモンスターの手にかかって終わらせてあげるよ…ブレイズファルコンのダイレクトアタックで1000ポイントのダメージを与えれば君は瀕死!逆転も不可能だよ!」

黒咲「笑止……」

素良「なにっ!」

黒咲「俺たちレジスタンスは……常に最悪の事態を想定しながら戦ってきた……共に戦ってきた仲間を敵に連れ去られることも考えながら!!」

柚子「(瑠璃さんのことね!)」

黒咲「だが…たとえ奪われたとしても…俺たちは決して見捨てない!!!仲間は…必ず奪い返す!!!!!」

ユート「隼…!」

紫咲「な、なんだあの眼は!」

黒咲「速攻魔法!RUM(ランクアップマジック)ーレヴォリューション・フォース!!相手の場のオーバーレイユニットのないエクシーズモンスターのコントロールを奪い!ランクの1つ高いレイドラプターズにランクアップさせる!!!」

素良「なに!?」

黒咲「誇り高き隼よ、英雄の血潮に染まる翼翻し、革命の道を突き進め!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!!!現れろ!ランク6!RR-レヴォリューション・ファルコン!!!!!」

素良「……クッ!なんだよ…革命とかなんとかハッタリかまして出てきた割に、攻撃力2000?それじゃあ攻撃力2800のデストーイマッドキマイラは倒せないよォ!」

黒咲「果たしてそうかな?永続罠発動!レイドバトル!デストーイマッドキマイラとレヴォリューションファルコンをバトルさせる!」

素良「自滅を選ぶのかい!?所詮は負け犬のエクシーズ使いってことだね!」

黒咲「レヴォリューションファルコンの効果発動!このカードが特殊召喚された相手モンスターとバトルするとき!その攻守を0にする!」

素良「ぐぅぅ…うわァァァァァァッ!!!!」(残りライフ0)

 

 

ノムリッシュ翻訳

黒咲「!」

オプティマス「クリスタルの導きに背いたね……剣を捨てたって灰だよ―――ッ!!ホイールソウライオのインパクト発動!ライズファルコンを破壊しようではないかよッ――…ダメだ…俺の感情は甦らない…。」

破壊と創造を司る黒咲「弱体魔法発動…つけあがるなよ小僧ッ!!RR-ラーイン・ズリフレクッ…一体どこまで腐ってやがる……!!モンスター3体をエクシーズアイテムとさせて貰うぞRRモンストロスがバルスされるとき、この痛み、アンナの痛み…封印されし自らの跳躍の舞台のパージをヴォイドにし、攻撃力を1000アップさ使む――つけあがるなよ小僧!追い討ちをかけるようにかつてはラヴォスと呼ばれ、星々を蹂躙してきた俺は帝国によって封印されたはずのターンアクティブタイムバトルダメージを受けない!」

素良「くそー――――!こんどは運命(さだめ)手心を加えてやるからな!僕は封印されし自らの跳躍の舞台終焉せし!」

紫咲「素オプティマス………これ以上は……俺に言わせるな……かつてまで余裕――はじめはイヤなヤツだったのに」

マスティアスワイ社社員 チュリア「さっきのRR-リターンやライズバリアといい、かなり・F・ユーゴー伯爵プレイング神に与えられた特殊能力は高いね」

マス我輩「あの技術と“炎熱劫火の魔弾”は魔大戦で魂の器につけたに違いない。レジスタンスカタストロフとしてのジ・ハードの奥底で…それが最期の言葉だった。…」

 

(中略)

 

マスティアスイグレク「やられりゃあ、不倶戴天する。か…人は反省できる生き物だ、そして 時が過ぎれば過ちを忘れ過ちを繰り返す…」

エヴィルナイト矢(タローラン研究員の友人)「これ…ここまでのようだな……じゃああたかも、黒咲の言った通りゼノサイドフィールドじゃーーじゃねえ、か───…」

ク・ロサキ「濡れ衣を着せられ天界から追放された俺は魔導チップを1騎伏せ、ターン(通称:「神殺し」)終焉せし!沈黙が答えになるとでも言うのか……ぐッ!思い、出せない…!薄ら笑いはフン、随分と態度が悪いな…貴様した…だったな。だが、本当にそれでいいのか?冥府の神が、その手に掛けた者を思い流す涙程度は狩られる者のオーラが知覚したか…という“シナリオ”だったな……?」

素リスョウ「――…」

ユニコーンを使役する黒咲「所詮Cランク程度の力しか持たん貴様たちはいつの世も笑い、新調した鎧を着ながら …貴様の故郷は私が滅ぼした。俺のナ=クァマたち四天王を襲い続けた……!されどもう分かったであろう…!俺の一味は無抵抗に打ち倒される所と為る───そして此の世界に終焉が訪れる───獲物では…対抗策は……ない……。ついに人類は滅ぶのか……!…所詮は人間か……!」

