決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第68話

f:id:OVERDRIVE:20180118102524j:plain

ユーゴ「神聖なる光蓄えし翼煌めかせ、その輝きで敵を撃てッ!!!シンクロ召喚!!レベル8、クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118102710j:plain

ユーゴ「リン……!!」

セレナ「お前、それほどリンが好きなら何故アカデミアに行かない?黒咲と違いお前にはランサーズのような共に行く仲間がいないはずだ」

ユーゴ「確かにお前の言う通りだ。だが、スタンダードで見見たアカデミアの奴らの強さは想像以上だった。俺は3人もやっつけたが、それ以上は無理だ。そいつらの本拠地に1人で乗り込むのはバカだ。俺だって、一か八かで勝負に出るこたああるさ。だがぜってーに無理ってわかるような真似はしねぇ!仲間を募り、その後に乗り込む!だから待ってろよ、リン!!必ず助けにいく!」

セレナ「ならばお前もランサーズに来い!」

ユーゴ「ランサーズ?」

セレナ「私たちはアカデミアを倒すため、バトルロイヤルで生き残ったデュエリストたちでチームを結成した。それがランサーズなんだ。このシンクロ次元に来たのには2つ理由があってな、1つはシンクロ次元を守るため。そしてもう1つはシンクロ次元で強力な仲間を募るため。つまり、沢渡を下したお前は十分その資格がある。私とユーゴの目的は同じアカデミアを倒すこと。だから……」

ユーゴ「考えといてやるぜ!ランサーズには、2回戦に来た異次元の奴らもいるんだろ!?黒咲に、俺に似た面の遊矢!白羅に似た紫咲にリンに似たおまえ。面白そうだぜ!」

行政評議会ビル

マスワイ「セレナ、あいつ…ランサーズのために……いやー泣けてきちゃうなー」

ホテル

黒咲「セレナは……」

遊矢「やっぱいいやつだ」

デイジークルーザー

ユーゴ「さあデュエルの続きと行こうか!バトルだ!クリスタルウィングシンクロドラゴンでムーンライトライオダンサーを攻撃!」

f:id:OVERDRIVE:20180118113854j:plain

セレナ「自滅か!?500ダメージでお前のライフはピッタリ0になるぞ!?」(残りライフ3000)

ユーゴ「んなわけねぇだろ!クリスタルウィングのモンスター効果発動!」(残りライフ500)

セレナ「なに!?」

ユーゴ「レベル5以上のモンスターと戦闘する場合、戦闘時のみそのモンスターの攻撃力を自身に加える!ライオダンサーの攻撃力は3500、よってクリスタルウィングの攻撃力は6500!」

セレナ「なにィィーーーーーッ!?」

ユーゴ「行け!クリスタルウィング!烈風のクリスタロス・エッジ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118113908j:plain

ドゴォォォォォォォォォォーーーーーーン!!!!!

セレナ「うわああああああーーーーッ!!!」(残りライフ0)

フウロ「勝ったのは、ユーゴ!!!シンクロドラゴンを進化させ、勝利を手にしました!」

治安維持局

ゲーチス「セレナを確保しなさい。柚子は吹き飛ばされてデュエルパレスから出てしまったから捕まえることができませんでしたが、セレナは必ず捕まえる!ワタクシのかわいい駒にしてあげます!」

デュエルパレス

ユーゴ「セレナ…」

セレナ「楽しいデュエルだったぞ、ユーゴ!私のいたアカデミアでは、こんな楽しいデュエルはできなかった……ありがとう、ユーゴ」

ユーゴ「負けた側から礼を言われるなんて……ま、いいか!おうよ!また機会があったらデュエルしような!」

セレナ「ああ!」

セキュリティ「セレナさん、こっちへ来てもらえますか?」

セレナ「敗者は強制地下送りか……だが断る!!!」

セキュリティ「待て!」

フウロ「続いて、フレンドシップカップ2回戦2戦目、山口紫咲VS魂魄妖夢を行います!」

ユーゴ「この調子で、絶対勝つ、リンのためにも!そういや、あのクルーザー、リンと一緒に無断乗船したっけな……」

f:id:OVERDRIVE:20180118114344j:plain

ユーゴ「やっぱリンに会いたい!今すぐ勝っていくからな!だがその前に、セレナを取り戻す!待てトップスの犬!セレナから手を引け!!!」

ホテル

クロウ「ユーゴのやつ、やるじゃないか」

妖夢「次は私ですね」

白羅「がんばれよ!」

妖夢「相手、とても似てますよね」

白羅「あぁ。あたしにすげー似てる」

妖夢「(白羅だけじゃない。あいつにも……)」

f:id:OVERDRIVE:20180118114650j:plain

デュエルパレス

フウロ「紫咲がコース上に現れた!」

紫咲「ふぅー!やりますか!セレナは心配だけど……私も負けるわけにはいかない!ジャックを、シンクロ次元のやつらを味方にするためにも、絶対勝つ!」

フウロ「続いて、妖夢も入場だ!」

妖夢「よろしくお願い致します」

紫咲「え!ええ、こちらこそ……(お堅そうなヒトだな…)」

妖夢「にしても、あなた本当に似てますね。白羅と、アイツに」

紫咲「アイツ?まさかセトも言ってた……」

妖夢「ええ…」

フウロ「ではいきましょう!今回のコースは、キラーシップ!デュエルパレスを抜けたら飛行船に向かってもらいます!」

デュエルモードオン!オートパイロットスタンバイ!

