決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第52話

f:id:OVERDRIVE:20171226235053j:plain

紫咲&仗助「デュエル!!!」

仗助「俺の先攻でいかせてもらうぜ!俺は手札から魔法カード、ワン・フォー・ワンを発動!手札から水晶機巧ーシストバーンを墓地へ送り、デッキからレベル1のチューナーモンスター、水晶機巧ークオンを特殊召喚!さらに俺はチューナーモンスター、水晶機巧ーシトリィを召喚し、カードを1枚伏せてターンエンドだ!」

紫咲「それで終わり?」

沢渡「ふっ、こっちの次元も大したこたあねーな」

仗助「それはどうかな……次のてめぇのターン!てめぇは俺に1ダメージも与えることはできねぇ!さあ、やってみな!」

紫咲「ドロー!!私はスケール1の変身の魔女とスケール8の炎剣の魔女でペンデュラムスケールをセッティング!!!ペンデュラム召喚!レインボーリングペンデュラムプリンセス!!!さらに蒼剣の魔女、武装の魔女!」

仗助「それはさっきのペンデュラムとかいったカード!」

クロウ「下級モンスター2体と、上級モンスターが同時に召喚された!?」

沢渡「フッ、そうだぜ、すごいだろ!もっとも、ペンデュラムを一番うまく扱えるのはこの俺、沢渡シンゴだかな!」

セレナ「だが我々ランサーズは全員がペンデュラムを使える。こいつと違って私はペンデュラムからの融合召喚だってできる」

紫咲「なら私はペンデュラムからのエクシーズ召喚を見せてあげるわ!私は、レベル4の蒼剣の魔女と武装の魔女でオーバーレイ!!!エクシーズ召喚、メタルリベンジエクシーズプリンセス!!!!!」

黒咲「フン……」

紫咲「炎剣の魔女のペンデュラム効果発動!1枚ドローする!バトルよ!レインボーリングでクオンを攻撃!」

仗助「クオンのモンスター効果発動!手札より水晶機巧ースモーガーを特殊召喚し、シンクロ召喚を行う!」

f:id:OVERDRIVE:20171227000712j:plain

紫咲「相手ターンに、」

セレナ「シンクロ召喚!?」

仗助「俺はレベル3のスモーガーにレベル1のクオンをチューニング!!シンクロ召喚!レベル4、水晶機巧ークオンダム!!!」

紫咲「でも攻撃を続けるわ!」

仗助「させるか!シトリィの効果発動!墓地からシストバーンを特殊召喚し、シンクロ召喚する!」

f:id:OVERDRIVE:20171227000814j:plain

紫咲「またー!?」

沢渡「今度は墓地かよ!」

仗助「レベル3のシストバーンにレベル2のシトリィをチューニング!!!シンクロ召喚!レベル5、水晶機巧ーアメトリクス!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227001133j:plain

仗助「アメトリクスの効果で、特殊召喚されたモンスターは守備表示となる!」

紫咲「ターンエンド!」

仗助「ドロー!!」

黒咲「厄介だな。」

セレナ「モンスター効果で、相手ターンにシンクロ召喚とは……」

沢渡「だが、破壊されようとペンデュラムモンスターはペンデュラム召喚によってエクストラデッキから蘇る!!一撃で仕留めなきゃ無駄だぜー!!」

仗助「教えてくれてありがとよ!ようはあのペンデュラムスケールを消せばいいんだろ!?俺はレベル5のアメトリクスに、レベル4のクオンダムをチューニング!!!」

クロウ「来るぜ!『アクセルシンクロ』が!あいつの穢れなき黄金の精神が切り開いた境地!俺の仲間だったが突如失踪した遊星も、アクセルシンクロを使ってたな……」

仗助「純粋にして透明なる心持つ戦士の絆、ここに顕現す。煌めく魂を今一つに、孤高の輝き解き放て!アクセルシンクロ!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227005027j:plain

仗助「降臨せよ、水晶機巧(クリストロン)ーフェニキシオン!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227002724j:plain

仗助「フェニキシオンがシンクロ召喚に成功した時、相手
の魔法トラップ全てを除外する!」

紫咲「ペンデュラムカードが!でもあなたなんでペンデュラムカードが魔法カードってわかったの!?」

仗助「そりゃあよー、ペンデュラムカードの下半分が魔法カーと同じ色してたからな。そんだけだ」

クロウ「すげえな!俺も負けてらんないぜ!」

黒咲「シンクロモンスター同士でシンクロ召喚……スタンダードにはなかった召喚だ。まさか、RUM同様次元独自の進化した召喚法」

クロウ「いや、今のところアクセルシンクロができるのはこの街に仗助しかいない!」

仗助「バトルだ!メタルリベンジエクシーズプリンセスを攻撃!クリスタル・フェニックス!!!速攻魔法、クリストロン・ショック!水晶機巧(クリストロン)がモンスターを破壊したら1500ダメージ与える!」

紫咲「破壊された!ぐおあーっ!」(残りライフ2500)

仗助「さらにアイテムボックスから入手した、アクションマジックーダブル・バンキングを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20171227003702j:plain

仗助「もう一撃食らえ!!!!!」

紫咲「くっ!」(残りライフ1000)

仗助「ターンエンドだ!」

紫咲「ドロー!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227003925j:plain

紫咲「このカードは虹神にもらった……よし!私はスケール4の翻弄の魔女と、スケール9の蛇使いの魔女でペンデュラムスケールをセッティング!!!ペンデュラム召喚!レインボーリングペンデュラムプリンセス、手札からWGタブーデビル!」

仗助「無駄だぜ!それでもフェニキシオンには敵わない!」

紫咲「チューナーモンスター、灰流うららを召喚!」

沢渡「チューナーだと!?」

セレナ「まさか、シンクロ召喚!」

クロウ「あいつ、シンクロモンスターも操るのか!?」

黒咲「バカな、あいつはこれまでシンクロ召喚をしたことはない」

紫咲「蛇使いの魔女のペンデュラム効果!レインボーリングのレベルを5にする!私は、レベル5のレインボーリングペンデュラムプリンセスにレベル3の灰流うららをチューニング!!!」

仗助「なにぃーっ!?」

紫咲「虹彩操る姫よ、春風纏いし霊と共鳴し、烈火の魔法で焼き尽くせ!!!シンクロ召喚、レベル8、レインボーブレイズ・ペンデュラム・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171227112818j:plain

紫咲「さらに、アクションマジックートゲゾーこうらを発動!」

f:id:OVERDRIVE:20171227112853j:plain

紫咲「仗助のライフを半分にする!バトルよ!レインボーブレイズペンデュラムプリンセスで、クリストロンフェニキシオンを攻撃ィ!」

仗助「うおあっ!!!だがよォー、俺のライフはまだまだ残ってる!」(残りライフ1800)

紫咲「レインボーブレイズの効果発動!フェニキシオンの攻撃力分ダメージを与える!!!!!」

仗助「な、なにぃーっ!?!?」(残りライフ0)

続く










キャラクター紹介 51

東方仗助 『1』 【ジョジョの奇妙な冒険

f:id:OVERDRIVE:20171227004957j:plain

コモンズのデュエリスト。アクセルシンクロというシンクロ召喚の境地を使える。スタンド能力という特殊な能力を持った男であったが、何より凄いのは正義の中にあるという黄金の精神。それによってアクセルシンクロが成功している。かつて髪のはねた紫服の男と共に戦ったらしい。