決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第44話

融合、シンクロ、エクシーズ。異なる次元からの決闘者が集い、新たな戦いが始まる!








f:id:OVERDRIVE:20171222214636j:plain

紫咲&マスワイ「「デュエル!!!」」

紫咲「私のターン!私はスケール4の翻弄の魔女とスケール7の黄道の魔女でペンデュラムスケールをセッティング!!!ペンデュラム召喚!現れろ!レベル6、WGプライムシューター!レベル5、WGタブーデビル!!私はこれでターンエンド!」

黒咲「…柊柚子に何を聞いた?アカデミアの人間が何を知りたい?」

セレナ「…」

マスワイ「僕のターン、ドロー!僕は青き眼の巫女を召喚!さらにゼロ・ドローを発動!青き眼の巫女を対象に発動し、僕は2枚ドローできる。だがここで青き眼の巫女のモンスター効果を発動。自身を墓地へ送り、デッキからブルーアイズホワイトドラゴンと白き霊龍を手札に加える。対象モンスターがいないためゼロドローの効果は適用されない。そして魔法カード、融合を発動!!手札のブルーアイズ3体を融合する! 史上最強にして華麗なる殺戮 兵器(モンスター)よ!今降臨し、全ての敵を焼き払え!!!融合召喚!!!いでよ、青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメット・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171222221614j:plain

権現坂「ブルーアイズアルティメットドラゴン……この中の全員のどんなモンスターよりも攻撃力の高いモンスター…」

マスワイ「さらに!手札から魔法カード、ソウル・チャージを発動!墓地よりブルーアイズホワイトドラゴン3体を蘇らせる!しかしソウルチャージを使ったターンバトルを行えず、特殊召喚したモンスター×1000ポイントのライフを失う。」(残りライフ1000)

ほむら「強力なカードね」

マスワイ「さらに墓地のゼロドローの効果発動!手札を1枚捨て、1枚ドローする!その後、墓地に攻撃力守備力共に0のモンスターが存在する場合、特殊召喚できる!蘇れ、青き眼の巫女!!さらに青き眼の巫女はレベル1のチューナーモンスターだ!!!!!」

ジャッカル「チューナーモンスター!」

沢渡「融合だけでなくシンクロ召喚も扱うのか!?」

マスワイ「僕は、レベル8のブルーアイズホワイトドラゴンに、レベル1の青き眼の巫女をチューニング!!!覇道を行く龍よ、神秘の力をその身に受け、無垢なる龍へ生まれ変われ!!!シンクロ召喚。レベル9、青眼の精霊龍!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171222222437j:plain

権現坂「シンクロ召喚を行った!」

遊矢「となると最後は……」

沢渡「エクシーズ召喚」

マスワイ「僕は場のブルーアイズ2体でオーバーレイ!!!二頭の龍よ、その圧倒的な力を合わせ、異なる星の力を得て今降臨せよ!エクシーズ召喚!宇宙より来たる異邦龍!青眼の異星龍!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171222223335j:plain

ジャッカル「融合、シンクロ、エクシーズ…すごい…」

沢渡「なんだーお前、ビーチデュエルスクールのくせにそんなことも知らないのか?マスワイビーチが3つの召喚法を操るってのは有名だろ」

ジャッカル「キミは知ってたの?」

沢渡「ま、この目で見たのは初めてだけどな」

紫咲「くっ………」

黒咲「ここにきたのは俺と戦うためか?」

セレナ「……そうだ。スタンダード次元にいるエクシーズの残党を倒せば、私を戦場に出さんとしたプロフェッサー、ジャリオスの私の力を示すことができる。そうするため私はこの次元にきた。だが…」

黒咲「……」

セレナ「私は、アカデミアが次元統一のために戦うことは正義だと思っている。その戦いで武勲を立てることは誇りに思っている。だが、我々の仲間がエクシーズ次元で正義とは異なる非道なことをしていると柚子は言った。まるでハンティングゲームをするかのように…楽しみ、笑いながら人々に襲い掛かったと…それは本当なのか!?柚子が私に語ったことは!」

黒咲「本当だ。奴らは無防備な市民までも……まさにゲームのように狩り続けた!!!」

マスワイ「エトランゼスタードラゴンがエクシーズ召喚に成功した場合に、場のカード1枚を破壊できる!僕はWGタブーデビルを破壊する!」

紫咲「翻弄の魔女のペンデュラム効果発動!代わりにこのカードを破壊する!」

黒咲「あの顔、あの笑い声は今でも覚えている。俺の眼やこの体に刻まこまれている…決して忘れることなどできない……!」

セレナ「…………!!」

マスワイ「僕はカードを1枚伏せてターンエンド。恐らくここまでは想定内。ここからが本番なのだろう?」

紫咲「なんでもお見通しってわけね……さすがよ。その頭脳でバトルロイヤルの展開も読んでたの?何人やられて、何人生き残って……予想通りの結末で満足した?……私たちはあなたの人形じゃない!!デカメやマリ太郎……カードにされた人たちは、みんな心を持った生き物だ!柚子だって!エンドフェイズに、タブーデビルの効果であなたの墓地のゼロドローを手札に加える!!!」

