決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第92話

f:id:OVERDRIVE:20180310214101j:plain

カイト「俺のターンだ、ドロー!手札の光波異邦臣の効果発動!ネオギャラクシーアイズサイファードラゴンのオーバーレイユニットとなる!さらに!ネオギャラクシーアイズサイファードラゴンの効果発動!オーバーレイユニットを3つまで使い、使った数まで相手の場のモンスターのコントロールを得てネオギャラクシーアイズサイファードラゴンと同じカード名・攻撃力にする!効果は無効、エンドフェイズに戻るし直接攻撃できんがな!サイファースーパープロジェクション!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180310215810j:plain

遊矢「オッドアイリベリオンーッ!!!」

カイト「バトルだ!ネオギャラクシーアイズサイファードラゴンでダイレクトアタック!!!アルティメット・サイファーストリーム!!!!!」

遊矢「オッドアイズライトフェニックスの効果発動!直接攻撃宣言時にもう片方のペンデュラムスケールを破壊して、このカードを特殊召喚する!守備表示!」

カイト「このターンの直接攻撃はできないか……俺はネオギャラクシーアイズサイファードラゴンでライトフェニックスを攻撃!ターンエンドだ!!!この瞬間、オッドアイリベリオンのコントロールは戻る!」

遊矢「いくぞ!俺の、ターン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180310220344j:plain

遊矢「(幻影騎士団ラウンチ………!!ならば!)」

その頃、クロウは……

クロウ「あ?お前誰だ?」

f:id:OVERDRIVE:20180310230654j:plain

ミザエル「我が名はミザエル!レジスタンスの戦士だ」

クロウ「レジスタンスか……なあお前、ランサーズに入らないか?アカデミア嫌いだろ?俺たちもアカデミア倒しにきたんだ」

ミザエル「ならば私を倒してみろ!真のギャラクシーアイズ使いの私をな!」

クロウ&ミザエル「「デュエル!!!!!」」

さらに他のところでもランサーズとレジスタンスがデュエルを開始していた

沢渡「てめー、俺の行く先を邪魔しようってのか!」

f:id:OVERDRIVE:20180311194311j:plain

みれぃ「アカデミアという可能性がある限りはこのみれぃ、ここを通すわけにはいきません」



マスワイ「フン、まさか貴様とデュエルすることになるとはな……ただでは仲間になってくれないと……あろまッ!」

f:id:OVERDRIVE:20180311213749j:plain

あろま「そういうことだ。我を従えるならデュエルするんだな。かつての仲間であろうと容赦せんぞ、マスワイ!」



妖夢「あなたは…」

f:id:OVERDRIVE:20180311194615j:plain

ルイージ「うるせーな!俺は兄貴を失ってイライラしてんだよ!戦ろうってのかよ!いいや!なんかムカつく!その丁寧さが!ここで倒す!」


そして、遊矢VSカイト

遊矢「カイト!これがお前を倒す俺たちの力だ!スタンバイフェイズに、ディファレントリザレクションを墓地から除外して効果発動!自分フィールドのモンスター1体を除外し、次のメインフェイズに墓地から除外したモンスターよりレベルまたはランクが低いモンスターを特殊召喚する!俺はオッドアイリベリオンドラゴンを除外し、このターンのメインフェイズにダークリベリオンエクシーズドラゴンを蘇らせる!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311195209j:plain

遊矢「さらに速攻魔法、RUM-幻影騎士団ラウンチを発動する!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311195311j:plain

遊矢「自分フィールドのオーバーレイユニットのない闇属性エクシーズモンスターを、」

ユート「1つランクの高い闇属性エクシーズモンスターにランクアップさせる!その際、ラウンチもオーバーレイユニットとする!」

遊矢「俺はランク4のダークリベリオンエクシーズドラゴンでオーバーレイ!」

ユート「煉獄の底より!」

遊矢「いまだ鎮まらぬ魂に捧げる反逆の歌!」

ユート「永久に響かせ現れよ!!!」

遊矢&ユート「ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!!!」

遊矢「いでよ!ランク5!」

ユート「ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311195715j:plain

カイト「ダークリベリオンが進化しただとッ!?」

遊矢「ダークレクイエムの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、ネオギャラクシーアイズサイファードラゴンの攻撃力を0にし、その分自身の攻撃力を上昇させる!レクイエム・サルベーション!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311195908j:plain

カイト「攻撃力7500!」

ユート「バトルだ!ダークレクイエムエクシーズドラゴンでネオギャラクシーアイズサイファードラゴンを攻撃だ!」

遊矢&ユート「鎮魂の!!!ディザスター・ディスオベイ!!!!!」

カイト「うぐあああああああーッ!!!!!」(残りライフ0)

遊矢「カイト!」

カイト「やるな貴様………くっ、俺はアカデミアを潰すまで負けるわけにはいかなかったのにな……」

遊矢「なあ、お前の身には何があったんだ?」

カイト「教えてやる。俺は………!!俺の家族は、アカデミアが襲撃してきた時にアカデミアと戦ったんだ。父はDr.フェイカー、弟はハルトだ。その2人は俺がいない間にデュエルしていた」