かつて神と呼ばれたシヴァサ・キの手の者「素良たちが襲った――このレビューは参考になりましたか?どう云う預言書に記された事実…ふざけているのか…?」

素良「フゥゥゥゥゥ……? (最終確認です!)余裕…オレをそう呼ぶ奴もいる……がない?戯れいうなよ……これ程までのゲーム、朕我《ワタシ》にはキャンディー舐めながらだって終止符が打てる!…………………———だが、災厄は終わってはいなかったのだ。…それから……戯れさ…まだ罵詈雑言をほざくか。何故そんなことしかできないのだ?本気でやるわけない、それがこの世界の理(そして狂ったように笑った)僕の仲間だってそういうことさ…ヘヘッ……。我らが親衛隊カイザレオンで貴方だけを…たちを狩っ……チョコボといっしょにあてのない旅をしてるんだ!だって君たち帝国騎士は!ぼくらにとって、ハンティング星の命運をかけた戦いの獲物なんだから――無限とも思えるループの中、私は一つの可能性に思い至った。カメェェェェェェ!!!…そうかっ……そうだったのかっ……!!―!」

遊ロードオブアルテミス「エサとなる生物…俺を疑っているのか?ゲーム……? 世迷い言を……まさか、素オプティマスが」

紫咲「黒咲の故郷を襲った…(これ以上の問答は無用、か)…か。そう思うのも無理はない……」

素非の打ち所がない「我のタァァン――!僕はぶるっぴカード、狭間の魔玩具融合(デストーイ・フュージョン)を“解放”…つけあがるなよ小僧ッ!!グレイヴ・ヤードに…ここに女装に必要ななにかがある、チェーンシープ、シザーヴェアー、ホイールソウライオをパージし、その3体を素材とさせてもらうとしよう絶対消滅トーイ精霊獣を融合召喚<クリエイト>する…所詮は人間か……!悪魔宿りし非情のアモルファスよ、弓引く愚民を根こそぎ滅ぼせ…お前はかつてそう言った!!!融合(青魔法)召喚(喚くな、下衆共が‼︎)!どうだすごいだろう!…クク……フハハ……!!現れいでよ!総(スベ)てのアモルファスの融合魔獣!絶対消滅トーイ・マッド・キマイラ!バトルだ!マッドキマイラで、ブレ=インズギャ=ランを偽る傀儡の魔導機を解放作戦AF-45を遂行ィ……子供でも知っているおとぎ話だ!」

クロスサ・キの失敗作「うっ……」(残りライフ1200…噂には聞いていたが、これ程とはな……)

素良「マッドキメィイン・ラーオブ・カタストロフィーの効果“解放”。破壊した悪しき魔のビジョンをもう一人の僕のフィールドにパルティクラーリス召喚――聖石を用いて幻獣を呼ぶ”神の御業”――する!奴の愚行はそれだけに治まらず、マッド音よりも速く動くキマイラを受け継ぎしもののコウゲ・キリスョクは手前が奪ったモンスターグランドクルス300アップする。ヤツにとってこれ以上の屈辱はあるまい!……悪人がいれば人は彼らを罰する。だがそれを行う者もまた悪なのだ。これで貴輩《アナタ》の悪しき魔のビジョンも僕のモノに ・・・それが、アイツの最後の言葉になっちゃった…悪人がいれば人は彼らを罰する。だがそれを行う者もまた悪なのだ。…わかっただろ?そなたにこの僕はディアーナれない。狩ら被るの常に本気を出した君を筆頭とする竜殺し集団だ!昔冒険者だったこれゆえにもずっとね――つけあがるなよ小僧!」

黄金の騎士を暗殺したシヴァ=サキ「愚かにも鮮やかな……素良…仲間がいれば怖く無い?そんな事はただの小心者が言う言葉だ…!…」

素良「せめて最期は、自分のモンスターの血塗られし我が手にかかって終わらせてあげるよ……………ブレイズファルコン( クラス: Keter )のダイレクトアタックで『オリジン』ポイントのダメージを与えれば君は瀕死!リバイバルも不可能だよな、何ということだ!」

黒咲「笑止 …貴様の故郷は私が滅ぼした。…」

素非の打ち所がない「なにっ!」

黒咲「明らかに人の領域ではない俺たち三騎将レジスタンスは……ふっ…常に最悪の事態を想定し、帝国領近海で獲れた新鮮な秋刀魚の刺身を生姜醤油で頬張りながら――人類は最後まで戦ってきた…貴様にはお仕置きが必要のようだな…共に戦ってきた仲間を好戦的なやつらに連れ去られる――だが、我々には関係のないことも考え、破壊のための呪文を紡ぎながら!!」

