決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は無言で帰りなさい!)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第42話

f:id:OVERDRIVE:20171221225127j:plain

紫咲「一体ここで何が…」

シュウ~

マスワイ「遊矢が倒れているぞ!」

紫咲「遊矢、しっかり!」

マスワイ「ネコメント、運ぶぞ!」

遊矢が倒れていた地点、その1時間前

遊矢「柚子ー!柚子ー!」

オベリスクフォース「お前の負けだ!カードにしてやる!」

遊矢「なにっ!?お前何してるんだ!というかあちこちに観客の人が来てるし、侵略者とデュエルしてる!そしてカードにされて……うっ!!」

ほむら「あなた榊遊矢ね…!今大変なのよ」

遊矢「うわぁぁぁぁぁ!!これは、ユートの記憶なのか!?」

ほむら「どうしたの?落ち着きなさい」

???「誰だ?うるせーな!!!!!」

遊矢「お前こそ誰だ……」

ラバーソール「俺はラバーソールだ……!今回オベリスクフォースを率いている。いわゆる隊長さ。お前はユーリ様に似てるがユーリ様じゃねぇただのスタンダード次元のデュエリストなんだろ?お前もカードにしてやる。いくぞお前ら!!!」

遊矢「受けて立つ!」

遊矢&ラバーソール&オベリスクフォース2人「「「「デュエル!!!」」」」

遊矢「俺のターン!俺は手札の星読みの魔術師と時読みの魔術師でペンデュラムスケールをセッティング!ペンデュラム召喚!オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン!!!!!俺はカードを1枚セットしてターンエンド!!!」

ラバーソール「ガァーッハッハッハッハ!やはりペンデュラム召喚か、だがもうその戦術はこっちに知れてるんだよこのビチグソがァーッ!」

オベリスクフォースA「俺のターン、ドロー!古代の機械猟犬召喚!効果発動!600ダメージを与える!」

遊矢「うっ……」(残りライフ3400)

オベリスクフォースA「更なる効果を発動し、場の猟犬と手札の猟犬2体を融合!古代の機械参頭猟犬!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171221231117j:plain

オベリスクフォースA「カードを2枚伏せてターンエンド」

オベリスクフォースB「ドロー!俺も猟犬召喚!」

オベリスクフォースA「手助けしてやる。永続罠古代の機械増幅器!効果ダメージは2倍だ!」

オベリスクフォースB「さらに猟犬の効果で融合するぜ!古代の機械参頭猟犬!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171221231117j:plain

遊矢「くっ……やめろ……!」(残りライフ2200)

オベリスクフォースB「カードを1枚伏せターンエンド」

ラバーソール「俺のターン、ドロー!俺は永続魔法古代の機械要塞を発動!さらに古代の機械射出機を発動し、要塞を破壊。デッキより現れろ、古代の機械巨人!!!さらに破壊された要塞の効果によりデッキから古代の機械飛竜を特殊召喚し、その効果により古代の機械融合を手札に加える!さらに古代の機械猟犬を召喚!くらえ1200のダメージを!」

遊矢「ぐわぁーっ!」(残りライフ1000)

ラバーソール「さらに俺は古代の機械融合を発動!」

f:id:OVERDRIVE:20171221232124j:plain

ラバーソール「場の古代の機械巨人、デッキの古代の機械巨人2体、計3体を融合!融合召喚!古代の機械超巨人!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171221232138j:plain

ラバーソール「さらに永続魔法古代の機械追撃砲を発動!猟犬と飛竜をリリースして、古代の機械モンスターは2回攻撃できる!さらに超巨人は自身の効果で素材とした巨人の数まで攻撃可能!よって4回攻撃可能!バトル!古代の機械超巨人でオッドアイズペンデュラムドラゴンを攻撃!」

遊矢「トラップ発動…」

ラバーソール「古代の機械モンスターの攻撃宣言時には魔法罠は使えないしダメージステップ終了まで使うこたぁできねーんだよ!ドゥーユゥーアンダスタンンンンンドゥゥゥゥゥゥ!!!!!」

遊矢「うわぁーっ!!!!!」(残りライフ200)

ラバーソール「何がペンデュラムだ!」

遊矢「くっ……右手が重傷だ……痛いッ」

ラバーソール「そうかそうか……ならばどの道敗北しかないのだから左手の指はハナクソでもほじくってなトマト野郎!!!」

遊矢「だが攻撃終了時にトラップ発動!ピンチコンバージョンチャンス!相手のエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの数までドローできる!そしてバトルフェイズを終了させる!」

ラバーソール「ターンエンド。エンドフェイズに追撃砲の効果で場の古代の機械モンスターの攻撃力は400下がり、レベルは3つ下がる。さぁ貴様のターンだ。たかがライフ200で何ができるかな!!!ガァーッハッハッハッハ!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171221233155j:plain

ラバーソール「大人しくサレンダーすれば見逃すことを考えてやってもいいぜ……態度次第だがな」

遊矢「やめろ!やめろ!うわぁーっ!!!!!」

ラバーソール「あ?」

???「奴は融合の人間か」

遊矢「この声、ユート!?そうだ。俺は許せない!さっきもお前の記憶がちらついて、怒りが……」

ユート「俺もお前の中にいる。安心しろ。決して怒りにとらわれるな。デュエルで笑顔を。みんなの未来に笑顔を……」

遊矢「でも、お前とは違う何かが!俺の怒りを糧として何が出てこようとしているんだ!!!うわぁーっ!!!!!」

ユート「遊矢!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

遊矢?「俺のターン、ドロー。」

ラバーソール「何か不穏な空気になってきた……古代の機械追撃砲の効果発動!俺は参頭猟犬2体をリリースし星読みと時読みを破壊する!このターン俺は特殊召喚できない!」

遊矢?「俺はスケール3の相克の魔術師とスケール8の相生の魔術師でペンデュラムスケールをセッティング。」

f:id:OVERDRIVE:20171221233855j:plain

遊矢?「これにより、レベル4から7のモンスターが同時に召喚可能。ペンデュラム召喚!!!いでよ、我が下僕のモンスターたち!レベル7、オッドアイズペンデュラムドラゴン!レベル4EMシルバー・クロウ、EMヘイタイガー。俺はさらにシルバークロウとヘイタイガーをオーバーレイ!エクシーズ召喚。ダークリベリオンエクシーズドラゴン!!!!!」

オベリスクフォース二人「「トラップ発動!古代の機械蘇生!やばそうだから参頭猟犬を墓地から俺たちのフィールドに2体特殊召喚!」」

遊矢?「………」

f:id:OVERDRIVE:20171221234401j:plain

続く













キャラクター紹介 41

ラバーソール 『1』【ジョジョの奇妙な冒険

f:id:OVERDRIVE:20171221234503j:plain

茶番第1部にも登場したキャラクター。卑劣な男で自身をハンサムだと思っている。アカデミアにいたという伝説の教師のデッキを奪い、それを使用して遊矢に襲い掛かった。茶番第1部の頃は一国の国王、第2部では強襲部隊の隊長と、クズだがいつも悪くない役職にいるラッキーガイでもある。