決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第43話

融合、シンクロ、エクシーズ。異なる次元からの決闘者が集い、新たな戦いが始まる!












f:id:OVERDRIVE:20171222131409j:plain

ラバーソール「くっ、ククク!知ってるぜ!ダークリベリオンの効果は!だが俺たちのライフは0にできねーよなー!誰か生き残ればお前は終わりだ!そんなことしたって意味ねーよこの田ゴ作がァーッ!」

遊矢?「和合を見定める相生の魔術師よ!その神秘の力で天空高く星を掲げよ!ペンデュラム効果により、ダークリベリオンのランクは7となる!」

ラバーソール「それ意味あるのか?」

遊矢?「対立を見定める相克の魔術師よ!その鋭利なる力で異なる星を一つにせよ!ペンデュラム効果により、ダークリベリオンのランクはレベルとなる!」

ラバーソール「なにっ!まさかレベル7が2体ということは…」

遊矢?「俺はレベル7のオッドアイズペンデュラムドラゴンとダークリベリオンエクシーズドラゴンでオーバーレイ!二色の眼の龍よ、その黒き逆鱗を震わせ、刃向かう敵を殲滅せよ!エクシーズ召喚!いでよ、怒りの眼輝けし龍、覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171222133556j:plain

ラバーソール「二色の龍が、ひとつに…!?」

遊矢?「モンスター効果発動。レベル7以下のモンスターを全て破壊し、破壊した数×1000ダメージを与える!」

ラバーソール「お前ら蘇生させやがって!バカがっ!」

ラバーソール&オベリスクフォース「うぎゃあ!!!」(残りライフ1000)

ラバーソール「だが超巨人は破壊された場合に、エクストラデッキから究極巨人を呼べる!」

遊矢?「カウンター罠発動。覇王の咆哮。覇王モンスターが場にいるときその効果を無効にしデッキに戻す。ライフを半分を払うことでこのカードは手札からでも発動できる!」(残りライフ100)

ラバーソール「なにっ!?で、でもこのターン倒せるのは一人だk」

遊矢?「オッドアイリベリオンドラゴンはこの効果を発動したターン3回攻撃が可能!!バトル!オッドアイリベリオン、全ての敵を破壊しろ!!!反旗の逆鱗、ストライクディスオベイ!!!!!!!!!!」

ラバーソール「や、やめ……」

ドゴォォォォォォォォン

これが爆発までの1時間の全貌。目が覚めた遊矢とほむらの情報によって紫咲たちもこれを知る。

そして

ほむら「遊矢、あなたの奥底には何か凄いものがいるのかも…」

黒咲「でだ。何故貴様がダークリベリオンを持っている」

遊矢「ユートから託されたんだ。みんなの未来に笑顔を…って。」

黒咲「紫咲と同じことを言ってるな」

遊矢「でも本当なんだ。暴走する前に頭の中からユートの声もしたし……黒音同様、ユートも俺の中にいるんだ!」

マスワイ「ふむ……そうかもな。紫咲と遊矢、黒音とユートのこの事件には3つの共通点があってな。1つは吸収した側とされた側は顔が似ていること。2つ目は吸収した側はペンデュラムという名前を持ったペンデュラムモンスターを持っていて、された側はエクシーズという名前を持ったエクシーズモンスターを持っている。3つ目は異なる次元の人間同士が一つになっていること。」

ネコメント「違う点としては覚醒時か。紫咲の中の黒音が目覚めた時は黄金のオーラのようなものが、遊矢の中のユートが目覚めた時は」

ほむら「ドス黒いオーラで、遊矢は暴走状態……」

マスワイ「もしかするとシンクロ次元、融合次元にも顔が似た奴らがいるかもな。さて、そろそろランサーズについて話そうか。マスワイチャンピオンシップは、デュエル戦士選抜試験だった。それに合格したのが君たちだ」