マスワイ「融合じゃないだと!?」

紫咲「私のターン、ドロー!!!私は時止の魔女を通常召喚!さらにゼロドローを発動!2枚ドローする!!!さらに魔法カード融合を発動!私が融合するのはWGタブーデビルと、手札のレインボーリングペンデュラムプリンセス!!! 虹彩操る振り子の姫よ!禁忌を犯す悪魔よ!今一つとなりて、まだ見ぬ大嵐を巻き起こせ!融合召喚!!現れろ、レインボーゲイル・ペンデュラム・プリンセス!!!! 」

f:id:OVERDRIVE:20171222230222j:plain

紫咲「さらに空いているペンデュラムゾーンにスケール3の蒼剣の魔女をセッティング!さらに黄道の魔女のペンデュラム効果で自身のスケールを8にする!ペンデュラム召喚!」

マスワイ「スピリットドラゴンの効果発動!相手はモンスターを2体同時に特殊召喚できない!よってペンデュラムだろうと1体しか特殊召喚できない!」

沢渡「汚ぇぜ!ペンデュラム封じとはよ!」

権現坂「いや、スタンダードにおいてあれは有用だ。それに素良からペンデュラム召喚が融合次元に流れているなら、ペンデュラムを使う敵も出てくるかもしれん!」

紫咲「ならば、ペンデュラムで呼ぶのは翻弄の魔女!」

ジャッカル「翻弄の魔女のレベルは4だからね」

紫咲「レインボーゲイルは、素良とデュエルした時に生まれたモンスター……タブーデビルで融合を使って……」

マスワイ「ほう……紫雲院素良から。知らなかったとはいえアカデミアのデュエリストとの戦いで融合召喚を……」

紫咲「あなたは知ってたの!?素良がアカデミアだと!」

マスワイ「ああ!彼のプレイングスキルはスタンダードじゃあ到底身につけられないものだ。それに融合召喚エネルギーが彼からは溢れていたからな。なるほど……その影響が君にも及び、新たなプリンセスモンスターを呼び出す力の発現を促したのかもしれないな……」

紫咲「素良から私に?私がレインボーゲイルを呼び出せたのはアカデミアの力だって言うの!?」

マスワイ「一つの仮説だ。証明されたわけじゃあない」

紫咲「あの時は力をどうしても示したくて……だから今も!あなたを倒すためにその力を使う!」

セレナ「ならば妹が連れ去られたというのは……」

黒咲「事実だ。だが、何故お前も瑠璃とそんなに似ている?」

紫咲「さらに!レベル4のモンスター、翻弄の魔女と時止の魔女でオーバーレイ!!!エクシーズ召喚!!!!!来い、メタルリベンジ・エクシーズ・プリンセス!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171222232220j:plain

黒咲「黒音!」

紫咲「私はメタルリベンジのオーバーレイユニットを1つ使い効果発動!アルティメットドラゴンの守備力を半分にし、減らした分攻守をアップさせる!さらにこの効果をスピリットドラゴンにも発動!」

権現坂「攻撃力5900のメタルリベンジ!?」

紫咲「さらにレインボーゲイルの効果発動!!ペンデュラムスケールの波紋の魔女を破壊し、エクストラデッキのペンデュラムモンスターを全てデッキに戻すことで!相手フィールドのカードを全て手札に戻す!!」

マスワイ「だがエトランゼスタードラゴンは相手の効果を受けない。」

紫咲「バトルよ!メタルリベンジエクシーズプリンセスでエトランゼスタードラゴンを攻撃!」

マスワイ「だが戦闘破壊された時1枚ドローする!」

紫咲「これで最後よ!レインボーゲイルペンデュラムプリンセスでダイレクトアタック!!!!!」

マスワイ「青き眼の盾士の効果。手札から墓地へ送り、ダメージを0にする!さらにメタルリベンジを破壊する!」

紫咲「くっ……」

マスワイ「そのエクシーズプリンセスは黒音の力レインボーゲイルは素良の力。思いの力が君を進化させるのはよーくわかった。だが!思いの強さだけで進化しても、デュエルには勝てん!!!!!」

紫咲「はっ!」

マスワイ「ランサーズは対アカデミアの為の実戦部隊。実際の戦闘ではツメの甘さが命取りとなることを覚えておけ……」

紫咲「私はランサーズになんかなるつもりはない!」

マスワイ「柊柚子を助けたくはないのか?」

権現坂&遊矢&ほむら&ジャッカル&沢渡「!」

遊矢「柚子は生きてるのか!?」

セレナ「オベリスクフォースに捕われたというのか!?それをお前は見ていたと!?」

ジャッカル「えーっ!?(まさか、ユーリにさらわれるのを見てたん?それじゃあ僕の正体も……)」

マスワイ「さあ、ターンエンドしろ。アカデミアを倒し、柊柚子を助けたければ、まずは僕を乗り越えていけ!!!」

紫咲「………!!!」

続く









キャラクター紹介 43

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン

f:id:OVERDRIVE:20171222234243j:plain

逆鱗のような遊矢が呼び出したモンスター。エクシーズ&ペンデュラムモンスターであり、オッドアイズとダークリベリオンが合体した姿。その圧倒的な力でアカデミアの戦士たちを殲滅した。