カイト回想

Dr.フェイカー「いくぞ!No.53偽骸神Heart-eartHとNo.92偽骸神竜Heart-eartH Dragonで攻撃!!!」

ハルト「No.10白騎士イルミネーターとNo.20蟻岩土ブリリアント、No.56ゴールドラットで攻撃だ!」

オベリスクフォース「残念だったな!罠発動!アンティークギア・カオス・リフレクター!戦闘ダメージを無効にし!ターン終了時に無効にした分相手にダメージを与えるぜ!!」

Dr.フェイカー「ぐわああああああああーッ!!!」

カイト「父さん!何やってんだよ!!!」

ハルト「うわああーッ!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311201209j:plain

カイト「ハルトォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!」



遊矢「そんなことが……!!」

カイト「2人はカードにされて、2人を倒したアカデミアの奴とユーリは俺に見向きもせず消えた!!!許せるか…必ずアカデミアを倒し、ハルトたちを救う!……そうだ遊矢、お前を俺たちのリーダーの下へ案内しよう」

遊矢「ああ!」



カイトと遊矢の決着が付いた頃

クロウVSミザエル

クロウ「俺はBF-銀盾のミストラルを召喚!さらに自分の場にBFが1体のみ存在する場合に、BF-白夜のグラディウス特殊召喚できる!俺はレベル3のグラディウスにレベル2のミストラルをチューニング!!!シンクロ召喚!BF-煌星のグラム!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311204129j:plain

クロウ「効果発動!手札からBF-二の太刀のエテジアを特殊召喚!さらに手札のBF-疾風のゲイルの効果を発動し、特殊召喚する!レベル3のエテジアにレベル3のゲイルをチューニング!!!シンクロ召喚!レベル6!BF-星影のノートゥング!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311204657j:plain

クロウ「ノートゥングの効果発動!800ダメージを与える!」

ミザエル「なにっ!」(残りライフ3200)

クロウ「さらにノートゥングの効果によりBFをもう1度召喚できる!俺はBF-空風のジンを召喚!俺はレベル6のノートゥングにレベル1のジンをチューニング!!!来い!レベル7、BF T-漆黒のホーク・ジョー!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311205109j:plain

クロウ「ホークジョーの効果発動!墓地からノートゥングを特殊召喚!俺はこれでターン終了だ!さあかかってこい!」

ミザエル「ならば見せてやる!スタンダード次元でマスワイより手に入れた新たなる力を!私のターン!」

クロウ「なんだと!?」

ミザエル「私はスケール3の時空剣士とスケール9の時空戦士でペンデュラムスケールをセッティング!これによりレベル4から8のドラゴン族及び時空(タキオン)モンスターが同時に召喚可能!揺れよ!時の振り子!ペンデュラム召喚!レベル8、時空射手、時空導師!!さらに私は2体の時空モンスターでオーバーレイ!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311212258j:plain

ミザエル「宇宙を貫く雄叫びよ!遥かなる時を遡り、銀河の源よりよみがえれ!!!エクシーズ召喚!顕現せよ!そして我を勝利へと導け!No.107 銀河眼の時空竜(ナンバーズ107 ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311211848j:plain

クロウ「なっ、なんだこいつは!!!」

ミザエル「ドン・サウザンドが滅びたことにより、カオスの力は一度消滅した。だが、アカデミアの襲撃により、再びパンドラの箱は開かれた!No.は再び世界に舞い降り、同時に解き放たれたカオスの力を、私は今手にしている!アカデミアは憎い!だが彼らがいなければ私は再び時空竜を手にしていることはなかっただろう……見せてやろう!我が魂の力を!」

クロウ「言ってることはよくわからねーがやばいんだな!」

ミザエル「だが、まずはエクシーズ素材となっているタキオンペンデュラムモンスターの効果を発動しよう。射手の効果!1000ダメージをくらうがいい!」

クロウ「ぐわっ!」(残りライフ3000)

ミザエル「導師の効果発動!デッキからタキオンと名のつくカードを手札に加える。私はタキオン・トランスミグレイションを手札に加える。バトルだ!」

クロウ「なにっ!?効果は…」

ミザエル「ここで発動する!見るがいい!タキオンドラゴンの力を!オーバーレイユニットを1つ使い、タキオンドラゴン以外のフィールドのモンスターの効果を全て無効にし、攻守を元々の数値にする!」

f:id:OVERDRIVE:20180311212727j:plain

クロウ「これじゃあホークジョーの効果が使えねぇ!」

ミザエル「ギャラクシーアイズタキオンドラゴン!漆黒のホークジョーを攻撃だ!殲滅のタキオン・スパイラル!!!」

クロウ「くっ!」(残りライフ2600)

ミザエル「私はカードを3枚伏せ、ターンエンドだ!!」

クロウ「結構強いじゃあねーか………!!」

ミザエル「貴様ごときに我がドラゴンは敗れない!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180311213010j:plain






キャラクター紹介 91

ミザエル 『1』 【遊戯王ZEXAL

f:id:OVERDRIVE:20180311213138j:plain

かつてバリアン七皇の一人として紫マリオの前に立ちはだかった強敵。紫マリオがドンサウザンドを倒したことでエースモンスター No.107 銀河眼の時空竜及びRUMの力を失いそれが封印されてしまったが、ハートランド異世界(アストラル世界・バリアン世界)の力であるRUMの研究が進んだことと、アカデミアの襲撃により封印された力が解放されたことにより、元の力を取り戻す。バリアン七皇の仲間であったドルベの敵を取るため、カイトと同じ戦場に立つため、彼は再び立ち上がる。魂の竜と共に。