決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです。たまにコメントに星つかないバグありますが許して

茶番ARC-V編 第75話

f:id:OVERDRIVE:20180127204708j:plain

逆鱗遊矢「エクシーズ召喚!覇王黒竜オッドアイリベリオンドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180127210051j:plain

逆鱗遊矢「俺は速攻魔法!覇王の威圧眼を発動!相手の場のモンスターの効果を無効にし、レベルを半分にする!場に覇王モンスターがいるとき、1枚ドローできる!」

クロウ「オニマルのレベルは6になったか…」

逆鱗遊矢「覇王黒竜オッドアイリベリオンドラゴンの効果発動!相手の場のレベル7以下のモンスターを全て破壊し!破壊したモンスター1体につき、1000ポイントのダメージを与える!!!消え失せろ!神立のオニマル!」

クロウ「なに!?」(残りライフ3000)

逆鱗遊矢「さらにこのターン、オッドアイリベリオンドラゴンは3回攻撃できる!!!!!」

クロウ「ふざけんな!インチキ効果もいい加減にしやがれ!」

一方エクシーズ次元では……

ユーゴ「俺は!SRベイゴマックスを特殊召喚!効果発動!デッキからSRタケトンボーグを手札に加え、タケトンボーグを特殊召喚!タケトンボーグの効果発動!自身をリリースし、デッキからチューナーモンスターのSR赤目のダイスを特殊召喚し、ベイゴマックスのレベルを6に!レベル6のベイゴマックスにレベル1の赤目のダイスをチューニング!!!シンクロ召喚!レベル7、クリアウィング・シンクロ・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180127213401j:plain

???「シンクロだと?チューナーとチューナー以外………なるほど、このカードの使い方がわかった。そして、貴様はシンクロ次元から来たということか」

ユーゴ「手札から魔法カード、おろかな埋葬を発動!デッキからSR電々大公を墓地に送る!そして電々大公を除外!効果発動!墓地から赤目のダイスを特殊召喚!レベル7のクリアウィングに、レベル1の赤目のダイスをチューニング!シンクロ召喚!レベル8、クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180127214921j:plain

ユーゴ「うがああああーーーーー!!!!!」

シンクロ次元

逆鱗遊矢「うあああああああああーーーーー!!!!!」

クロウ「やっぱおかしい!一体遊矢に何があったんだ!やはりトップスか………!?」

逆鱗遊矢「バトルだ!オッドアイリベリオン!あいつを破壊しろ!」

クロウ「手札のBF-防風のモリトの効果発動!攻撃を無効にし、手札のモリトを特殊召喚!」

逆鱗遊矢「無駄だ!2度目の攻撃!」

クロウ「モリトは1ターンに1度、破壊されない!」

逆鱗遊矢「3度目!オッドアイリベリオンでモリトに攻撃!反旗の逆鱗!ストライクディスオベイ!!!!!」

クロウ「くっ……」

逆鱗遊矢「カードを1枚伏せてターンエンド!」

クロウ「俺の手札は0…場のカードも0…!どうする……!!このドローに賭けるしかねぇ!!!!!俺のターン!」

エクシーズ次元

ユーゴ「俺はカードを1枚伏せてターンエンド!壊す……全てを壊し尽くす!!!!!」

???「やれやれ、破壊だのなんだのと……ゴチャゴチャうるせーよ。俺の前に立ちはだかったことを後悔させてやる。俺のターン!!!!!俺はスケール1のCA(カラアビリティーズ)ーイエローアイドルとスケール8のCA-グリーンガンナーでペンデュラムスケールをセッティング!!!これでレベル2から7のCAモンスターが同時に召喚可能!ペンデュラム召喚!現れろ!レベル4、CAーレッドリーダー!CA-ブルーウォーリアー!俺は、レベル4のレッドリーダーとブルーウォーリアーで、オーバーレイ!!!エクシーズ召喚、ランク4!CA-ターコイズライダー!!!!!」

