決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第62話

f:id:OVERDRIVE:20180107224224j:plain

遊矢「(会場はもう仗助のペースだ……)」

仗助「俺のターン!さあ、革命ののろしは上がったぜ!バトルだ!立ち上がれコモンズよ!今こそ革命の時だ!!!俺たちの未来を掴みとる時だ!!!!!フェニキシオンで攻撃!ここで永続罠発動!クリストロン・ボルテージ!攻撃宣言時に、500ダメージを与える!これは、トップスの奴らに住家を奪われ、毎日を寒さに震えて暮らす苦しみだ!!!!!」

遊矢「くっ!」(残りライフ3500)

仗助「そして、ヘイタイガーを攻撃!これは、食べる物もなく、やせ細っていった仲間の恨み!!!!!これが俺たちの、トップスへの怒りだァーーーーーッ!!!!!」

遊矢「くぅ……そんなもの!俺に攻撃したところでただの逆恨みじゃないか!」(残りライフ2400)

仗助「だから言っただろ!革命への踏み台になってもらうって!!!ターンエンド!」

遊矢「いくぞ!俺のターン!俺は魔法カード、EMペンデュラムボックス発動!手札のアクションマジックーフルターンを捨てて、墓地に存在するか、除外されているEM2体を手札に加える!そしてEMドラネコとEMエクストラシューターでペンデュラムスケールを再セッティング!!!さらに魔法カード、ディファレントドロー!!3枚ドローし、モンスターと魔法カードと罠カード1枚ずつが引ければ成功!それ以外の組み合わせなら手札を全て除外する!ただしこのターン、エクストラデッキからの特殊召喚はできない!ドロー!」

仗助「運頼みか!」

遊矢「いくぞ!ペンデュラム召喚!手札から刻剣の魔術師!刻剣の魔術師は、手札から自身のみがペンデュラム召喚された時、攻撃力が倍になる!2800だ!さらに魔法カード、ギャップ・パワーを発動!刻剣の魔術師の攻撃力は、俺の仗助のライフ差の半分となる!ライフは2400VS4000!差は1600だ!よってその半分の800アップ!バトルだ!刻剣の魔術師でフェニキシオンを攻撃!」

仗助「ぐわあっ!」(残りライフ3200)

遊矢「カードを1枚伏せてターンエンド!」

仗助「ドロー!永続魔法、クリストロンギャザリングを墓地に送り、手札からクリストロン1体を特殊召喚!来い、サルファフナー!さらに永続罠クリストロンボルテージを墓地に送り、墓地のクオンを特殊召喚!さらに手札から水晶機巧ーリオンを通常召喚!さあ!また仲間は集った!革命の始まりだァァァァァァ!!!!!」

遊矢「仗助!お前の気持ちはわかる。でも、そうやって憎み合ってるだけじゃ何も変わらない!」

仗助「じゃあどうしろと!?」

遊矢「何かあるはずだ!和解できる道が!フレンドシップカップはシティのみんな、コモンズとトップスが一つになる大会だろ!?こんな怒りに任せたデュエルで、みんなが一つになるはずない!(これまでの8人や、ジャックのデュエルでは盛り上がっていた笑顔で楽しくみんなデュエルを見ていた…でもコモンズの怒りは計り知れないものなのだろう…だから仗助が火をつけた瞬間………)」

仗助「和解だとー!?勝手に仲間を地獄に送り、大勢の人間を虐げてきた奴らと和解なぞできるわけねーだろうがよォ」

遊矢「でも、こんなことになったのは何か原因があるはずだ!黒幕がいるはず………なんだ」

仗助「いくぜ!俺はレベル5のサルファフナーに、レベル3のリオンとレベル1のクオンをダブルチューニング!!!」

フウロ「えーっ!?それってジャックしかできないんじゃないの!?」

デュエルパレス

ジャック「なんだと!?確かあいつはアクセルシンクロが可能だ…まさかバーニングソウルも使えるのか!?」

仗助「弱き者共よ!今その力を結集し、巨壁を穿つ閃光となれ!シンクロ召喚、レベル9!水晶機巧ーグリオンガンド!」

f:id:OVERDRIVE:20180107234304j:plain

仗助「見ろ!コモンズの仲間たち!これが俺たちのシンクロモンスターだ!さあ、このモンスターのように集え!俺たちの手で、社会を変えるんだァァァァァァ!!!!!」

観衆のコモンズ『ワァァァァァァァァァァァァ!!!!!』

トップスの人「遊矢!早くあのうるさい仗助をやっつけて!」

トップスの人「そうだそうだ!変な頭しやがって!」

…変な頭しやがって!

