決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第38話

融合、シンクロ、エクシーズ。異なる次元からの決闘者が集い、新たな戦いが始まる!












f:id:OVERDRIVE:20171220080833j:plain

セレナ「やめろ!お前たち!」

オベリスクフォース「セレナ様!?こちらへ来てください!」

セレナ「断る!魔法カード月食発動!これにより、フィールドは闇に包まれる……」

オベリスクフォース「待ってください!」

その頃の氷河エリア

白羅「あたしに勝てると思うなよ!紫キャベツ!」

ユーリ「君たち……邪魔だよ!」

白羅「邪魔しに参った」

ユーゴ「そうだよバーカ!それじゃあ俺たちは逃げるぜ!Dホイール、発進!」

ポチッ

ユーゴ「君今何か押した?」

柚子「この変なボタン」

ユーゴ「それシンクロ次元帰還装置なんだけど!!!」

柚子「こんなところに付けるな!!!!!」

シュン!

ユーリ「あーあ、これじゃあ任務が果たせないなぁ……でもいいこと聞いちゃったよ。行き先はシンクロ次元なんだね!それがわかれば十分。シンクロ次元で柚子を捕まえるよ。君を始末してからね!」

白羅&ユーリ「「デュエル!!!!!」」

ユーリ「僕、イライラしてるから先いくよ!僕は捕食植物フライ・ヘルを召喚!カードを1枚セットしてターンエンド。」

白羅「馬鹿め」

ユーリ「は?」

白羅「そんなことしてっと、高速のシンクロ召喚でおいてくよ!ドロー!私は、手札からSM(ソニックマシーン)カードカーを召喚!カードカーの効果発動!1枚ドローして、それがSMモンスターなら特殊召喚できる!ドロー!このカードはSMラックトラック!特殊召喚だ!そして私はレベル2のカードカーにレベル3チューナー、ラックトラックをチューニング!!!シンクロ召喚!汽笛鳴らしていざ出発!レベル5、TSM(トップソニックマシーン)ハトポッポキシャポッポ!!!!!」

ユーリ「それだけ?」

白羅「んなわけあるか!シンクロ召喚成功時に、手札からSMワタクシタクシーを特殊召喚!さらに場にこのカードとレベルの異なるSMが2体いるときに手札からSMシャベールショベルを特殊召喚できる!私はレベル3のワタクシタクシーにレベル4のチューナー、シャベールショベルをチューニング!!!!!シンクロ召喚、火と煙吹かして今発射ァ!レベル7、TSM Zジェット!!!!!」

ユーリ「2体のシンクロモンスター……」

白羅「ハトポッポキシャポッポの効果発動!自分フィールドにシンクロモンスターがいるとき、このカードは相手に通常の2倍のダメージを与えることが可能!さらにZジェットが戦闘するとき、攻撃力は1000アップする!バトル、ハトポッポキシャポッポ、フライヘルに突撃!」

ユーリ「永続トラップ発動!蔓防壁!植物族モンスターの破壊は無効となる。さらにダメージは半分となる。でも君のモンスターには2倍のダメージを与える効果があるからプラスマイナスゼロってわけ」(残りライフ2600)

白羅「じゃあZジェットでぶち抜く!!!!!」

ユーリ「ぐっあっ!」(残りライフ1200)

白羅「あたしはこれでターンエンド!」

ユーリ「君、女の子のくせしてなんか言葉汚いし、やたら喧嘩腰だし、なんかデュエルしててイライラするから少し本気出すね。ドロー!」

白羅「んだとコラァ!」

ユーリ「僕は捕食植物モーレイ・ネペンテス召喚!さらにヴァイオレットフラッシュを手札から発動!僕が融合召喚するたび1枚ドローできる!そして融合発動!僕が融合するのは場の捕食植物2体!魅惑の香りで虫を誘う二輪の美しき花よ、今一つとなりてその花弁の奥から新たな脅威を生み出さん!融合召喚!いでよ、スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン!!!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171220140253j:plain

ユーリ「スターヴヴェノムの効果発動。君のZジェットの攻撃力をスターヴヴェノムに加える!さらにスターヴヴェノムの効果発動!場のレベル5以上のモンスターの効果を得る!僕はZジェットの効果を得る!バトルだ、君のハトポッポキシャポッポを喰え!スターヴヴェノム!」

白羅「スターヴヴェノムの効果はでZジェットの攻撃力2200と攻撃力1000上昇効果が奪われている……奴の元々の攻撃力は2800だから6000と危ないわね……ハトポッポキシャポッポの効果発動!Zジェットをリリースし、攻撃力を300ポイントアップさせる!これでこのターンは大丈夫」

ユーリ「瀕死にまで追い込まれるけどね」

白羅「ぐほっ!だがハトポッポキシャポッポが墓地へ送られたことで、デッキからレベル2以下の機械族チューナーモンスターを手札に加える!」(残りライフ100)

ユーリ「僕はこれでターンエンド。諦めてサレンダーしたら?」

白羅「誰が面の気に食わない奴に降参するか!それにカードになるのもあたしはごめんだしな!私のターン、ドロー!!!」

火山エリア 権現坂サイド

権現坂「やっと全員倒したか!だがまだ他にもいるのだろう……用事せねば」

スタジアム付近

マスワイ「V.F.D.のオーバーレイユニットあと1個か」

ネコメント「ああ、厳しいな」

マスワイ「逃げるが勝ちだな」

ネコメント「ああ!」

マスワイ「僕はトラップカード自爆スイッチを発動!全員のライフポイントを0にする!互いに負ければカードになることもなかろう!」

ネコメント「あいにく我々はただの人間じゃあないのでこの程度の爆発では死にはしないが」

マスワイ「お前らは無事じゃあ済まないなァ!」

カチッ

ドゴォォォォォォォォン!!!!!

マスワイ&ネコメント&100人以上のオベリスクフォース「「「ぐあああーーっ!!!!!!!!!!」」」

火山エリア セレナサイド

セレナ「大丈夫か」

黒咲「ハァ……ハァ……」

オベリスクフォース「見つけましたよ!セレナ様」

黒咲「くっ……」

セレナ「お前は下がっていろ」

黒咲「ダメだ、相手は3人だぞ。お前なんかが勝てるわけ」

セレナ「手負いの隼に言われたくないな」

黒咲「クッ……だが俺も参戦する!瑠璃に似たお前を危険に晒したくない」

セレナ&黒咲&オベリスクフォース3人組「「「デュエル!!!」」」

続く







キャラクター紹介 37

陸 白羅 (リク ハクラ) 『2』 【オリキャラ

f:id:OVERDRIVE:20171220143957j:plain

シンクロ次元のデュエリスト。常に勝ち気な女の子。ユーゴと共にスタンダード次元にやってきたが、リンはやはりおらず、リンをさらったユーリと対峙する。紫咲や黒音と顔が似ているので、『プリンセス』カードを使うかも……