決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

茶番ARC-V編 第63話

ライディングデュエル。それはスピードの世界で進化したデュエル。シンクロ次元で仲間を集めるため、ランサーズはライディングデュエルに挑む…!!







f:id:OVERDRIVE:20180110222040j:plain

仗助「俺も地下送りか……あとは白羅たちに任せたぜ」

遊矢「こんなの絶対間違ってる!地下送りだなんてどうかしてる!!」

フウロ「それの何がいけないのかな?」

遊矢「ファッ!?」

フウロ「遊矢、ようは勝てばいいのよ!」

遊矢「………」

フウロ「では第6試合は陸白羅と柊柚子のデュエル!両者並んでください!」

遊矢「柚子!?」

ホテル

紫咲「柚子も参加してたんかい!!」

治安維持局

ゲーチス「セレナもそうだが、あれは……………?」

コモンズのスラム街の路地裏

緑「へー、ここは呑気に大会やってるのね。まずは柚子とセレナを探して、それから戦争ね………って、あのモニターの女の子柚子じゃない!?」

デュエルパレス

柚子「白羅、全力でいくよ!」

白羅「かかってこい!柚子!!!!!」

フウロ「ライディングデュエル・アクセラレーション!!!」

柚子&白羅「「デュエル!!!」」

フウロ「今回のコースはキノコキャニオンです!さあ先攻をとるのはどっちだ!?」

柚子「私よ!私のターン!手札から幻奏の音女ソプラノ召喚!ソプラノの効果で、手札の幻奏の音姫を含む4体の幻奏と自身を融合!融合召喚!幻奏の華歌聖ブルーム・プリマ!」

f:id:OVERDRIVE:20180110232426j:plain

柚子「ブルームプリマは、融合素材×300ポイント攻撃力がアップする!よって攻撃力は3400!ターンエンドよ!」

フウロ「柚子、1ターン目から融合召喚を決めた!!!」

白羅「悪いね柚子!後攻1ターンキルを決めさせてもらうよ!!!私のターン!私は自分フィールドにカードがないとき、SM(ソニックマシーン)ハイウェイスターを特殊召喚!さらにチューナーモンスターのSMフェルフェリーを召喚!レベル5のハイウェイスターにレベル3のフェルフェリーをチューニング!シンクロ召喚!レベル8、ライト・エレクトロ・シンクロ・プリンセス!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180110233112j:plain

白羅「ライトエレクトロの効果発動。ブルームプリマを破壊するよ!」

柚子「でも破壊された場合に、墓地の幻奏カードを手札に加える!」

白羅「ライトエレクトロの効果発動!無効にして破壊し、さらに1500ダメージを与える!」

柚子「うっ……」(残りライフ2500)

白羅「さらに魔法カード、ゴールド免許!このターン、SMモンスターのみを素材としたシンクロ召喚に成功していた場合、手札からSM1体を特殊召喚!フェルフェリー!さらに墓地よりフェルフェリーを除外し、自分フィールドにレベル2のフェリートークンを特殊召喚!私は、フェリートークンにフェルフェリーをチューニング!シンクロ召喚、レベル5、TSMオープンカーゴ!」

フウロ「白羅、連続シンクロ召喚!このままでは宣言通りの1ターンキルが決まってしまうー!!!」

白羅「バトル!ライトエレクトロシンクロプリンセスでダイレクトアタック!」

柚子「墓地の幻奏の音女エコーの効果で、攻撃を無効にする!」

白羅「オープンカーゴは!手札を1枚捨てることで!シンクロモンスターに2回攻撃権を付与できる!私はライトエレクトロに与え、もう1度攻撃!!!!!」

柚子「きゃああああああーーーーーっ!!!」(残りライフ0)

白羅「計画通り……!!」

フウロ「勝ったのは陸白羅!あっという間でした!!!」

白羅「あり?柚子はどこへ?」

ホテル

遊矢「紫咲!!柚子が!!!!!」

紫咲「ええ。地下に……」

遊矢「負けたのか!?」

紫咲「白羅に……」

遊矢「…………………………………」

その頃柚子は………

柚子「離して!何するの!?」

緑「ちょっと来てもらうだけよ」

柚子「どこに!?」

緑「プロフェッサーの元へ!ルイージ!あとは頼んだ!」

ルイージ「じゃ、侵略のときまた。柚子は持って帰るから。セレナは頼んだぞ!」

緑「ええ。」

柚子「えっ、あなたたちアカデミアなの!?きゃあ!」

シュン!!

