決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第54話

f:id:OVERDRIVE:20171227232335j:plain

シンクロ次元マスワイサイド

マスワイ「遊矢、お前にはこの次元のデュエルキングのジャック・アトラスとデュエルしてもらう。」

遊矢「なんだって!?」

権現坂「ラッキーだな、遊矢」

ジャッカル「えー、僕もデュエルしたかったなー」

ほむら「なぜ?」

マスワイ「すぐわかる!」

ガチャン

シティー行政評議会ビル 評議長ホワイト・タキの部屋

マスワイ「タキさん、連れてきました。彼が榊遊矢です」

f:id:OVERDRIVE:20171227225629j:plain

タキ「君が榊遊矢君かい?」

遊矢「あっ、ハイ」

タキ「ここに来るまでに宣伝していたと思うけどフレンドシップカップはご存知かね?」

遊矢「あー、見かけました」

タキ「ならばよろしい。ランサーズは我々と同盟を結びたいそうだね。ならばフレンドシップカップに出場し、我々の前にその実力を見せ、同盟を結ぶに値する相手だということを示していただきたい。君たちは異次元から来たそうで、見たこともない召喚法、ペンデュラム、融合、エクシーズを扱うそうで、ランサーズは全員がペンデュラムを使えるそうだね。でも君は唯一一人だけエクシーズとペンデュラムの合体モンスターを扱うそうじゃないか。他の誰も使えない。それを、フレンドシップカップの前夜祭、キングとのエキシビションマッチで見せていただきたい」

遊矢「は、はあ……(エクシーズペンデュラムモンスター、オッドアイリベリオンか)」

タキ「それと、マスワイを除くランサーズの全員はフレンドシップカップに登録しました。誰か一人でもキングを倒せれば、同盟の件は承諾しましょう」

ジャッカル&権現坂&ほむら「「「!?」」」

マスワイ「というわけだ。よろしく頼むよ。他のメンバーはどこにいるか知らないか?」

ジャッカル「これで通信できますよ、リーダー!」

マスワイ「そうか」

シンクロ次元紫咲サイド

ユーゴ「はー、腹一杯食ったぜ!って、やべ!みんな、予選の時間だ!行くぞ!」

黒咲「待て!ユーゴ!」

ユーゴ「なんだ?」

黒咲「貴様に一つ聞きたいことがある。貴様がユートを殺したのか!!!」

全員「!?」

黒音「そいつは聞き捨てならないね」

紫咲「黒音!」

柚子「違うわ!彼はたしかにユートとデュエルした…」

黒咲「遊矢に多少話を聞いた。これから仲間になるのだからランサーズの全員には少しの信頼はしている……今回の4人チームでも沢渡を除き俺は信頼できている」

沢渡「なんで俺は信頼されてないんだよ!?」

セレナ「柚子捜索をサボったからだろ」

黒咲「その仲間の遊矢からの情報だ。それに遊矢はユートの魂を受け継いでいる。ユートは遊矢の中にいる。だがその前に、何故ユートが消えたのか?遊矢はいった。ユーゴのデュエルに敗北し消滅したと!!!ここでデュエルだ。お前をカードにしなきゃあ気が済まない!!!!!」

紫咲「待って黒咲!マスワイ、向こうのチームから連絡よ!」

黒咲「なんだと!?くっ、必ず後で叩き潰す。覚悟しろ!」

そして日も暮れ………その日の夜

パァン!パァン!

ワァァァァァァァァァァァァァア!!!!!

フウロ「本日は皆さん、御集まりいただきありがとうございます!!フレンドシップカップ前夜祭、キングのエキシビションです!!!今回実況は、空中から私フウロがお送りいたします!」

ワァァァァァァァァァァァァァア!!!!!