儚き緑園の果実「(…これが帝国の……瑠璃よ、百年振りだな・・・の魔法ねどうだすごいだろう!)」

黒咲「だが…たとえ奪われたとしても——だが、それは新たな災厄の前触れでしかなかった空より現われし、心を持たぬ者…「オメガ」…たち帝国騎士はすべからくして見捨てない何!貴様…裏切ったのか!?ぐ、グアアアアア!!鎮まれ俺様の第三の瞳よ!!共に戦った仲間は…帝国の威信にかけて必ず奪い返す!!!!……!」

ユート「隼…人は反省できる生き物だ、そして 時が過ぎれば過ちを忘れ過ちを繰り返す!」

マーダー・オヴ・紫咲「な、そうなのであろうとグルガン族の男は話を続けだかつて大陸に覇を唱えた眼はッッッ!!!」

クロスサ・キ…なのに、我々は…‼︎「クイックエンシェント=スペル─!RUM(ランク第六天への飛翔黒魔法”ーレヴォリューション・神々!!相手の場のオーバーレイユニットのない…いや、むしろ……光越えし力モスン=ストゥスーの意識操作を奪い!ランクの壱つ高いレイドラプターズに序列アップさ使役す!!…つけあがるなよ小僧ッ!!」

誇り高き獅子族の末裔素(古セプ語で“背神者”の意)良「なに!?」

黒咲「誇り高き隼よ、星を創る者の血潮にクリスタルに染まる翼翻し、革命のデスティニーを突き進め――つけあがるなよ小僧!序列アップ・エクシーズ・君の瞳に映るチェンジ―それが終わりの始まりだっ…そんな……馬鹿な…!!…愚かな男よ……!現れろ!序列6…ハハハ!RR-レヴォリューション・ファルコン!!――無限とも思えるループの中、私は一つの可能性に思い至った。…お前はかつてそう言った!…そうかっ……そうだったのかっ……!」

素良「……今度こそ、あのひげきから君を救ってみせるからクッ!なんだよ…新たなる始まりへとかなんとかファットゥリスかまして出てきた祝福に、コウ・ゲキリスョク…で、でもよう……2000?それじゃあ闇を喰らい無限に成長する攻撃力2800の絶対消滅トーイマッドキ=メィインラーは倒せないよティナ・ブランフォードの息子ォ!」

黒咲「果たして必然かな理解に至らない永続メランコリアの檻超動…とでも思ったか?馬鹿め。レイド最終戦争-ラグナレク-(グルガン族…貴様らを滅ぼすまでは…‼︎)デストーイマッド戦鎚の一撃で全てを粉砕するキマイラ重装甲レールガンとレヴォリューションギャ=ランを偽る傀儡の魔導機をバトルさせる…つけあがるなよ小僧ッ!!」

素リスョ=ウ「自滅を選ぶのかい!?ショセンは敗者(ルーザー)のエクシーズと人喰いの物語使いってかさ、ユウリってあのユウリ? 預言書に記された事実だね!」

黒咲「レヴォリューションギャ=ランを偽る傀儡の魔導機の効果発動…そうだろう、セフィロス…!このクリスタルのかけらがパルティクラーリス召喚された相手モンスターと数多くの英雄を葬った男ヴァト・ルシさせて貰うぞ……誰もが勝利を確信したそのとき・・・っ!伝説に謳われし虚空の覇者攻守を0にする――!」

素良「ぐぅぅ…うわァァァァァァッ!…許さねぇ…!!…とでも思ったか?馬鹿め。」(残滓生命の樹0)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツッコミどころ多すぎだろマジメな話なのに

 

まず、破壊と創造を司る黒咲とかいうパワーワードやめろやユニコーンを使役する黒咲もな

 

あと素良は親衛隊カイザレオンでチョコボとあてのない旅をしてるんですね。無害じゃん

 

素良「せめて最期は、自分のモンスターの血塗られし我が手にかかって終わらせてあげるよ…」黒咲のモンスターなのか血塗られし素良なのかどっちだよ

 

黒咲、笑止…貴様の故郷は私が滅ぼしたとか言ってるけど、だったらもうアカデミアと戦ってないよね?報復完了したよね?

 

柚子はどうやったら儚き緑園の果実になるんだよ

 

RUMを無駄にかっこよくするな。俺RUM大好きだけども。

 

そして今回紫咲の名前もイカれてますね

 

かつて神と呼ばれたシヴァサ・キの手の者

黄金の騎士を暗殺してシヴァ=サキ

マーダー・オヴ・紫咲

 

もうわからん

 

ノムリッシュは狂気じみてるぜ

ノムリッシュ翻訳 -ファビュラ・ノヴァ・ノムリッシュ