緑「あと1人。脱走したセレナだけ連れて帰ればミッションは完了……」

ホテル

黒咲「次デュエルするのは誰だ」

ほむら「私よ。相手はクロウ・ホーガン。どんなデュエルをするのかしらね」

遊矢「となると……残ったのは………」

紫咲「黒咲とジャッカル!?」

黒咲「貴様か。悪いが心置きなくいかせてもらう!」

遊矢「何言ってるんだ黒咲!仲間同士だぞ!」

黒咲「俺はこいつを疑っている」

紫咲「はぁ?」

黒咲「ジャッカルは、アカデミアのスパイではないかと疑ってるんだ!!!!!」

ジャッカル「フフッ」

黒咲「なにがおかしい」

ジャッカル「何を言い出すのかと思えば……黒咲頭打った?」

黒咲「くっ!貴様がスパイと疑わしい理由はちゃんとある!それはセレナや柚子の話になった時に動揺することだ!セレナは言った。瑠璃に似た顔の少女をプロフェッサーは集めていると!」

セレナ「その通りだ」

黒咲「プロフェッサーが探している大事な少女のことだもんな?動揺するに決まっている。一番怪しかったのは柚子がアカデミアに連れ去られた疑惑が出た時!貴様は声を漏らした……それは予定では誰かが柚子を連れ去る予定だったが、シンクロ次元に柚子がいることが発覚しその作戦が失敗したことを知ったから………そうだろ?」

ジャッカル「的外れな考察もそのくらいにしなよ。僕はアカデミアじゃない。融合なんて入ってないよ~」

遊矢「そうだ!ジャッカルは仲間だ!第一、シンクロ次元のきたときだって、ジャッカルはまとめてくれたじゃないか」

紫咲「バトルロイヤルでは私を助けたのよ」

黒咲「ならばデュエルだ!ここで正体を暴いてやる!」

ジャッカル「いいよ!お手柔らかにね☆」

黒咲&ジャッカル「「デュエル!!!」」

黒咲「俺のターン!手札からRR-スカル・イーグル召喚!さらに魔法カードRR-コールを発動!スカルイーグルをデッキから特殊召喚!俺はスカルイーグル2体でオーバーレイ!エクシーズ召喚、ランク3、RR-デビル・イーグル!スカルイーグルの効果で、デビルイーグルの攻撃力は300アップ!2体で600アップ!さらにカードを1枚セットしてターンエンド!」

ジャッカル「僕のターン、ドロー!僕はトリッキーソーサラーの古戦士レヴィとトリッキーソーサラーオウルでペンデュラムスケールをセッティング!ペンデュラム召喚!レベル5、トリッキーソーサラー・サンメイデン・パメラ3体!」

黒咲「トラップ発動!エクシーズ・リミット・チェーン!今場にいる、デビルイーグルのランク以上のレベル・ランクを持つモンスターはこのターン攻撃できず、効果は発動できない!」

ジャッカル「じゃあ3体でオーバーレイ!エクシーズ召喚、トリッキーソーサラー・アークブレイズ・ウィッチ!」

f:id:OVERDRIVE:20180111000911j:plain

ジャッカル「サンメイデンパメラの効果発動!ペンデュラムスケール2枚を破壊して、アークブレイズウィッチの攻撃力を倍にします!バトル、アークブレイズウィッチでデビルイーグルを攻撃!!!」

黒咲「ぐわああああああーーーー!!!!!」(残りライフ0)

ジャッカル「どうだい?黒咲。アカデミアじゃないだろ?」

黒咲「どうかな……!?必ず正体を暴く、覚悟しろ!」

紫咲「みんな、ほむら行っちゃったよ。てか始まるよ」

デュエルパレス

フウロ「今回のデュエルは暁美ほむらとクロウ・ホーガンのデュエルです!コースはワリオシップ!」

クロウ「悪いが、勝たせてもらうぜ」

ほむら「勝てるといいわね……」

デュエルモードオン!オートパイロットスタンバイ!

フウロ「ライディングデュエル・アクセラレーション!!!」

ほむら&クロウ「「デュエル!!!」」

続く













キャラクター紹介 62

覚醒の魔導剣士

f:id:OVERDRIVE:20180111001645j:plain

調律の魔術師との絆が生んだ、虹神が渡した白いカードの具現化した姿。時を巻き戻すことができ、その能力で墓地のギャップ・パワーを手札に加え、水晶機巧ーグリオンガンドを戦闘破壊し、遊矢の勝利に貢献した。