決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第45話

f:id:OVERDRIVE:20171223175329j:plain

紫咲「柚子は生きてるの!?」

セレナ「オベリスクフォースにさらわれるのをお前は見てたのか!?」

マスワイ「………」

回想マスワイ「あいつらしばらくはのびてるだろ……さてバトルロイヤルの様子は……なに?あれは柊柚子。何故セレナの服を来て……あのバイクに乗ってるのは誰だ?消えた!?どういうことだ!?」

マスワイ「(柊柚子がカード化されていないことは明白!あの時の消えた様子だとアカデミアでもないだろう。だが今それを彼女に伝えるよりも……)さあ、柚子を助けたいのなら僕を乗り越えていけ!僕のターン、ドロー!僕は墓地に存在する青き眼の盾士の効果を発動。自身を除外し、墓地からブルーアイズホワイトドラゴンを特殊召喚!さらに永続魔法バニラ・リベンジを発動!その効果により墓地からブルーアイズを蘇らせる!さらにこの2体を再び墓地へ送ることで融合召喚を行う!いでよ、二つの首持つ覇道の龍、青眼の双爆裂龍!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171223194309j:plain

紫咲「しかし攻撃力は3000!勝てないわ!」

マスワイ「愚かな……見た目で判断するとは……それでは敵モンスターの効果に負けてカードにされるのがオチだな。バトル!双爆裂龍でレインボーゲイルペンデュラムプリンセスを攻撃!このモンスターは戦闘によって破壊されない!」

紫咲「でも私にはまだ黒音のカードがある!それにレインボーゲイルの効果で、デッキからレインボーリングペンデュラムプリンセスを手札に加えるから、まだ私は倒せない!」

マスワイ「そいつもすぐに消え去る!双爆裂龍は2回攻撃できる!メタルリベンジエクシーズプリンセスを攻撃!そして永続魔法バニラリベンジが存在する限り、ブルーアイズモンスターとの戦闘で僕はダメージを受けない!」

紫咲「で?互いに、破壊されないわよ!」

マスワイ「双爆裂龍の最後の効果!このモンスターと戦闘して破壊されなかったモンスターは………除外される!」

紫咲「えっ………!?」

マスワイ「僕はカードを1枚伏せてターンエンド。これが君の本気か?まだ全て出し切ってないだろ?僕だって本気じゃあない。僕に本気を出させたいなら出し惜しみするな」

紫咲「くっ………柚子はアカデミアに捕われているんだな!」

マスワイ「知りたいなら僕を倒せ。僕をはいつくばらせるんじゃあないのか?それとも、柊柚子さえ無事なら他の仲間はどうでもいいと?」

紫咲「うっ……!」

遊矢「カードにされた仲間たち………うっ!ユートの記憶か?あの日の……アカデミアに襲撃された日の記憶が………」

黒咲「!」

紫咲「黒……音……!!」

権現坂「なぜだ。なぜマスワイは紫咲を挑発する?」

紫咲「私のターン!私はペンデュラムスケールにレインボーリングをセット!そして自身を破壊し、デッキから、スケール6でレベル4の騎士道の魔女を手札に加え、これをペンデュラムスケールに発動!さらに、黄道の魔女のペンデュラム効果発動!ペンデュラムスケールを10にする!!」

権現坂「スケール10!?」

紫咲「ペンデュラム召喚!レインボーリングペンデュラムプリンセス!!さらにWGディメンションソーサレス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171223201006j:plain

f:id:OVERDRIVE:20171223201019j:plain

紫咲「ディメンションソーサレスの効果発動!デッキから5枚ドローする!!!」

セレナ「5枚ドローだと!?」

黒咲「バカな!?」

紫咲「さらに手札からリターンプリンセスを発動!墓地または除外されているプリンセスを特殊召喚!蘇れ、メタルリベンジエクシーズプリンセス!!!!!さらに手札から速攻魔法オーバーレイ・オプション!メタルリベンジの攻撃力は1000アップする!さらにメタルリベンジのオーバーレイユニットを使い、効果発動!」