ユーゴ「なんとか俺ら全員予選勝ったぜ……」

柚子「勢いで私まで参加資格ゲットしちゃった……てか、なんで登録するときに私の名前リンって書こうとしたのよ!」

ユーゴ「悪い悪い。それほど似てるんだよ!それより、前夜祭だ!キングのデュエルが見れるぞー!!」

観客たち『キング!キング!キング!キング!キング!キング!キング!キング!キング!キング!キング!キング!』

フウロ「あーっ、待って待って!まずはキングに挑む勇敢なるチャレンジャーを紹介させて!」

控え室

遊矢「(俺が選ばれたからには俺のデュエルで、会場を盛り上げ、勝ってみせる!)」

マスワイ「遊矢、お前のやりたいようにやれ。じゃ、案内役のサム君に後は任せる。僕は退室するよ」

サム「……………」

遊矢「君もジャックのファンなのかい?」

サム「……………ぅん」

遊矢「(どうしたんだろう、もしかして聞かない方がよかったかな?)ご、ごめん、変なこと聞いちゃって。」

サム「時間です。ついてきてください」

遊矢「うん。」

会場 デュエルパレス

フウロ「未知の召喚法、融合、エクシーズ、ペンデュラムを操るデュエリスト、榊遊矢です!!!!!」

遊矢「どわぁーっ!本当にバイクに乗ってデュエルすんのかよ!?」

ユーゴ「あいつ…俺と顔にてんな!」

柚子「やっぱり遊矢も来てたのね!」

フウロ「次は、我らがキング、ジャック・アトラス!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227232737j:plain

観客「ジャックー!いけー!」

観客「アトラス様ー!!!」

観客「そんなやつさっさと叩き潰せ!!」

ジャック「早まるな。キングのデュエルは、エンターテイメントでなければならない!!!!!」

遊矢「エンタメ!」

ジャック「予告しよう。ターン1、先攻をとるのはこの俺だ!その幕開けに続き……ターン2!相手にも十分に見せ場を与え、ターン3!最後は、それを上回る圧倒的な力の差を見せ付ける!今宵は3ターン目で俺の魂のカード レッドデーモンズドラゴンスカーライトと共に勝利する!!!」

フウロ「では、行きましょう!」

デュエルモードオン!オートパイロットスタンバイ!

フウロ「ライディング・デュエル・アクセラレーション!!!!!」

遊矢&ジャック「「デュエル!!!」」

ジャック「先攻はもらった、俺のターン!俺はレッド・スプリンターを召喚!効果発動!場にレッドスプリンター以外のモンスターがいない時、手札墓地よりレベル3以下のモンスターを特殊召喚できる!来い、レッドリゾネーター!!!レッドリゾネーターの効果発動!レッドスプリンターの攻撃力分、俺のライフを回復する」(残りライフ5700)

遊矢「レッドリゾネーターはチューナー……」

ジャック「俺はレベル4のスプリンターにレベル2のレッドリゾネーターをチューニング!!!シンクロ召喚、レッド・ワイバーン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227234227j:plain

ジャック「さらに魔法カード、チューニングバーン発動!互いに1000ダメージを受ける!さらに魔法カードチューニングヒール発動!俺はレッドワイバーンの攻撃力分回復する!」(残りライフ7100)

フウロ「キングいきなりのシンクロ召喚!これからもキングの筋書き通りに進んでいくのか!?」

ジャック「俺はカードを1枚セットし、ターンエンドだ!さあお前のターンだ、せっかくの見せ場をくれてやるのだからな、ガッカリさせるなよ!」

遊矢「見せてやるさ!俺なりのデュエルを!俺のターン!ドロー!俺はスケール3の相克の魔術師とスケール8の相生の魔術師でペンデュラムスケールをセッティング!ペンデュラム召喚!オッドアイズペンデュラムドラゴン!!EMプラスタートル!EMアメンボート!」

観客「3体同時召喚!?」

遊矢「LadiesandGentleman!お楽しみはこれからだ!俺はプラスタートルとアメンボートでオーバーレイ!エクシーズ召喚、ダークリベリオンエクシーズドラゴン!!!」

観客「今度はなんだ!?シンクロとは違う召喚だ!」

遊矢「ダークリベリオンの効果発動!」

ジャック「レッドワイバーンの効果発動!ダークリベリオンを破壊する!」

フウロ「おっと!?速攻でエクシーズモンスターが破壊されてしまった!」

遊矢「速攻魔法、リベリオンリボーン!効果破壊されたモンスターを、墓地から蘇らせる!」

ユーゴ「あれは、ユートのドラゴン!」

遊矢「さらに、ダブルペンデュラム効果発動!」

f:id:OVERDRIVE:20171227235406j:plain
f:id:OVERDRIVE:20171227235436j:plain

遊矢「ダークリベリオンのレベルを7に!俺はさらにオッドアイズとダークリベリオンでオーバーレイ!!!覇王黒竜オッドアイリベリオンドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227235540j:plain

