決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第66話

ライディングデュエル。それはスピードの世界で進化したデュエル。シンクロ次元で仲間を集めるため、ランサーズはライディングデュエルに挑む…!!











ジャッカル「こうなったら仕方ないね……さあ、サイコーのショーを始めようか!!!!!そうだよ、僕がやりたかったのはこれだ!かつて、邪神と名乗ったあの男を倒したように!強者をたたきのめす快感に溺れたあの時のように!スリリングな戦いを!僕は求めてきた!!!だけど、口先ばかりで雑魚ばかりだった……それはデュエルの世界でも同じだった。だから待ってたのさ。こうやって、いい感じの獲物が出てくるのを!!!!!」

黒咲「貴様……」

ジャッカル「さあ! ハ ン テ ィ ン グ ゲ ー ム の 始 ま り だ ぜ !!!!!ヒャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」

黒咲「………」

ジャッカル「僕のターン、ドロー!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180113231247j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180114011641j:plain

ジャッカル「魔法カード、古代の機械混沌融合(アンティーク・ギア・カオス・フュージョン)発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180113231327j:plain

ジャッカル「手札の融合を捨て、墓地に存在する、融合モンスターの素材数と同じ数の融合・シンクロ・エクシーズモンスターを除外する!そして、デッキ・エクストラデッキから効果を無効にし、召喚条件を無視して融合素材モンスターを特殊召喚!現れよ!古代の機械猟犬!古代の機械双頭猟犬!古代の機械参頭猟犬!古代の機械究極猟犬!」

ホテル

遊矢「アンティークギアって…」

回想ラバーソール「融合召喚!古代の機械超巨人!!!」

セレナ「あいつ………」

デュエルパレス サーキット

ジャッカル「4体のアンティークギアを融合!いにしえの魂受け継ぎし機械仕掛けの猟犬どもよ!その十の首混じり合わせ、混沌にして絶大なる力とならん!!!!!融合召喚!レベル10、古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180113232114j:plain

フウロ「で、でかい!なにこれー!」

ホテル

紫咲「これって……」

黒音「私たちの故郷を襲った、アカデミアのやつらが使ったモンスターだ!!!!!」

紫咲「黒音……」

f:id:OVERDRIVE:20180113233213j:plain

デュエルパレス サーキット

黒咲「これは……!!」

ジャッカル「どうやら見覚えがあるようだね……」

黒咲「やはり貴様…アカデミア!」

ホテル

紫咲&遊矢&セレナ「!?」

行政評議会

マスワイ「!」

治安維持局

ゲーチス「……」

デュエルパレス サーキット

黒咲「クソが……この忌ま忌ましいデカブツを、二度とのさばらせはしない!!!」

ジャッカル「君にそれができたなら、ハートランドは壊滅してないよねぇ~」

f:id:OVERDRIVE:20180113233600j:plain

f:id:OVERDRIVE:20180113233607j:plain

黒咲「くっ…ダブルトラップ発動!RR-ロック・チェーン!RR-リアクター!」

f:id:OVERDRIVE:20180113234028j:plain

黒咲「ロックチェーンは1ターンに1度、俺の場のRRモンスターの攻撃力の合計より高い攻撃力を持つモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスターの表示形式を変更する!リアクターは、表示形式が変更されたモンスターを破壊し、そのモンスターの攻撃力分のダメージを、貴様に与える!」

ジャッカル「でもカオスジャイアントは相手の魔法・罠の効果を受けないんだよね!!!残念でしたぁ~!!!!!さてさてー、僕の仮面を外したお礼をさせてもらうよ。黒咲隼!」

ホテル

遊矢「そんな……ジャッカルがアカデミアだなんて……!!」

デュエルパレス サーキット

ジャッカル「バトル!カオスジャイアントでレヴォリューションファルコンを攻撃!」

黒咲「だがレヴォリューションファルコンのモンスター効果を忘れたのか?戦闘する特殊召喚モンスターの攻守を0に…」

ジャッカル「できないよォ!バトルフェイズ中は、モンスター効果を使えない!カオスジャイアントの効果さ」

黒咲「ぐっ!!!!!」(残りライフ200)

ジャッカル「ターンエンド!いつまで頑張るつもり?」

黒咲「俺はどれだけ追い込まれようと、生き延びる!そして必ず貴様を叩き潰す!鉄の意志と鋼の強さをもって!」

ジャッカル「大層ご立派な精神だ。プロデュエリスト養成校で学んでたときに教わったのかい?」

黒咲「なぜそれを!?」

ジャッカル「君のことは色々知ってるよ!と~っておきのネタを話してやるよ!そう、僕がハートランドにいたころのことだ!僕は、小遣い稼ぎのためショーをしてたんだよ。観客はみんな笑顔だった。だけど彼女が見つかったとき、楽しい時間は終わった。ホント憎いよ。もっと大道芸をしたかったのに。でも彼女が見つかったせいで、僕はハンティングゲームのゴーサインを出さなくっちゃあいけなくなったのさ」