………変な頭しやがって!

……………変な頭しやがって!



プッツ~~ン




f:id:OVERDRIVE:20180107235110j:plain

仗助「今……俺の頭のことなんつった!!!!!」

遊矢「!?」

仗助「けなすやつぁゆるさねぇ~~~ッ誰であろうと!もうこうなれば止まらねぇ!必ず潰す!革命を起こしてやる!グリオンガンドの効果発動!シンクロ素材としたモンスターの数だけ相手フィールド・墓地のモンスターを除外する!除外するのは刻剣の魔術師、EMシルバークロウにヘイタイガーだ!」

遊矢「トラップ発動!王宮の鉄壁!このカードがある限りカードは除外されない!」

仗助「じゃあよぉー………………直接!ブチのめせばいいんだよなぁーッ!グリオンガンドでシルバークロウを攻撃!」

遊矢「うわぁっ!」(残りライフ1200)

仗助「アクションマジックーダブル・バンキング!手札のアクションマジックーパワフルキノコを墓地に送ってもう一度攻撃できる!さらにクリストロンの戦闘時、墓地からクリストロンボルテージを除外することで攻撃力は戦闘時900アップする!」

遊矢「くっ………」(残りライフ900)

仗助「ターンエンド!!!!!」

観衆のコモンズ『仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!仗助!』

行政評議会

マスワイ「どうやらタキさん、このままじゃあ暴動が起こってしまうようですよ?協力しようと僕から言っておいてアレですが、こんな格差社会を作り上げた次元と組むとは今となっては……」

タキ「これは全て治安維持局長が決めたことなのです。行政評議会と治安維持局は互いに同等の権限を持っていますが……この街のトップが治安維持局長になるルールがありますから……私たちはそれに従うまで」

治安維持局

ゲーチス「どうせできはしません。口先ばかりで行動を起こさぬからこそ、長年トップスに抑えられてきた。それがコモンズです!せいぜい大声で叫び、鬱憤を晴らすといいでしょう……」

ミュートシティ

仗助「遊矢!必ずお前を倒し、革命の先頭に立つ!」

遊矢「俺のターン!魔法カード、マッチポンプを発動!1枚ドローし、そのカードがレベル4以下のモンスターならば特殊召喚!しかしそうでないなら除外する!ただし、ペンデュラムモンスターをドローし特殊召喚した場合は、破壊しエクストラデッキに送る!そしてこのターン、マッチポンプの効果以外で特殊召喚ができない!」

仗助「なるほどね……」

遊矢「ドロー!!」

f:id:OVERDRIVE:20180108001854j:plain

遊矢「これは!?調律の魔術師!?」

仗助「どうしたー?早くしろよ」

遊矢「守備表示で、調律の魔術師を特殊召喚!」

f:id:OVERDRIVE:20180108002052j:plain

デュエルパレス

サム「調律の魔術師!?あれは僕が遊矢さんに託したカード!ジャックに返してほしいと言ったのに……あんなカードを使ったら、大変なことに……!!」

ジャック「何故あのカードを遊矢が……!?」

ミュートシティ

遊矢「このカードが特殊召喚に成功した時、相手のライフポイントを400回復し、俺は400ダメージを受ける!」(残りライフ500)

仗助「おめー何考えてんだ!?」(残りライフ3600)

遊矢「エクストラシューターのペンデュラム効果発動!エクストラデッキのペンデュラムモンスター×300ダメージを与える!600ダメージをくらえ!」

仗助「実質ー200だがな」(残りライフ3000)

観客「そんな使えないカード入れてんじゃねぇ!」

観客「このマヌケが!」

観客「失せろザコ野郎!さっさと負けろ!」

遊矢「そんなことない!!!!!どんなカードにも役割がある!思いを受け止めれば、必ずカードは応えてくれる!信じていれば、必ず…………(調律の魔術師、お前は使う者を傷つけるだけのカードじゃあないはずだ)ターンエンド!」

仗助「今度こそトドメをさしてやるぜ!俺のターン!魔法カード、チューナーズ・レボリューション!墓地の攻撃力500以下のチューナーを全て除外し、グリオンガンドは2回攻撃が可能となる!バトルだ!グリオンガンドで調律の魔術師を攻撃だ!」

