決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は無言で帰りなさい!)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第49話

f:id:OVERDRIVE:20171225164012j:plain

お…!……ろ!


……!…きろ!



おい!…きろ!

ユーゴ「おい!起きろ!!!」

柚子「ハッ!………ここは?あなたは?」

ユーゴ「ここはシティ。俺の地元だ。そして俺はユーゴだ!」

柚子「アッ!アカデミア!?融合使いね!?」

ユーゴ「融合じゃねぇ、ユーゴだ!にどとまちがえるな くそが」

柚子「ご、ごめんなさい…!!ここは?シティ?ビーチシティじゃないの?というかバトルロイヤルは……?そういえばあの時、変なボタン押して………」

ユーゴ「ここはお前の住んでたスタンダード次元とは違う次元。俺の生まれ育った場所だ!ここはシンクロ次元!てかやっぱお前リンじゃねぇな」

柚子「リン?」

回想ユーリ「それにしてもホントにそっくりだね、瑠璃やリンに。」

柚子「あの時私を追ってきたデュエリストは瑠璃やリンも連れ去ったって……」

ユーゴ「やはりな。でも白羅がもうぶっ飛ばしてくれただろ」

柚子「……でもリンは帰ってきてないんでしょう?」

ユーゴ「ああ………」

柚子「リンはきっとアカデミアにいるわ!」

ユーゴ「アカデミア!?さっきもそれ言ってたな。何なんだそれ?」

柚子「融合次元のデュエル戦士養成施設よ。きっとそこにリンはいる。だって、リンを連れ去ったのは融合使いのユーリなんだから!」

ユーゴ「じゃあ!あいつは!?黒髪のエクシーズ使いは誰なんだ!俺、あいつを犯人だと思って………デュエルまで挑んだんだよ」

柚子「それはユートよ。ユートは瑠璃を探してるわ。瑠璃もリン同様アカデミアに連れ去られたんだって。それによく考えたら瑠璃を探してるユートがあなたの大切な人をさらうわけもないわね」

ユーゴ「たっ、大切な人ォ!?」

柚子「そうなんでしょ?リンはあなたの恋人…」

ユーゴ「いやいやいやいやいやいや!!!ただの幼なじみだよォ~……恋人なんて、そんなぁ~まだナニもシてないしさぁ~ぁ……」

柚子「ところで、遊矢、ユート、ユーゴ、そして私を追いかけてきたあいつ…顔がそっくりね」

ユーゴ「そうだな」

柚子「あなたはユートの顔をきっとリンをさらったやつと勘違いしたのよ」

ユーゴ「確かに!俺とエクシーズ使い(ユート)、さらったやつ(ユーリ)、それにスタンダードであったあいつ(遊矢)も…いや、待て待て待て待て待て待て!同じ顔をした奴らがこんなにって……世界にゃそっくりさんが3人はいるって……よく言うだろ?偶然さ」

柚子「でもなんであなたたちは引かれ合うの?ユーゴはどうやってスタンダードに」

ユーゴ「クリアウィングが導いてくれたんだ!だが、自分からそれを行うことはできない……リンに対する俺の思いが通じて、スタンダードやハートランドに行けたのかな?」

柚子「たぶん偶然じゃない。なんらかの力であなたたちは引かれ合っている。だから」

ユーゴ「俺は顔が似ている奴ら3人に会ってる…?いや、絶対偶然だ!」

柚子「あなただけじゃない!私も、リンと似てるんでしょう?それに、私に似た人はまだ2人いる。セレナと瑠璃。瑠璃はエクシーズ次元。セレナは融合次元よ。この世界は、4つの次元に分かれてる。融合、シンクロ、エクシーズ、スタンダード。アカデミアは、4つの次元を一つに統合しようとしてる」

ユーゴ「4つを1つに!?」

柚子「そのためにアカデミアは戦争まで起こしてるの」

ユーゴ「あいつら…だからハートランドは荒廃してたのか。そしてそのセレナって奴は、悪の軍団の一味ってわけだな」

柚子「うん。でもセレナはアカデミアに追われてるの。アカデミアのボス、プロフェッサーは私に似た顔の人たちを集めようとしてるから…だから、きっとセレナも。どうして集めようとしてるかわからない。何故あなたたちもそっくりなのかもわからない。そして紫咲たちも……」