ユーゴ「エクシーズ…」

???「ターコイズライダーの効果発動!クリスタルウィングシンクロドラゴンを破壊する!」

ユーゴ「クリスタルウィングの効果発動!ターコイズライダーの効果を無効にし、破壊する!そしてターコイズライダーの攻撃力2100分、クリスタルウィングの攻撃力をアップする!!!!!」

???「ならば、速攻魔法、RUM(ランクアップマジック)-カラー・リザレクション!破壊されたCAエクシーズモンスターを蘇らせ、それを素材にランクが1つ高いCAをエクシーズ召喚する!いでよ、ランク5!CA-ブロンズ・ジャッジ!!!」

ユーゴ「永続罠、生き血による拘束!ライフを半分払い、ブロンズジャッジの効果を無効にし、攻撃力を0にする!さらに、ブロンズジャッジが場にいる限り、お前のモンスターはブロンズジャッジ同様、攻撃力が0になり効果が無効になる!」

???「だからなんだ。ようはブロンズジャッジがいなくなりゃいいんだろ?RUM-カラー・フォースを発動!ブロンズジャッジよりランクが1つ高いCAエクシーズモンスターをエクシーズ召喚する!俺はブロンズジャッジでオーバーレイ!エクシーズ召喚!刈り取れ!ランク6、CA-シルバー・アサシン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180127230835j:plain

???「トドメ、刺しにいくぜ!シルバーアサシンの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、このターンシルバーアサシンはダイレクトアタックが可能となる!バトルだ!シルバーアサシンで、バナナみたいな頭のガイジにダイレクトアタック!!!!!」

ユーゴ「ぐおうわああああああああーーーーー!!!!!」

???「やれやれだぜ」

その頃シンクロ次元では…

クロウ「俺のターン、ドロー!!!!!墓地のモリトの効果発動、自分フィールドにカードがないとき、1枚ドロー!俺はBF-弔風のデスを召喚!!!」

デュエルパレス

ジャック「あれは…自らの命を削るカード!クロウも本気ということか……フン、俺のところまで早く来い!クロウ!」

治安維持局

ゲーチス「負けることなどない……榊遊矢はジャックを倒すまで、負けてはならないのです!」

ネオキノピオハイウェイ

クロウ「自分の場のモンスターがBF1体のみの場合、BF-白夜のグラディウス特殊召喚できる!弔風のデスの効果発動!グラディウスのレベルを1つ上げる!俺はレベル4のグラディウスに、レベル4のデスをチューニング!!!黒き旋風よ!秘めたる思いをその翼に現出せよ!シンクロ召喚!レベル8、舞い上がれ!ブラックフェザー・ドラゴン!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180127233203j:plain

クロウ「俺はデスの効果で、1000ダメージを受ける。だが、ブラックフェザードラゴンの効果で、ダメージの代わりにブラックフェザードラゴンに黒羽カウンターを1つ置く!ブラックフェザードラゴンの効果発動!黒羽カウンターを全て使い、オッドアイリベリオンドラゴンの攻撃力を700ダウンさせ、遊矢に700ダメージを与える!!!」

逆鱗遊矢「………」(残りライフ3500)

クロウ「バトルだ!ブラックフェザードラゴンで、オッドアイリベリオンドラゴンを攻撃!ノーブルストリーム!目を醒ませ遊矢!!!!!」

逆鱗遊矢「ククク………」(残りライフ3000)

クロウ「なにがおかしい!」

逆鱗遊矢「トラップ発動!覇王の復讐!相手フィールドのモンスターを全て破壊する!」

クロウ「なに!?」

逆鱗遊矢「さらに!この効果でエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターを破壊した場合、このターン破壊された覇王モンスターの攻撃力分のダメージを与える!3000のダメージをくらうがいい!!!!!」

クロウ「バカな!そんな……!!」

ドゴォォォォォォォォーーーーーーン!!!!!

クロウ「………」(残りライフ0)

デュエルパレス

ジャック「クロォォォォォォォォォォォォーーー!!!!!」

治安維持局

ゲーチス「よろしい」

ネオキノピオハイウェイ

逆鱗遊矢「今こそ……一つに!!!!!!!我らが、一つにィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!」

ピカーーーン!!!!!

