決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第35話

融合、シンクロ、エクシーズ。異なる次元からの決闘者が集い、新たな戦いが始まる!












f:id:OVERDRIVE:20171219020209j:plain

マスワイ「チュリア、敵はおよそ何人だ?」

チュリア「1000人ほどはいる」

マスワイ「やれやれ…ガキ一匹に大層なこった!お前ら、セレナを探せ!」

スタジアム

ネコメント「侵略者オベリスクフォースか……!!おっと、観客の皆さまはその場でデュエルを観戦していてください!」

観客「できるわけねーだろ!侵略者だと?誰だあいつらは!」

観客「黙ってられない!行くわ!」

観客「今なら街へ出られる!ペンデュラムカードも落ちてるし、たかが少しのデュエリスト部隊、俺たちでやっつけてやろうぜ!」

ネコメント「え!待って!マスワイ!大変だ!観客がフィールドに!」

マスワイ「今すぐゲートを閉めろ!!」

チュリア「ゲート、閉まりませーん」

マスワイ「糞が!おそらく敵が細工しやがったのか!」

ワンダーカルテット遺跡エリア

素良「賑やかになってきたね」

黒咲「貴様、何を考えている」

素良「僕らの目的はセレナって女の子の確保で、次に柚子の確保。その次にこの次元の侵略なんだよね。どうせなら楽しい方がいいし、全部まとめて達成した方が楽じゃん!だからスタジアムのゲートに細工して、フィールドに招待したんだ!彼らも君達同様、ハンティングゲームの獲物になってもらうためにね!!!!!」

黒咲「どこまでもゲスな野郎だ……ならば、この俺が再び天誅を下す!」

素良「できるならやってみなよ!悪いけど僕、ホントに負ける気しないから!」

ワンダーカルテット樹海エリア

遊矢「こいつら……!アカデミアか」

権現坂「ついに出会ってしまったということだな。だが漢権現坂、いつでも覚悟はできている!!刺し違えてでもこの次元は護り抜く!!!!!」

オベリスクフォース「あぁそうだ。カードにする前に聞くが、この写真の女の子知ってる?」

f:id:OVERDRIVE:20171219021741j:plain

遊矢&権現坂「「柚子!?」」

オベリスクフォース「あっ、そっちの知り合いか!じゃあ場所教えてよ!」

権現坂「遊矢!お前は柚子を探せ!柚子が危険だ!この三人組は俺が引き受ける!」

遊矢「権現坂……!!でも!」

権現坂「俺はカードになどされん!それにお前が行かずに誰が柚子を救うというんだ!!!」

遊矢「……くっ!すまない権現坂!!!」

権現坂「おう!柚子は任せたぞ!」

オベリスクフォース「ちょっとさあ?アカデミアナメすぎでしょオマエ」

ワンダーカルテット火山エリア

ジャッカル「あらら、ギャラリーが来たね。てかマジであの仮面集団と戦うの?僕はごめんかな!弱そうだし、紫咲はもう向こう行ったしさ」

ワンダーカルテット氷河エリア

柚子「寒っ!私だけここに来たのかしら?他には誰もいないの!?」

セレナ「エクシーズの残党はどこだ!?ん!お前か!?」

柚子「えっ?私?というかあなた私に」

セレナ「お前、私に……」

柚子&セレナ「「そっくりだ!」」

再び遺跡エリア

紫咲「なんか騒がしいねー、イベント?」

遊矢「紫咲ー!!」

紫咲「あ!遊矢!デュエル?」

遊矢「今はそれどころじゃない!アカデミアの奴らがついにやってきた!さらに柚子が狙われてる!」

紫咲「なんですって!?ホントに?」

遊矢「ああ!この騒ぎはわからないけど、今権現坂が樹海で応戦中なんだ!でも権現坂は俺に行けって……」

紫咲「………権ちゃんの覚悟を踏みにじらないためにも、遊矢、手分けして柚子を探すわよ!」

遊矢「うん!」

ワンダーカルテット中央

オベリスクフォース「ラバーソール隊長!オベリスクフォース全員到着しました!既に700名以上がセレナ捜索に向かってます!」

ラバーソール「そうかそうか。んじゃ俺たちも向かうとしようか!」

スタジアム付近

オベリスクフォース「セレナ!出てこい!」

???「わたしがせれなだ!」

オベリスクフォース「セレ…違う!戦うつもりか!?」

マスワイ「せっかくセレナの真似して出てきたのに見破られたぜネコメントくん」

ネコメント「当然だ」

マスワイ「お前らもプロフェッサーから聞いてるはずだが、僕がマスワイ・ビーチだ!何人でもかかってこい!そして青眼の前にひれ伏すがいい!!」 

ネコメント「生ける厄災を見たことはあるか?」

ワンダーカルテット遺跡エリア

紫咲「もう日が暮れ始めてる………ってあれは黒咲!!!それに素良!!!!!」

黒咲「ぐわぁっ!」

素良「さ、諦めてカードになろうよ。」

黒咲「だれがなるものか……」(残りライフ100)

素良「ふーん、とどめだ!マッドキマイラで攻撃!」

黒咲「うがぁっ!」

素良「やっと勝った!さあ、これで終わりだ、黒咲隼!」

紫咲「ちょっと待てやぁ!!!素良!あたしと決闘だ!!」

素良「紫咲!?」

黒咲「山口紫咲………貴様、メタルリベンジを返せ……」

紫咲「それは無理。あたしの中に持ち主がいるから」

黒咲「どういうことだ……?」

紫咲「素良、いくぞ!」

素良「うっ!」

紫咲「逃げるつもり!?待て!」

火山エリア

素良「はぁ、はぁ……崖を登れば逃げ切れるぞ!」

ドスッ!

素良「え?崖にナイフ!?危ないよ!」

紫咲「母さん……」

咲夜「かわいい弟子に裏切られ逃げられたらモヤモヤするでしょ?そこでケリをつけなさい」

紫咲「ありがとう……そして、素良、あなたはエクシーズの人々を……」

素良「そうだよ。カードにして、故郷を襲った。紫咲に弟子入りしたのも、こうやって情報を集めるため。今頃向こうじゃペンデュラム対策カードでも造ってるかもね。」

紫咲「元だけど、師匠として弟子の過ちを正す!」

素良「元ってわかってんじゃん。だったらいつまでも師匠面しないでくれる?目障りなんだよ!」

紫咲&素良「「デュエル!!!」」 

続く





キャラクター紹介 34

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

f:id:OVERDRIVE:20171219025258j:plain

ユートの魂。使用者がレジスタンス故、それに合ったカード名ら効果となっている。オーバーレイユニットを2つ使い発動するトリーズン・ディスチャージは大型の相手にも有効な一回きりの反逆の切り札。