ユーゴ「紫咲?」

柚子「ええ。あの時戦ってくれた白羅も、似た人がいる。紫咲とエクシーズの黒音。もしかしたら融合にもいるかも……」

ユーゴ「そっか。リンに会いたいなぁ…」

柚子「リンはどんな人なの?」

ユーゴ「リン?リンは口うるせーやつだ。お母さんみてーにあれはダメこれはダメってよォー」

柚子「フフ、本当にお母さんみたいね」

ユーゴ「なぁ?この例え素晴らしいだろ!ま、俺もリンも、本当の母親を知らないんだけどな。俺、リン、白羅は孤児院の出身なんだ」

柚子「私も……本当の母親を知らないわ」

ユーゴ「また謎だ……頭痛いぜ」

シティの人「君たち、そこで何をしている?」

ユーゴ「!」

シティの人「君たち、コモンズかね?あそこにあるのは君のDホイールかい?」

ユーゴ「やべぇ!柚子!出ていくぞ!!!まずい、薄々気づいてはいたがここはトップスの別荘だ!!!逃げるんだよォ!乗れ!」

シティの人「待ちなさい!」

柚子「えっ!?」

ユーゴ「いいから早く!」

柚子「わ、わかった……」

ユーゴ「Dホイール発進!!!」

シティの人「このコモンズの薄汚いガキがッ!セキュリティを呼べ!」

シティの人たち「ああ!」

f:id:OVERDRIVE:20171225164053j:plain

柚子「なんで、急にあそこへ出てったの?トップスの別荘だって言ってたけどトップスて何?」

ユーゴ「トップスはいわば勝ち組だ。シティの権力も富も握ってる!俺が生まれ育ったシティは、完全な競争社会。勝った者は全てを手に入れ、負けた者は全てを失う。勝ち残った奴らをトップスというんだ。奴らはこの街の富を99%も独占している!トップスの人口は1%だってのに」

柚子「そんな!」

ユーゴ「綺麗だろ?この街はよ。だがその下には……」

柚子「はっ」

ユーゴ「残りの99%の人口はあそこに住んでる。敗れた者たちの集まるスラム街だ。俺の本当の故郷だ」

柚子「!」

ユーゴ「トップスは俺たちを一般市民(コモンズ)と呼び、表向きは平等扱いしてるが、心の中では負け犬と蔑んでる。だが俺たちだっていつまでも負け犬じゃねぇ!シティが競争社会なら、実力で勝ち上がればいい!!!俺もリンも白羅もそう心に決めて、ガキの頃からデュエルの腕を磨いた。……俺が育った施設には、実際にデビューした人もいるからな!ほら見えてきた!」

f:id:OVERDRIVE:20171225165115j:plain

ユーゴ「デュエルキング ジャック・アトラス。コモンズ出身の王者。年一度のコモンズとトップスが一つになってデュエルを楽しむ、フレンドシップカップで優勝した、俺たちのヒーローだ!あの人にやれたなら、同じ施設で育った俺にできねぇはずがねぇ!俺たちはジャックを目指して戦ってきた。いつか、フレンドシップカップに出てジャックと戦うんだ…」

柚子「ユーゴ…」

ユーゴ「このDホイールだって、3人で組み立てたんだぜ?ジャックとライディングデュエルする為に!」

柚子「ライディングデュエル?」

ピーポーピーポー!

デュエルチェイサー「前方のDホイール!今すぐ止まりなさい!こちらはセキュリティ!前方のDホイール!今すぐ止まりなさい!」

ユーゴ「チッ、さっきの奴らが通報しやがったのか!」

柚子「ちょっと?止まらなくていいの?後ろから来てるの警察でしょ?」

ユーゴ「トップスの犬どもだ!捕まったら収容所送りだぞ!」

柚子「収容所!?」

ユーゴ「俺たちはおそらく、不法侵入罪で追われてる!手配されているだろうからな」

柚子「そんな勝手な!?」

ユーゴ「勝手なんだよ!トップスも、セキュリティも!」

シティ 治安維持局

維持局員「逃走中のDホイールを、ネオキノピオハイウェイにてデュエルチェイサー227が発見、追跡中。当該Dホイールは停止命令に従わぬ模様!強制執行の許可を求めています!」

???(維持局長官)「デュエルの強制を許可するわ。セキュリティに命令に従わぬ者は、速やかに拘束しなさい」

f:id:OVERDRIVE:20171225170328j:plain

デュエルチェイサー227「強制執行を開始します。フィールド魔法、スピード・ワールドーネオ、セットオン!」

f:id:OVERDRIVE:20171225170438j:plain

パァァァァ!!!

柚子「何これ!?」

デュエルモード、オン!オートパイロットスタンバイ!

f:id:OVERDRIVE:20171225170638j:plain

ユーゴ「デュエルの強制執行だ。負ければ逮捕される」

柚子「逮捕!?」

ウィィィィィィン!!!

ユーゴ「お前、名前は?まだ名前聞いてなかった」

柚子「名前?柚子。柊柚子。」

ユーゴ「柚子、ライディングデュエルがどんなものか!今から見せてやるぜ!!!」

ユーゴ&デュエルチェイサー227「「ライディングデュエル・アクセラレーション!!!!!」」

f:id:OVERDRIVE:20171225171008j:plain

続く









キャラクター紹介 48

ラーの翼神竜

f:id:OVERDRIVE:20171225171040j:plain

虹神操る三幻神の一体。自分の命と引き換えに発動する効果を持っている。うまくいけば高い攻撃力と除去効果を持った神となる。