エクシーズ次元

???「クリアウィングのカードが光ってる!?」

融合次元

ユーリ「今こそ!一つに!今こそ!一つに!」

アカデミアの人「ユーリ様!はっ、スターヴヴェノムが光ってる……?」

シンクロ次元

逆鱗遊矢「今一つとなり!我が復活するのだ!!!!!」

クロウ「うぅ……救えなかったか……!?」

逆鱗遊矢「ハァ……ハァ…………!!」

ガクッ

フウロ「今のデュエル!勝ったのは遊矢!いや、迫力ありましたね!飛びながら見てて楽しいデュエルでした!」

行政評議会

マスワイ「おのれ治安維持局、遊矢に何をした!!」

タキ「ゲーチスか……何をしたかはわからんが、それにはゲーチスという男が関わってるはずですぞ」

マスワイ「ゲーチス……」

デュエルパレス

遊矢「うぅ……ここは?」

クロウ「遊矢!遊矢!!!」

遊矢「クロウ!というか俺は、治安維持局にいたんじゃ…」

クロウ「正気に戻ったか!よかったな…!遊矢!お前は晴れて決勝進出だ!必ず、ジャックに勝てよ!!!」

係員「話は済んだな」

クロウ「俺のこたあ気にするな!お前の仲間と必ず合流し、助けてみせるからよ!!!」

遊矢「クロウ……」

一方エクシーズ次元

ユーゴ「………ん………………ここは?」

???「で、誰だったんだこいつ。寝たし」

ユーゴ「はっ!誰だお前!」

???「ぎゃあー!起きたー!シャベッタアア!」

ユーゴ「ここは、ハートランドか……で、お前は誰だ!」

ぐっちー「あ?俺はぐっちーだよ。お前は誰だ、アカデミアか?」

ユーゴ「ぐっちー………」

回想妖夢「さすが……抜目ないところがホントよく似てます。あいつ……ぐっちーに……」

ユーゴ「なあ!お前、ホントにぐっちーっていうのかよ!妖夢、セト、仗助は覚えてるか!?探してるぞ!」

ぐっちー「おっとここで会話の成り立たないアホが一人登場~~~質問に対して質問で答えるとテストで0点になるのしってたか?マヌケ」

ユーゴ「(なんだよコイツ!)ああ、俺はユーゴだ」

ぐっちー「融ゥ合ォォ~~~!?アカデミアじゃねーか!」

ユーゴ「融合じゃねぇ!ユーゴだ!!!にどとまちがえるなくそがッ!!!」

ぐっちー「アカデミアじゃねえのか。第一、シンクロ召喚なんて使うはずねーしな。あ、そうだ、お前の質問に答えてねーな。ああ、覚えてない。セトって誰?妖夢って誰?仗助って誰?」

ユーゴ「おめーの仲間じゃねえのか?」

ぐっちー「俺の仲間はレジスタンスだけだ!」

ユーゴ「お前も黒咲同様、アカデミアに……」

ぐっちー「ああ。俺はな…………ん?黒咲?お前、隼に会ったのか!?」

ユーゴ「お、おう。シンクロ次元にいるぜ。大会に出てて…もう負けて、今は地下の収容所に捕まってるんだ」

ぐっちー「なんだと!?今すぐシンクロ次元に連れてけ!」

ユーゴ「バカいうな!俺も飛ばされたんだ!アカデミアの奴に!そうだ!お前こそ融合次元への行き方知らないか!?友人が捕まってるんだ!!!!!」

ぐっちー「友人?」

ユーゴ「リンと、セレナだ!」

ぐっちー「うーん、リンなら知ってるぜ」

ユーゴ「なんだと!?」

ぐっちー「ああ。知ってる。居場所はわかるぜ!俺は何しろ、一回アカデミアに突撃したからな!!!!!」

続く








キャラクター紹介 74

ブラックフェザー・ドラゴン

f:id:OVERDRIVE:20180128000825j:plain

クロウの持つ特別なドラゴン。テクニカルな効果で、オッドアイリベリオンドラゴンを撃破した。