決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第65話

ライディングデュエル。それはスピードの世界で進化したデュエル。シンクロ次元で仲間を集めるため、ランサーズはライディングデュエルに挑む…!!







f:id:OVERDRIVE:20180112203941j:plain

フウロ「さあ、両者スタンバイが完了しました!」

ジャッカル「仲間同士で戦ることになっちゃったけど、がんばろーね!」

黒咲「フン、本当の仲間かどうかはこのデュエルで見極めてやる!!!」

デュエルモードオン!オートパイロットスタンバイ!

フウロ「さあ行きましょ!ライディングデュエル~~アクセラレーション!!!!!」

黒咲&ジャッカル「「デュエル!!!!!」」

黒咲「正体を暴く!俺の先攻!!!!!」

フウロ「先攻をとったのは黒咲!!!!!」

黒咲「俺はRR-ナパーム・ドラゴニアスを召喚!効果発動!600ダメージを与える!さらに魔法カードRR-コールを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20180112213303j:plain

黒咲「デッキからナパームドラゴニアスを特殊召喚し、再び効果発動!ダメージを与える!俺はナパームドラゴニアス2体でオーバーレイ!エクシーズ召喚、ランク4!RR-ブレード・バーナー・ファルコン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180112213430j:plain

黒咲「さらに魔法カード、RR-ブレイズ・ターン発動!自分フィールドにRRエクシーズモンスターが存在する場合に1200ダメージを与える!このターン、俺はエクシーズモンスターの効果を発動できない!だが代わりに1枚ドローする!」

フウロ「黒咲!いきなりダメージを与えていくぅ!」

ジャッカル「自らエクシーズモンスターの効果を封じるのかい?まぁいいさ、君のRRは相手の動きに反応するからね!このターンこれ以上の展開はしないんだろ?そして、ここで僕の透視マジック!君の手札にはランクアップマジックがある!」

f:id:OVERDRIVE:20180112213908j:plain

ジャッカル「あの時みたく上級モンスターを呼び出そうとしているねぇ~」

黒咲「くっ!」

フウロ「おっと黒咲、図星だったか!?」

黒咲「……俺はカードを3枚伏せ、ターンを終了する!」

ジャッカル「僕のターン、ドロー!!!」(残りライフ2400)

黒咲「(さあ、来るがいい!)」

ジャッカル「あっ、これか~……」

f:id:OVERDRIVE:20180112214400j:plain

ジャッカル「(一体僕に何をさせようと言うんだい?)僕はスケール2のトリッキーソーサラー・パープルクラッカーと、スケール6のトリッキーソーサラー・ブラックシューターでペンデュラムスケールをセッティングするよ!」

フウロ「来るの!?ペンデュラム召喚!」

ジャッカル「もちろんさ!でもちょっと待ってね!魔法カード、マジカル・ペンデュラム・ボックス発動!2枚ドローし、その2枚がペンデュラムなら手札に加え、違うなら捨てる!」

シュッ!!!

ジャッカル「ワァーオ!2枚共ペンデュラムカード!さてさてみなさんお待ちかね!ペンデュラム召喚だ!!!手札から現れろ!レベル4、トリッキーソーサラー・ルーキー!トリッキーソーサラー・リリカルスラッシャー!さらにレベル5のトリッキーソーサラー・ミラーダンサー2体!そして、僕はトリッキーソーサラールーキーとリリカルスラッシャーでオーバーレイ!!!エクシーズ召喚!今舞台に現れよ、ランク4!トリッキーソーサラー・スターライト・マジシャン!」

f:id:OVERDRIVE:20180112220152j:plain

ジャッカル「さらに残されたモンスターでオーバーレイ!ランク5、トリッキーソーサラー・アクロバット・サモナー!」

黒咲「エクシーズ……」

ジャッカル「さらに魔法カード、魔吸引!ブレードバーナーのオーバーレイユニットを全て取り除く!そして攻撃力は半分に!!!」

黒咲「エクシーズメタか!オーバーレイユニットを捨てさせるとは、アカデミアがやりそうな手段だな!」

ジャッカル「いや、僕のカードも対象にできるし、デメリットだけじゃないよ!墓地にオーバーレイユニットの内1体を特殊召喚できるんだ!君のを取り除いた場合、君のフィールドにだけど。ナパームドラゴニアスを攻撃表示で黒咲のフィールドに特殊召喚!」

黒咲「なんだと!?」

ジャッカル「一気に攻めるよ!アクロバットモナーは、魔法カードが発動した時、オーバーレイユニットを1つ使うことでエクストラデッキから同名モンスターをエクシーズ召喚できる!!!さらに取り除いたオーバーレイユニットは新たなアクロバットモナーに継がれる!」

黒咲「増えるのか!?」

ジャッカル「ああ!さらに速攻魔法、クラップスタナー!君のフィールドのモンスター1体の効果を無効にする!ナパームドラゴニアスの効果を無効に!」

黒咲「(ナパームドラゴニアスには自身が破壊された場合にデッキから仲間を呼ぶ効果があった……クソ)」

ジャッカル「さらにこの瞬間2体目のアクロバットモナーの効果で、3体目のアクロバットモナーをエクシーズ召喚!とぅっ!」

f:id:OVERDRIVE:20180112221149j:plain

観客「ワァァァァァァァァァァーーーーーッ!!!!!」

ジャッカル「さて、バトルフェイズといこうかな!行け!スターライトマジシャン!ナパームドラゴニアスを攻撃!」

黒咲「ぬわっ!」(残りライフ2500)