紫咲「ちょっと待って、マスワイチャンピオンシップはデュエル戦士選抜試験だったってどういうことよ!まさかあなた最初から融合次元が現れることを知ってたの!?」

マスワイ「ああ。わかっていた。だからこそ2回戦はバトルロイヤルにし、君たちの力で敵を撃退しようと考えた」

紫咲「私たちで!?なんでプロデュエリストとかじゃなくて私たちに……!!」

沢渡「確かデカメやマリ太郎はプロだったぜ。だが知ってる通りやられちまった……」

マスワイ「君たちは僕の見込み通り敵を撃退した。対アカデミアのためのデュエル戦士、ランサーズに相応しい力を示したというわけだ!」

紫咲「ふざけるな!!何がランサーズだ!そんなことのために観客のみんなや、マリ太郎たちはカードにされたの!?くっ………あんたのせいでみんなは……柚子だって終わってから見つかってない!柚子も……!!」

セレナ「マスワイのせいではない!柚子がアカデミアに倒されたとするなら、それは私のせいだ」

権現坂「自分のせいとは何事だ。そもそもお前は何者だ!?」

セレナ「私はセレナ。アカデミアのデュエリストだ」

権現坂「アカデミア!?」

沢渡「それじゃあよ!敵じゃあねぇか!?」

ジャッカル「(あーあー自分から言っちゃったよ……僕が連れ戻そうかなと思ったけどこりゃ無理そうだね)」

沢渡「なんで敵がいるんだよ!それも柊柚子の服で!お前スパイだろ!なんか探ろうとしてるんだろ!なあ!そうに違いない!」

マスワイ「セレナはスパイではない。彼女はアカデミアから追われている」

セレナ「そうだ。オベリスクフォースは私を追ってきた。きっと柚子は私に間違われて……」

権現坂「間違われて!?」

ほむら「なんで服を交換したの?」

セレナ「それは…私を黒咲と会わせるため。柚子は私に黒咲に会い、エクシーズ次元で何があったかを直接聞けと言った。そのために囮になって、オベリスクフォースを引き付けると!」

遊矢「なんだって…」

マスワイ「なるほど。そういうことか。君たちは勝ち、生き残った!今我々に必要なのは、その強さだ!」

紫咲「黙れ!あんたが私たちを戦わせたりしなかったら……………柚子を!みんなを返せ!!!!!」

シュッ!

ガシッ

マスワイ「君もデュエリストだろう?ならば怒りを、拳ではなくデュエルで表せ!(ま、肉弾戦なら僕が勝つからね)」

紫咲「やってやる…!お前をはいつくばらせてやる!」

マスワイ「いいだろう……僕が負ければ君の気が済むまで懺悔しよう。君たちはまだ自分の使命を自覚していない。僕が何故ランサーズの結成を決意したのか。それは我々の故郷を!エクシーズ次元のような悲劇から救うためだ!!フィールド魔法、未来都市ハートランド発動!!!!!」

ドォーン!!

黒咲「くっ………」

セレナ「ハートランド!エクシーズ次元の!」

黒咲「そうだ。俺の……俺たちの……ふるさとだ!!」

マスワイ「黒咲よ。柊柚子の意志を受け入れ、語るがいい。ハートランドに何が起こったのかを」

黒咲「……」

マスワイ「言葉にできないほどの屈辱が蘇ったか……ならば僕から言おう。バトルロイヤルの最中、襲い掛かってきたアカデミアは……」

紫咲「やめなさい!やめてくれ…」

遊矢「うっ…」

マスワイ「彼らはここに来る前に……既にエクシーズ次元を………」

紫咲&黒音「それ以上は言わせない!!すぐにお前をたたきのめして懺悔させてやる!!」

紫咲&マスワイ「「デュエル!!!」」

続く







キャラクター紹介 42

遊矢? 『2』

f:id:OVERDRIVE:20171222151451j:plain

遊矢の中の『なにか』が覚醒した姿。それはユートなのか?それとも違うものなのか?まだ詳細は不明である。