沢渡「メタルリベンジの攻撃力は4750!」

ジャッカル「やつを倒すには十分な攻撃力だね」

紫咲「バトルよ!メタルリベンジエクシーズプリンセスで双爆裂龍を攻撃!!!」

マスワイ「トラップ発動!ブルーアイズ・リバーサル・バースト!!!双爆裂龍をエクストラデッキに戻し、双爆裂龍の攻撃力より元々の攻撃力が低いモンスターを全て破壊する!その後、デッキから青き眼モンスター2体を手札に加える!」

紫咲「でも破壊されたディメンションソーサレスが再びプリンセスを呼ぶ!レインボーリングペンデュラムプリンセス特殊召喚!ダイレクトアタックよ!」

マスワイ「手札の青き眼の盾士の効果を発動!攻撃を無効に!」

紫咲「私はカードを2枚伏せてターンエンド!そして残った手札を除外する………!!」

マスワイ「その程度か?僕をはいつくばらせるんじゃあなかったのか?ドロー!僕はスケール1の青き眼の戦士と、スケール9の青き眼の勇士でペンデュラムスケールをセッティング!!!ペンデュラム召喚、青眼の銀龍!!!」

ジャッカル「ペンデュラム召喚!?」

ほむら「そこまでできるとは……」

マスワイ「銀龍の効果発動!1枚ドローする!僕はカードを1枚伏せてバトルだ!銀龍でレインボーリングを攻撃!」

紫咲「トラップ発動!スクリューカウンター!攻撃してきたモンスターを相手手札に戻す!」

マスワイ「だが銀龍が場を離れた場合に、相手に3000ダメージを与え、墓地から青眼の白龍特殊召喚する。僕はこれでターンエンド。さあ、どうした!さっきまでの勢いは!はいつくばらせてみろ!懺悔させたいんじゃあないのか!?」

紫咲「うぐっ…」(残りライフ1000)

権現坂「もう見ておれんわ!」

遊矢「俺も加勢する!」

紫咲「邪魔しないで!これは、私の戦い……私と柚子と黒音の!!!」

黒咲「黒音!?」

紫咲「私はどんなことをしてでも柚子を救い出す!そして私を応援してくれた黒音のために必ずそれを達成する!!!」

回想黒音「……あなたももう、退けない。侵略からは…逃れられない……健闘を祈るわ」

紫咲「だから私は負けられないんだ!!!私たちを戦わせるやつなんかに!デュエルで人を苦しめるやつらなんかに!!!!!」

マスワイ「……」

紫咲「私は勝つ!黒音に託されたカードと共に!私のターン、ドロー!!!私は、魔法カード、ルーンリボーンを発動!墓地から、メタルリベンジエクシーズプリンセスを特殊召喚し、私の場のモンスターは、その数×500アップする!そして2体のプリンセスの攻撃力は1000アップ!バトルだ!レインボーリングペンデュラムプリンセス!ブルーアイズホワイトドラゴンに攻撃!」

権現坂「この攻撃が決まれば………!」

沢渡「紫咲の勝ち…」

マスワイ「トラップ発動!オーバーロード・バニラ!!!ブルーアイズの攻撃力を1000アップさせ、このターン発生するダメージを倍にする!」

紫咲「なんですって!?」

マスワイ「さあブルーアイズよ、敵を返り討ちにしろ!滅びのバァァーストストリィィィィィィィィィィィィム!!!!!」

紫咲「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」(残りライフ0)

遊矢「そんな……」

権現坂「紫咲…」

マスワイ「やはりツメが甘い。そんなことでは柊柚子を助けることはできない!!!」

紫咲「くっ……」

マスワイ「だが君には見込みがある。バトルロイヤルを生き抜いた諸君にもだ。ペンデュラム召喚を身につけた君たちなら……だからこそ私は君たちを選び、共に次元を越えていくことを決意したのだ!」

権現坂「次元を越える………?」

紫咲「このままじゃダメだ……私はもっと、今よりも強くなって……みんなを…柚子を必ず助ける!!!柚子!!!!!」

続く






キャラクター紹介 44

青眼の究極竜・精霊龍・異星龍

f:id:OVERDRIVE:20171223210308j:plain
f:id:OVERDRIVE:20171223210320j:plain
f:id:OVERDRIVE:20171223210330j:plain

マスワイの操るブルーアイズの進化系ドラゴン。究極竜は効果を持たないが高い攻撃力を。精霊龍は攻撃力こそ低いがシンクロモンスターを呼び出す効果を。異星龍は相手の効果を受けない強い耐性を持っている。