ジャッカル「どうだい?奇術師の攻撃は!」

黒咲「なかなかやるな。だがこの瞬間!スターライトマジシャンを対象に永続トラップ発動!RR-ターゲット・フラッグ!」

f:id:OVERDRIVE:20180112221649j:plain

黒咲「俺はカードを1枚ドロー!ドローカードを互いに確認する。」

ジャッカル「教えてくれるのかい?」

黒咲「カードはRR-ラスト・ストリクス。モンスターカードだ。そしてスターライトマジシャンが場を離れた時、ターゲットフラッグを破壊し、貴様の手札を確認する!」

ジャッカル「!」

黒咲「貴様の手札に、今ドローしたカードと同じ、つまりモンスターカードがあれば、破壊し墓地に送る!」

ジャッカル「でもそんなことをしても君のライフはここで尽きるんだよね~……まだ3体分の攻撃が残ってますよ!アクロバットモナーでブレードバーナーファルコンを攻撃!」

黒咲「速攻魔法、RUM-バトル・アップ・フォース!」

f:id:OVERDRIVE:20180112222208j:plain

黒咲「相手モンスターの攻撃宣言時、俺のフィールドのRRモンスターより、ライフが2つ高いRRエクシーズモンスターをエクシーズ召喚!誇り高き隼よ、英雄の血潮に染まる翼翻し、革命の道を突き進め!ランクアップエクシーズチェンジ!ランク6!RR-レヴォリューション・ファルコン!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180112222454j:plain

ジャッカル「じゃあ僕はこれでターンエンド。レヴォリューションファルコンの効果は恐ろしいからねー!」

黒咲「まだ正体を隠し通すつもりか?」

ジャッカル「何いってんのさ!ほら、君のターンだよ!早くしないと観客が冷めちゃうじゃない!」

黒咲「俺のターン、ドロー!レヴォリューションファルコンの効果発動!スターライトマジシャンを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを与える!」

ジャッカル「できないねぇ!ペンデュラム効果発動!ブラックシューターの効果で、効果対象をアクロバットモナーに!そしてダメージは、パープルクラッカーが守ってくれるよ!」

黒咲「ならばレヴォリューションファルコンのオーバーレイユニットを1つ使い、全てのモンスターへの攻撃を可能にする!バトルだ!スターライトマジシャンを攻撃!」

ジャッカル「アクロバットモナーの効果発動!攻撃対象を自身に変更し、その戦闘でのダメージを0にする!」

黒咲「フン…そんなものはその場しのぎの効果に過ぎん!もう一度スターライトマジシャンを攻撃!」

ジャッカル「じゃあ僕ももう一度アクロバットモナーの効果発動!」

黒咲「無駄だ!もう一度攻撃!」

ジャッカル「スターライトマジシャン!!!!!」

ドゴォォォォォォォォォォーーーーーーン!!!!!!!!

フウロ「ついにスターライトマジシャンが破壊されてしまいました!これでジャッカルのライフは……って、あれ?減って、ない?」

ジャッカル「パープルクラッカーのもう一つのペンデュラム効果さ。エクシーズモンスターとの戦闘で発生するダメージを一度だけ0にできる!」

黒咲「ぎりぎりのところでくたばり損なったか。だが、永続罠、RR-ターゲット・フラッグの効果!スターライトマジシャンが場を離れたため、ターゲットフラッグを破壊!そして、相手の手札を公開させる!さあ見せろ!貴様の正体を!!!!!」

ジャッカル「フフ……君が見たかったのは、これかい?」

f:id:OVERDRIVE:20180112214400j:plain

治安維持局

ゲーチス「融合?…………ッ!」

デュエルパレス サーキット

黒咲「やはりな!俺はバトルを終了し、手札から魔法カード、RR-サクリファイス・ドロー!RR-ラストストリクスを捨て、その攻守の合計分ライフを回復!そして1枚ドローする!俺はカードを1枚伏せ、ターンエンド!!!さあ使うがいい、そのカードを!!!!!」

ジャッカル「こうなったら仕方ないね……さあ、サイコーのショーを始めようか!!!!!そうだよ、僕がやりたかったのはこれだ!かつて、邪神と名乗ったあの男を倒したように!強者をたたきのめす快感に溺れたあの時のように!スリリングな戦いを!僕は求めてきた!!!だけど、口先ばかりで雑魚ばかりだった……それはデュエルの世界でも同じだった。だから待ってたのさ。こうやって、いい感じの獲物が出てくるのを!!!!!」

黒咲「貴様……」

ジャッカル「さあ! ハ ン テ ィ ン グ ゲ ー ム の 始 ま り だ ぜ !!!!!ヒャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」

続く














キャラクター紹介 64(←嘘。ネタ尽きたのでルール説明?)

ライディングデュエル

バイク……ではなくDホイールに乗って行うデュエル。シンクロ次元ではこのスタイルが主流。普通にやった方が安全だが、スリルを求めた結果こうなったのだろう……