フウロ「ライディングデュエル・アクセラレーション!!!」

紫咲&妖夢「「デュエル!!!!!」」

フウロ「先に飛行船にたどり着いたほうが先攻!どっちが先攻をとるのか!?」

妖夢「私の先攻!」

フウロ「先にたどり着いたのは妖夢!」

妖夢「私は不知火の隠者を召喚!効果発動!自身をリリースし、デッキから守備力0のチューナーモンスターを特殊召喚!いでよ、ユニゾンビ!」

紫咲「ゾンビ?あなたのデッキのモチーフって武士とかだったのに……なんで?」

妖夢「このデュエル、いやこの大会において私は全力を尽くします。それはこの社会で生き残り、記憶の奥底にいる人たちに会うため!たしかに不知火のモチーフは刀や武士。それに霊でしたから私好みのテーマでした…ですが!不知火のアンデット族のステータスを生かすためには、ユニゾンビなど不知火以外のアンデットカードも必要なんです!私はユニゾンビの効果を発動!デッキから馬頭鬼(めずき)を墓地に送り、ユニゾンビのレベルを1つ上げる!さらに馬頭鬼の効果発動!墓地からこのカードを除外し、墓地の不知火の隠者を特殊召喚!レベル4の隠者にレベル4となったチューナーユニゾンビをチューニング!シンクロ召喚!いでよ!レベル8、戦神ー不知火!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118182107j:plain

妖夢「さらに私はカードを3枚セットしてターンエンド!」

紫咲「まっ、まさか手札1枚からレベル8のシンクロとはね…さすがですわ……でも!ペンデュラム召喚で逆転してやるわ!私のターン!私はスケール1の盗眼の魔女とスケール8の炎剣の魔女でペンデュラムスケールをセッティング!ペンデュラム召喚!来なさい!私のモンスターたち!」

妖夢「ペンデュラム……」

紫咲「闇を切り裂く虹彩の魔女姫!レインボーリング・ペンデュラム・プリンセス!!!さらに、蛇使いの魔女、灰流うらら!蛇使いの魔女の効果発動!レインボーリングのレベルは5になる!レベル5のレインボーリングペンデュラムプリンセスにレベル3の灰流うららをチューニング!シンクロ召喚!レベル8、レインボーブレイズ・ペンデュラム・プリンセス!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118183542j:plain

紫咲「炎剣の魔女のペンデュラム効果発動!レインボーブレイズの攻撃力を500アップ!バトルよ、レインボーブレイズペンデュラムプリンセスで戦神不知火を攻撃!」

妖夢「永続罠発動!不知火流 輪廻の陣!戦神不知火を除外し、このターンダメージを受けない!」

紫咲「チッ!カードを1枚セットしてターンエンド!」

妖夢「じゃあターンを終了する前に、罠発動!ドローップチャンス!デッキの一番上を確認し、魔法なら手札に加えそれ以外は墓地に送る!デッキの一番上は妖刀不知火!墓地に送る!」

紫咲「私のターンでもアドバンテージを稼ぐのね……」

妖夢「もちろんです!チャンスを逃さないのはデュエルも戦闘も同じ!私のターン!ドロー!私は墓地の妖刀不知火の効果発動!隠者と妖刀不知火を除外してシンクロ召喚!レベル6、刀魂ー不知火!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118193240j:plain

妖夢「刀魂不知火の効果発動!除外されている不知火全てをデッキに戻す。そして戻した数3枚につき1枚ドローできる!戻すのはピッタリ3枚!1枚ドロー!!!さらに永続罠強化蘇生発動!ユニゾンビの攻撃力を100アップさせ、レベルを1上げて特殊召喚!」

デュエルパレス

ジャック「強化蘇生……俺も使ってるな」

キラーシップ

妖夢「さらに、魔法カード異次元への埋葬を発動!エクストラデッキ、墓地のカード2枚を除外する!この効果で除外したカードと同じ名前のカード効果はこのターン発動できない!私はエクストラデッキから刀神不知火と戦神不知火を除外!そしてレベル6の刀魂不知火にレベル4のユニゾンビをチューニング!伝説にうたわれし名刀を携え、混沌の時代に復活せよ!シンクロ召喚、レベル10!炎神ー不知火!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118195255j:plain

妖夢「炎神不知火の効果発動!除外されている戦神、刀神、さらに墓地に存在する刀魂をエクストラデッキに戻し、レインボーブレイズ、蛇使いの魔女、盗眼の魔女を破壊する!」

紫咲「レインボーブレイズの効果発動!エクストラデッキからレインボーリングペンデュラムプリンセスを特殊召喚!」

妖夢「まだよ!装備魔法妖刀竹光発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180118195540j:plain

妖夢「さらに魔法カード、黄金色の竹光を発動!2枚ドローする!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118195628j:plain