遊矢「調律の魔術師!」

仗助「これで終わりだ!グリオンガンドで榊遊矢にダイレクトアタックだ!!!!!革命ののろしを上げる口火となれ、榊遊矢ァァァァァァァァァァァァ!!!!!」

遊矢「EMドラネコのペンデュラム効果発動!場にモンスターがいないとき、戦闘ダメージを0にする!」

仗助「くっ……!!ターンエンド!」

遊矢「このままじゃ終わらない!俺のターン!」

仗助「フッ」

遊矢「(ドローしたカードは死者蘇生………!このカードで蘇生できるカードは、俺の墓地のヘイタイガー、調律の魔術師と…仗助の墓地のローズニクス、プラシレータ、サルファフナー、フェニキシオン……攻撃力が一番高いフェニキシオンを奪っても、グリオンガンドには敵わない……)」

シューン!

f:id:OVERDRIVE:20180108004149j:plain

遊矢「(調律の魔術師?それに、俺のエクストラデッキが光って…………これは、虹神からもらったカード!)」

回想虹神「そいつはお前の力によって形が決まる。どんなカードになるかはお前によって決まるんだ。きっと、お前のピンチに応えてくれるよ。」

遊矢「(まさか、調律の魔術師が………)」

ドドドドドドドドドドドドドドドド

f:id:OVERDRIVE:20180108004816j:plain

遊矢「(そうか!お前は………!!)」

仗助「どうした?いまさらビビったか!?」

遊矢「俺は、セッティング済みのペンデュラムスケールを使い、ペンデュラム召喚!刻剣の魔術師、EMシルバークロウ!さらに魔法カード死者蘇生発動!墓地から調律の魔術師を特殊召喚だ!」

全員『!?』

遊矢「調律の魔術師の効果発動!ぐっ!」(残りライフ100)

仗助「血迷ったか遊矢!!」(残りライフ3400)

遊矢「いいや、これでいいのさ!俺はレベル4のシルバークロウ、レベル3の刻剣の魔術師に、レベル1の調律の魔術師をチューニング!!!」

仗助「何!?」

遊矢「(これが、虹神にもらったカード……今、覚醒する!)」

行政評議会

マスワイ「ペンデュラムからのシンクロ!」

ホテル

紫咲「遊矢がシンクロを!?」

別室

ユーゴ「面白くなってきたじゃねぇか……!」

デュエルパレス

ジャック「フン……」

治安維持局

ゲーチス「さすがですね……邪魔者ランサーズ」

ミュートシティ

遊矢「剛毅の光を放つ勇者の剣、今ここに閃光と共に目覚めよ!!!シンクロ召喚!レベル8、覚醒の魔導剣士(エンライトメント・パラディン)!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20180108005859j:plain

遊矢「覚醒の魔導剣士の効果発動!」

ドォォォォォォォォーーーーーン!!!!!

f:id:OVERDRIVE:20180108011019j:plain

「?!だんるいてき起が何体一」助仗

「?!っーーーーるいてっ戻が間時っはれこっこ」ロウフ

遊矢「時を遡り、ギャップパワーを手札に加える!時間よ、
元に戻れ!」

仗助「はぁ…はぁ……バイツァ・ダストかと思ったぜ……」

フウロ「さっきのは一体!?」

遊矢「ギャップパワー発動!ライフポイントの差の半分、覚醒の魔導剣士の攻撃力をアップさせる!100と3400で差は3300!よって攻撃力は2500に1650を足した4150!」

仗助「グリオンガンドの攻撃力を上回った!?」

遊矢「調律の魔術師のおかげさ……使えないカードなんてない!カードの思いを受け止めれば、必ず応えてくれるんだ!!!!!!!!!!」

仗助「あの貧弱なモンスターが………!!」

遊矢「バトル!覚醒の魔導剣士で水晶機巧ーグリオンガンドを攻撃!」

仗助「!!!!!」(残りライフ2250)

遊矢「さらに!モンスターを破壊した場合、その攻撃力分のダメージを与える!!!」

仗助「グリオンガンドの攻撃力は3000………!!うおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーッ!!!!!」

ドォォォォォォォォーーーーーン

仗助「小さな力を束ね……………デュエルに革命を起こしたのはお前ってわけか………………………」(残りライフ0)

フウロ「決まったァァァァァァ!勝ったのは、榊遊矢!」

続く








キャラクター紹介 61

ホワイト・タキ 『2』 【遊戯王ARC-V

f:id:OVERDRIVE:20180108012459j:plain

シンクロ次元の行政評議会のトップ。ゲーチスからは老いぼれ呼ばわりされている。いつもニコニコしてるおじいちゃん。