フウロ「エクシーズとペンデュラムモンスターからさらにエクシーズ召喚を決めた!?」

黒咲「ユート……」

遊矢「オッドアイリベリオンの効果発動!レベル7以下のモンスターを破壊し、破壊したモンスターの数×1000のダメージを与える!3ターンで俺が負ける?ならばこのターンで決着をつける!オッドアイリベリオンは3回攻撃できる!!!!!」

ジャック「………」(残りライフ6100)

フウロ「な、な、なんと黒いドラゴンは破壊効果に加え、連続攻撃効果も持っていた!?これはジャック大ピンチ!」

遊矢「1回目の攻撃!」

ジャック「ぐおあーっ!」(残りライフ3100)

遊矢「2回目の攻撃!」

ジャック「ぐぬぬぬぬ!!!」(残りライフ100)

遊矢「最後だ!反旗の逆鱗、ストライクディスオベイ!!!」

観客「ジャックーーー!!!!!」

フウロ「嘘!?ジャックが負ける!」

ドゴォォォォォォォン!!!

ジャック「トラップ発動!」

f:id:OVERDRIVE:20171228000212j:plain

ジャック「リジェクト・リボーン!その効果により、墓地からレッドワイバーンとレッドリゾネーターを特殊召喚!さらにレッドリゾネーターの効果で俺は3000ライフ回復する!」(残りライフ3100)

遊矢「なんだって!?くっ…俺は……ターンエンド……」

フウロ「すっごーい!!!驚きの展開です!さすがジャック!!!」

観客「ワァァァァァァァァァァァァァア!!!!!」

フウロ「さて、アクションカードを双方獲得し、キングのターンです!」

ジャック「俺のターン!ドロー!貴様、エンタメデュエリストと言ったな。観客を湧かせたのは褒めてやる。だが、勝利を掴めないなら意味はなし!見せてやる、俺たちの絆を!」

遊矢「墓地のリベリオンリボーンを発動!相手の場のレベルの低い方のモンスターを破壊する!レッドリゾネーターを破壊!」

ジャック「フン。俺はさらにレッド・シンクロンを召喚!」

クロウ「シンクロン!あいつ、遊星の………」

ジャック「シンクロンは、俺の友が遺してくれたカード!俺は何も一人でここまで来たのではない。俺は、人々との絆の力ではい上がった!それがコモンズの絆だ!!!俺はレベル6のレッドワイバーンに、レベル2のレッドシンクロンをチューニング!!!!!王者の咆哮、今天地を揺るがす。唯一無二なる覇者の力、その身に刻むがいい!!シンクロ召喚、荒ぶる魂、レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171228001340j:plain

ジャック「スカーライトの効果発動。スカーライトの攻撃力以下のモンスターを破壊し、1体につき500ダメージを与える!アブソリュート・パワー・フレイム!」

遊矢「うっ!」(残りライフ2500)

ジャック「レッドシンクロンをシンクロ素材にしたモンスターの攻撃力は1000ポイントアップ!スカーライトで、榊遊矢にダイレクトアタック!灼熱の、クリムゾン・ヘルバーニング!!!!!」

遊矢「アクションマジックー回避!攻撃を無効にする!」

ジャック「アクションマジックーノー・アクション!速攻魔法カードの効果を無効にする!キングの前にひれ伏せ!!!!!」

遊矢「うわあああああああああ!!!!!」(残りライフ0)

フウロ「勝者、ジャックアトラスゥゥ!!!!!」

観客「ワァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!」

続く







キャラクター紹介 53

クロウ・ホーガン 『2』 【遊戯王5d's/遊戯王ARC-V

f:id:OVERDRIVE:20171228002041j:plain

コモンズの青年。昔はジャックとは仲間だったが、ジャックがキングになると同時に距離が離れてしまった。子供が好きでとても面倒見のよい兄貴的な存在。やや短気ではあるが人情的な男である。