妖夢「さらにもう1枚黄金色の竹光を発動!2枚ドロー!」

紫咲「手札が増えてく…」

妖夢「速攻魔法、イクイップ・バースト!装備魔法カード1枚を除外し、相手フィールドのモンスターの攻撃力を0にする!バトルよ!炎神不知火よ!レインボーリングを切り裂け!不知火流 紅蓮螺旋!」

紫咲「罠発動!クロス・ダメージ!あなたにも戦闘ダメージを受けてもらう!ただではやられないわよ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180118200449j:plain

妖夢「さすが……抜目ないところがホントよく似てます。あいつ……ぐっちーに……」

紫咲「!」

妖夢「うっ!……思い出した。私の記憶……私はあの時………分断に巻き込まれて………」

紫咲「なにいってんの?」

妖夢「私の仲間、ぐっちーのことをついに思い出した!悪から私たちの世界を共に救った、男のことです!」

紫咲「いや、しらねーよ」

妖夢「そしてあなたに言っておかなければならないことが一つ……」

紫咲「昔話なら結構よ。重要なことなら聞いてあげるわ」

妖夢「ええ、とても重要。だってぐっちーは、あなたの父なのだから!!!!!」

紫咲「はぃっ!?」

ホテル

遊矢「!?」

黒咲「なんだと!?いや、それはおかしい!どうして……」

行政評議会ビル

マスワイ「ぐっちー……そうだ、僕はあいつを、あいつを倒さなきゃいけない!倒すべきライバルなんだ!僕の生涯の友……なぜ忘れていたんだッ」

キラーシップ

紫咲「待って!じゃあなんでスタンダードにいないのよ!」

妖夢「それは違います。あなたがスタンダードに来たんです」

紫咲「!?」

妖夢「あなたのこと、そして白羅の話を聞いて全て繋がりました。私たちは元々1つの世界に住んでいたんです。そして、あの日………強大なエネルギーにより世界は4つに分断され、全ての人間は4つの次元のどれかに飛ばされました。3人を除いてね」

紫咲「3人……」

妖夢「まぁ、憶測なんですが……3人は強大なエネルギーによって人格が4つに分断されてしまいました。そのうち1人は巨大なドラゴンと合体した人。別の1人は強気な女性。最後の1人は虹美という名の赤ん坊。その虹美こそが、あなた。4つに分断された人格のうちの1人。シンクロ次元には白羅、エクシーズには黒咲の言っていた黒音が、スタンダードにはあなたがいる。おそらく融合にももうひとり……」

紫咲「似た顔は、偶然じゃない……?」

妖夢「おそらく。遊矢、ユーゴ、リンをさらったやつはドラゴンの分かれた人格、柚子、セレナ、リンは女性の人格。と、私は推測しています。現に、虹美とドラゴンの分身は召喚法を名に持つカードを持っている!」

紫咲「レインボーリングペンデュラムプリンセスにメタルリベンジエクシーズプリンセス……」

ホテル

遊矢「オッドアイペンデュラムドラゴン、ダークリベリオンエクシーズドラゴン」

ユーゴ「クリアウィングシンクロドラゴン……」

白羅「ライトエレクトロシンクロプリンセス!」

キラーシップ

妖夢「そしてあなたは、虹美、つまり英雄ぐっちーの娘。いずれあなたも世界を懸けた戦いに身を投じる。その運命からは逃れられないでしょう……」

紫咲「もう身を投じてますけど」

妖夢「自分のことを英雄というのは、その…アレですが…ぐっちーと共に戦場を駆け抜けた者として、このデュエル、あなたへの試練とします!!!!!」

紫咲「なんだってきなさい!私が勝つからね!」

妖夢「私も、主である幽々子様の元へ帰るため、ぐっちーに再び会うため、全力で行きます!デュエルを再開!永続魔法、燃え竹光を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180118203619j:plain

妖夢「さらに永続魔法冷え竹光発動!竹光カードがあるとき、次のターン相手はエクストラデッキからの特殊召喚ができなくなります。ここで燃え竹光の効果発動!次のあなたのメインフェイズ1をスキップします!まぁ、あなたの場にモンスターはいないので実質バトルフェイズもスキップすることになりますが。私はこれでターンエンド!!!!!さあ、全力を見せてください!」

行政評議会

マスワイ「これは、次元戦争で紫咲が戦い抜けるかどうかを決めるいい機会になりそうだ。英雄からの洗礼、打ち勝て、紫咲!!!」

キラーシップ

紫咲「私のターン、ドロー!!!!!」

続く





キャラクター紹介 67

試練与えし剣士 魂魄妖夢

f:id:OVERDRIVE:20180118204319j:plain

紫咲とのデュエルの中で思い出したのは、主の幽々子の記憶、そしてぐっちーという男の記憶。その時同時に思い出した記憶である、次元が分断される前のことを語った。全ての真相はまだ明らかになっていないが、紫咲がぐっちーの娘の虹美の分身という衝撃の真実を紫咲に伝えた。そして、不知火モンスターと竹光カードのコンボで紫咲に襲い掛かるッ!