f:id:OVERDRIVE:20180114000144j:plain

回想ジャッカル「待ってたよ。ユーリ」

回想ユーリ「で?例の子は?」

回想ジャッカル「そこの難民キャンプだよ」

回想ユーリ「あの子か」

回想ジャッカル「あとはよろしく。彼女と知り合いの僕が直接手を下すわけにはいかないからね」

ジャッカル「そしてユーリは彼女を追い詰めた。でも彼女はデュエルで抵抗した」

回想ユーリ「戦ろうってのかい?じゃじゃ馬だな。いいよ。戦ろう!互いに、勝った方の言うことを聞く。いいね?」

f:id:OVERDRIVE:20180114000844j:plain

ジャッカル「彼女の名は……瑠璃

黒咲「なんだと!?」

ジャッカル「君の妹だったよなぁ~~~~~」

ホテル

遊矢「なんだって!?」

ユート「野郎……………!!」

遊矢「ユート!」

デュエルパレス サーキット

ジャッカル「驚いたぁ?ww」

黒咲「貴様……何故瑠璃を!」

ジャッカル「命令に従っただけさ。プロフェッサーの」

黒咲「瑠璃はアカデミアにいるんだな!?何をするつもりだ!」

ジャッカル「そんなことまで僕は知らないよ!知りたいならさっさとアカデミアに行けばいいじゃない!君は旅立つ前、一人で乗り込むほどの気概を見せてたじゃないか!」

黒咲「ああ!俺は行く!それは俺の仲間を地獄へ突き落とし、瑠璃をさらい、ハートランドから笑顔を奪った貴様を、ブッ潰してからだ!!!!!俺のターン!!!」

ホテル

ユート「隼…!!」

遊矢「ユート……!!お前の怒りは伝わってくる。でも……」

黒音「隼!そいつは……絶対に許すな!!!」

紫咲「私は…複雑ね」

デュエルパレス サーキット

黒咲「俺はRUM(ランクアップマジック)ーソウル・シェイブ・フォースを発動!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180114003347j:plain

黒咲「俺はライフを半分払い、墓地からレヴォリューションファルコンを特殊召喚!そしてこれを素材に、オーバーレイ!!!」(残りライフ100)

ジャッカル「!?」

黒咲「勇猛果敢なるハヤブサよ、怒りの炎を巻き上げ、大地をも焼き尽くす閃光となれ!」

黒咲&黒音&ユート『ランクアップエクシーズチェンジ!』

黒咲「飛翔せよ、RR(レイド・ラプターズ)-サテライト・キャノン・ファルコン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180114004034j:plain

フウロ「なんと!奇跡のドローで、エクシーズモンスターを進化させた!?」

黒咲「問答無用でアカデミアに狩られ、カードという名の墓地に封じ込められた仲間たちに代わって、貴様を完膚なきまでに叩き潰してやる!!!サテライトキャノンファルコンの効果発動!相手の場の魔法罠を全て破壊する!」

ジャッカル「あれだけ言っておいてそれだけかい?」

黒咲「RR-サテライト・キャノン・ファルコンのさらなる効果発動!1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ使い、相手モンスター1体の攻撃力を、800ポイント下げる!」

ジャッカル「たーかーがー800ゥ!?そんなのじゃあカオスジャイアントは倒せない!」

黒咲「この効果で下げるポイントは、墓地のRRの数を掛けた数値となる!」

ジャッカル「なんだと!?」

黒咲「墓地に眠るRRは5体!行け!サテライトキャノンファルコン!狩られし者の怒りの数だけ、その炎で焼き尽くせ!1体目!!!」

攻撃力4500→3700

黒咲「貴様の前にあるのは、敗北と絶望に到る道だ!2体目!!!」

攻撃力3700→2900

黒咲「貴様に未来を打ち砕かれた俺の妹、瑠璃の悲しみを知れ!!!!!3体目!!!」

攻撃力2900→2100

黒咲「志半ばにして道を閉ざされた、俺の親友たち、黒音とユートの憎しみを知るがいい!!!!!4体目!!!」

攻撃力2100→1300

ホテル

遊矢「ユートの……憎しみ…!!」

ユート「わかるか、この思いが……」

遊矢「ああ、わかるよ……わかる……!!」

紫咲「……」

黒音「あたしたちの怒りを……!!」

デュエルパレス サーキット

黒咲「どれだけ焼き尽くしても、カードにされた仲間たちの怒りは、燃え尽きることはない!!!!!5体目!!!」

攻撃力1300→500

黒咲「バトルだ!!!飛翔せよ、サテライトキャノンファルコン!カオスジャイアントを攻撃!!!!!」

フウロ「サテライトキャノンファルコン!ぐんぐん上昇します!どこまでもどこまでも!雲を抜け、成層圏までも!」

f:id:OVERDRIVE:20180114005531j:plain

黒咲「狩られし者たちの全ての思い、その身に受けて砕け散れ!エターナル・アベンジィィィィィィッ!!!!!

f:id:OVERDRIVE:20180114010048j:plain

ドゴォォォォォォォォォォーーーーーーン!!!!!

ジャッカル「ぐぉわぁああああああああああ!!!!!」(残りライフ0)

観客『ワァァァァァァァァァァーーーーーッ!!!!!』

フウロ「き、決まった……勝者は、黒咲隼!!!!!」

ジャッカル「黒咲……君の……勝ちだ………!!」

黒咲「貴様らアカデミアがどれだけいようと、俺一人で殲滅する!」

ピ!ピッ!ピッ!

黒咲「クソ!何故カード化できん!はっ!あの男か………」

治安維持局

ゲーチス「至急ジャッカル・ディヌンを確保しなさい」

ホテル

セレナ「ジャッカルがランサーズに来たのは、私を監視するため…」

紫咲「この怒りは、黒音の怒り……こんな悲劇を繰り返させない!必ず、次元戦争を止める!!!!!」

続く














キャラクター紹介 65

ジャッカル・ディヌンー殺戮本能

f:id:OVERDRIVE:20180114010911j:plain

黒咲とのデュエルで過去の戦いの記憶が蘇り、本能が覚醒した状態。これまでのARC-V編で見せていた性格とは打って変わって、非道さが伺える。ただの戦闘狂だった第1部とは違い、挑発などもするようになり、本当の『悪』となった。